横浜戦

テーマ:

昨日はショックのあまり試合終了後から終電近くまでヤケ酒を飲んでいたため一日遅れの記事となってしまいましたが、昨日の横浜戦は見ていて全然勝てる気がしませんでした。


スタメン・サブのメンバーを見ただけでも、出場停止やケガ人続出でベストメンバーには程遠いヴェルディに対して、那須・グラウ・大島がサブの横浜とでは明らかに選手層が違いすぎたように思います。


試合のほうは、横浜の攻撃陣のミスで1失点で済みましたが本来だったらもっと点を取られていてもおかしくなかったし、攻撃のほうも頼みのワシントンが不発、そしてバドン監督の采配もここ数試合ことごとく裏目裏目に出ていて、昨日の試合はHOT6の期間中よりも内容がよくなかったように思います。


昨日の負けでもう覚悟はできましたが、まだ何が起こるかわからないので、残り5試合最後まで信じて応援を続けていきたいと思います。


ただ、そのためには選手達には昨日のように危機感を感じさせないような試合は絶対にやってほしくないです。もうちょっと自分達の置かれている立場を理解して危機感を持ってプレーをしてもらいたいです。

AD

残留争いの行方

テーマ:

【第28節終了-残6試合】
09 FC東京■■■■■■■■■■■■■■■■ 35 34 34 +00 △△○△○ 脚鹿千新川 桜
10 大 分 .■■■■■■■■■■■■■■■■ 35 34 35 -01 ○△○○○ 千広鹿桜宮 緑
11 名古屋.■■■■■■■■■■■■■■■■ 35 37 40 -03 ●●○●● 清宮脚緑新 千
12 横浜M .■■■■■■■■■■■■■■■□ 34 32 37 -05 △△●△● 緑清広鹿桜 宮
13 新 潟 .■■■■■■■■■■■■■■■□ 34 40 52 -12 ●●●△○ 神柏磐瓦名 浦
------ 入替戦危機(;´Д`)つ 待ってくれ~ ------------------
14  柏  .■■■■■■■■■■■□□□□□ 30 30 43 -13 ○●○●● 宮新清広緑 鹿
15 清 水 .■■■■■■■■■■□□□□□□ 29 32 41 -09 ○●●●△ 名横柏神鹿 広
---------- 入替戦圏内( T▽T)ノ --------------------
16 大 宮 .■■■■■■■■■□□□□□□□ 28 30 44 -14 ●●●●● 柏名神脚分 横
----------- 降格圏内( T▽T)ノ --------------------
17 東京V .■■■■■■■□□□□□□□□□ 26 34 60 -26 ●△△△● 横桜浦名柏 分
18 神 戸 .■□□□□□□□□□□□□□□□ 20 26 57 -31 ●△●●● 新川宮清広 磐
-----20----25----30----35 点 得 失 差 ------------


リーグ戦も残り6試合となりましたが、どうやら残留争いは柏から神戸までの5チームに絞られてきたような感じですね。


各チームの残り6試合の対戦相手との前半時の対戦成績は、


柏    1勝3敗2分(勝ち点5)

清水  1勝2敗3分(勝ち点6)

大宮  4勝0敗2分(勝ち点14)

東京V 2勝2敗2分(勝ち点8)

神戸  0勝4敗2分(勝ち点2)


ということで、これだけ見るとかなりやばそうな気がしますが、奇跡でも起きない限り今の大宮が残り6試合を4勝2分で乗り切るとは考えにくいので、まずは大宮を抜いて入れ替え戦圏内の16位に入る事が目標となりそうですね。


入れ替え戦を回避して残留確定の15位以内に入るには、残り6試合を2勝4分もしくは3勝1敗2分で乗り切って勝ち点10くらいを上積みしないと厳しそうですが、J1残留のためには残り6試合はとにかく引き分けでもいいから勝ち点1を上積みすること、そして直接対決となる33節の柏戦は絶対に勝つことが必要ですね。


最悪12月の入れ替え戦に行く覚悟はできていますがまだ諦めてはいないので、残り6試合J1残留に向けて選手達は死ぬ気で戦ってもらいたいです。

AD

21年ぶりに無敗の3冠馬誕生

テーマ:

本日京都競馬場で第66回菊花賞が行われましたが、単勝1.0倍という圧倒的な人気を背負った武豊騎手騎乗の2冠馬・ディープインパクトが人気に応えて優勝。シンボリルドルフ以来、21年ぶりとなる無敗での3冠を達成しました。


今日は3000mということで皐月賞やダービーの時のように後方待機ではなく比較的前の位置取りでのレースとなったせいか道中は折り合いをつけるのに苦労していたような感じもしましたが、4コーナー手前で武豊騎手がスパートをかけると、必死に逃げ粘っているアドマイヤジャパンを残り200mで並ぶ間もなく差しきりました。


この後はジャパンカップ・有馬記念、そして来年以降は海外遠征と、どこまで連勝は続くのか夢は膨らむばかりですが、無限の可能性を秘めているだけにこれから先もケガだけには気をつけて欲しいです。

AD

FC東京戦

テーマ:

絶対に負けられない戦いであるはずのFC東京戦は1-2で敗戦ということで、これで7試合勝ち星から見放されてしまいました。


久々にスタメン出場の森本のゴールで先制…というところまではよかったのですが、先週の新潟戦同様に前半終了間際に失点し同点に追いつかれ、そして後半ロスタイムにはFC東京のササのゴールが決まり痛恨の逆転負けということで、試合終了直後はショックのあまりしばらく動くことができないほどでした。


今日の試合では同じようなミドルシュートがありましたが、FC東京の梶山のシュートはポストに当たっても角度が変わりそのままゴールに吸い込まれ、平野のシュートは無情にもポストに阻まれたということで、まるで今の両チームの順位や勢いの差を象徴しているかのようでした。


今日も勝てなかったためいよいよJ2降格という言葉が現実味を帯びてきましたが、ほぼ当確の神戸は別にして16位の大宮が7連敗ということで今日もお付き合いしてくれ、15位の清水も引き分けで勝ち点1を上積みしただけということで、まだ十分望みはあると思います。


試合前にビッグフラッグに「絶対残留! 来年俺達が戦うのはJ2じゃなくてACLだ!」と書きましたが、何があっても34節の大分戦が終わるまでは絶対に諦めません。


何だか毎試合同じ事を言っているような気もしますが、もう内容は問わないので次節の横浜FM戦は絶対に勝って勝ち点3を取って、まずは自動降格圏内からの脱出を目指してもらいたいと思います。

明日は東京ダービー

テーマ:

明日はFC東京との東京ダービー、そして自分自身も約1ヶ月ぶりとなる生観戦ということで、今週は月曜日からかなりテンションが上がっていました。


相手がFC東京であろうとどこであろうと、J1残留のためにはもうとにかく勝つしかありません。


ゴール裏の人数では負けるかもしれませんが、こちらも一丸となって選手達の後押しをしていきたいと思います。

3試合出場停止

テーマ:

先日のサテライト・浦和戦において1発レッドで退場になった平本に対する処分が本日のJリーグ規律委員会で審議されましたが、その結果11月3日の天皇杯4回戦・大分トリニータ戦までの3試合出場停止という処分が下されました。


この試合を実際に見ていないのでこの処分が妥当かどうかはなんとも言えないところですが、小林大が累積警告で出場停止であるだけに、さらに平本不在で今週の東京ダービーに臨むというのは非常に痛いです。


去年のナビスコカップ準決勝で一番悔しい思いをしたであろう平本だけに今週のダービーにかける意気込みは人一倍強かったと思うし、その平本のゴールで勝つところを見たかったサポーターとしても非常に残念に思います。


ただ、久々にスタメン出場が濃厚な森本やスーパーサブの町田など、ここのところ出場機会に恵まれなかった選手達の活躍が見られるかもしれないので、残された選手達には頑張ってもらいたいと思います。


ダービーまであと4日

テーマ:

リーグ戦も残すところあと7試合、現在17位のヴェルディにとっては残り7試合のうち負けていい試合などひとつもありませんが、その中でも絶対に負けが許されないのは今週の東京ダービーです。


