2011-06-10 01:41:02

ぬいぐるみクマでもわかる、避妊と去勢

テーマ:【おまけ】USAの動物事情
※この記事はリンクはOKですが、転載はしないでくださいー。
私の住む街では毎年6月、全てのシェルター(保健所)で猫の譲渡費用が無料になるイベントが開催されます。

被災地動物情報のブログ
6月は動物にとって出産ラッシュの時期。来月にはシェルターも子犬や子猫であふれます。特に猫は多産で、スペースに限りがあるシェルターでは生まれた子猫を保護し育てる場所がありません。
そこでその出産&収容ピークを目前に現在シェルターにいる猫達に新しい家を見つけるため、また避妊や去勢を済ませた猫達を譲渡することで避妊と去勢のもたらす効果を周知する目的があります。

それ以外にもアメリカには毎年2月に
「SPAY DAY(スペイ デイ)」と言う、
避妊と去勢手術を推奨する日なので
それにちなんで「避妊と去勢」のお話です☆
※SPAY DAY?→ 






アメリカが国を挙げて力を入れている
「避妊&去勢」とは動物に手術をして
赤ちゃんが生まれないようにすること。



アメリカでは「避妊/去勢」手術は
保健所にいる動物を減らす効果があるとして、
犬でも猫でも生後8週間になると、
手術をするのが当たり前になってます。



※写真はイメージです


”手術は生後半年以降”
の国、日本で育ったウチからしたら、
あまりにも動物の体が小さくて、

えーーー、大丈夫っ???

っていつも心配になるんやけど、
獣医さんは手慣れてるし、
手術は全身麻酔で痛くないので、
どの子も大丈夫みたい

ってか大人の動物より回復早い?
術後、何事もなかったようにケロッとしてます。



シェルターで新しいお家を待つ子はみんな手術済み!

またアニマルレスキューをまったく知らない飼い主さんにも
避妊&去勢は生殖器系の病気を防いだり、
手術をするとホルモンと言う物質が出なくなり、
動物が非行に走るのを防ぐことができるetc.。
避妊や去勢が日本より浸透しているように思います。
(手術をしていないと利用できないペットホテルやドッグランもあります)


日本は避妊/去勢に対して

「自然に反する」
「人が命をコントロールするなんて」
「血統書つきだから子どもを産ませないともったいない」
「可愛いペットに痛みを与えたくない」
「うちは室内飼育だから大丈夫」


とまだまだ多くの人が個々の理由で
あまり前向きではないような気がします。


私は今までの環境で
「しない」と言う選択がなかったので、
(過去ペットは家族が勝手に手術してたので
そんなものやと思ってた)
改めて避妊/去勢を考えると、
自分自身が人工的&人為的なものを
なるべく排除した生活を過ごしてるので、
したくないって気持ちもすごーいわかるんです。

でも生まれてきた赤ちゃんの居場所がなくて、
すぐに殺されてしまうなら・・・。


生まれてたのに殺されてしまうのと
最初から生まれなくするのと、
どっちがいいの?


例えば1匹の猫を未避妊(手術しないで)で
ほったらかしにします。
その猫が子猫を4匹産んで、
そのうち2匹がメスで手術をしてないと、、
1年後には1匹の猫が50匹に増えることになります。
(猫は多産で1年に4回妊娠することもできますー)




この計算でいくと7年後には・・・・。





42万頭っ!!


42万匹って、
東京ドームで嵐が7回コンサートした
お客さんの数とイコール、これでは大嵐です!!

猫なのに、
ネズミ算式に増えてきます!!


この42万匹を飼える家があればいいです、
この何倍もの猫の面倒を見れる国土があれば素敵です。

でも実際には土地の面積にも限りがあるし、
食費やトイレの掃除だって大変、・・・・無理。

こうして生まれるだけ生まれて、
飼いきれなくなった動物はどこへいくのか・・・・・。


シェルター、保健所です。

ここは日本の人がよく読んでると思うので
日本を例えにすると、
年間約30万頭の動物が保健所で殺されています。

そのうち約20万頭は猫で、
飼い主さんや新しい家が見つからずに
保健所で殺されていきます。
その猫の多くは目の開いてない赤ちゃん猫です。
※ニュース読む?→日本の猫殺処分減らない理由


って言うことは、
避妊と去勢が習慣になれば、
約20万頭は殺されなくていい命になります。




被災地動物情報のブログ
動物が守られていない今の時点では、
避妊/去勢をしないと言うことは、
動物をゴミ箱に捨てるのと同じ結果になります。


避妊&去勢はたしかに不自然なことで、
動物に傷をつけることになるけど、
今の社会は人が飼える数より
生まれてくる動物の数が多くて、
行き場のない動物を殺し続けるしかありません。


生まれてすぐに殺されるなんて。
殺されるために生まれてくるなんて。


なので生まれる前に
生まれなくしてしまうのが、
避妊/去勢手術なんです。



「避妊/去勢はベストの政策なのか?」
「人間の怠慢じゃないのか?」
「もともとは人間が悪いくせに!」


動物に限らず、命を扱うテーマには
常にが付きまといます。
でも「避妊/去勢」
感情論や、善し悪しで判断する行為ではなく、
理性と必要か必要ないかで判断するテーマです。

そして実際にシェルターで死んでいく動物の多さを知ると、
「避妊/去勢」ってのは、
動物の安全と人の感情が出した苦肉の折衷案で、
今この時代には必要なことだと思います。

今、避妊&去勢をしておけば、
将来、殺される動物は減るし、
動物の数がコントロール&把握できるようになれば、
他の動物問題を考える余裕や解決、
必要な時間や設備、人員、資金の確保も出来るように思います。


そうなれば、もっと先の未来ではもしかすると
避妊や去勢をしなくていいほど、
動物の環境が保護&改善されるかも知れない。


術後しんどそうなペットを見るのは辛いです、
赤ちゃんを産めないことは動物から親になる経験を奪います。
大事なペットの子供を見れないなんて残念です。
神様が動物に与えた生殖機能を私は奪えません。


動物問題を人の感情や習慣、
またはスピリチュアルな法則に当てはめると
きちんとした判断は難しくなります。


でも、もし動物が人と同じように考え、
感情を持っていたとして、子供が生まれたら。
そしてその子供や孫が
いつか保健所で殺処分されると知っていたら、
きっとこう言うと思います。




「私を手術してください。

自分では病院に行けない




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

被災地動物情報のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。