日本あんどスペイン結婚事情

何の因果かカタルーニャ人と結婚、バルセロナ(近辺のちょっと田舎)に在住する事になったあやめが徒然なるままにつづります


テーマ:

かえるとび日記@バルセロナPiruchaさんから、写真が見た~いというコメントを頂いたので、あまり感動(?)が伝わるようなものが見つからなかったのですが、少しでも雰囲気が届けば~と思います。


mado4 mado3


チュニジアの典型と言える白&青のコントラスト。

先日お話したSidi Bou Saidは特に、街中がこの組み合わせで彩られた美しい街として有名です。


scene


街の頂上からの景色。

海の向こうは首都Túnez(英語ではTunis)なのですが・・・よく見せませんね・・・


cafe


駅の側にあったCafé。

男性人は昼間っから、のんびりとした時間を過ごしています。

でも、これはここでは男性だけの特権!

Café Timeをこよなく愛す私にとっては、ゆ!る!せ!ん!!!

女性人よ!立ち上がるのだ!!!

Café Timeは女性の特権~!!!(←これもどうかと???)


Tunez2


話はそれましたが、Túnezのマーケット(Medina)の入り口。

中は・・・


shop kutu


細い路地が迷路みたいに入り組んで、お店と人で一杯。

靴も一杯。。。お店の人はもちろんしつこい!


Tunez


Túnezの一番の大通り(Avenue Habib Bourguiba)にそびえるCathedral.

この通りはBarcelonaでいう、Paseo de graciaみたいなもの。

そして、この通りのCaféはお高めなので注意です!


moscu2  moscu


Túnezのマーケット脇にあるモスク。

お祈りの時間になると、モスクからスピーカーを通して、お祈りが聞こえてきます。

そして、その声に引かれるように、次々とモスクへと人が集まってきます。

不思議な光景でした。。。


でわ、最後にチュニジアで有名な扉シリーズをお届けします。


mado6 mado5

door2 m2

door  door4


やぱりトルコブルーが主流ですが、赤や黄色など他の色も見かけました。


door3


mado7  


扉、可愛い~


hito


恩人のカップルとポートで。。。

あー、また旅行に行きたい!と、写真を見ながらしみじみとするあやめでした。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

UKキラキラ生活*国際結婚日記 のMuffinさんから 「不思議バトン」を受け取りました。



☆不思議バトンのルール☆


  1、2、3で前の人の質問に答える   

  4で、次の方への質問を出す(3問)    

  5はバトンを回してくれた方へメッセージ   

  6で、次に答える人を指名(3人)


だそうです。



という事で、不思議バトンスタート♪



1. 人生、一番初めの記憶



2歳くらいの頃、兄とアパートの階段の下で雪遊びをしていた記憶

でも、実は話に聞いて、自分の記憶のようにインプットされてるだけな気も。。。



2. 将来住みたい国は? 



国じゃないけど、HawaiiとかMenorcaとか島でのんびりくらしたい!

(普段はスペインにぐちぐち文句言ってるくせにMenorcaかい?と思ったあなた、大目に見て~) 


でも、日本の温泉も捨てがたい!やっぱり日本!?



3. 来年の今頃の予定は?



仕事も見つけて、バリバリ!やってるはず。。。

だって、滞在許可&就労許可降りちゃったんだもーん。。。

(なんて言って、引き続きぐうたら専業主婦生活だったらどうしよ・・・)



4. 次の方への質問



  1. 今、一番はまってるものは何ですか?

  2. 今まで見た中で一番不思議な夢を教えてください

  3. 朝起きたら異性になってました!どうする?



5. Muffinさんへのメッセージ  



Muffinさんのブログ読んでると、ホントにキラキラ輝いてる感じがして、私もがんばろ!って思います。

それにUK♥Loveな私、MuffinさんのUKレポートこれからも楽しみにしてまーす♪



6. バトンを回す人



かえるとび日記@バルセロナ のPiruchaさま


スペイン歩き のnenaさま



時間があって、気が向いたら、やってみてくださーい!

よろしくお願いします。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏休みと言う事で、チュニジアに行く事に。

チュニジアを選んだ理由は


海があるところで、一番安かったから!



