日本あんどスペイン結婚事情

何の因果かカタルーニャ人と結婚、バルセロナ(近辺のちょっと田舎)に在住する事になったあやめが徒然なるままにつづります


テーマ:

Happy New Year!!!

Feliz Año Nuevo!!!

Bon Any Nou!!!


あっという間に2006年が終わり、2007年!!!

ホント月日が経つのって、年を追うごとに早くなる~


2006年は遅ればせながら、友達の仲間入り。

結婚式なんて考えてなかったダーリンに「2度も結婚させられた~」といまだに愚痴られる(?)ように、スペイン&日本で式を挙げ(と言っても、1度目は式ってほどじゃなかったのに)、思い出深い年だったのと同時に、ダーの祖父と私の祖父を相次いで亡くし、悲しい事の続いた年でもありました。


2007年は悲しい事の無い、今まで以上に幸せな1年になるといいなぁ。


まぁそれは置いといて、新年と言う事で、凝りもせず今年の抱負を・・・

そう言えば、去年の抱負は・・・



今年から朝8時に起きて、健康的なそして建設的な生活を送る!



でしたが・・・全然×・・・

今年も去年の抱負を忘れ、遅くとも8時起床!と昨日掲げてみましたが、



初日から・・・×でした・・・(ブログを見たら、去年も失敗!成長してなーい!!!)



と言う事で、今年の抱負は



他人に甘く、自分に厳しく!!!



私ってホント自分に甘いんですよねぇ。。。

他人にも厳しいつもりはないんだけど、自分に比べるとやっぱり厳しい!?


と言う訳で、この1行に全てをこめ、今年は人間として、大人として成長してみます。


ちなみにただいま濃厚週間の真っ只中。

スペインではクリスマス(12月24-5日)からLos Reyes(1月6日)までがクリスマス期間で、毎日のように家族や親戚でのお食事会が催されるのです。カタルーニャでは、12/25のクリスマス、12/26のサン・エステバン(だった?)、1/1のお正月、1/6のLos Reyesの4日が重要で、通常は彼の実家、彼女の実家とケンカにならないよう半分づつ過ごすらしいのですが、家の実家が遠いため、じゃあ2日はフリー♪なんて事にはいかず、もちろん全ての行事を向こうの家族と過ごす事になるのです。さすがに自分の家族と言え、マイダーにとってもかなり濃厚!という訳で、26日は外出するかも~なんて、言い訳を作ってみたのですが、前日は「外出するなら、しょうがないわね。」と言っていたにも関わらず、当日は朝から電話攻撃!「もう駐車場に向かってるんだけど。。。」なんてくらいじゃへこたれず、結局いつも通り私達の負け。。。


「QUE PESADOS SON!!!」

(なんてうざったい人達なの!!!)


なんて、クリスマスからブツブツ不平をたれていましたが、今年からは気分を入れ替え、ポジティブにがんばろうと思います!!!


そんな訳で、まだまだ未熟なあやめですが、今年も1年よろしくお願い致します♪

2007年が皆様にとっても、超Happyな1年になりますように!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本で生まれ育った私には、やっぱり日本での生活が一番。

大好きな友達もいるし、家族もいるし、日本語通じるし、仕事だってできるし、ご飯もおいしいし、温泉だってあるし。

その上、何かにつけ、カルチャーの違いを感じ、イライラしたり、落ち込んだりする事もあって、


あぁ日本に帰りたーい!


と思うことがしばしば。

でも、そんな事思ってるのは私だけじゃなかった!


