• 25 Jun
    • シロクマ・デスライドwww

        ほたか牧場MTB20時間耐久(ゆるゆる)レース(通称、ほたかゆるゆる)まであと1週間♪   今日はちょっと復帰されたシロクマさん家にお伺いしたくて、この約2ヶ月間でロード(まどちゃん)にたったの2回しか乗っていないこともあり、普通だったらこの距離になるとロードなのですが(普通に行けば殆ど舗装路ですしね…)、でも、来週に備えて無理矢理チューブレス化した角さん(CUBE)のタイヤも調子を見ておきたくて、角さんでシロクマさん家へGO!   …これが、自分史上最も厳しいライドになろうとは、この時点では夢にも思っていませんでした。   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ 日曜日は少し天気が微妙そうな予報だったので、土曜日。   いつもの様に、朝も早くからごそごそと起き出して準備をして出発。   目的地は越生のシロクマパン。   但し、今回は角さんの新装備のチェックもありますので、なるべく未舗装路を走れる様なルートを組みました。   まずは荒サイを北上。   基本は舗装路ですが、未舗装の場所を見つける度に突入していきます♪   入間大橋緑地の横のTT区間も30km/h超で2.25インチの太めのブロックタイヤをブーブー言わせながら快調に飛ばします。   この頃はまだとっても元気   緑地を過ぎて少し行ったところから、いつもロードだったら荒サイの方へ向かうところを、入間川の方へ。   入間川の左岸は初めて走りましたが、ずっとダブルトラックの未舗装路。 MTBなら余裕の道で、舗装路みたいにスピードは出ませんが、平坦だし快調快調♪   越辺(おっぺ)川に入ると、舗装路になったり未舗装路になったり。   オフロードバイクの集団が走っていきました。 彼らも走る所に困ってるんですかね…   さて、越辺川に入ると沈下橋があったり、   水管橋があったり、 荒サイの日本最長の水管橋に比べて短い…   頭上注意のところがあったり、 少し下を迂回させるとか考えなかったのでしょうかねwww   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、越辺川から都幾川方面へ少し行ったところで、第一のトレイルへ。   それほどキツいところもなく、走りやすいトレイルとか思っていたら…   wwwww   道は付いているので問題なく走れるのですが、蜘蛛の巣トラップに掛かりまくり   それでもなかなか素晴らしい緑のトンネルに出会えました   そこからまた少し舗装路を移動して、シロクマさんが以前紹介していた嵐山渓谷の沈下橋へ。 秋になるとまた素晴らしいでしょうね♪ また訪れてみたいと思いました。   そこから少しダブルトラックの林道を抜けて次の林道へ。   時折紫陽花の咲く舗装路林道をうんしょうんしょと登り、   展望台 ちょいと雲が多いですが、街を一望できるなかなか素晴らしい展望です♪   さて、ここからは本日前半最大の山場のトレイル   5km以上に亘ってチャレンジ区間あり、ご褒美ヒャッハー区間あり。   意外な近場にこんなところがあったんですね 久しぶりの気持ちのいいトレイルに、写真少ないですwww   でもアップダウンや後半の結構厳しい下りなどもあり、ここでかなり消耗しました ま、そりゃそうですよね。 この時点でダートやトレイルライドも含めて70kmくらい走っています。   さて、下って越生方面へ。   お腹も空いたのでシロクマさん家に行きましょう。 ロードに混じって、一台だけMTB   シロクマ店長のブログにも書かれていますが、この日は本当に来店者が多かった様で、お忙しくパンを焼かれている様子をちらっと拝見して、目があったので会釈だけ。 本当にお元気そうで何よりでした!   とってもお腹が空いていたので、少し重めの調理パンをがっつり3つ   久しぶりでしたが、ふわっふわで本当に美味しかったです♪ また寄らせて頂きます!   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、午後の部の開始です。   おなかもいっぱいで元気になったので、この勢いを駆って次のトレイルへ。   ここは頂上の景色のご褒美もある良い所なのですが、問題は登り下りがとても厳しいところです。 400m弱と低山のくせに、えらい斜度の登りが多く、担ぎが必要なところもあります。   で、登り始めて後悔。 明らかに脚が終わりかけています   これまでのライドでも「脚が終わりかけた」などと書いていたことがありますが、、、   スミマセン、盛ってましたwww   しかも、根っことかも多く、元気だったら頑張って下れるところも下れない。   角さんはフルリジッドなので、かなり負担が掛かっていたのか、段差をいなす上半身と握力も終わりかけています。   まぁ、そりゃそうかも。   この時点で走行距離はほぼ100km。 既にMTBで走る距離ではなくなっています。 しかも平地舗装路じゃなく、ダート・トレイルを好んで選んで走ってますからねwww     正にヘロヘロという言葉が相応しい状態で頂上へ。   ここでちょいと長めに休憩。   そして頑張って下りますが、下りも厳しい (それでも写真を撮る見上げた根性www)   無事下って、セブンイレブンで食べたガリガリ君の美味しかったこと美味しかったこと!   もう一箇所トレイルに行くつもりでしたが、もう無理   だってここからおうちに帰るだけであと60kmくらいあります。   ここからが本当に地獄でしたね。 舗装路平地で頑張っても20km/hちょいしか出ないし、緩い登り坂でも10km/h台に落ち込む始末…   暑かったのでコンビニで休み休み、何とか秋ヶ瀬公園へ。   何とか6時前にはおうちに帰り着きました。   本日の走行距離は161km   家族と一緒にご飯を食べて、お風呂に入ったらそのまま寝落ちしました。   ここまで消耗したのは、自分史上初めてです。 GWにロードで300km、4000mUPをやった時よりも遥かに疲れました・°・(ノД`)・°・     本日の教訓: ・MTBでセンチュリーは走れるけどロードの倍疲れる。 ・そこにダート・トレイルを組み込むと自殺行為www     …今日は、来週のゆるゆるに備えてゆっくりしてよっと♪   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ あ、そうだ。 無理矢理チューブレス化の感想を忘れてたw   いいですよ、チューブレス。 かなりの激坂登りでも安心して登れるし、漕ぎ出しも含めてチューブ分かなり軽く感じました。   チューブレス非対応のホイールではどんなもんかな?と心配していましたが、この厳しいライドでも全く問題なし♪   来年春の王滝、ちょっとこれで頑張ってみようかなとか思いました。   にほんブログ村  

      66
      28
      テーマ:
  • 21 Jun
    • NOTUBESでチューブレス化ヘ(゚∀゚*)ノ

      先日の記事でもちょっと触れましたが、このところ2トレや6トレでご一緒させて頂いたやましたさんの激坂チャレンジをクリアするためには脚力、バランスだけでなく、タイヤのグリップも何とかしないとクリア出来そうにない   角さん(CUBE)のホイールは、700cのDeore XTのホイールと、26インチのKINLINの手組みホイール。   XTホイールはシクロ用の700x33cのタイヤを履いていて、これはチューブレス対応のホイールなので次にタイヤ交換をするときにチューブレス化を予定。   しかし角さんはフルリジッドなので、根っこや段差のきつい山遊びの時には33cタイヤだとエアボリュームが足りなくて疲れるため、最近はKINLINホイールに26x2.2インチのタイヤで遊ぶことが多いのですが、このホイールはチューブレス非対応で、ニップルの穴が開きまくっているので普通のクリンチャータイヤを使用しています。 (タイヤはコンチのマウンテンキングⅡ ~残念ながらチューブレスレディじゃなかった)   クリンチャーの最大の問題点は「リム打ちパンクのリスク」です。   近所の秋ヶ瀬公園程度なら問題有りませんが、もっと段差のあるトレイルでグリップを確保しようとして空気圧を下げると、根っこや段差等でリム打ちしてすぐにチューブに穴が開いてパンクしてしまうので、グリップを犠牲にしてかなり空気圧が高い状態で使っています     そんな訳で、もっと空気圧を下げた状態でも使えるように、何とかこのホイールをチューブレス化できないか? (手組みで他にはないホイールなので意外とお気に入りなんですよ。このKINLINホイール)     世の中には同じ様なことを考える人が沢山いるんですね~   Stan'sがNOTUBESという、チューブレス非対応のホイールをチューブレス化するキットを出しています。   Chain Reactionを覗いてみたら、チューブレスタイヤとかも含めてセールをやっているみたいだったので、思わずぽちぽちプチプチwww キットよりもバラで買った方がシーラントとかも安かったので、バラ買い。   どうするかと言うと、右上の黄色い粘着タイプのリムテープをリムに貼り付けてニップルの穴を塞ぎ、空気が漏れないようにして無理矢理チューブレス化します。(但し、自己責任ですよん)   ま、でもネットでググってみると、結構多くの人がやっているみたいなので大丈夫でしょう。多分…(何せキットまで売っているんですからね)   21mm幅のテープをリムに貼り付けて、しっかりと穴を塞ぎ、根本にゴムの付いたチューブレス用の仏式のバルブをしっかりネジ止め固定します。   こいつに、チューブレスタイヤをはめます。   チューブレスタイヤはビードが硬くてホイールにはめるのにとても苦労したって、他の方のブログとかに良く書かれているので、どんなに大変なんだろうと思いましたが、石けん水を少し付けて力をフンッ!って入れたら意外と簡単に入りました。   チューブレス非対応のリムなので、リム高がチューブレス用よりも低いのか? それとも、自分は握力が50kg近いのでそのお陰か?   で、チューブレスレディではなく、チューブレスタイヤなのでそのままでも空気は漏れない筈なので、まずはビードが上がるかを確かめようと通常のフロアポンプ(コンプレッサー無し)でシュコシュコやってみましたが…   無理www   入るエアよりも隙間から漏れるエアの方が多く、とてもじゃ無いですが上がる気がしません。       戦略変更   一旦、バルブコアを外してシーラントを約60cc注入し、   CO2インフレーターでエアを急速注入するという力業に出ました   パン、パパンッ♪   できた     CO2インフレーターって持ってたけど一度も使ったことが無かったので実は初めて使いましたが、、、人類の英知に乾杯♪   但しCO2分子サイズはゴムの分子構造よりも小さいのですぐに抜けてしまいますから、とりあえず半分くらい抜いてからポンプで空気を注入。   今のところ抜けている感じはありませんが、しばらく様子見ですかね。 (前輪をチューブレス化してから4日ほど経過しましたが、問題なさそう♪)   で、前輪をやったところで、ラインのMTBグループで「通常のポンプでのビード上げは無理」って呟いたら、やましたさんから「もう使わないので、電動コンプレッサーお譲りしますよ」との大変有り難いお言葉     火曜日夕方にわざわざ新宿まで持ってきて下さるということで、お受け取り♪ やましたさん、ありがとうございました! 大事に使わせて頂きます♪ (頑張ってチャレンジクリアしなきゃ…)     てなわけで、コンプレッサーを使ってもう一本、後輪のチューブレス化♪   さて、ほたかゆるゆるも近いし、土曜日は何だか天気もいいみたいなので、試しに6トレでもちょっと走りに行ってみますかね♪(今日は雨降ったけど、木金と天気はまぁまぁみたいなのでトレイルも乾くかな?)     にほんブログ村

