毎年、中秋节が近くなると

にわかに活気付く月餅商戦…

そして我が家に投下される、月餅爆弾。


{08498424-1F3A-449A-8A9B-43F20BED88EA:01}



今年も、会社からのギフトで月餅がたんまり届きました!

そして幸いなことに、今年のは味がカジュアルというか、

比較的美味しかったように思います。



蘇州で三度めの秋を迎え、私なりの解釈で、

月餅とは、日本でいうところの

「おせち」

ではないかと考えます。



毎年、季節が近づくと世の中的に盛り上がる


否応無しにムーブメントに乗らねば!な気分になる


連休で離れた親戚に会うし…何か用意しないと格好がつかない


色々考えるの面倒だし、とりあえず月餅で!
(実はそんなに美味しくないけど、時期のもんだし~)



…的な。



おせち料理だって、心から美味しい!と感じて毎年食べているというより、

季節の行事食で、そういう習慣だから一応用意する、という人が大多数のはず。


よって、美味しいとか美味しくない、の問題ではなく、

この時期に月餅を用意した、という既成事実が重要なのではないかと。



この月餅、ふつーの饅頭のくせに、

やたらと高額!

これも、蘇州に来た当時は謎でしたが、

今なら分かります。


月餅とは、主にギフトとして他人に贈るもの。

よって、そこそこお高くなければ格好がつかないのです。

とはいえ、中身はただの饅頭なので、

装丁を過剰に立派にして、価格との帳尻を合わせているのではないかと。。


だから、市販の月餅の箱は大抵金ピカww

我が家に届いたものも然り。


そして、今年はたまたま、巷で人気のハーゲンダッツ月餅をいただく機会があり、

まさに、月餅の価格はおもにパッケージ代、というのを実感した次第です。


{4D78DD5A-9771-400F-BB36-AD2F878BDA4F:01}



ハーゲンダッツ月餅は、アイスクリームなので、

こゆ、引換券の状態でやりとりされます。

これを、お近くの店舗に持って行って現物をもらうのです。

蘇州マトロの場合、地下にダッツ月餅引換専用スペースが設置されていました。


{56E2460E-FBF1-4FC8-8B1F-FD56E07F7F9D:01}


ショッパーがまず可愛い。



{16B4496E-E196-4415-BAAA-2FA7924E41B4:01}



{BEAFCFD5-0647-44D1-9965-0071A12315F1:01}



めちゃしっかりした素材の箱。

驚くべきは、フタ部分はマグネットで開閉できるようになっていること。

…もしや、この箱は何かに再利用する前提なのか⁈

なんか…貧乏くさいわ、それ。



{26168F2B-74B3-4845-B838-194B973016B4:01}


バニラ味。

{A5ABDD19-703A-49E3-A956-48C2D4DB9697:01}


イチゴ味。


{8542BE6B-6E87-4B61-B127-BE2DAF48C2F1:01}



チョコ味。



どれも非常に…ハーゲンダッツクオリティでした。

美味しゅうございました。


…でもさ、これ、アイスだよねぇww




ハーゲンダッツのアイスが五個入って… にしては、なかなかのお値段。

自分じゃ、なかなかマニアでもない限り手が出ないなぁと思いました。

なので今回は、貴重な体験ができ、ありかたいです。

中国に来なければ、こんなものがあるなんて知る機会もなかったと思うので。




AD