今年のカタルーニャの文学賞「Premio Sant Jordi」を獲得したのは、Joaquim Pijoan氏の「Sayonara Barcelona」という小説。

この小説、バルセロナ生まれの主人公が、日本の京都へ渡り、そこで25年間暮らした後、大好きだったバルセロナに再度戻ってくるが、あんなに大好きだったバルセロナでの生活に違和感などを覚え、結局日本に戻っていくと言う話らしい。


この話を聞いてすぐ、「読みたい!!!」と思ったのだけれど、賞を獲ったばかりで、これから出版されるらしく、そしてもちろんカタルーニャの賞だから、最初の出版はカタルーニャ語との事。。。

あぁ、私の手元に届くのはいつの日の事やら。


と言うか、バルセロナで育った彼にしても、日本での生活に慣れた後は、こっちでの生活がつらかったり、日本での生活が恋しくなったりするって事は、日本で育った私達にとっては、当然の感情ですよね~(彼自身日本の女性と結婚していて、実体験も少し反映しているらしいですが、小説自体はフィクションだそうです。)


できるだけ、そういう思いを出さないように、と言うか、そういう思いに気づかないようにしているのだけど、いいなぁ日本 のともさんがスペインストライキをしていると言うのを読んで、みんな同じなんだなぁなんて、何だかホッとしたような、切ないような、そんな気分になった今日この頃でした。(不満UPと共にアンチカタルーニャ度も一緒にUPだったけど、マドリッドにいるともさんがアンチスペイン度UPって事は、カタルーニャだけが悪いんじゃないのかも???と、アンチカタルーニャ度はdownさせてみた。ともさんが1月から通うRISOTERAPIA(笑うセラピー?)、私も通ってみようかな。)


日本大好きなマイダーが、私の気づかない、日本のおかしい、変な事に気づくように、私もこっちのおかしい、変な事に敏感になり過ぎなのかなぁとも思いながら。

でも、やっぱり今日もスペイン(もしかしたらカタルーニャ?)のおかしな習慣に腹を立て、そして日本へのLoveを深まらせていくあやめでした。


日本にいるみなさん、こんな思いをしている私達の分も、日本を満喫して下さいね~


日本ってWonderful!!!ですよ~


ちなみに私の2週間後に超ハンサムでリッチなダーリンとゴールインした友達が、「私も外国人と結婚したかった~うらやまし~」なんてほざいているのを見ると、隣の芝はやっぱり青い???

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もこの季節がやって参りました!



そう、LOTE です!!!



日本のボーナスのニュース、「国家公務員冬のボーナス平均68万3千円」なんていうのを見た後は、LOTEを見てちょっと切なくもなりますが・・・


でもでも、やっぱりもらうとうれしいもの♪




ダッダーン!

中身をご披露♪



上のクッキー類をどけると、


lote


お酒がずらり。。。今年も重かったのね、ダーリン。。。



他のおうちのLOTEはどんなものが入ってるのかしら???

だって、ダーの会社はお酒充実過ぎ~

赤ワイン2本、白ワイン1本、CAVA2本、ウイスキー、ブランデー、ラムと今年も計8本!!!

って言うか、まだ去年もらったウイスキーとブランデー開けてもいませんから。

確か、去年mechan さんのところはイベリコ豚さまが入っていたような。。。

うちにもお酒を入れるなら、おつまみも入れてくれ!

なんて文句も言ってみましたが、最近大企業では社員数が多過ぎるため、かなりの負担と言う事で、配らないケースもあるとの事。

6ユーロからLOTE買えます!みたいな記事さえも載っていて、6ユーロのLOTEって・・・

日本みたいに太っ腹なボーナスがない分、LOTEくらい頑張ってくれよ!と思う今日この頃でした。

LOTEで幸せになれるなんて、慣れって恐ろしい!?


ちなみにLOTEとはスペインでクリスマスプレゼントとして企業から社員に配られるプレゼント。

サッカーチームも会社みたいなものなので、サッカー選手やコーチなどにももちろん配られるらしい。

やっぱり中身が全然違うのか、疑問がつきないLOTEでした。。。

そろそろ、クリスマスプレゼント購入を開始しなくては!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の方がいいなぁとスペイン生活にブツブツ言っていた私ですが、今日からはスペインでの生活に幸せを感じる決心!!!