      70
      16
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 〔標高2000m超を制覇せよ!〕 コマクサ峠

        CBNでbaruさんが標高2000m以上の高所(舗装路)って記事で、日本国内で自転車で行ける高所の紹介をしています。   自分もご多分に漏れず高い所が大好きで、スポーツ自転車に乗り始めて2年と4ヶ月の間に絶景を求めて西へ東へ♪   でも、そういえば高い所が大好きな癖に、こういうのは調べて無かったな…   baruさん、ありがとう!   そのサイトに書かれている自転車で行ける2000m以上の峠・山が以下。 (※美ヶ原・王ヶ頭は、頂上までは自転車押し歩きです) 因みに富士あざみラインはずっと2000m級だと思ってましたが、2000mに届いていなかったんですね…   ・2702m: 乗鞍(長野・岐阜) 2016/8/12 ・2400m: 富士山スカイライン(静岡) 2015/11/4 2016/10/10 2017/4/29 ・2360m: 大弛峠(長野・山梨) 2015/10/9  ・2305m: 富士スバルライン(山梨) 2015/9/11  ・2180m: 御嶽山 田の原(長野) ・2172m: 渋峠(長野・群馬) 2015/8/3 2016/7/20 2017/5/4 ・2127m: 麦草峠(長野) 2016/4/30  ・2093m: 大河原峠(長野) ・2040m: コマクサ峠(長野) ・[2034m: 美ヶ原・王ヶ頭(長野)] 2015/9/28  ----------------------------------------- ・[1960m: 富士あざみライン(静岡)] 2016/7/30   ロードに乗り始めたのが2015年2月。 そこから半年で長野側から渋峠にアタックして以来、毎年懲りずに2000m級の高所に登り続けています。 富士山スカイラインと渋峠は毎年登っていますね。   で、改めてこのリストを見て自転車で行ける2000m超の場所をまだ制覇できていないということに気付いてしまいました (御嶽山田の原、大河原峠、コマクサ峠は未制覇)     というわけで、緊急プロジェクト発動   「標高2000m超を制覇せよ!」     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ 今回はその第一弾♪   ぼっちで行く予定だったのですが、決行日のつい2日前に別件で打ち合わせがあり、だいちゃんに「一緒に行くけ?」と言ったら、二つ返事で「行く!」とwww   急遽オヤジ二人旅となりました♪   最初はコマクサ峠から以前行けてなくて気になっていた毛無峠でも登るかとか考えてましたが、1日に2000m以上の山を2つも登ると脚がもげてしまうかもしれませんので、とにかく所期の目的を果たそうと考えて無理せずコマクサ峠だけを目指すことにしました。   と言う訳で、新幹線に乗って大宮からバビューンと佐久平駅へ。   今日の行程にはほんの4~5km程度ですがグラベルがあるということなので、自分はロードではなく角さん(CUBE)シクロタイヤ仕様。だいちゃんもkonaのシクロです♪   コンビニでエネルギー補給して、山の上で食べる食料を買い込んでから登り始めます。   所々ちょっとキツ目のところもあるけど、2000m級のヒルクライムにありがちな、一本調子でとにかく長い坂。   最初はまだ元気   でも、途中からはシクロ用のブロックタイヤで来たことを2人とも後悔し始めますwww ずっと舗装路登りですからね。   しかも10km以上に亘って、平均斜度9%とちょっとキツ目   それでもとってもいい景色 まだ冠雪した北アルプスが見えていました   うんしょ!うんしょ!! この時はだいちゃんに置いていかれつつも、まだアウターで登ってみようとか頑張ってます   キツイキツイ   素晴らしい天気で、ヒルクラ中は暑いけど、木陰に入るととっても爽やかで涼しい風が吹いてきます。   しかし車坂峠のちょい手前に斜度が明らかに20%を越えたコーナーがあり、そこで心が折れてフロントをインナーへwww   その後の絶景区間で、だいちゃんが写真を撮ってくれました。 余裕がある風をしていますが、ヘロヘロです   上でカプメンでも食おうと、バーナーとか水とか背負っているので重くて重くて、この頃には腰が痛くてブツブツ文句を言いながら登ってましたwww   車坂峠(1973m) 群馬県と長野県の県境です。   まだ2000mには達していませんが、ここで水&エネルギー補給と休憩。 カンパーイ♪   いや~、キツかった   この手の2000m級の峠は、あざみを除いて平均斜度は5~6%程度とそれほど高くないところが殆どなのですが、ココはキツかったです   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、ここから少しグラベルです。   景色もいい、なかなか素晴らしい道 ロードでもエンデューロ用のタイヤなら走れないことはないですが、注意は必要ですね。   でも、途中少し石が大きめの所もあり、後輪が滑りやすかったりもあり、ダートの登りはキツかったっす。   二人で頑張って、ようやくコマクサ峠へ。   コマクサ峠(2040m) コマクサ峠、制覇! (喜びの舞www)   さて、残り3つのうちの1つを制覇し、満足したところでランチにしましょう♪   カプメンうます!   コーヒーも美味♪   こんな景色を眺めながらのランチタイムは本当に贅沢ですね!   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、満足したところで長野原側に下りましょう。   少し下ると地蔵峠。 ロッヂ花紋で こけももと葡萄のアイスクリーム ここが日本海と太平洋の中央分水嶺なんですね。   ここはスキー場で、ちょうどツツジ祭りをやっていたので、折角なので見ていくことに。   ここには牛が放牧されていて、目の前を牛さんがウロウロしていました。 (あちらこちらに牛糞地雷が仕掛けられているので、要注意)   殆どの牛さんは近づくと警戒して逃げていくのですが、この子は逃げずに触らせてくれました。 (大迫力!)   そこから更にバビューンと下って、嬬恋の近辺にはキャベツ畑が。   ここでも標高1100mを越えているのですが、もう暑い暑い 先ほどまでの涼しさが嘘のようです。   やはり夏は2000m級の山に限りますね♪   そこから更に長野原草津口駅まで向かいますが、、、 だいちゃんが後ろからプレッシャーを掛けるから、どんどんスピードが上がり、多少のアップダウンはお構いなしに40km/h超で踏み倒します   何をやってるんだかwww   下り基調とは言え、ここまで踏むと脚もプルプル。 駅に着いた頃にはもう二人ともヘロヘロでした。   午後2時ちょい過ぎには駅に到着(早っwww)   自転車をパックして、特急草津の切符を購入した後、出発時間まで1時間以上あったので、真っ昼間っからお土産屋の横の店でビールを飲み出す二人のオヤジwww カンパーイ   1Lを消費した後、更にまたビールとおつまみを買い込んで、電車の中でも酒盛りwww   … …… だいちゃん撃沈www   特急草津は上野まで直通運転なので、大宮や浦和まで乗り換え無しで帰れるのでいいですね♪ 因みにこんな時間から帰る人は殆ど居ないのか、ガラガラでした。   まずは目標の一つを達成し、楽しく遊ぶことができてとても満足です   また遊ぼうね~♪     …さて次は御嶽山田の原、大河原峠、どちらに行こうかな?   にほんブログ村

      75
      16
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 密林からのお届け物と角さんメンテヘ(゚∀゚*)ノ

      昨日は一日中お山で遊んだので、今日は大人しくおうちに居ました   密林からのお届け物   何かな、何かな~♪   まず入っていたのはコレ   ずっと欲しかったオルトリーブのサドルバッグです。 右下のは、序でにポチったドッペルギャンガーのマルチユース・サイクルマウント♪   早速取り付けてみる   購入の目的は、お泊まりでのライド用の装備です。   昨年のツールド東北や乗鞍ライドの時に、着替えなど含めてもう少し容量があったらいいなと感じていました。   選択肢としては、 1.これまでロングライドの時に使っていたドイターのリュックよりも容量の大きなリュックを買う 2.大きめのサドルバッグを購入する の2つがあったのですが、背中の荷物が増えると結構疲れるので、分散させる方を選びました。   ちょっとしたロングライドなら、背中にリュックを背負わなくてもイケそうですね。 どのくらい入るのかは、今度試してみよう♪       あと、ドッペルのサイクルマウントは、へるはうんどさんのブログでも以前紹介されていて、ちょっとしたものの固定に何か使えるかな?くらいの感じでwww   目について安かったので衝動的にポチってしまったのですが、役立つかどうかは不明   こちらも「付いてて良かった」的な役立つシーンがあったら、また改めて紹介します。   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、購入したのはそれだけではなく、角さん(CUBE)のディスクブレーキのパッドがかなり減ってきていたのと、こないだ6トレでフロントブレーキを強く掛けたときにワイヤーが少し切れちゃったので、その交換部品です。   そろそろ油圧化ってのも考えたのですが、別に不自由もしていないのでいいかなってことでw   パッドを外してみてオドロキ 左が新品。右が付いていたものですが、昨日の山サイでほぼ使い切ったみたいですね お疲れ様でした   前後とも新品パッドを取り付けて、ワイヤーも張り替えて完成♪   角さんを組んで半年でパッドをほぼ使い切ったので、次は年末くらいかな?   メンテの序でに、こないだタイヤに金属が刺さってパンクした際に、チューブをパッチで補修したのですが、何だか漏れているみたいなのでチューブを新品に交換。   多分、今年のバイクロアの前には、次はチューブレス化ですかね。   バイクロアは本格的なレースではなくお祭りイベントですが、マッドなところもあるシクロちっくなコースなので、もう少し楽しめるスタイルに持っていきたいと思います   あと、上の写真のXTホイールはチューブレス対応なので問題ないのですが、もう一つのKINLINのリムで手組みした26インチのホイール。 意外とデザインとか気に入っているのですが、こいつはクリンチャー用のホイールで、チューブレス用ではありません。ニップル用の穴が開きまくっています。   角さんはフルリジッドなので山サイなどの時にはやはりエアボリュームが欲しくてこいつで山の中を走り回っていますが、クリンチャーなのでグリップを稼ぐために圧を下げると木の根っこや岩などでリム打ちのリスクが高くなるので、結局高圧のままで使っています。 (33cタイヤでも走れないことは無いんだけど、とっても疲れるんですよwww)   で、このところご一緒させて頂いたやましたさんのチャレンジは、タイヤを滑らせない様にコントロールしないとクリアできない様な激坂ばかりで、現在の高圧のままではどうしてもトラクションに限界があり、空気圧をもっと下げる必要が…     というわけで、こいつをStan'sのNOTUBESを使って無理矢理チューブレス化してみるってのも面白いんじゃね?(但し、自己責任)な~んてことも考えています (コラ、そこ! 「そんな無駄なこと考えずにチューブレス用のホイールを買えよ!」なんてこと言わないwww)   にほんブログ村

