2011-05-29 23:18:52

ペットを売らない。米国ペットショップレポート

テーマ:【おまけ】USAの動物事情

※この記事はリンクはOKですが、

転載はしないでくださいー。


前回お知らせした社会化とパピーミル。


今日は日本のような生体展示販売をしない、

アメリカのペットストアをレポートしたいと思います。

(ペットショップよりペットストアと言います)

生体展示販売をしないことは、

パピーミルの撲滅にも繋がります。

※パピーミル

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10906333244.html


パピーミルがなくなることで救われる動物は、

機械的に子供を産まされる母親や

売れ残り放棄されたり殺される動物が減るだけではありません。


心身の疾患を持って生まれてくる子や、

「問題行動が多くて手がつけれない」

飼育放棄される子が減っていくことにも効果があります。


アメリカでは生後8週間未満の動物の売買や譲渡は

いかなる理由があっても(たとえ保健所や動物愛護団体でも)

禁止されていますが、

生体展示販売そのものは禁止されていません。


しかし社会化やパピーミルの存在が一般的に浸透していて、

生体展示販売はお店のイメージダウンもいいとこ。

お客さんがよりつかないので、ほとんどありません。



アメリカの中でも大手2大ペットストアは・・・、

 
PETSMART



と、最近ナチュラル系の商品に力を入れている



PETCO

どちらのお店も倉庫のようにひろ~~~い店内には、



餌やおもちゃetcの販売コーナーはモチロン、



ペットストアにはおなじみのグルーミング施設


そしてドッグトレーニング(有料)が受けれるスペースがあります。




この日はパピー(子犬)クラスを開催してました


そして日本と比べると特徴的なことに、


両ストアとも
日本のような生体展示販売は

(ペットをショーケースに入れて売ること)
していません


熱帯魚や鳥、ハムスターなんかは販売してます


とゆーのも最近このブログでも触れたとおり、
アメリカでは生まれてすぐの動物を
母親や兄弟から離すデメリットや
子供時代の社会化期、
パピーミルや悪徳ブリーダーに
消費者が加担しないと言う知識が浸透していて、
ペットストアで動物を販売しないことは暗黙の了解デス。

※社会化?→ぬいぐるみクマでもわかる、社会化
※パピーミル?→ぬいぐるみクマでもわかる、パピーミル
※アメリカで人気のペット入手→ペット入手。日米感覚の違い


動物の販売をしないかわりに、
アメリカのペットストアでは、

保健所と提携して、
保健所収容動物を展示するアダプション(譲渡)コーナーや、

猫のアダプションコーナー




週末にはアドプションイベント(譲渡会)の場所として
店舗を提携しています。





また譲渡会が開催されていない平日でも

ペットを探している人がすぐに
保健所収容動物が検索できるよう
収容動物検索サイト”PERFINDER”の
キオスク(パソコンのようなもの)が設置されています。


日本より25倍も広い全米の保健所収容動物を網羅してます、すごー。


ほかにもアニマルレスキュー活動の一端として、
それぞれのショップでは
購入金額がそのまま動物愛護活動に寄付される
オリジナル商品が展開&販売されていて、
集まった収益金は、
地元の保健所に寄付されたり、

安価でワクチンが受けれるイベントに利用されたり、
僻地を回れる移動式VET(動物病院)ワゴンを寄付したりしてます。


避妊&去勢、各予防接種が安価で受けれます



またペットを飼っていない人でも
無料でレスキューをサポートできる方法が
PETSMARTの店頭に設置されてるコレッ!!




ラックに入っているビニールの袋のようなものは
切手いらずの封筒になっていて、
使用済みのインクジェットや携帯を入れて
ポストに投函するだけで、
動物救済活動に募金できる仕組みになってます。

<資源を動物のためにリサイクル




このよーに、
アメリカのペットストアは、
動物を商品として扱わず、
保健所収容動物をいかに減らすかと言うアイデアが満載で、
とっても温かい雰囲気で、
日本人のウチには目からウロコです。


モチロン会社のイメージアップもあるけども、
アメリカのペットショップは
常に保健所やホームレスアニマルの味方。



保健所収容動物がいるあいだは
ペットを売らない、作らない



の言葉が見事に実践されとります、感動☆




PETAのポスター。

「動物にとって天使になろう!
いつでも保健所から譲渡を、二度と購入しない」


アメリカ以外にも
日本の常識である“生体展示販売”は
イギリスやヨーロッパ、ドイツでも非常識で、
国によっては動物虐待として法に触れるほど、
展示される動物の心身に負担をかける事はモチロン、

その陰で生きながら殺されていく動物を生みだす、

非人道的な行為なのであります。


日本には24時間営業のペットショップや、

動物の移動展示販売があると聞きます。


それらは外国から見ると

動物虐待に当たる行為で、

ドイツなどでは違法行為にも値します。


いつか日本でも正しい情報が広まり、
古くなった常識や古くなった習慣が一掃され、
ペットショップのあり方が見直されますようにー。


次回は生体展示販売をしないことと同じくらい

パピーミルの撲滅や動物愛護意識の向上に効果のある、

アメリカの動物情報事情をまとめてみたいと思います☆



(長くなった文章を読んで頂いてありがとうございます!!)



AD
いいね!(11)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。