と言うのも、最近読んだ小説


 
カルロス・ルイス サフォン, Carlos Ruiz Zaf´on, 木村 裕美
風の影〈上〉風の影〈下〉

ずっとこっちの本屋さんでも気になっていたところ(こっちではLa sombra del viento)、お友達が持っていると言うことで日本語版を貸してもらうことに。

この小説は1人の少年がある本に出会った事によって、思いがけない事件に巻き込まれていくというミステリーで、その中に様々な人間関係があり、愛や憎しみなどが絡み合っていき、読み終わるまで息をつけない内容で、読み終わった後も強い余韻が残る、37カ国で翻訳されているというのにも納得がいくものでした。


内容自体にもすごい感銘を受けたのですが、それと共にその時代のスペインの状態に衝撃を受けました。

物語は内戦後のバルセロナを舞台に繰り広げられていくのですが、当時のスペインは今のスペインからは想像できないものでした。


と言うのも、恥ずかしながら私はこっちに来るまで、つい何年か前までスペインが独裁政治下にあった事を知りませんでした。私には、Siesta(お昼寝)してばかりのちょっとぐうたらな人達、太陽と海とオレンジと、とそんな陽気で明るいイメージしかありませんでした。


ところが、スペインが今のような民主主義に移行したのはつい30年程前、1975年の独裁者フランコの死後の事なのです。

第2次世界大戦が終わり、ヒトラーもムッソリーニもいなくなり、日本にも平和が戻り、いざなぎ景気に沸いていた頃も、西ヨーロッパの中で、スペインでは独裁者による独裁政治が続いていたのです。

この小説には当時の秘密警察の理不尽なやり方や人を人と思わない処遇、今ではオリンピックスタジアムで知られるモンジュイックが、昔はモンジュイック要塞として恐れられ、そこでは信じられないような拷問が行われ、連れて行かれたものはほとんど帰ってこない、そんな場所だった事などが鮮明に記されていました。


幸いな事にフランコが死亡し、なぜかそのフランコが死の前に後継者に指名したのが今の国王であるフアン・カルロス1世で、スペインはその後急速に民主化を進め、今のような平和な自由な私達が抱いているイメージの国になった訳ですが、今のこの平和な世の中にまだまだ独裁政治や理不尽に虐げられている人々が存在することを思うと、スペインのスィーツがまずい!とか、たまに電話が繋がらなくなるとか、そんなちっぽけな事でブチブチ言えるというのは、幸せの証拠なんだなぁと思いました。

やっぱり日本に帰りたくなることはあるけど、でも今のスペインで生活できるだけでも幸せと思わないと罰が当たりますよね!!!


小説、本当に面白いのでお薦めです。

でも、新婚なのに、フリアンくらい強く誰かを愛した事があるか疑問に思う私、やばい???

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

糸井重里さんが主催する「ほぼ日刊イトイ新聞 」というサイトをたまたま発見。

このサイト1日130万人もの訪問者がいるという超人気サイトだそうなので、いまさらたまたま発見!なんて言ってるようじゃ、かなり恥ずかしいかもしれませんが・・・


すっごい可愛い&笑えるコンテンツを見つけちゃったので、もしまだ知らない方がいたら、ぜひ見てみて!




その名も




ブタフィーヌ




ブタフィーヌと言うお名前のブタちゃんの日常が4コママンガで綴られているのですが、ブタと呼ばれると怒り、おならをしちゃうと恥ずかしがり、等々乙女心満載でホント思わず笑っちゃう、ほのぼのした内容なのです。

ほぼ毎日のように更新されていて、去年の11月から今日時点までの276話分あったのですが、一気に読みつくしてしまいました。(しかも、昔はブタ子さんだったらしい)


もしかして、ブタフィーヌちゃんのような毎日を送っている私だから、共感できちゃったのかも!?