      68
      16
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 涼しいお山に遊びに行こう♪

          明日は富士ヒルですね♪   当初の天気予報も良い方向へとハズレ、お天気は良くなりそうです。 色んな繋がりで、リアルにお知り合いの方やブログ繋がりの方など、多くの方が参加されます。   みんな頑張ってね~♪   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、その前日の今日。   梅雨入りしたというのに、何だかちっとも雨は降らず、今日は30度以上の猛暑日になるとの予報。   「暑いなら、涼しいお山に遊びに行こう♪」   ってんで、山サイ部のメンバーに声掛けしたら、みんな「行く!」って返事。   今日のメンバーは、Yuu姐、久しぶりのいっしーと、病み上がり?のだいさく兄、そして自分の4名です。   このメンバーの山サイが普通で済むわけないですよね~   輪行でとある駅の近くのコンビニに集合し、エネルギー補給の後、早速お山に向かいます。     今日は以前行った時とは違うルートからアクセス。   まずは舗装路を登り…   そこからトレイルへ   乗車できるところは頑張って乗車しますが、斜度のエグいところや根っこの酷いところは無理せず押して登ります♪   このルートは、以前登ったルートよりはアクセスが楽でしたね 分岐で休憩。   みんな笑顔で余裕があります。   しかし急な登りで運動負荷は高く、汗だくになりましたので、水分や塩分をしっかり補給。   この時点で既に標高は900m弱。   木陰に吹く風はとっても涼しく、気持ちよかったです♪   さてそこからは乗車率は上がりますが、ハイカーの方が多く、ちょくちょく止まって挨拶しながらゆっくりと進みます。     そのうちまた斜度が上がりはじめ、押したり乗車したり…   頑張って登った先に、最初の難所   担いで、、、   押して、、、   ( ゚д゚)ポカーン こんなところも頑張って自転車を担いでクリアし(笑)、最後のちょっとだけは自転車を置いてお山の頂上まで登山     やった~♪ 素晴らしい景色です とても東京都とは思えないwww 苦労した甲斐がありましたね~   お約束   標高も1200mを越えていて、とっても涼しい!   早速お湯を沸かして、ランチの用意です   やはり苦労して登った後の山ラー&山コーは本当に美味しいですね!   景色もお腹も満足した後は一旦下って、山を巻いて下りのトレイルへ。   山を巻くところが、道が狭くて左が崖という…   危ない所は押して進み、尾根道へ。   ここからはアップダウンを繰り返しつつ、本当に最高のトレイルでした   ちょっとだけ大きな根っこや段差のある場所があるものの、基本乗車率は高く、とっても気持ちいい!!!   しかもあの岩場のためにアクセスが厳しいせいか、殆ど人も通らず、楽しく下ることができました。   結構脚にきたけど、みんな最高の笑顔   その後は駅に行ってビールを飲みながら輪行で帰宅。 下界に下りると、マジで暑くてびっくりしました。   やっぱり、暑いときには山の上に限るね♪   みんなまた行こうね~   にほんブログ村

      55
      10
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 6トレでの練習と、角さんメンテ

          ちょいと今週は仕事が忙しくて、日曜日の6トレの記事を書けていませんでしたね。   ライドの記録みたいなものなので、一応走ったという事実だけはメモっておこう   7月初めに開催されるほたか牧場MTB20時間耐久(ゆるゆる)レースの前に、ゴンタさんの練習にということで、みんなで集まって6トレで遊んできました♪   メンバーはやましたさん、桜のしーちゃん、ゴンタさん、久しぶりのいっしー、初めましてのJUNさん、そして自分の6人。 (何故か、ロードに乗った青いジャージを着たオヤジも来ましたが、病人なのでノンアルビールを与えて追い返しました) (撮影:ロードに乗った青いジャージを着たオヤジ)   で、その楽しい様子はゴンタさんのブログをご覧下さい(手抜きwww)   JUNさんと初めてお会いできたのも良かったです 体型がもう筋肉モリモリのガチムチ自衛隊員!? って感じですが、とても優しく楽しい方で、ユキエさんのお尻に敷かれているのが良く分かる気がしましたwwwww   1点だけ。   今回もまた、やましたさんにおんぶにだっこで6トレ内を色々連れて行って貰ったのですが、全然知らない素晴らしいルートが結構あって驚きました。   前に2,3度ほど走ったことがあって、それで大体分かった気になっていましたが、とんでもない!    6トレ舐めてました …ゴメンナサイ   しかも、前回の2トレに次いで、今回も幾つかのチャレンジポイントを織り交ぜつつ案内して下さるので、自分的には本当に楽しかったです   頑張ったけどクリア出来なかったチャレンジポイントも幾つかあり、ちょっと悔しい (やましたさんは軽々とクリアしていくんですけどね…)   でも、いい練習場所ができました!   やましたさん本当にありがとうございました!   ちょっとコソ練して、人知れずクリアできる様になってやろうと思います     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、週が開けて今週は月曜日からお仕事がとても忙しくて、ブログなんか書いている暇がなかったので、今頃書いたりしている訳ですが、ようやく金曜日になって少しだけ時間ができたので、明日土曜日の山サイに備えて角さんをメンテナンス♪   本当はディスクブレーキのパッドがかなり減っているので、その交換に併せてブレーキワイヤも交換しようと思っていたのですが、パッドが届かず断念   パッドが届いたら、一緒に交換しましょうかね♪ とりあえずブレーキの引き代の調整のみ。   それ以外は全く問題なし     さーて、明日は山サイ部のみんなと山登りだ   気温高そうだから、体調万全にしておかないとね~ 早めに寝よ~っと♪

      57
      18
      テーマ:
  • 03 Jun
    • ロードと登山の相性は?

        今日は一ヶ月振りにロード(まどちゃん)に乗りました。   やはり、MTBに比べて漕ぎ出しとか軽いですね!     で、こないだ行き損ねた那須方面へ。   明日もMTBで遊ぶ予定が入っているので、余り無理はせず、ゆるゆるです(本当か!?)   始発在来線を乗り継いで宇都宮線から東北線に乗り換え黒磯駅へ。 いつもなら、新幹線とか乗って輪行する所ですが、在来線を乗り継いでも黒磯駅に8時前に着くことが出来ます♪ 新幹線特急代もバカにならないですからね。     というわけで、今日は黒磯駅から那須岳を目指します♪   那須ヒルクライムのコースとは違いますが、1000m以上登るのは同じ。   自分の目的は、タイムとかそんな所には無いので、ゆるゆると登ります。   今日は東日本・関東は天気がいいとの予報でしたが、北の方は思ったよりも雲が多く、しかも爆風   暖かいかな~とか思ってウィンブレを持って来なかったのは失敗でしたね…   ヒルクラ中は寒くはないのですが、とにかく風が強くて、標高が上がるに従って汗もかかなくなります。   しかしながら、景色の方は雲がとてもいい仕事をしています♪   那須岳を見上げると、、、頂上は雲の中 でも、青空は見えているし、風が強いため雲の流れも速いので、晴れたり曇ったりというところでしょうか。   那須岳ヒルクライムのゴールとなる大丸駐車場で標高1200mを越えますが、更に峠の茶屋のある標高1500m弱の所までうんしょうんしょと登ります。   茶屋で水分補給のために少し休憩しますが、曇りで時折日が差す程度。 茶屋のおばちゃんも、「今日は寒い」と言ってました。     そこから更に少し登ると山道になるので、自転車を地球ロックして登山開始。   今日は、結構多くの登山者が居ました。   登り始めて最初は風が木とかに遮られてそれほど強くなく、気温は低いとは言え、登っているのでそれほど寒くはなかったのですが、標高1700mを越えて岩場になり遮るものが全く無くなるともう物凄い風で、煽られてフラつくほど 余裕で風速20mは越えていたと思います。   回りの登山者が長袖装備で、中にはフードまで被っている人もいる中を、上下とも長袖とは言え薄手のインナーの上に派手な夏物ジャージを着ただけのペラペラの超軽装のオヤジがSPDシューズにスパイクを付けた靴で岩場をカツカツ言わせながら登って行きます。   スゲー場違いwwwww     指切りグローブだったので、指先がかじかむほどの寒さに、このオヤジが取った手段は…   ペースを上げて体の中から熱を出す   幸い荷物は軽装なので、他の登山者をドンドン抜いて登って行きます。 その様な状況でも景色はすばらしく、途中、かじかむ手でスマホで写真を撮ったりとかしてたら、寒さのせいでスマホ電池がお亡くなりに   風を避けて岩場の陰に身を潜めて、モバイルバッテリーで充電。       そんなこんなしつつも頑張って、ようやく山小屋へ   うんっ! 素晴らしい景色     多くの登山者が、小屋の陰で暴風を避けて休憩していました。   でも、自分は小屋の陰だろうが何だろうが寒いものは寒いので、そのまま頂上を目指して小走りに登って行きます。   すれ違った登山者の方に「トレランですか?」と言われましたが…   違いますwwwww 寒いだけなんです     茶臼岳火口からは煙が上がっていました。   えっほえっほ   ようやく頂上へ!     ちょいと雲が多いですね…   それよりも何よりも風が凄くて寒いので、岩場の陰のなるべく風が来ないところを探して、バーナーでお湯を沸かし、暖かいカプメンでも食べましょう♪   おうちからネギ味噌おにぎりも握って持ってきましたが、それよりも何よりも暖かいカプメンが本当に美味しかった!   そして熱々のコーヒーも!!!     そうしているうちに、雲の流れも速く、少し切れ間が出たり 何とも変わった雲 とても面白い、素晴らしい景色ですね♪     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、お腹もいっぱいになったところで来た道を下って行きますが…   風の強さが写真では全然伝わらないけど、左から右側に猛烈な風が吹いていて、身体ごと左に持っていかれる感じ   フードがある人達はまだいいけど、無いと寒くて、結局下りもトレランwww   何とか無事に下って、この後宇都宮まで走って餃子でも食って帰ろうとか思ってましたが、寒さと茶臼岳の往復で根こそぎ体力を持っていかれてしまい、腰も痛くなっちゃったので、そのまま元来た道を黒磯まで戻り、黒磯にある餃子専門店たからで 焼き餃子、マジで旨かったっす!   午後2時前の電車に乗って早めに帰ってきました。   60~70kmくらいしか走ってないのに、死ぬほど疲れた… 明日の6トレは、駐車場で番でもしてようかなwww       ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ あ、そうだ。 ロードと登山の相性の話でしたね。   山サイ(トレイルライディング)はMTBですが、今回の様な登山とくっつけるとするとロードバイクは最適ですね!   ロードで登れるところまで登ってから、登山で登頂っていうのは、昨年乗鞍に行った時にも、畳平までロードで登って、そこから剣ヶ峰まで登山をして、素晴らしい景色を観ることが出来ました。 近いところでは、今年の4月に筑波山頂上まで自転車+登山しましたね。   自転車では重い荷物を背負うことが出来ませんので、比較的手軽にアクセスできる登山に限られますが、それでも自転車だけでは決して観ることのできない素晴らしい景色が広がっています。 (というか、乗鞍にしても今回の那須茶臼岳にしても、頂上からの景色を観ずに帰るというのは、その半分も観ていないのと同じだと思います)   何よりも、自転車+徒歩で、自分の脚だけで頂上まで登るという達成感は、車で駐車場まで登ってそこから登山というのとは訳が違います。   こういうことができる山って限られますが、機会が有ったら是非やられてみては如何でしょうか♪

