Cinéma , Mon Amour.。.:*☆

わたしの右脳は洋画で
左脳は邦画で出来ておりまする╰(*´︶`*)╯


テーマ:
こんばんは

今宵ご紹介する映画は

『さすらいの青春』
{32C9DE7B-4A7C-459E-9EE4-94B50BFA31A0}

舞台は19世紀後半の
フランス、ソローニュ地方

両親が経営する寄宿学校に通う
15歳のフランソワ(アラン・リポール)宅へ
{B12CED5D-3BEC-4E40-B663-237D406F988B}

転校生のモーヌ(ジャン・ブレーズ)が
下宿してきました。
{46D04CB7-9F26-444B-B6C5-BA379FF3A005}

体が大きくて
大人を恐れないモーヌは
たちまちクラスの人気者となり
フランソワもモーヌに憧れを抱きます
{ED3A44B0-2930-42D9-8FD9-40DEC27724BA}


ある日モーヌは
道に迷い行方不明となり
三日後、疲れ切って帰ってくるのですか
心ここにあらずと言った様子で

心配するフランソワに
重い口を開くモーヌ

話は、迷い込んだ森の中で
{B979FBFB-A150-4685-BC0E-DBD92141B9DE}

出会ったピエロに誘われるまま
とあるお屋敷に辿り着いたところから始まりました
{C73579FA-7AD9-4931-9F5F-6BCA7DFD1BB0}

そのお屋敷では
息子の婚約者の到着を
待ちわびる祝い客で一杯で
ピエロは余興で呼ばれたサーカス団の
一員でした

招待客に紛れ込んだモーヌは
偶然出会った美しい女性に心奪われます
{7E7D0B07-08C9-40FA-84E6-EDC2746B5F5B}


彼女はそのお屋敷のご令嬢で
名前はイヴォンヌ(ブリジット・フォッセー
{07F985EA-D75E-4998-88A9-22E372D9175C}


二人は一目で惹かれあいますが
{6381DD17-55EF-4C3F-AC1B-48DAD04CAD21}

弟の婚約者が結婚をドタキャンしたせいで
披露宴は中止となり

屋敷を後にしたモーヌが見たものは
ピストル自殺を計ったイヴォンヌの弟を
抱きかかえたピエロの姿でした

『もう一度、イヴォンヌに会いたい』
そう願うモーヌでしたが全ては夢幻のようで
{695AC87C-3DBD-437A-B77C-F7BCB42D380B}

記憶を頼りに屋敷の位置を地図に落とすモーヌ
それを面白半分に横取りする同級生たち

地図を取り返してくれたのは
街に来ていたサーカス団の隻眼の男で
{2BCB1920-BC31-4439-8C82-6D54F6FA5D90}

なんと彼はイヴォンヌの弟
フランツ(アラン・ヌーリー)でした

婚約者に袖にされ
自殺に失敗したフランツは
やさぐれ感を漂わせ

『地図を取り返してやったのだから
   僕が困った時は君らが助けてくれ
  
『分かった、必ず助けるから、、、』

フランツの身上に同情した
モーヌとフランソワは
男同士の約束を交わします

その後、フランソワや
周囲の協力を得てモーヌとイヴォンヌは
めでたく結婚をしますが
{A519CFC6-826C-45BD-8391-A355DD9EFD48}


あの時三人が交わした
男同士の約束が 

モーヌとイヴォンヌ
二人の結婚生活に
暗雲を呼びこむ結果になろうとは 

この時は
知る由もなかったのでした




邦題は『さすらいの青春』ですが
原題は『Le Grand Meauines』(モーヌの大将)
とあるように、とにかく皆がモーヌに振り回され
ます

ただしこのモーヌという男は
男の友情を大切にする熱き男でもありまして

それが女にとっては
苦渋を強いられる結果に繋がり、思わず

『それな!あるある』と膝を打つジェーン

また、フランソワも
イヴォンヌに惹かれながら
モーヌに義理立をし、その思いを封じ込めます
{8C287654-9FB3-499B-9B30-0F7F64FD51AB}


恋と友情を秤にかけた時
どちらに重きを置くのか?

これは

なかなかの難問ですね

前半部分の
繋がりが予想できない
エピソードの一つ一つが
後半一気に回収され

アレヨアレヨと言う間に
お話は終焉に向かいます

誰が悪いわけでもなく
ただ少し、タイミングが
ズレてしまっただけのこと

ただ、その少しのズレが
後から込み上げてくる
切なさの原因なんですが、

それは今更言ってみたところが
せんないこと、、、

そんなラストでした

主要キャストである
フランソワ役のアラン・リボール
{0F6CDA0F-C142-4B07-B10D-6452F6708965}

寡作家ながら、近年まで俳優として
活躍されております

モーヌ役のジャン・ブレーズ
{7B4D3533-7C78-45E8-A3AF-30124F959D03}

今作以外のフィルモグラフィーが
見当たらなくて、その後の消息が
個人的には気になるお人です

イヴォンヌ役のブリジット・フォッセー
つきましては説明は要らないでしょう

そう、『禁じられた遊び』(1952年)の
ポーレットちゃんにございます
{BDD16ADE-C977-42BC-9338-D53283B1993A}


この頃は21歳前後でしょうか

どことなぁーく
浮世離れした風情の女優さんで
大変お品が良くていらっしゃっいますが
{9E57959F-3BD5-43ED-9EB5-0F79EF838959}



かのインモラル作
『バルスーズ』(1974年)では
フェアリー・フェイスには似合わない
豊かなオッパ◯をぺろ〜んと出し
パトリック・トヴェールに弄ばれている
シーンを観て『あのポーレットちゃんが!』と
ジェーン・ドゥ驚愕す!!


既存イメージを
軽々と打破しちゃうところは
やはりポーレットちゃんも
おフランス女優さんなのね
{B5B15891-53B9-4125-AC6C-B05365CF1DF7}


ちなみに『バルスーズ』とは
『睾丸』と言う意味だそうです

{92BE6DF4-C87D-4912-A058-015BF904B51F}



覚えたけれど
披露する機会のない
おフランス語、かもしれない、、、

(今、披露したし  笑笑)







AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。