・・・ 瀬戸の夕凪 ・・・

世界中で、次々と起こる「ニュース」! 
癒しの「芸術」「文化」♪

新鮮な「ニュース」「芸術」「文化」について、、、

写真・画像・イラストなどで楽しみながら、、、、  感想など、聞かせてね♪

NEW !
テーマ:

 

郡上「国田家の芝桜」(岐阜県)
幸せに染まる 


 

 シバザクラの名所として知られる岐阜県郡上市明宝奥住の「国田家(くにたけ)の芝桜」が二十日、ほぼ満開になった。
ピンクや白、紫の花がじゅうたんのように覆い、行楽客を楽しませている。今月末まで楽しめるという。


 約六十年前、同家に嫁いだ故国田かなゑさんが苗を植えたのが始まり。
面積は約三千平方メートル。
二〇〇二年に七十七歳で亡くなった後、家族や地元の人らが保存会をつくり、手入れを続けている。
満開は平年より一週間ほど早い。


 草取りを日課としている、かなゑさんの長女洋子さん(68)は「癒やされたと喜んでもらえるのが何よりの励み」と笑った。
<記事引用>

 

NEW !
テーマ:

 

華やか曳き揃え 
古川祭最終日(岐阜県)


 

 古川祭(国重要無形民俗文化財)は最終日の二十日、飛騨市古川町中心部に華やかな祭り屋台が曳(ひ)き揃(そろ)えられた。


 前夜の起し太鼓から一転、古川町壱之町のまつり広場には、早朝から十台の屋台が並んだ。
訪れた観客は雲龍(うんりゅう)や鳳凰(ほうおう)などが描かれた見送り幕、精緻な彫刻に見入っていた。
屋台の上ではからくりや子供歌舞伎も披露され、見物客を沸かせた。

 埼玉県から訪れた榎晶子さん(68)は「起し太鼓は勇ましくて男らしく、屋台はおごそかで歴史を感じる」と話していた。
その後、屋台の曳行(えいこう)があり、町内各所で曳き揃えがあった。
みこし行列や獅子舞も町内を回った。


 市によると、十九日夜の起し太鼓には、三万五千人が来場。
二日間で昨年より四千人多い延べ五万六千人が訪れた。

(浜崎陽介)
<記事引用>

 

NEW !
テーマ:

 

関東以西は夏日に、30度以上も 
週末は熱中症に注意を



 <写真> : 初夏を思わせる陽気の中、薄着の親子連れらがカラフルなこいのぼりが風に揺れる様子を楽しむ。
20日、東京・六本木の東京ミッドタウンで

 

 日本列島は20日、高気圧に覆われて全国的に好天となった。
関東甲信以西では強い日差しで気温が上昇し、各地で最高気温が25度以上の夏日となり、九州などでは30度以上で今年、全国初の真夏日に。
22日にかけて暑さが続く見込みで、熱中症への注意が必要だ。


 気象庁によると、20日の最高気温は、大分県日田市で30・8度、広島県安芸太田町加計で30・0度を記録するなど、7カ所の観測点で真夏日となった。
甲府市28・8度、京都市と山口市で28・2度などを記録し、各地で6~7月並みの陽気だった。


 予報では21、22日も沖縄・奄美を除いて全国的に晴天が続く。
<記事引用>

 

NEW !
テーマ:

 

横浜で「宇都宮餃子祭り」 
16店、魅力アピール


 

 宇都宮市のギョーザ店16店舗が集まる「宇都宮餃子祭り」が20日、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で始まった。
県産品も購入でき、栃木県の魅力をアピールする。
22日まで。


 下野新聞社(宇都宮市)が主催し、今年で5回目。
昨年の15万7千人を超える来場者数を目指す。
約80店が加盟する「宇都宮餃子会」の事務局長鈴木章弘さん(45)は「店を休業して来た店主もいる。ギョーザをきっかけに栃木や宇都宮をPRしたい」と意気込みを語った。


 宇都宮市はギョーザの世帯当たり購入額日本一を浜松市と争い、2017年は4年ぶりに首位へ返り咲いた。
<記事引用>

 

 

「大さか」最古の地名記述か 
蓮如直筆の和歌草稿に


 

 本願寺中興の祖・蓮如直筆とみられ、「大さか」の文字がある和歌の草稿が見つかり、所蔵する京都市山科区の本願寺文化興隆財団は20日、大阪の地名が記述された最古の原本とみられると明らかにした。


 「なにわ」「なみはや」と呼ばれていた時代から「おおさか」へと土地の呼び方が変わる過程をひもとく史料といい、財団の藤田香奈子学芸員は「真宗史のみならず、日本史上極めて貴重」としている。


 財団によると、見つかったのは、室町時代末期の明応7(1498)年11月8日付で、和歌5首がしたためられた草稿。
2011年に京都市内の古美術商から購入した。

<記事引用>

 

 

島猫と春風が迎えてくれる 
福岡・糸島で〝猫探し〟


 

 福岡県の北西部に位置する糸島市は近年、九州の各県のみならず、近畿や関東の都市部からも数多くの観光客が訪れる人気スポットとして知られる。温暖な気候や豊かな自然に惹かれた人々の移住先としても注目を集めており、子育て世代の若者はもちろん、中高年が第二の人生を送るのにも、この上ない魅力にあふれた土地だ。