      75
      8
      テーマ:
  • 30 May
    • ポピーハッピー♪

        5月最初の春チャレ以来、もう1ヶ月近くロードに乗っていません。   ロードを引っ張り出すのがどうもめんどくさくて、つい角さん(CUBE)ばかり…   今日は昼過ぎには予定の仕事は終わり、時間ができたので午後2時頃から角さんを引っ張り出して荒サイ方面へ。   もっと暑いのかなとも思いましたが、走っていればそれほどでも無く   とりあえず北へ。   Av30km/hくらいで頑張って漕いで、そのままの勢いでダブルトラックへw   調子に乗って殆どスピードも落とさず「ヒャッハー!」とか走ってたら、、、、   パンクしました       リム打ちではなく、こんなのがブッスリと刺さってた… こいつは運が悪かったと思うしかないですが、やはり次はチューブレスにしよう…orz   穴の場所はすぐにわかったので、その場でパンク修理♪   日陰で作業してたけど、止まると汗がぽたぽた。   さて修理も終わり、また北に向かって走り出します。     そういや鴻巣の辺りにポピー-がたくさん咲いてるって情報が。   今日の目的地は「ポピー・ハッピースクエア」にしましょう!   何とも微妙なネーミングですが、初めて行ったけど結構広くてたくさん咲いてました   なかなか綺麗ですね     角さんでずっと奥の方へ走っていくと…また違った花がいっぱい♪   更に橋を渡り、、、   辺り一面の麦畑!   だ~れかさんと、だーれかさんが麦畑~♪   今時そんなシーンには出会いはしませんでしたが、麦畑というのもなかなか綺麗ですね。   ダブルトラックの農道を突き進むと、また行き止まりだったり   まぁそれはそれで、とても楽しかったです。     帰る途中で榎本牧場に寄ってアイスを食べ…   いいペースのロード2人組の後ろに着かせて貰ったりとか   途中でまた別れてぼっちでガシガシ 5時ちょっと過ぎにおうちに帰り着きました。   ダートやポピーのお花見とかも入れて約3時間ちょいで75.4km   もっと暑いかと思ったけどそれほどでもなく、いい運動になりました!

      90
      20
      テーマ:
  • 27 May
    • 那須岳で富士山!?

          今日は何故かこれまで一度も行く機会の無かった那須岳に登ってみようと思い立ち、朝も早よから宇都宮線の始発に乗り込みました。       着いた!     …あ、あれ?   熱海駅???     北に向かった筈なのに?????     前日までの「曇りのち晴れ」の予報を信じて一旦は北に向かったものの、何だか余りにも微妙な天気なので「本当に大丈夫なのかな?」と思い、電車の中で改めて最新の天気予報を確認すると… 「雨のち曇り」 工工エエエェェェェ(゚Д゚)ェェェエエエエ工工!? マジかwww     雨雲レーダーを見ても、那須岳の辺りえらい降ってる…   宇都宮線を下りて、時刻を確認するとすぐに上野東京ライン・東海道線直通の熱海行きが来るみたいだったので、そのまま逆方向に飛び乗りました     かなり時間を無駄にした上に、上記の様な状況で朝からテンションはだだ下がり…   前日の結構な雨で路面は濡れているかもしれないと思い、今日は角さん(CUBE)で輪行。 しかも、山の上でカプメンとか食べる気満々だったので、バーナーと水とおにぎりまで担いでリュックはパンパンwww   当初予定していた様な距離はもう走れないので「さて、どうしてくれよう…」   でも、熱海方面に向かうに従い天気は良くなり、沈んでいたテンションも上がってきたので、とりあえず熱海駅から十国峠を目指して登りましょう♪   急に変更したので、かなり行き当たりばったりの旅です♪   で、熱海側からって登ったこと無かったのですが、キツイのねwww   十国峠まで約8kmくらいなのですが、最初3kmくらい平均斜度で11%超えてます そして、十国峠の下に霊園があるのですが、そこの坂がまた平均斜度10%超… 一番キツイところで普通に30%ありました   でも、頑張っただけの甲斐のある景色♪   十国峠からの富士山 前日の雨のせいか、風がとても強かったせいか、久しぶりにとてもクリアな富士山を拝むことが出来ました       さて、そこから熱海峠を経て芦ノ湖へ。   芦ノ湖の遊覧船と富士山   芦ノ湖は何度も通っていますが、ここまで綺麗な富士山は初めてかも知れません。   今日は山の上は風が強いので、この芦ノ湖畔のビュースポットで富士山を観ながらランチにしましょう♪ 定番のカプメンと、こないだ松本で買ってきたネギ味噌と辛味噌をたっぷり塗ったおにぎり。   素晴らしい景色を観ながらのランチは、大したモノでなくても本当に美味しく、贅沢ですね♪   当然、食後のコーヒーも   美味しすぎる!!!     さて、今日は余り時間も無いので、お腹もいっぱいになったところで湯河原方面へ下りましょう。   大観山椿ライン経由でMAZDAターンパイクまで一旦登ります。   大観山からの均整の取れた富士山   ここからの富士山が最も美しく、均整の取れた姿だと個人的には思います。 しかも芦ノ湖を前面に配した素晴らしい景色♪   さて、湯河原へと下りましょう。 右に伊豆半島、左奥に伊豆大島が見えていますね。   下りの景色も素晴らしいものでした     更に湯河原から、浦和までの直通の始発が出る小田原駅まで海沿いを走りましょう♪   今日は余り距離を走れませんでしたので、少し負荷を上げ目に30~35km/hを維持して巡航。 ブロックタイヤでこれをやると、かなり脚にきます。   30分ほどで小田原駅へ。   いつものようにビールとおつまみなどを買い込んでグビグビやりながらおうちに帰りました♪   今日は最初の予定とは違うライドになってしまいましたが、久しぶりに美しい富士山を観れてとても良かったです。   那須岳はまた別の機会にですね

      67
      20
      テーマ:
  • 25 May
    • ポジションと重心〔追記あり〕

      読者登録させていただいているマーライダーさんが、重心について記事を書かれています。   なるほどと思いましたので、リブログ♪     ロードバイクとMTBとでは乗るステージも異なり、特にロードではそのポジションがスピードを出すことに重きを置いているので、MTBよりは安定性や快適性を犠牲にしたポジションとなりますし、必要な体幹の筋肉が付かないと辛いということになります。   そんなの、自分の乗りやすい様にポジションを変えればいいじゃないか。   乗り方は人それぞれなので、どんなにサドルを下げようが、前傾姿勢が苦しいからハンドルブラケットをしゃくり上げようが自由なのですが、ローバイク本来の、ある程度スピードを出す乗り方をしようと思ったら、やはりそれに合った前傾姿勢が取れる様に体幹の筋肉を付け、股関節を柔らかくし、身体の方をバイクに合わせていく必要が出てきます。   本末転倒では、本来の性能は出せないと言うことですね。   しかしそのポジションは、安定性とかバランスを犠牲にした特殊なポジションです。     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ 一方で、自分はロードバイクを購入して1年と経たずにMTBのアグリくん(GT Aggressor)を自組みし、ハマって更に翌年にはもう一台、角さん(CUBE)を組んでオフロードも走る様になりました。   両方とも乗っていると、その違いがより鮮明に分かります。   改めて真面目にMTBに乗って感じたのは、MTBってポジションとか何も考えなくても、誰でも違和感なく普通に乗れちゃうんですよね。   前傾姿勢がキツくないと言うのもあるし、ママチャリとは違うけど余り違和感はない。   しかし、本格的にダートやトレイルを走ろうとすると、ポジションは重要です。でもそれは、ロードバイクの様に決まったポジションと言うよりは、重心ですね。   ロードバイクは、乗車中に急激な斜度の変化は無いのが普通なので、余程の激坂でもなければ前後のバランス(思い切った体重移動)とかは余り深く考える必要が無いのですが、MTBではアップダウンのある所を走るため、左右だけではなく前後の体重移動も必要となります。何せ、短いとは言っても40~50%といったロードではあり得ない斜度を登ったり、100%を超える斜度の坂や段差を降りたりしますからね。   とても忙しいです。   急斜面では、サドルの後ろにお尻を落として、お腹にサドルが着くような体勢をとる事もあります。   要は、斜度に対してバランスを取るために、重心を極端に前後に移動させるんですね。 しかも、左右のバランスも取りながら。     コレはハマると本当に楽しいです     で、重心の話。     3次元的に目まぐるしく変化するダート・トレイルでは、常に重心を移動させながら走ることになります。   突然フロントやリアが滑ったり、段差にタイヤが取られたりすることもあるので、それに柔軟に対応できるように、BBの上に乗ると言うのが基本になります。   これは最初、フロントサス付きのアグリくんに乗り始めた頃は、多少の段差はサスが吸収してくれるので、いい加減にやってもクリア出来てしまうのですが、フルリジッドの角さんで山の中を走り出してからハッキリと実感しました。   何せ、いい加減に突っ込むと、ちょっとした段差でも引っかかるし、下手すると転倒します。   要はハンドルに掛かる力を徹底的に抜重してやる必要があるんですね。   特にサス無しの角さんの場合は、急な登りの途中だろうがなんだろうが、木の根っことかがあったら、その乗車姿勢から更にフロントを持ち上げてやらないといけません。     以前、実業団クラスの人に、BBの上に立ってハンドルに掛かる力を抜くといいと言われたことがあるのですが、正にその通りですね。     バイクがどんな姿勢でも、ライダーはBBの上に立っている     それが基本だと思います。   これが出来るようになれば、ロードバイクだろうが何だろうが、咄嗟の段差や落下物などにも、高い確率でバランスを保つことができ、事故の確率を減らすことが出来るようになると思います。     …な~んて、偉そうに書きましたが、自分も全くそんなレベルではありません   もっとバランスを磨かないとですね♪   〔追記〕 無数の落車を越えて マウンテンバイク・エリート選手が語るレース中の事故予防の心がけ   ・(路面に砂利や砂が撒かれている時には)前輪はグリップを失わないようにコントロールしつつ、自転車の真ん中(重心)に乗るのがおススメ。 ・フロントがメーンブレーキ。肝は荷重のかけ方とタイミング。 ・コーナリングに入る前までにしっかり減速し、曲がっている最中にブレーキを使わない。 ・コーナー中にスピードを落としたいときはフロントブレーキは握らず、リアブレーキをチョンチョンと触るくらいのイメージで減速。 ・スピードが出ている状態での急ブレーキは、思いっきり後ろに体重移動しましょう。腰をサドルの後ろにし、かつ下げること。(急坂のダウンヒルと同じですね) ・危険な状況に陥らないのがベストです。無茶な走行はせず、数秒先を予測して減速するクセをつけておくことですね。   とても重要です♪

