** jameのつれづれ日記**

                                                       〜chakana店主jameによる、アクセサリー製作話、音楽、アート、映画、旅行、食べ物など好きなものを徒然と〜


テーマ:

 

去年、「ひそひそ星」がとっても気に入り、注目している園子温監督。

日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの中の一人として

「アンチポルノ」を撮るということで楽しみにしていた。

 

人気小説家でアーティストの京子の日常。

全てに満たされず、エキセントリックな生活を送る。

どこまでが現実?映像の中?

京子の衣装、部屋、登場人物、すべてがポップで鮮やか。

そして高校生の京子、妹、両親との関係。

ポルノというより、裸が出てくるアート的なムービー。

この監督の絵は本当に綺麗、美しい。

でもどぎつい。

 

そして釘付けになったのはここ。

「この国の女は、誰一人として自由を使いこなしていない。」

自由に振り回され、本当に自由ではない、と。

それは女性だけに言える事?

やっぱり、現代を見つめてる。

過激なものは見てないが、

くだらないものを撮っても、ポルノを撮っても

言いたい事を言い放つ園子温はカッコいい!!

 

 

このインタビューも面白いのでぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウディ・アレンがテレビドラマを撮った、しかもAmazonでしか見られない、と。

もちろん、Amazonプライムに加入しました。

 

「六つの危ない物語」(ネタバレあり)

 

 

時は60年代、ヒッピー文化が盛んな頃、

ウディ・アレンが扮する気が小さくて冴えない夫と活発な妻のところに

政治犯の若い女性が転がり込んでくる。

古い知り合いの妻は快く受け入れるが

夫はことあるごとに衝突し出て行ってくれ、と言う。

しかし妻、同居している友人の息子、妻の友人達はどんどん彼女に感化されていく。

 

ツィッターで本人が

「どう言う経緯で作る事になったか覚えてないが、やらなければ良かった。」と。

それにしては80過ぎているとは思えない程、突っ込んだ見事な仕上がり!

(まあいつものウディ節全開ですが..。)

この時代に、まさに!!というストーリーなのでは?

 

いつの時代も、ポリシーを持たない人、洗脳されやすい人が

世の中を決めてしまっているのでは?という話。

リーダーになる人の強引なくらいの力強さ、魅力的さ、それに惑わされていく。

そして夫のような事なかれ主義の人も知らない間に巻き込まれてしまう。

そんな話を滑稽に描いている。

 

後半のカオス状態、くだらな〜いラスト。

これもウディらしくて大満足。

(ウディ・アレンには甘いです。(笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京オペラシティ アートギャラリーで開催されている

写経老人A」荒木経惟へ。

 

とにかく、写真、写真、写真の量に圧倒される。

 

 

入ると、すぐに「人妻エロス」のシリーズ。

とにかく被写体の主張も強いし、一枚一枚が大きいので、かなりの迫力。

体型も美貌も気にせずに力強い(失礼)、それが美しい。

 

100枚のモノクロの空と花。

ここでも圧倒される。

一枚一枚見ていくと吸い込まれていく。

このコーナーが一番好き。

真ん中にハートが!!

 

 

 

更に、2017.7.7に限定した膨大の量の写真、

60年代の日本の風景と笑顔にグッとくる「八百屋のおじさん」のスライド、

「非日記」「ポラノグラフィー」と名付けられたスライド、

追って行くのに体力を使う。

 

カラーで特大の「遊園の女」のコーナーでは

更にパワー全開な作品に疲れてしまった....。

 

もの凄い、エネルギーに触れられる写真展。

覚悟してかからないと..もってかれます。。。

 

 

 

そして上の階では「静かなひとびと」という所蔵品展が開催されていた。

何の知識もなく行ってみたら好きな作家の物があった!

難波田史男

清宮質文

初めて知って気に入ったのは、野坂徹夫

アラーキーと対比するしっとりとした展示。

こちらも満喫。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

映画も面白かった「THE RESIDENTSザ・レジデンツ」

3月22日、ブルーノート1stステージへ。

 

張り切ってチケットを取ったので一番前の真ん中のかぶりつき席!!

覆面の下の顔付きも、衣装のほつれまでも(笑)見える。

 

とにかく、夢の中のようだった。

楽しんだり踊る感じではなく、音楽の中にただただ浸る。

普段見るライブとは違う体験!

まさにライブのタイトル「In between Dreams 」。

 

ギター、ドラム、キーボードと言うシンプルな構成。

でもカッコいい音づくり。

牛(?)と鳥のようなくちばしを持った3人。

横の球体にはCGの人物が現れ、夢の世界が繰り広げられる。

後ろの壁紙と3人のスーツのダイヤ柄がポップで可愛い。

が、そこに繰り出されるドロドロしたエレクトロサウンドとダミ声のボーカル。

そしてボーカルの独特なリズムの取り方と踊り(ステップ?)がいい。

こんな服装なのに、お茶目に思えてくる。

 

他にはない世界、他の音楽とは違う世界、

たっぷり浸れて大満足。

 

 

 

 

 

 

昔のだけど、レジデンツの中で好きなライブ。

民族的な要素もあって、女性ボーカルとの掛け合いもカッコいい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これもちょっと前ですがBUNKAMURAでやっている「マリメッコ展」へ。

言わずと知れたフィンランドのテキスタイルブランド。

昨年フィンランドへ行って来たので、あの空気感を思い出し、更に楽しめた。

 

カラフルなもの、柄のものは見ていて本当にワクワク元気になる。

あの独特な大胆な色使い、柄のパターンはお国柄もあるのかしら?

どの柄の服が着たいか妄想しながら見ていく。

 

あちらでマリメッコの服を来ている人をそんなには見かけなかった。

でもしっかりこのカラフルさは根付いているんだろうな。

インテリアとして家の中には普及している?

とにかく、カラフル万歳!カラフル布教活動をしなくては(笑)。

と強く思う展覧会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。