リーグ戦・カップ戦を通じて引き分けをはさんで4連敗中ということもありますが、落書き事件や灰皿事件など絶対に許すことができない事件を起こしたサポーターがいるチームには絶対に勝たなければなりません。


ちょうど今から1年前の10月13日に行われたヤマザキナビスコカップ準決勝も東京ダービーでしたが、選手達にはあの時の悔しさやあの時流した涙をもう一度思い出して、今週の東京ダービーに臨んでもらいたいと思います。


ダービー当日は選手達を後押しするべく、最後まで諦めずに応援し続けたいと思います。


クラッキにて

テーマ:

日付が変わって昨日の話ですが、新潟戦を観戦するために川崎戦以来2度目となるクラッキに行ったわけですが、新潟戦終了後もsaysaysayさん水無月くん たちと大分-清水、F東京-広島、G大阪-神戸など今日行われた試合ほぼ全試合を観戦してしまい、結局クラッキには7時間近くいました。


試合観戦以外にも、ご一緒させていただいた方といろいろお話しをしましたが、みなさんヴェルディが好きな人たちばかりなので非常に有意義な時間を過ごすことができました。


家も職場も立川に行くにはちょっと遠い場所にあるので頻繁に通うということはできませんが、これからもアウェイの試合観戦とか試合終了後とか機会を見つけてまた行ってみたいと思います。


ヴェルディが好きな人にとってクラッキは最高に居心地のいい場所だと思うので、もしまだ行った事のない人はぜひ一度行ってみる事をおすすめします。


それから、帰り際に「月刊ヴェルディ 東京ヴェルディ特別号」を手に入れることができましたが、たまたまその場に月刊ヴェルディのライター・ごうさん が居合わせたということで、表紙にサインをいただきました(笑)今日はゆっくりお話しすることができませんでしたが、また今度お会いした際には宜しくお願いします。

新潟戦

テーマ:

本日の新潟戦は、クラッキで観戦しました。お昼過ぎまで仕事だったためクラッキに到着したのは前半30分くらいでしたが、お店の中はもうすでにヴェルディサポでいっぱいになっていました。


試合のほうは開始早々にワシントンのPKで先制し幸先のよいスタートを切ったはずなのですが、クラッキに到着して中継を見ている限りでは、どうにも点が取れそうな気配を感じませんでした。


早めに追加点を取らないと危ないなと思っていたら、前半ロスタイムにDFのマークがずれたところでアンデルソンリマに落ち着いて決められ1-1の同点になってしまいました。


後半に入って上村が2枚目のイエローカードで退場になってからは防戦一方というかほとんどチャンスらしいチャンスはありませんでしたが、新潟の決定力不足にも助けられ結局1-1のまま試合は終了しました。


これで6試合勝利から遠ざかってしまいましたが、今日は残留争いのライバルが軒並み大敗し、15位清水・16位大宮とは勝ち点差2と次節にも逆転できるポジションまで来たので、今日の引き分けで当面の目標であるJ1残留に向けて半歩前進したといった感じでしょうか。


次こそは次こそはということでここまできてしまいましたが、残すところあと7試合となりました。


そして、次節は因縁の東京ダービーです。今のチーム状態を抜きにしても次節は絶対に負けるわけにはいきません。


来週は久々の生観戦となりますが、1ヶ月近く生観戦できなかった分も応援頑張りたいと思います。

天皇杯4回戦 組み合わせ決定

テーマ:

天皇杯4回戦以降の組み合わせが本日発表されました。


組み合わせの結果、連覇を狙うヴェルディは大分スタジアムで大分と対戦することになりました。


毎年のことですが、今年も順調に勝ち上がると大分から始まってカシマ→仙台→国立(エコパ)→国立と準決勝もしくは決勝まで地方巡業になりそうです。


現在大分は好調なので簡単に勝てるとは思いませんが、初戦で対戦する可能性のあったJ1のチームの中では比較的相性が良く、戦いやすい相手だと思うので、ここできっちり勝ってリーグ戦のほうにも弾みをつけてもらいたいです。