      69
      14
      1
      テーマ:
  • 22 May
    • ツール・ド・東北エントリーと天空ライド(&AACR)前夜祭

      今日はツール・ド・東北のエントリーの日。 東日本大震災から6年。 昨年よりも更に復興は進んでいると思いますが、今なお12万人以上の避難者と3万人以上の仮設住宅生活者が居ます。   でも、ツール・ド・東北も、もう今までとは異なるイベントに変化してきている様な気がしますね。   純粋に美しい東北の景色を楽しみ、美味しい食に舌鼓を打ち、そしてAACRの様に地元の活性化に繋がるイベントとして定着することを願って、今年も参加するつもりです。 (今年は気仙沼フォンド210kmにエントリー)     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、話は戻りますが、昨日の天空ライドでは本当に素晴らしい景色の中、MTBでのトレイルライドを満喫することができました   その日曜日のライドのために、前日土曜日に松本入りしましたが、ただ泊まるだけなんてのは勿体ない♪   始発のスーパーあずさ1号を乗り継いで、10時半過ぎには安曇沓掛駅へ。 すぐ近くに国営アルプスあずみの公園があり、その中に設けられたマウンテンバイクパークで少し遊んで汗を流して、夜に飲むであろうビールを美味しくしようという魂胆です   Yuu姐と一緒に公園へと向かいますが、すんごくいい天気で真っ直ぐに向かうなんて出来ません。   あっちへフラフラ、こっちをうろちょろwww   真っ直ぐに行けばいいものを、ガーミンの地図を見て「こっちから行けるんじゃね!?」とか入って行きます。   この先に待ち受けていたのは、電流の流れたイノシシ(動物)避けの柵www   ダメですねこの二人は。 普通はどちらかが止めるモノなのですが、二人してイケイケなので、すぐに罠に填ります   結局元の舗装路まで戻って公園へ。   公園には既にAACR参加組のしーちゃんとひろくんが到着済み。   パンプトラックで遊んだり、園内のコースを走ったり。。。   中級者コースと書かれてましたが、全くの初級者コースでしたwww 初めてMTBに乗る人が危なくなく遊べる点ではいいですね♪   喉が渇いていたのか、取って付けた感満載の「縁結びの水道」で水をがぶ飲みするひろくんw   何だか御利益薄そうなオブジェがありますが、縁結びが叶うといいですね     さて、遅めのランチのあと、マウンテンバイクパークにはもう飽きてしまったので、そのまま松本に戻ることに。   しーちゃんとひろくんは車で移動。   Yuu姐と自分はリュックをしーちゃんに預けて身軽になり、適当に松本方面に向かってMTBで走り始めます。   大糸線の適当な駅から輪行?とか言っていたのですが、走っていると脇道が目に入って突撃したり、またも行き止まりで戻ったりwww   全然懲りない二人です♪     そんなこんなしているうちに、またバラして輪行して組み立てるのも面倒くさくなり、そのまま自走で松本まで。結局MTBで60kmくらい走るというね(翌日は終日ガチ山サイだと言うのに…)   松本に着いたら、翌日のために美味しいネギ味噌を仕入れ…   ホテルでシャワーを浴びてからすぐに前夜祭に突入♪ ここからは更にゴンタさんも合流です。   運動したあとのビールは最高ですね♪   結構飲んで、ホテルの部屋に戻ったら一瞬で意識が無くなってましたwww     …さて、一体誰なんでしょうね!? 5000円払って1万円を受け取ろうとしたうつけ者は? そういや、その発言に何の疑問も持たずに同意した奴もいたなwww

      77
      14
      テーマ:
  • 21 May
    • 天空ライド♪

        AACRやハルヒル、王滝などの裏を張っての開催ということで準備を進めていて、当初は6名での裏開催の予定だったのですが、諸般事情により、1人減り2人減り…   前日までYuu姐とびーちゃんと自分の3名での開催を予定していましたが、金曜日の夕方にびーちゃんから急遽仕事が入ってDNSという連絡…   結局、Yuu姐と自分の二人だけになってしまいました。   前日5/20(土)に松本入りして、AACR参加組(桜のしーちゃん、ゴンタさん、ひろちゃん)と遊んだのですが、そのお話はまた後日。   予定通り5/21(日)にAACRや王滝でみんなが暑い中頑張っているのを尻目に、Yuu姐と二人で、先週予告した天空ライドに行ってきました♪   21日は天気予報では松本で最高気温33℃を越える真夏日とのことで、「暑くなる前に高い所に逃げよう」という計画です。   しかし、朝の8時には麓から登り始めますが、その時点で既に暑い…   標高が1300m、1400mと上がるに従って、吹く風は涼しくなり、木陰に入れば汗もすぐに引っ込むくらい涼しいのですが、お日様の下に出るともう暑い暑い!     まずは標高700m程度の駅から標高1600m以上まで約900mUPのヒルクラで、汗もかなりかくため、お話ができる程度の速度で水分補給や休憩を適宜挟みながら、うんしょうんしょと登っていきます。     まずは900mUPをクリアして、、、   最初の絶景ポイントへ♪   これまでであれば十分過ぎる程の絶景で、最初にロードで行った時には本当に感動したのですが、この後の景色を知ってしまった今では、この景色すら普通と感じる様になっています。   ここで飲み物&トイレ休憩   周囲には低木しかないため、強い日差しを遮るものが無く、標高1600mを越えていてもとにかく暑い!   その強い日差しのせいか、駐車場につむじ風が巻き上がっていました。     さて、しばし休憩の後、とにかく暑いので更に高い場所を目指します。   平均斜度で12%に迫る激坂を頑張って登り切ると、そこから先は天空ロード。   ロードバイクで登っても、とても素晴らしい道です。   しかし2人はMTB♪   更に、ロードでは入れない所まで登ります。 標高は1900m超え。   お約束♪   森林限界を超え、強い日差しを遮るもののない激坂を登ったので負荷が上がりすぎたためか、Yuu姐ちょっと疲れ気味   ここで少し長めの休憩を入れます。   担いで来たバーナーでお湯を沸かし、定番のカプメンを食べると共に、   松本駅の近くの「石井味噌」で昨日買ってきた「ネギ味噌」を、セブンイレブンで買って持ってきた白米塩にぎりにたっぷり塗って食べます♪   これはマジで旨い!!!!   絶景の山頂でのご飯は最高ですね♪   ご飯を食べて山頂の日陰になったところで少し休んでいたら、Yuu姐も元気になってきた様子   更に山コーヒーを淹れてまったり。   横に居るのは、諏訪市公認キャラクターの諏訪姫   コンビニで買い物をしたときに目について、つい購入   つい、遊び始めますwww   諏訪湖を背景に諏訪姫♪ 天晴れ♪     北アルプスの眺めも天晴れ!   …50を越えたいいオヤジが一体何をやってるんだかwww     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、1時間ほどゆっくり休憩し、360度の絶景を心ゆくまで堪能しましたので、そろそろ次に行きましょうか。   もう既にお腹いっぱいというくらい絶景を観たので、満足して危うく忘れる所でしたが、実はこれからがメインディッシュの天空の道です。     前回もレポートしましたが、本当に右を向いても左を見ても絶景の道が続きます。       さて、下りましょう♪   前回ぼっち探検(下見)の際には、正直なところ余り写真などをのんきに撮っている心の余裕が無かったのですが、今回は一度走っているということもあり、Yuu姐とお話しながらアホな斜度の場所をクリアしていきます。   斜度がほぼ100%近い直滑降エリアwww   上から覗いても、下から見上げてもほぼ崖   リアタイヤにお尻を擦るくらいまで後ろに重心を掛けて下れば、下れなくは無さそうな気もするのですが、問題はその長さ。   ほんの数mとかならまだしも、300mくらいに亘って直滑降   一歩間違えたらそのまま下まで転がり落ちそうで、とてもチャレンジしてみようという気が起きません。   二人で迂回して下り、下から見上げて大笑いwww   ただ、前回の下見の時にも書いた様に、このルートは短いけど、何も荷物がなくても登るのに苦労する様なあり得ない斜度の登りが3箇所ほどあり、そこを自転車を押し担ぎして登らなければならないので、Yuu姐かなりヘロヘロになってしまったみたい…   押し担ぎをサポートしながら何とか越えてダブルトラックのルートへ。   今日は本当に気温が高かったので、余計に体力を持っていかれたのでしょうね。     楽しくお話しながら下り、無事に駅へ♪     かんぱ~い!     再度行っても、やはり天空の道でした。 こんな素晴らしい道は、多分他には無いと思います。   Yuu姐と「また秋には違った姿が見られるのかな~ 山サイ部のみんなと行ってみたいね♪」というような話をしながら、おうちに帰りました。   疲れたけど、とっても楽しかったです。 (他のイベントに参加した仲間や知り合いも、今日はかなり暑かったみたい…)

      54
      16
      テーマ:
  • 19 May
    • おおおおお!?