他にも共感して、ちょっと笑ってくれちゃう人の存在がいますように。。。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の帰国の際、すっごい気になった事、それは駅のコンディション。


と言うのも、実はダーパパ、心臓に持病があるため、階段の上り下りがかなりの負担。

特に、上りがあると一大事なのです。


普段、元気な、そしてまだ自称若者の私はエスカレーターがあっても階段をあえて上るタイプ。

なので、全然気づかなかったのですが・・・



日本の駅におけるエスカレーター&エレベーター設置率の低さ!!!



日本の駅と言っても、都内と実家周辺の駅くらいしか利用していないのですが、それにしても無いですねー

上りはかろうじてあっても、下りは全然なかったり、乗り換えや改札まではあっても、改札から地上までは階段しかない地下鉄の駅の多い事、多い事。

どっちも無い駅もかなりありました。


スーツケースを持っている時、不便に感じた事が確かにありましたが、それでも元気なら力で何とかカバー!

でも、今回ダーパパとエスカレーター&エレベーター探しをしながら、ベビーカーと一緒のママさん達や車椅子の方達に全然優しくない駅の実体に、かなり驚かされました。


他の国に比べて、普及率どうなんでしょうか?

ちなみにスペインでは、エスカレーターの設置率、かなり高い気がします。(と言っても、すみません、バルセロナしか知りません・・・)


少子化改善のためにも、ママさん達に優しい環境作り。

そして、これからくる高齢化社会に向けても、歳を取っても行動に制限されない、そんな街作りを行ってほしいですね~


(と、さわやかに言ってみましたが、実は階段を上り下りするたびに、ダーママから「エスカレーターが無いなんて、老人や体の不自由な人はどうしたらいいの!」とお叱りの言葉を受け、つらい毎日だったんです~ごもっともですが、そんな怒られてもね・・・とほほ・・・)


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本に着いたら先ずしたかった事No.1!


焼肉を食べる!!!


というのも肉の日(29日)に生まれた私、肉食になるべく生を受けた!と言っても、過言ではない!!!

そんな肉食な私をスペインの牛肉はちぃっとも満足させてくれないため、帰国が近づくにつれ、高まる和牛への期待!

と言う訳で、帰国後早速「叙々苑ランチ」&「大山飯店ディナー」で、おなかから幸せに♪♪♪


今回の帰国において一番の収穫は、マイダーが焼肉のおいしさに目覚めてくれた事。

生魚が苦手なため、お寿司を一緒に楽しめないだけじゃなく、今までは「えー焼肉?ならしゃぶしゃぶに行こうよ~」と、焼肉にも乗り気じゃなかったマイダー。そんなまだまだ日本に対する理解度が低いダーに、日本料理ベスト3のうちトップ1,2を却下されてきた日々。(かなり順位付けに私情入っててすみません・・・)

でも、そんな日々にも終止符が!!!帰国して良かった~やっぱり日本といえば、焼肉ですよ、焼肉!!!


したかった事No.2!!


エステに行く!!!


スペインにも多分あると思うのですが、いまいち目につかない。その上、日々の生活に追われて、エステで極楽極楽~なんていうのとは無縁の毎日。。。でしたが


行って来ましたよ~エステ♪フェイシャルマッサージ、もう何とも言えない幸福感。

スペインでもたまには通いたーい!

ところで、スペインってやっぱりエステにはあんまり力を入れてないんでしょうか?と言うのも、某エステサロンで「イタリア式」、「スイス式」、「フランス式」等、様々な国からの新技術を取り入れたコースが次々と紹介される中、「スペイン式」と言うのは聞いた事がない気がするのです。やっぱりヨーロッパにありて、某大陸により近い国だからですかねぇ???


そして、今回はエステだけではなく、実は気になっていたあるクリームを入手してみました!