と言うわけで、初アフリカ大陸&初イスラム教国であるチュニジアへ旅立ちました。

出発から飛行機が遅れ、夜中の1時到着なんて・・・と文句を言っていたのも何のその、実際に到着したのは朝の6時

いまいちなスタート、そしてホテルも4★!なんてうたっていても、しょせんはチュニジア。。。期待を裏切らず、2.5★にしか見えない部屋へ案内されました。



でも、天気も良く、海も綺麗、ご飯も安い&おいしい(お店によりますが・・・)ときて、快適な日々を過ごし、あっという間に帰国前日に。



そこで、ダーの行きたがっていたSidi Bou SaidCartagoという街を訪ねる事に。

Sidi Bou Saidとはチュニジアの首都Túnezから電車で1時間くらいのところにある街で、真っ白い家にトルコブルーの扉を特徴とした家々が軒を連ねていて有名なところ。

駅から丘に向かって歩いていくと、目の中に真っ白な家々が飛び込んできて、本当に綺麗でした。



綺麗でしたが・・・



暑い!暑すぎる!!!



炎天下の中、それでも丘陵地帯になっている街中を歩き回り、灯台からの見晴らしが最高!というガイドに従って(と言うか、行きたがっているダーを止められず・・・)てっぺんまで登りましたよ。

そもそも、ここに到着するまでにTúnezのバスの停留場から、駅まですでに3kmは歩いている(バッテリー残量70%)。

もう、都会育ち(じゃなくて、年寄り!?)の私はくたくた(バッテリー残量50%)。。。



その後、簡単なランチを食べ、時間に押されながら、隣町のCartagoへ移動する事に。

Cartagoは814 B.C.に建設された都市で、「新しい街」という意味があるそう。でも、今ではTunisiaで1番古い街で、ローマ時代の遺跡やシアターの跡などが残っているらしい、という事で、行ってみたのですが。。。



駅に着いたところ、案内が何もない!



しょうがないので、ガイドの簡略マップに従って、ひたすら歩く。。。

数少ない出会った方々にあやしいマイダー流フランス語で聞きながら、進む&そして進む&まだまだ進む。。。

(そもそも人がいないんですよ。警察官とか、家からちょっと出てきた人とか、お店の人とかそんな人しかいないんです。)



そ、し、て

ようやく到着した私達を待っていたのは、



本当に影も形もほとんど残っていないようなシアターの跡。。。



ガックシ。。。(ここでバッテリー残量一気に激減!)



こんなの見るためにここまで歩いてきたのかよ!と、怒り爆発!!!

またまた、しょうがないので駅まで戻る事に。

でも、もうすでに気力の残っていない私、道端の日陰に座り込んでしまいました。



もう、1歩も歩けーん!!!水くれ、水!!!



と、やけになっている私達の目の前に、1台のフォルクスワーゲンが。

そして、中から可愛らしい女性が声をかけてきました。



「道に迷ってるの?」



道に迷ってるわけじゃなく、疲れたから一服してると答えるダーに、



「どこに行きたいの?近くなら乗せてってあげるよ。」



と、運転席にいた彼から親切な提案が!



「いや、大丈夫です」(ダー)

「え!いんですか!!!」(私 瞳キラキラ)



という事で、駅まで乗せていってもらうことにしたのですが、なんとこのカップル、親切に近くの港を見せてくれたり、街中を車で一周してくれた上、最後に連れて行ってくれた素敵なお店でビールまでご馳走してくれました!

(って、ご馳走になるな!って感じですよね。。。いや、もちろん私達、お礼のつもりで払おうとしたんですよ!でも、いいって言うんですもーん)

そして、駅まで送ってくれました。



と言うのも、このカップル、最近結婚したばかりの新婚さん。

1ヶ月前にスペインに新婚旅行に行った際、同じように炎天下の中歩いて、疲れ果てたところをあるスペイン人の方に親切にしてもらったそう。



そうです、ペイ・フォワードですよ!!!



私もスペインで困っている人を見つけたら、親切にしてあげる事を誓った夏でした。。。

その前に、マラガでチュニジアから来たカップルに親切にしてあげてくれたスペインの方、Muchas Gracias!です~



ちなみに私達がとぼとぼ歩いている際、周りに人がいなかった理由は・・・

地元の人は一番暑い午後真っ盛りに、外を歩くなんてバカな真似はやっぱりしないという事でした。。。

みなさんも観光の際は、熱射病等には気をつけてくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーで、こんなもの発見しました。


fanta


それは ファンタ スイカ味!しかも、香料 日本!?


なぜか、日本テーストらしく、デザインも浮世絵から取って来たの?と思われる、昔風情な方々が。。。


fanta2


裏面(こっちが表かしら?)はスペイン語で、Fanta Japón sabor Sandíaとなっていました。


それにしても、香料って。。。

しかも、いつからスイカは日本!みたいな事に???

(別になってないですか?)


ちなみにお味の方は、スイカ(water melon)と言うよりは、薄まったメロン味と言った感じでした。

お近くのスーパーでお見かけになった際は、ぜひ一度お試しを。。。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。