      今朝、何気なくAmebroのアクセス履歴を見たら…1460アクセス!?自分が自転車に乗った時だけ不定期で書いているテキトー自転車備忘録で、こんなジジイでも一緒にあそんでくれる自転車友達もでき、わざわざ読みに来てくれる人も増えてきたのですが、それでもこれまでは伸びても日にせいぜい400アクセス程度。以前、ちょっとブログ方向性を迷走させてて、その際に自転車関連ではあるけどちょっとエロ目の画像を貼り付けたら、ブロ友のろんさんがリブログして、その道の方々からのアクセスが急伸したことがあるのですが、それでもこんなアクセスカウントは記録しませんでした。で、こんないい加減なブログを普段こんなに見に来てくれるだけでもビックリなのですが、今回は別にエロい画像を載せた訳でもなく…ちょっと気になったのでページ別のアクセスを見てみたら、何だかFeeMoっていうサイトにブログのURLが登録されて、そちらからのアクセスが急増したみたいですね。昨晩、自分がもう寝ている時間に急に増えてるので、自分は登録も何もやってません。これって、何なんでしょうね?教えてエロい人

      60
      8
      テーマ:
  • 14 May
    • See "Yuu" next weekend! ヘ(゚∀゚*)ノ

        今のところ、来週の土日(5月20,21日)は天気良さそうですね。 この日はハルヒルとか、SDA王滝とか、AACR(緑)とかいろんな自転車イベントがあり、自転車に乗り始めてからこの1~2年でできた仲間や知り合いも出場を予定しています♪   是非このままいい天気のままでいて下さい   さて、自分はと言うとAACRの厳しいエントリー峠を越えられず、でも、事前に松本の宿は予約していたものだから、「んじゃ裏開催しますか」ってんで、峠を越えられなかった人と折角峠を越えられたのにみんなで出れないならとキャンセルした人とで山サイを計画♪   ロードで溢れる安曇野を尻目に、MTBで山登りです。   しかし、今回の山サイは自分も、自分の知り合いも行ったことのないルートなので、流石にルートラボでテキトーに線を引いただけで突撃するのは、自分だけならまだしも、他の仲間もいるのにちょいと無謀か?   ちょいと気掛かりな事もあったので、元々前の週の今日(5/14)日曜日に下見を予定していました。   しかし前日土曜日の荒天で、これは無理ゲーか!?とか思ってたら、何だか西の方は天気良さそう? 登るところはほぼ2000mと標高も高いので、取り敢えず行ってみて、様子を見ながら無理せず、走れなさそうなら引き返そうとか考えながら現地に行ってみると、雲はあるものの何だか昨日の天気が嘘のよう♪     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ と言う訳で、今日ぼっちで行ってきました。   そこにアクセスするまでの途中の景色も素晴らしく、スマホで写真を撮りまくり、、、   お腹が空いたので、ほぼ標高2000mの場所でのランチ♪     で、ここまででももう相当凄い天空感で、にへらにへら笑いながら走っていたのですが…実はここから先が本番でした!   こ~んな道を先に行くと… こ、これはっ!   天空の道だっ!!! 自分のこれまでの数少ない経験の中で、いくつかの素晴らしいトレイルがありましたが、これほどの気持ちのいいところを未だかつて走ったことがありません。 自分が走ってきた道、そしてこれから行く道がずっと見えます。   とりあえず写真を撮りましたが、この何十倍も素晴らしい、思わず笑顔になるトレイルでした!     あ! 但し、ここを更にずっと行くと、あるところからは完全にアドベンチャーライドになります。 道は付いているといえば付いているのですが、とんでもない斜度で、上り下りさえ苦労する様な道があったり…   岩場とかは無いので、危険なところはありませんでしたが、道よりも野生動物の方が怖いかな? チリンチリン鳴らしながら歩いていたので、鳥以外の野生動物と出会うことはありませんでしたが、イノシシの足跡や古かったですが熊が木の皮を剥いだと思われる跡などもありました。   このままこのシングルトラックを行くと体力が終わるとか思ったため、途中で右手に林道が見えたので、無理矢理そちらに下りましたwww   このダブルトラック(林道)もなかなかなのですが、途中から砂利道になり、ONGRで修行しているかのような状況になります。(でも下りなので楽しいですよ)       無事舗装路まで下って、輪行OUT       ちょっと計画修正は必要ですが、 Yuu姐、びーちゃん、乞うご期待だよ~~ん(๑˃̵ᴗ˂̵) 後半はどうしよう!? ご相談ですかね♪ See You Next Weekend!

      78
      22
      テーマ:
  • 09 May
    • 〔GW第3弾!!!〕 2トレでチャレンジ♪

          GW最終日の今日(5/7)は、久しぶりの2トレです♪   やました軍曹の下、とある場所に集まったのは、かのあさん&ジェイさん夫妻、桜のしーちゃん、だいさく兄、きんどーさん、どぶさん、Yuu姐としろちゃん、そして自分の総勢10名!   軍曹からのブリーフィングの後、早速登り始めます。   予報時点では雨なども心配されたのですが、お天気良くて良かったですね♪ まずは新緑の舗装路をうんしょうんしょと登り、、、   2トレに入った途端、いきなり最初のチャレンジポイント   軍曹 「登れ!」 隊員 「サー、イエスサー!」   「うりゃうりゃうりゃうりゃ!!!!!」 …   ちーん…   じゃん 「む、無理であります!」   2、3度チャレンジしてみるも、敢えなく撃沈。写真とかで見るよりもずっと斜度があります。   こんなところも、やましたさんは普通に登っていきます     さて、頑張って登って、休憩して…   また登って、、、、第2チャレンジポイント   「…軍曹にも登れない様なところ、、、絶対無理っす」   横にもアクセスルートがあり、しろちゃんとチャレンジしてみるも、またも敢えなく撃沈…     しかしその先にはとっても気持ちのいい景色が♪     その後また下って登って、、、第3チャレンジポイント!?   軍曹 「この後、また絶景ポイントに行くが、非常に急な下りと登りがある! バイクと一緒に記念撮影などしたい奴は行くがいい!! 因みに俺は歩いて行くがな♪」   すたすたと下って行く軍曹   隊員 「いやいやいや! 自転車は無理でしょwww」   全員の突っ込みが入ります     皆で仲良く登山♪   だいさく兄 「じゃんふさんが居ると、いつもこういう事になるんすよね…」 じゃん 「いやいや。今回は自分のせいじゃないでしょwww」 (そんなことを言う奴は、今度もっと凄いところに連れて行っちゃるから覚えておけよ)     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、いい景色を観た後は、また下って次の場所へ♪   次は正真正銘の第3チャレンジポイント   軍曹に発破を掛けられて、皆チャレンジしていきます   「うりゃうりゃうりゃうりゃ!!!」 ここは何とかクリア出来ました!     また、みんなで移動して…     第4チャレンジポイント   軍曹の見本の登り   ここは他のチャレンジポイントよりも若干緩めで、自分もクリア出来ましたが、軍曹は更に軽々と登っていきます。     そして更に移動して、   ランチ前の第5(最終)チャレンジポイント   軍曹ですら成功率は3割くらいとのことで、2段構えの斜度変化はかなりの強敵   みんな子供みたいに、アホな斜度の登りに向かって行きます。   軍曹は2回チャレンジして、2回目に成功   しろちゃんは何度かチャレンジして、ほぼ成功しました! やはりロード実業団クラスは、身体能力が違いますね。   自分も何度かチャレンジして、2段目の惜しいところまでは登ったのですが失敗   くっそー、悔しいぞ!   次に行く時には絶対クリアしてやる   自分の本日の2トレチャレンジの結果は、2勝3敗。まぁまぁ頑張った方ですかね♪     その後は広場に移動して、待ちに待ったランチタイム   みんなおにぎりとか思い思いのものを持参。 自分はバーナーと水を頑張って担いで来ましたので、カプメン   そして食後のきんどー珈琲店の美味しいコーヒー   やっぱ、走った後の山ラー&山コーは最高ですね♪   因みに、きんどーさんは山でコーヒーを淹れることに注意が集中していたのか、車の中に買ってきた食料を忘れてきて、みんなから食料を分け与えて貰っていましたwww   さすが!きんどーさん   以前やってくれた、まさかのバーナーガス切れ人肌コーヒーといい、仕込みネタのクオリティに年季が入ってますよね     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、その後一旦下ってトイレ休憩の後、再度登っていきますが…   倒木担ぎ&押し歩きwww   更に尾根道分岐まで登って…   ここからはアップ&ダウンの楽しいライド♪   途中、少し休憩して、、、   また気持ちのいいアップ&ダウントレイル   ちょこちょことは有りましたが、皆無事に最初の集合場所まで戻ってくることが出来ました   最後に軍曹からのお言葉がありましたが、やはりやましたさんの様にコースにとても詳しく、そしてトレイルで注意すべき点をしっかり教えてくれる方とご一緒すると、いいですね♪   そういうのをちゃんと皆に理解して貰い、実践して行くことが、自分たちが楽しく走れる場所を守ることにもなるのだと思いました。   やましたさん、本当にありがとうございました!! そして皆さん、お疲れ様でした!!!   また是非ごいっしょしましょうね~       ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ …てな訳で、輪行組の不良4人組は、また帰りの電車でビールでも飲みながら楽しく帰ったとさ♪   〔GW編、おしまい〕

      71
      18
      テーマ:
  • 06 May
    • 回復走に荒サイ!?