以前ESTOY MUY CONTENTACONTENTAさんが紹介していたレチノイン酸クリームです。

レチノイン酸(トレチノイン)とはビタミンA誘導体で、皮膚の若返りやにきび治療に効果があるらしいんです。

で、老化してきた肌が気になるのはもちろんの事、いまだに悩んでるにきび(もうにきびって言わない?)&にきび跡に効果があれば!と思い、試してみる事に。と言っても、効果が現れるのには2、3ヶ月ほどかかるらしい。3日坊主にならないように頑張ろうっと!

(このクリームは湘南美容外科クリニック で購入。美容外科って言うと整形手術って言うイメージでしたが、今は手術だけじゃなくフォトフェイシャルやエステに近い事もやってて、意外と身近な存在?院内もモダンで、今まで持ってたイメージを払拭っていう感じでした。)


そして、したかった事No.3!!!


温泉に行く!!!


日本と言ったら、温泉ですよね~

今回はお友達がいる福島へ向かい、飯坂温泉へ!ここのお湯は熱いので有名で、よそから来ると一目瞭然との事。

さて、浸かってみると・・・


と言うか、浸かれませんでした・・・


周りの人の優しさに助けられ、お水でうめながら、体にかけ湯をする事10数分、やっと最後には念願の温泉を満喫する事ができましたが、やっぱり熱かった~でも、芯から温まり、心もほかほかに。。。やっぱり温泉いいですよね~

熱いのが苦手なダーでしたが、やつも何とかお水でうめて、楽しめたよう。良かった、良かった。。。

思い出しながら、日本恋し度UPです。。。

そんな可哀相な私のために、昨日は奮発してマグロ(atún)を購入。

照り焼きにして、日本気分に浸ったあやめでした。。。

(PS おいしいマグロ料理法知ってる方、教えてくださいませ!)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

スペインに渡り、早1年と数ヶ月。

初の里帰りをしてきました~


いいなぁ日本 のともさんじゃないけど、ホント


日本っていいなぁ


1ヵ月半の滞在でしたが、あっという間でビックリ!

泣く泣く先週の金曜日、スペイン行きの飛行機に乗って戻ってきたところで、時差ぼけ真っ只中な今日この頃。


ちなみに今回の里帰りの1番の目的は、


な・ん・と・・・


日本での披露宴!


だったんです。

こっちで2月に入籍だけ済ませ、披露宴は面倒くさいし、恥ずかしいし、もういっか!?

と思っていたところ、


「親しい人達の前で改めて結婚を宣言すると、神聖な気持ちになり、結婚というものに真摯に向き合える」


と言うようなコメントをTVで聞き、それでなくてもTVやCMの影響を受けやすい単純な私、ついでにすでにまったりな新婚生活に新らしい風を入れるべく(って言うか早すぎ!?)、

「そっか!やっぱり披露宴をしよう!!!」

なぁんて、思いたってしまった訳です。


そんな突然な思いつきで始まった準備、多くの人にご迷惑をおかけしながら、さらに逆切れしながら進み・・・(>_<)後悔する事も多々、呼ばれる方も迷惑な日程で、バタバタとあっという間に当日!


と言った感じで、神聖な気持ちにも真摯な気持ちにもなる暇がないような式でしたが、


やっぱりやって良かった~


siki3 siki5


今まで見守ってきてくれた家族や友達に祝福されると、本当に心から結婚っていいものだなぁなんて思えちゃったりして、すっごい幸せな気持ちになり、たとえ地味婚でも、自分の大好きな人達に囲まれて、大切な1日を過ごすって、すっごい大事な事かもと思いました。



siki siki4


と言う訳で、まだ式を挙げていない&披露宴を行っていないみなさん、絶対やってくださーい!!!

(特にmechan!!!絶対、絶対、日本で挙げるべき!ウェディングドレス着るべき!!!)


今回、そんな事もあって、初の里帰り、なんとダーの家族ご一同様を引き連れてのものに!!!

だから余計あっという間だったのかも~

初の家族顔合わせやら、観光やらで、毎日大騒動!

