「見るまえに跳べ」2

テーマ:

この動画と一緒に
読んでほしい

https://www.youtube.com/watch?v=tZtxiKq4jiw

「見るまえに跳べ」 W・H・オーデン

危険の感覚を失わせてはならない
道は、かくもか細く、また険しい
今、見れば、いかにも平穏に見えよう
見たければ見るがよい、しかし君は跳ばなければならない。

ひとたび床につけば、いかなる堅物とても
赤子のごとく成り、誰もが守る掟すら破るのだ
消え失せていくものは
慣習にあらずして、恐怖である。

せこい者ども、無能な小人、酔いどれどもも
懸命ならば、それらしき
評論ぐらいは言うだろう
笑いたければ笑うもよい、しかし君は跳ばなければならない。

着やすさ本位の衣装とは
趣味が悪くて値が高い
羊のような従順な人生を送る限りは
消えゆく者たちに遠慮する限りは。

社交辞令も悪くない
しかし、泣くことよりもさらに難しいのは
ただひとりの孤独を知ることである
もはや誰も見てはいない、しかし君は跳ばなければならない。

人生行路を共にする、私達を支えるのは
一万尋の海底の孤独である
私は君を愛するが、だからこそ君は跳ばなければならない
安穏の夢は、うち滅ばさなければならない。



Leap Before You Look W.H.Auden

The sence of danger must not disappeaer:
THE way is certainly both syort and steep.,
However gradual it looks from here;
Look if you like, but you will have to leap.

Tough-minded men get mushy in their sleep
And break the by-laws any fool can keep;
It is not the convention but the fear
That has a tendency to disappear.

The worried efforts of the busy heap,
The dirt ,the imprecision ,and the beer
Produce a few smart wisecracks every year;
Laugh if you can, but you will have to leap.

The clothes that are considered right to wear
Will not be either sensible or cheap,
So long as we consent to live like sheep
And never mention those who disappear.

Much can be said for social savoir-faire,
But to rejoice when no one else is there
Is even harder than it is to weep;
No one is watching, but you have to leap.

A solitude ten thousand fathoms deep
Sustains the bed on which we lie, my dear:
Although I love you, you will have to leap;
Our dream of safety has to disappear.

(“Collected Shorter Pems 1930-1944” by W.H.Auden,Faber and Faber)



「友よ」執行草舟 (講談社)
(詩の翻訳は筆者による)
AD