          さて、一昨日のライドでほぼ丸一日これでもかってくらい自転車に乗ったし、明日のGW最終日にもMTBでのお山ライドが入っているので、今日は家でゆっくりしていようかと思ったのですが…   嫁 「今日は父母の会懇親会で夜まで居ないよ」 娘 「友だちと遊んで、ご飯食べてくる♪」 息子 「大学の新入生歓迎会で、昼過ぎから出るよ~」   …暇なのは自分だけかwww   てなわけで、期せずして走る時間が出来てしまいました。 さて、角さん(CUBE)で回復走にでも行ってくるかな   10時前から当てもなく漕ぎ出しますが、こんな時に行くところは荒サイくらいしかありません。   「北に向かって、高半でステーキ丼でも食って、その辺をうろうろして帰るか」   などと考えて荒サイへ♪   やはりまだ一昨日の300km、4000mUPライドのダメージが残っていて、特に左膝の裏側の所に少し張りがあるので、踏むのは止めて、なるべく軽めのギアでくるくる回しながら25km/hくらいの速度を維持する感じで行きます。   荒サイ!? ロードでは突っ切れないようなところも何のその♪ そのままの勢いで突撃しますwww   高半の近くに着いたけど、時刻は10:30過ぎくらい。   高半は11:30からで、ちょいと早かったので、そのまま榎本牧場へ   家族連れも多かったですが、、、 自転車乗りもめっちゃ沢山来てました。   さて、美味しいソフトクリームも食べたところで、少し早めに高半に移動。 開店30分くらい前にも関わらず、既に2組ほどのローディが居ました。   で、Twitterとかを見ながら待つこと30分。 その間に後ろの長蛇の列。   開店と同時にあっという間に満席でした。早めに行って正解でしたね♪ こないだ行った時にかのあさんとかが食べてて美味しそうだったステーキ丼を注文。   普通盛りを注文しましたが、十分ですね♪ つか、どんぶりでかいので、普通に大盛の様な… とても美味しゅうございました!     しかし、まだ20kmそこそこしか走っていないにも関わらず、アイスとステーキ丼ってwww   摂りすぎたカロリーを消費しましょう     さて、どこに行こうか… そういや森林公園にネモフィラが咲いているとか言ってたな。。。 よし!観に行ってみよう♪     荒サイへ…???   …どこだここはwww   方向は間違っていないと思うのですが、いつもの荒サイではないです。 砂とかもかなり浮いているので、自転車道みたいだけど殆ど自転車とかは通っていないんだろうな…   この道、砂が浮いている上に時折クランク状に曲がっているところがあり、少し前を走っていたカップルローディの女性の方が砂に前輪をすくわれて転倒   確認したところ、スピードは出ていなかったこともあり、大丈夫そう。   彼氏(旦那さん?)が付いているので、大丈夫というのを確認して先に行きます。   今まで通ったことのない、良く分からない道をあちこちウロウロして、時折行き止まりなどに行く手を阻まれながらも、ようやくいつもの見知った道へ。   晴れてとても暑かったのが、だんだん曇りに     更に進むと、またダブルトラックのダートへwww   どこに続いているのか、これまでロードでは行ったことが無かったので全然知らなかったのですが、森林公園の北口のところに繋がっていました   ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、入口で410円を払って、自転車を押して森林公園内へ   初めて中に入ったのですが、少し自転車を押して行くと、途中からサイクリングロードが園内に整備されています。   結構な距離で、ちょっとしたアップダウンもあり、とても気持ちのいい所でした   GWということもあり、子供連れで自転車に乗っている方達も多く居たのでゆっくりと走りますが、ここはとても気持ちいいサイクリングロードだと思います♪   北口からネモフィラの咲いている西口まで約5km   走ってる最中に、微妙に曇っていた天気も徐々にまた青空に   ネモフィラ以外にもルピナスとか、色んな花が咲いていましたが、、、   やはり西口広場のネモフィラでしょう♪   色がだんだん薄くなってきているとのことでしたが、まだまだ綺麗♪ 青空に青い花が映えて、とても良かったです   ネモフィラと言えばひたち海浜公園が有名ですが、行くのも遠いし、余りに有名になりすぎて混雑してそう。。。   規模は多分かなり小さいのだと思いますが、森林公園のネモフィラで十分綺麗でした!     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、その後園内をまたぐるっと回って北口へ。   結局園内を15kmくらい自転車で走った!? かなり広いですね。   園内にはレンタサイクルもある様ですが、自分で自転車に乗っていけば、入場料だけで自転車がタダで持ち込めるのでお得 (入場料410円を高いと見るか安いと見るかですが、自分は十分元は取れると思いました)   北口の受付のおじさんに「随分速かったね~」と言われましたwww   そしてまた荒サイ経由でさいたままで戻ります。     途中、お気に入りの荒川水管橋(全延長1.1kmにも亘る日本一の水管橋)のところで、広角レンズを使ってちょっとお遊び♪   一番最初のネモフィラ畑の景色にも使ってみましたが、なかなか面白い写真が撮れますね   ひとしきり遊んだ後は、バビューンと浦和まで。   今日はゆるゆると回復走のつもりだったのですが、すぐに抜いて行くかと思ったらロードに後ろに着かれてしまったので、30km/h巡航から32~35km/hに少しだけアップ   途中まで着いてきていたのですが、そのうち見えなくなっちゃいました。   本日の走行距離は122km こんなに走るつもりではなかったのですが、結構いい運動になりました♪     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚ さて、おうちに帰ったらだ~れも居ない…     ジャンクフード祭りだψ(`∇´)ψ   レトルトカレーと、ペヤングと、ビールとおつまみ♪ ビールがビールではなく、プリン体・糖質0の発泡酒と、いかにも身体を気遣っているかのような振りをしていますが、こんなもんを食べている時点で全く意味無し   まぁ、いいんですよ。 結構走ったしw     あ、そうそう。 近所のセブンイレブンでこんなのを見つけました。   「ぷっちょ」にする意味は良く分かりませんが、獺祭の酒粕の香りがほんのりして、意外と美味しかったです。

      73
      18
      テーマ:
  • 05 May
    • 〔GW第2弾!!〕春チャレ━━(゚∀゚)━━ !!!!!(後編:榛名山、そして南風峠との激闘編)

          今回は余りにも盛り沢山のため、前後編です♪   前編では「絶景の渋峠編」をお伝えしました。   正に「絶景のわんこそば」状態で、絶景酔いして何だか頭がぼーっとした感じです。   草津までばびゅーんと下った時点で、まだ朝の9時。 しかしもう暑い暑い!   コンビニで着込んでいた上を脱ぎ、夏の装いになり、そして飲み物と助六寿司を買って食べました。 (だってまだお店が開いていないんだもん…)   しかし、最初の方で絶景盛りというのも考え物ですねw   この時点で110kmくらいで、まだ全行程の3分の1を過ぎたくらいです。 しかし、既に頭の中では終了のベルが鳴り響いています     この危機を救ったのは山間の山村にはためく鯉のぼりでした。 桜と鯉のぼりの取り合わせという珍しいシチュエーションも一役買いました。     そしてそのまま国道292号線を長野原の方へと下って行きますが、ロマンチック街道と名の付くだけあってこれがなかなかイイ道で、横を流れる白砂川の渓谷美はなかなか大した美しさ。   これらが無かったら、輪行ビールの誘惑に負けてマジで長野原草津口とかで荷物をまとめてとっとと帰っていたかもしれません     さて、気持ちも取り返したところで、そのまま榛名山へ。   郷原からの登りは初めて。 結構広い道で、とても走りやすい道でしたが、途中一旦下り箇所があり「やったぁ、登り終わった~」と勘違いした先に10%を余裕で越える斜度の坂が待ち構えているという2部構成で、最後の最後には20%はあると思われるキツイところがありました   これはマジできつかった!   だって既に獲得標高は3500mを越えていて、HPも残り僅かの状態でした。 何度も足を付こうと思ったけど、でもここでリア32Tが威力を発揮しました (いや、別に足つきとかに拘っている訳では無いのですが、何となくねwww)   外輪から榛名湖まで下って、ちょっと変わった雲と榛名山。   少し上の赤い花の写真の奥の山の上にも、似たような雲が掛かっていますね。 この時期時々見掛ける雲です♪ うろこ雲の仲間かな?   この時点で、午後1時少し前。 ちょうどお昼の時間で、お腹も空いたので目の前にあった湖畔の食堂でランチ。   味噌ラーメンとミニワカサギ丼。 お腹も空いていたので、ものの5分でペロリと平らげましたwww ワカサギのフライは、丸々と大きめでなかなか美味しかったです   さて、エネルギー補給後は、高崎側へ下りますが、ここで今がどういう時期かを考えずに普通に榛名神社側に下ってしまい、後悔することになります。。。   榛名神社の三叉路の所を起点に、下り大渋滞   仕方がないので車の横を注意してすり抜けさせて貰いましたが、榛名神社三叉路の少し手前に橋があり、そこがすり抜けられない幅だったので、自転車もここで待ち… このグループの後ろに、延々と車が連なっています。   こんな事なら、伊香保側に下りて「イニシャルD」とかの聖地巡りでもして高崎に向かえば良かったなぁwww   マジで、GWの時期はこの道を通っちゃダメですよ。   つか、こんな時期にハルヒルの練習なんかやっちゃダメwww     さて渋滞を抜けて、途中、見る人が見れば分かる野菜の自販機を走りながら撮影しwww   更に、バビューンと高崎まで下り…とそこまでは下り基調だし良かったのですが、高崎からの南下が大変でした。     何故かって!?   第1に暑さ   下界はとにかく気温が高く、真夏の装いで走ってても暑いwww   ボトルをいっぱいにしても、あっという間に空になります。   コンビニで休憩して、こまめに水分補給しながら走りました。     第2にお尻の痛み   自分はロングライドの際にはいつも「シャーミークリーム」を使っています。 お尻の痛みの殆どは、布と皮膚との擦れによる炎症ですが、このクリームを事前にぬりぬりしておくと、布との摩擦係数を下げてくれるので殆ど炎症しません。 これは、以前270km超を走っても何ともなかったことでも証明済みです。   但し、それを塗っている姿は例え家族であっても見せられない極秘事項です   冗談はさておき、今回このクリームを塗らずに走ってしまい、途中までは大丈夫かな? とか思っていたのですが、200kmを越えたくらいから徐々に痛くなり、どんどん酷くなっていきました。   270kmを過ぎた頃には、平地にも関わらず時折ダンシングしてサドルからお尻を離して痛みを取らないとまともに漕げない状況に   これにはかなり参りましたね。。。     そして第3に南風峠   利根サイを走っている時にも「風が強いな~」とか思っていたのですが、熊谷から荒サイ経由で埼玉まで最後の約60kmとにかく向かい風   夕方6時前には何とか荒サイへ   この頃には日もかげってかなり走りやすくなっていたのですが、もうそれどころではない状況でした。   時折止まって、お尻の痛みを癒しつつ、序でに写真も撮りつつwww   夕景はとても綺麗で、一瞬心を癒されますが、走り始めるとすぐに現実にw 4000mヒルクラした最後の最後にコレは、マジで泣きそうでした。     しかし、尻の痛みと南風峠との激闘を制し、何とか8時前にはおうちに辿り着き、家族と一緒にご飯を食べることが出来ました♪   予定では6時過ぎには帰り着くはずだったのですが、まぁ、無事に帰れたので良かったし、キツかったけどとても楽しかったです♪   これをもう一度やれと言われたら、「ヤダ!」って答える気がしますがwww

