2006年04月18日

イノッチ映画初主演で三角関係

テーマ:ウェブ上の記事【武威系】
V6井ノ原快彦(29)が映画初主演することが17日、分かった。原作は人気脚本家岡田惠和氏(47)の処女小説「天国は待ってくれる」。井ノ原はピュアな三角関係を維持しようと恋心をひた隠す主人公を演じる。ヒロインを岡本綾(23)が演じ、EXILEを離れソロ活動を開始する清木場俊介(26)が親友役で俳優デビューする。来年公開』だそうな。

日刊スポーツ
オリコンニュース
gooニュース:日刊
Yahooニュース:日刊

wikipedia:岡田惠和
俺たちの旅&トミマツ普及委員会:岡田惠和プロフィール
rhythmzoneレーベル:清木場俊介オフィシャルサイト
清木場俊介プロダクション公式サイト:kiyokiba.net
wikipedia:岡本綾
岡本綾

>主人公はどこから見てもいいヤツ。少し気弱なところもあるが、何より
>友情を大切にして絶対に人を裏切らない。製作側は「人懐こい笑顔が
>とても印象的。俳優として大きな可能性を秘めている」とし、迷わずに
>井ノ原に出演依頼した。
~略~
>原作の岡田氏はNHK「ちゅらさん」など話題ドラマの脚本を手掛けて
>きた。執筆段階で映画化打診を受けて快諾した小説は、幻冬舎から来年
出版。出版前に映画化が決まる珍しいケースとなった。

>舞台は東京・築地。「聖なる三角形」を合言葉に、固い友情で結ばれた
>幼なじみ3人男女の物語だ。井ノ原演じる主人公の宏樹は、築地に本社
>を構える朝日新聞の記者。清木場演じる親友の武志は築地市場で働き、
>岡本演じるヒロインの薫は銀座の文具店に勤務しながら2人と等距離の
>関係を保っていた。ところが薫に婚約を申し出た武志の気持ちを、宏樹
が受け入れたことから3人に微妙な変化が生じる。さらに武志が意識不
>明の重体となる事故に遭い、物語は急展開する。

…ウホ?

まぁ冗談はさておき、井ノ原役柄は問題無いとしても…本は大丈夫か??
執筆段階で~って事は、まだ完成原稿を読んだ人はヘタしたらいなかったりして…
記事のあらすじを読んだ限りでは何とも言えませんが、ヒロインの意思は??って疑問がねぇ…
よくあるパターンとして、プロポーズしてきた相手よりも自分を譲った形の優柔不断男な主人公が好きって感じっぽいし。
グダグダと悩むヒロインと煮え切らない主人公のウジウジドラマ?う~ん、自分そういうの嫌いなんでよっっっっぽど評判良くないと観に行かないな。つか、多分TV放送待ちだw
グダグダな本をごまかす為に映像美に拘った映画になりそうなヨカーン…

いっそスカッと気持良く「や ら な い か」展開の方が面白そうなw
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

蛇煮の杜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。