チャンピオンズカップの競馬予想。レース傾向やデータ分析。2016

チャンピオンズカップ2016の予想に役立つ情報をピックアップしました。


テーマ:
12/04(日)に中京11R・ダ1800mにて
《チャンピオンズカップ》が開催されます。





波乱の決着も決して珍しくない
秋の“ダート王”決定戦。


昨年は12番人気の牝馬サンビスタ
の激走で波乱の結果に。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


まずは出走馬を見ていきましょう。


================
チャンピオンズカップの出走馬
================


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 カフジテイク 57.0 追 津村明秀
2 2 アウォーディー 57.0 差 武豊
2 3 ブライトライン 57.0 先 田辺裕信
3 4 アスカノロマン 57.0 先 和田竜二
3 5 ロワジャルダン 57.0 先 横山典弘
4 6 モンドクラッセ 57.0 逃 丸山元気
4 7 ラニ 56.0 追 内田博幸
5 8 サウンドトゥルー 57.0 追 大野拓弥
5 9 ノンコノユメ 57.0 追 ムーア
6 10 メイショウスミトモ 57.0 差 古川吉洋
6 11 コパノリッキー 57.0 先 ルメール
7 12 ゴールドドリーム 56.0 差 デムーロ
7 13 ブライトアイディア 57.0 先 幸英明
8 14 アポロケンタッキー 57.0 差 松若風馬
8 15 モーニン 57.0 先 戸崎圭太


以上、出走馬15頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


アウォーディー

芝からダート路線に転向してから、
驚くべきパフォーマンスの連続。

G1初挑戦となったJBCクラシックも
あっさりクリアし、ダートはこれで
無傷の6連勝を達成。

今回の鞍上はジャパンカップを制した武豊。

勢いに乗る名手・武豊を背に7連勝で
ダート界絶対王者に君臨となるか。


ノンコノユメ

昨年の2着馬で、フェブラリーSも2着。

去勢の影響で大幅に馬体減となった
前走のJBCクラシックでも上がり3位と
安定した末脚の破壊力が魅力。

中京コースとの相性も良い。

1回叩いてR・ムーア騎手を迎えた
今回は巻き返し必至か。




ゴールドドリーム

前走の武蔵野Sで2着。

全7戦していて[4-2-1-0]と
パーフェクト連対の3歳馬。

まだ底をみせておらず不気味な存在。

3歳世代のダートトップクラス馬が、
歴戦のG1馬達に通用する事が出来るか。

試金石となる注目の一戦。


コパノリッキー

南部杯ではレコード勝ちで
G1・8勝目を達成。

しかし3連覇を狙ったJBCクラシック
ではチグハグな競馬で5着。

それもあってか今回はルメール騎手とのコンビ。

目下絶好調のルメール騎手が
どのような騎乗を見せるか楽しみ。


モーニン

今年のフェブラリーSで台頭し、
高速ダートでレコード勝ちを収めた。

勝ったデムーロとのコンビから
ここ2走は戸崎に替わったものの
勝利を手中に収められなかった。

しかし根岸S、フェブラリーSと
連勝した時の強さは本物。

1800mでも強さを証明となるか。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-2-3】
2番人気【1-0-1-8】
3番人気【1-2-1-6】
4番人気【1-0-0-9】
5番人気【0-2-1-7】
6番人気【1-2-0-7】
7~9番人気【1-3-3-23】
10番人気以下【1-0-2-65】


1番人気の複勝率は70.0%と堅実。

ただ、穴馬の好走も多いレースで
1番人気以外は波乱含み。

G1好走馬や重賞勝ちのある馬に注目。




~~~~~~~~~
馬齢データ考察
~~~~~~~~~

3歳【1-2-2-19】
4歳【2-1-2-26】
5歳【5-4-2-32】
6歳【2-2-3-25】
7歳【0-1-1-15】
8歳【0-0-0-9】
9歳【0-0-0-2】


7歳以上の馬は優勝例が無く、
高齢馬は割り引き。


~~~~~~~~~~
コースデータ考察
~~~~~~~~~~

直線が約410mあるのにプラスして
ゴール前には急な坂が設けてられている
非常にタフなコース形態。

先行馬の勝利数が圧倒的に多いが、
勝率は逃げ馬も高い。

したがって先行・逃げ馬に要注意。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


チャンピオンズカップは中京ダ1800mで行われる。


傾向としては前走での着順が
大きな目安となっており、

過去10年で3着以内に入った
30頭中29頭が前走4着以内だった。

唯一5着以下で3着以内に入ったのは
G1勝ちの実績があった08年のカネヒキリのみ。


また、前走10着以下の馬券絡みはなし。


前走の人気も大事なデータであり、
前走5番人気以下だった馬の
過去10年の成績は[0-3-3-44]となっている。


3着以内に入った6頭はいずれも
重賞3着以内に好走した馬だった。


そして、過去10年の3着以内馬延べ30頭中19頭は
同年のJRAのダート1600~1800mの重賞において
連対経験がある馬だった。


一方で、7歳以上になると苦戦傾向。

過去10年で優勝馬は出ておらず
2着1回、3着1回のみ。


また、関東馬は[0-1-1-20]とかなり苦戦。


よって、前走での着順と人気、
~~~~~~~~~~~~~~
1600~1800mの重賞成績を重視して予想。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【アウォーディー


ダート転向後の成績が申し分なく
去年から6連勝中。

そのレースすべてで上り3Fが最速だった。

前走も2番人気で1着。
勢いは続きそうだ。


対抗は【ゴールドドリーム


この馬は新馬戦からすべてのレースで
3着以内という抜群の安定感。

2000mで一度3着があるが、
1600~1800mは[4-2-0-0]

ここも得意の距離で結果を残しそうだ。


以上を加味した馬券戦略は

◎:アウォーディー
◯:ゴールドドリーム
▲:モーニン
△:コパノリッキー
△:サウンドトゥルー


◎、◯を中心に手広く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の最新の競馬ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。