      56
      20
      テーマ:
    • 〔GW第2弾!!〕春チャレ━━(゚∀゚)━━ !!!!!(前編:絶景の渋峠編)

        さて、待ちに待った春チャレの日。   さんざん予告していましたが、コースは結局以下のところに落ち着きました。   「直江津から渋峠→榛名山を越えて自走で埼玉コース(走行距離304km、獲得標高4028m)」   最初は「仙台から蔵王→裏磐梯を超えて福島から新幹線コース(走行距離238km、獲得標高3990m)」も考えていたのですが、帰りの新幹線の時間を考えると走行距離がちょっと少ないのと、蔵王に行ったなら「御釜」を観ない訳にはいかないのですが、そうすると登山が入るので時間的にも厳しくなるし、ということで蔵王はまたの機会に。   というわけで、北陸新幹線に乗って上越妙高で「えちごトキめき鉄道」に乗り換え、前日に直江津入り。   事前に見つけておいた「上越の湯」まで移動し、温泉+仮眠を取ります。   さて、23時頃に起き出して準備し、まずは直江津港へ。 佐渡汽船乗り場ですが、真っ暗なのでVolt800に照らし出されたこの標識くらいしか写真はありません。   さて、ここからチャレンジの始まりです!   まずは国道292号(飯山街道)を飯山へ。   国道ですが、深夜ですので殆ど車も通りません。 まずここが最初の小さな峠。20kmで530mほども登らされます。 標高は600m弱というところですが、それでも真夜中は登っていても寒く、ウィンブレを羽織って登ります。   途中の写真はコレ一枚。 途中のトンネルの写真です。 …だって、街灯すら殆ど無いんだもん。。。   飯山駅を越えて、少し行った所のコンビニで休憩。 暖かいモノを食べると共に、これからの登りに備えて食料を買い込みます。   新井の交差点を過ぎるとここからが本番。 そのまま国道292号線で、30km・1800mほどを一気に登ります。   渋峠を登るのであれば、草津側からの方が楽だし、絶景区間もあちら側なのですが、何せ登るのは深夜。景色が見えないときに登っても意味がないし、そもそも「万座温泉三叉路~殺生河原(群馬県)」の区間は、火山性ガス発生のため夜間(17時~翌朝8時)通行止めのため、登ることはできません。   途中の写真は無し。   だって、本当に街灯一つ無いんだもんwww   それなりの斜度はあるので、薄手のインナー+夏ジャージとウィンブレで登っていても全然寒くはないのですが、寂しいwww   時折車は登っていきます。   多分、星空の撮影とか、渋峠からの日の出を観に行ったりするのでしょう。   事前の予報では曇り時々晴れみたいな予報だったのですが、空を見上げると満天の星空 でも日の出時刻は4時50分頃の様ですので、ちょっと間に合いそうにありませんね。。。   殆ど音も明かりもない山道を、ライトの光を頼りに淡々と登っていきます。 ヒルクラの最中に眠くなるというのを初めて経験しました   だって、景色は変わらないし、ライトの照らす範囲しか見えないし…   熊鈴も付けて走っていましたが、横から何が出てきてもおかしくないので、眠気覚ましも兼ねて大きな声で適当な歌を歌いながら登りました   蓮池スキー場を過ぎて、平坦~多少のアップダウンのある区間に入り、少し走ったところで空が白み始めます。   そこから更にしばらく登ったところで、山の上に光が。 5:14 ここからは見えませんが、どうやら朝日が登った様ですね。   ここからは絶景祭り     遠くの山々がガスっていて、ちょっと残念ですが、それでも素晴らしい景色♪ スマホ写真では、この景色の10分の1も表現できません。   そこから少し登ると渋峠ホテル 例のお約束の写真を撮り、、、   更に日本国道最高地点(標高2,172m)の碑のところでお約束♪ 朝のこんな時間から来ている自転車乗りは一人も居ませんし、車やバイク乗りが時折来るくらい。   この時点で、まだ朝の5:50頃なので、ここから草津側に下れる様になる8時までの約2時間を渋峠から万座温泉分岐路までの超絶景区間に足止めです   車すら殆ど来ない時間にこの絶景区間を独り占め気分♪   頂上から草津側へゆっくり下って行くと…   道の横の少し崖の横を登って景色を眺めてみたり…   浄土平よりも下とか言ってスミマセンwww やはり渋峠は渋峠でした! 浄土平、いやそれ以上の絶景が広がっていました     さて、例の雪の壁の最も高い区間   ここも独り占め   その後、バイクのチームの方達が大勢来たので、少しお話♪ チーム「華麗衆」の方々 ひらがなで読まないでと言っていましたwww   山田峠   そこから更に下っても下っても絶景が続きます。   自転車向こう側に落ちたら一巻の終わりwww     眼下に万座道路分岐路のゲートが見えてきました。 この時点で、まだ7:20くらいですが、既にゲート開き待ちの行列が出来てきていました。   まだ時間もあるので、買ってきていたおにぎりをもぐもぐしたり、また登り返して景色を観たり。     さて、ゲートが開いて2000mから更に下って行きます。 それほど寒くもなく、とても気持ちのいいダウンヒル   標高が下がるに従って景色が冬から春に向かってどんどん移り変わっていき、これも素晴らしい景色!   草津側のゲートも開いた様で、反対側からどんどん車が登ってきます。   そのうち、草津側から登ってくる多くの自転車乗りの方々ともすれ違う様に。 すれ違い様に「もう上まで登って来たの!?」と言われました。 「ハイ!」   みんな頑張って~! 絶景が待ってるよ♪   白根火山ロープウェイの麓で絶景区間は終了。   とてもゆっくり時間を掛けて、快晴の絶景の中を下ることができ、とても良かったです   開通直後のこの時期には初めて来ましたが、いいですね! 絶景酔いする程の絶景の嵐   山肌の緑や茶色の岩肌、蒼い空、そして残雪の白が景色に変化を与え、とても素晴らしい絶景を演出していました。   渋峠はこれで3度目ですが、この時期の景色が一番綺麗かもしれませんね♪     「後編:榛名山、そして南風峠との激闘編」につづく。

      47
      14
      テーマ:
  • 03 May
    • 春チャレ・カーボローディング!?

      昨晩から都内某所で泊まりがけで誕生日を祝う?ツアー継続中です(単に皆んな美味いものをたらふく食べたいだけと言う話もあるがw)昨晩は晩御飯までのほんの2,3時間を我慢できずに、夕方4時頃から部屋飲みを始め…既に結構いい気分になった後、本番に突入魚介、天ぷら、お肉…どれもとても美味しい♪なかなかいい雰囲気のお店で、料理も美味しい上にワイン4種を樽から飲み放題(๑˃̵ᴗ˂̵)これで1人5千円以下は、メッチャ安いですデザートまで、もう入らないと言うほど飲み食いしまくってお部屋で撃沈wwwwwでも、朝になるとまたお腹が空く…人間の不思議ですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)朝からバイキング9個もパンを食べて、またお腹パンパンにwwwwwこの後少し休憩して、みんなでお魚を観てからお家に帰りましたさて、死ぬほど食いまくって、期せずしてカーボローディングは完璧!?夕方から自転車を担いで移動♪いよいよ春チャレ300km、4000mUP超のチャレンジですブルベな人達にとっては大したことのないものかも知れませんが、1日の走行距離としても、獲得標高としても、自分比では過去最長最高となります。50歳になってからロードに乗り始めて2年と3ヶ月。それ以前は殆ど運動もせず、最寄りのコンビニにすら車で行くようなパソコンおたくだったオヤジが、果たして走り切れるのかは分かりませんが、これまで絶景を求めて乗鞍をはじめ、どんな山でも一応クリアしてきました。自分の原動力は素晴らしい景色を見ることです。今回はどんな景色に会えるのかな!?しかし、絶対に無理は禁物♪何せジジイですからね〜無理だと思ったらすぐに途中で輪行に切り替え、ビールでも飲みながら帰ってきますよさてさて、どうなることやら

      35
      9
      テーマ:
  • 02 May
    • 裏庭朝散歩(๑˃̵ᴗ˂̵)

      昨日5月1日はメーデー。自分の53歳の誕生日でした。まあ、この歳になって、別に歳を取るのは余り嬉しくもないのですが、毎年家族が祝ってくれるというのはいいものです今年も娘から誕生日プレゼントを貰いました。なかなかいい色のネクタイです勿体無くて、なかなか締められないんですよね〜(´∀`*)それと共に、毎年イラストを描いてくれます。今年はこんなの因みに昨年はJOJOにハマってて、こんなのなかなか上手いっすよねで、今日はその続きで、家族みんなで夕方から都内でご飯を食べて、水族館とか行って、何故か都内ホテルに一泊して、翌朝バイキングで朝からガッツリ食って帰ってくると言う、食い倒れツアーに出かける事になってるので、朝からまた近所の裏庭(秋ヶ瀬公園)に角さん(CUBE)で散歩に行ってきました(๑˃̵ᴗ˂̵)朝は人も少なく、空気も少しひんやりしていて、とても気持ち良かったです緑のトンネルも、気持ちいい♪園内をうろうろしてると、カメラの砲列が…押し歩きしながら、少しお話してみると、どうやらエナガの巣があって、ここ2,3日の間に雛が巣立ちそうとの事で、皆さん大砲の様な超望遠レンズでその瞬間を待っている様です。エナガ(日本野鳥の会HPより)かわいい鳥ちゃんですね♪こういう写真も沼が深そうですね〜(´∀`*)エナガと言うより、皆さんキナガだなぁとか、風情の無い感想を抱きつつ、邪魔しない様に横を静かに通り過ぎます。その後も、しばし園内をうろうろ♪新緑の朝ライドは本当にいいですね♪さて、そこからまた道満公園の土手の方へと移動。今日は富士山がとても綺麗に見えてましたね土手の上を、今日も今日とてロードと張り合って、ミーミー言わせながら追い風参考42〜3km/hくらいで巡行しますが、太いブロックタイヤではすぐに乳酸が溜まり、取りあえずロードを抜いたところで、そのまま土手の斜面の草むらに向かってダイブ。予想していなかった行動だったのか、ロードのお兄さんに笑われますwwwwwその後、そのままお家に帰りました。角さんでの朝散歩、今年の夏の定番になりそうな気がしますね♪

      46
      34
      テーマ:

プロフィール

じゃんふ

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
埼玉県
自己紹介:
いろんな所を見て回るのが好きなオヤジが、手に入れたおもちゃ(ロードバイク・MTB)に乗ってぼっちライ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。