ダーも私も「日本で楽しく、ゆっくり過ごしたかったのに~」なんて、キレかけたりもしましたが、すっかりと「日本LOVE」になっている家族を見たら、やっぱり一緒に来れて良かったかも。。。


やっぱり、日本いいですよ~

いいなぁ日本度がかなりUPした1ヵ月半でした。


式に来てくれたみなさん、ホントありがとね!!!

今回はゆっくり会えなかったけど、次回の帰国の際には、絶対に絶対に時間作ってねー!!!

そして、それまで私の分もめいいっぱい日本を満喫しちゃって下さいな♪♪♪

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

チュニジアから帰ってみたら、何と家の電話が不通に!

そして、次の日から毎日夕方電気が繋がらなくなる事4日。。。


もしかして、スペインってアフリカ?

どころか、アフリカより遅れてる!?


マイダーもスペインのインフラ設備等のレベルの低さにイライラが募り、そのイライラを受けて、そんなスペインで暮らさなきゃならないのは誰のせいなのよ!!!と、さらに私のイライラもUP!!!!!!!


でしたが・・・




スペイン万歳!

スペインLOVE♪です~




と言うのも、何とこちらでは8月から、ふふ、ふふふ、




「24」シーズン5が始まったのです!!!




ほ、ほ、ほ♪


日本で最高の設備に囲まれ、超便利!な生活を送る人たちも、私をうらやまずにはいられまい~

という事で、スペインにいて良かったことベスト1!!!




「24」のシーズン5が一足先に楽しめる♪



24

今回も緊迫シーン満載!そして、信じられない出来事多発です!!!

言いたい、でも、みなさまのお楽しみのためにとっておきますね!!!


シーズン5、乞うご期待!!!


(と、思ったら、日本ではシーズンVのレンタル9月2日から開始されてたんですね・・・なんだ・・・)

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

かえるとび日記@バルセロナPiruchaさんから、写真が見た~いというコメントを頂いたので、あまり感動(?)が伝わるようなものが見つからなかったのですが、少しでも雰囲気が届けば~と思います。


mado4 mado3


チュニジアの典型と言える白&青のコントラスト。

先日お話したSidi Bou Saidは特に、街中がこの組み合わせで彩られた美しい街として有名です。


scene


街の頂上からの景色。

海の向こうは首都Túnez(英語ではTunis)なのですが・・・よく見せませんね・・・


cafe


駅の側にあったCafé。

男性人は昼間っから、のんびりとした時間を過ごしています。

でも、これはここでは男性だけの特権!

Café Timeをこよなく愛す私にとっては、ゆ!る!せ!ん!!!

女性人よ!立ち上がるのだ!!!

Café Timeは女性の特権~!!!(←これもどうかと???)


Tunez2


話はそれましたが、Túnezのマーケット(Medina)の入り口。

中は・・・


shop kutu


細い路地が迷路みたいに入り組んで、お店と人で一杯。

靴も一杯。。。お店の人はもちろんしつこい!


Tunez


Túnezの一番の大通り(Avenue Habib Bourguiba)にそびえるCathedral.

この通りはBarcelonaでいう、Paseo de graciaみたいなもの。

そして、この通りのCaféはお高めなので注意です!


moscu2  moscu


Túnezのマーケット脇にあるモスク。

お祈りの時間になると、モスクからスピーカーを通して、お祈りが聞こえてきます。

そして、その声に引かれるように、次々とモスクへと人が集まってきます。

不思議な光景でした。。。


でわ、最後にチュニジアで有名な扉シリーズをお届けします。


mado6 mado5

door2 m2

door  door4


やぱりトルコブルーが主流ですが、赤や黄色など他の色も見かけました。


door3


mado7  


扉、可愛い~


hito


恩人のカップルとポートで。。。

あー、また旅行に行きたい!と、写真を見ながらしみじみとするあやめでした。。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。