本日はヴェルディの試合がないこともあって、西が丘サッカー場に日テレベレーザ対宝塚バニーズの試合を見に行ってきました。


いつものようにゴール裏ではなく、今日は現地で合流したmakozoさん修くん と一緒にメインスタンドで観戦ということで、久々にじっくり試合を堪能することができました。


試合のほうは後半20分くらいまでは1-1の同点と、圧勝を期待していた我々にとっては予想外の展開となりましたが、途中出場の近賀のゴールで1点勝ち越すとその後も近賀・大野の2ゴールで4点を追加し、終わってみれば6-1の快勝でした。


ヴェルディ・A代表・U-20代表とここのところFWの決定力不足の試合ばかり見てきたので、今日の試合のようなゴールラッシュは見ていて久々に気持ちよかったですね。


密かに期待していたハーフタイム抽選会のプレゼントが当たれば言うことなかったのですが、自分を含めて3人ともハズレということでそれだけが残念でした(笑)


ヴェルディの試合と違ってベレーザの試合は安心して見ていられるので、これからも時間の許す限り観戦に行こうかなと思いました。

AD

浦和レッズレディース戦

テーマ:

今日は駒場にベレーザ対浦和レッズレディース戦を見に行ってきました。


去年のヴェルディ対レッズ戦は埼玉スタジアムでの試合だったため、久々の出島での観戦です。


今日の駒場はメインスタンドとバックスタンドの2階部分を開放していなかったものの、出島以外はほぼ赤一色でまさにアウェーといった感じでした。


試合のほうは、澤のゴールでベレーザが先制すると、その後も勢いに乗り伊藤・大野のゴールで2点追加し3-0で前半を終了。


後半に入っても攻撃の手を緩めず、後半開始早々に酒井のゴールで決定的ともいえる4点目を取ると、さらに永里の連続ゴールで2点を追加し6-0、そして後半ロスタイムに大野が今日2点目のゴールを決め、結局7-0でタイムアップ。


格下相手ではなく優勝争いをするであろう浦和を相手にアウェーで7点差の勝利というのは正直ビックリしましたが、1対1の場面で確実に決めるベレーザ攻撃陣の好調さとスローインでも簡単に裏を取られてしまった浦和DF陣の弱さがうまくハマった結果ではないかと思いました。


それから試合とはあまり関係ありませんが、いつもはブーイングが当たり前の浦和サポが試合終了後に7点差で負けたのにもかかわらずベレーザコールをしてくれました。その後ベレーザ側からも浦和レッズコールをするなど、非常にいい雰囲気で試合を終えることができました。


ヴェルディの試合では先日の横浜FM戦や新潟戦などすっきりしない試合がここのところ続いていたので、今日の試合は久々に見ていて気持ちのいい試合でしたね。


次はヴェルディの試合でこんな試合が見れたらいいなと思いつつ、駒場をあとにしました。

AD