 そんな糸島市の沖合4キロほどの玄界灘にある姫島に、猫を探して渡ってみた。

 

 市営の渡船、その名も「ひめしま」で約15分、姫島漁港に降り立つも猫の姿は見えない。
たくさんの漁船が係留された港内の舟屋で作業をしている漁師に話を聞いてみた。
「ここに来るのは釣り人がほとんどだったけど、最近は猫目当ての人も増えた」という。

 そんな話の直後、足元に1匹の猫が現れて民家の方へ歩き始めた。
後をついて行くと防波堤の切れ目に数匹の猫が朝の日差しを浴びながら眠っている。

 猫たちにあいさつをしてから、写真を取らせてもらう。
当然ながら、ダッシュで逃げ出す〝取材拒否〟の猫も数匹・・・。
無理は禁物、神対応をしてくれる猫に感謝しながら、しばし猫まみれになる。

 

 一人旅で来たという東京都江戸川区の女子大生は「猫が大好きで、猫カフェにも行きますが、野性味のある島の猫の方が好きです。自然な姿が見られて良かった」と笑顔。片手で猫をなでながら器用にスマートフォンで写真を撮っていた。

 前出の漁師が言うには
「猫が増えたかと聞かれたら、そんな気もするけど…昔から居るしなぁ。
飼い猫じゃないんだし、いちいちエサをやってたらキリがない」
と言いながら、手入れ中の網から外した売り物にならない魚を放り投げる。「こういうのは猫が食べるんだよ」とニヤリ。
さりげない優しさを、しっかりと見せて貰った。

 もちろん、ペットではない以上、自らの力で生きて行かなくてはならない猫たちだが、島の住民との距離感は〝ちょうど良い〟という印象で、その土地で生きる「命と命」、過剰に干渉し過ぎない「見守る優しさ」が感じられた。

 このバランスを崩さないためにも、島を訪れる際にはくれぐれもマナーを守り、住民への配慮を忘れないようにしたい。
何よりも、猫たちのために。


 姫島を後にして向かったのは「猫と布とアクセサリーの店・のび工房」。かつて京都で開業した店を、故郷の佐賀県に近く、立地も気に入って糸島市に移転した。

 看板猫ではなく、あくまでも自宅で飼っている猫なのだが、自由に店内を闊歩する数匹の猫に出会える可能性は高い。
今回も「がっちゃん」「あーくん」「鯛ちゃん」らが快く?撮影に応じてくれた。

 「のび工房」の庭は、季節ごとの花々で彩られていて、まるでそれらを愛でるかのように散歩や日光浴を楽しむ猫たち。
幸せそうな猫たちの姿に、見ているこちらの心の中にまで温かい春風が吹き込んで来た。

(尾崎修二)
<記事引用>

 

 

小平、李相花両選手が再会 
トークショーで笑顔


 

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートル金メダリストの小平奈緒選手(相沢病院)と同銀メダリストの李相花選手(韓国)が19日、東京都内の駐日韓国文化院で行われたトークショーで再会した。


 平昌五輪では、3連覇を果たせず感極まっていたレース直後の李選手の肩を小平選手が優しく抱いたシーンが感動を呼んだ。
李選手は「激励を受けたので、涙がさらに多く出たかもしれない」と振り返り、小平選手の集中力や気遣いを称賛。

 31歳の小平選手は、世界記録を持つ二つ年下のライバルの印象を「普段2人で話している時と、リンクでの風格のギャップがすごい。普段はすごく女の子という感じ」と笑顔で語った。


 長く切磋琢磨してきた間柄だがリンクを離れれば仲が良く、日本語と韓国語を教え合うことも。
かつて小平選手が韓国を訪れた際にいろいろともてなしたという李選手は「(次に)日本に来る時は面倒を見て」とお願い。
小平選手も「少し時間ができた時に日本に呼んで、おいしいものを食べたりしたい」と、プライベートでの再会を約束した。

<記事引用>

 

 

「第2の地球」探索へ 
NASA望遠鏡打ち上げ


 

 米航空宇宙局(NASA)は18日、太陽系の外にある地球型惑星を探す新たな宇宙望遠鏡「TESS(テス)」を、米フロリダ州から打ち上げた。適度に温暖で、生命を育む水にあふれた「第2の地球」の発見を目指す。


 米スペースXのファルコン9ロケットでケープカナベラル空軍基地から打ち上げ。
観測が始まれば、岩石でできていて大きさが地球に近く、水が液体の状態で存在できる惑星が数百個見つかると期待されている。


 TESSは高性能カメラを4台搭載し、これまで太陽系外の惑星を探すのに使っていたケプラー宇宙望遠鏡に比べて400倍広い範囲を観測できる。太陽から300光年の範囲内にある比較的近い惑星を探す。 


 太陽以外の恒星を回る惑星は、遠く離れていて光を直接出さないため見つけるのが難しい。
TESSは恒星の手前を惑星が横切る際にわずかに暗くなる現象を手掛かりにする。
惑星の大気をかすめて飛んでくる光も分析し、大気がどのような成分でできているか調べる。

<記事引用>

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。