修行

テーマ:
久しぶりに書いてみる。

私は現在「簡易宿泊所」で働いている。

簡易宿泊所とは、
いわゆる「ドヤ」であり、
その語源は「宿(やど)」の反対読みで、
人の住むような所ではないという意味から、
「やど」の逆の「ドヤ」と呼ばれたらしい。

ここには色んな人が住んでいる。

その内容を書けば、
とても面白い内容になるのだろうが、
このブログはそのような主旨ではないのでやめておく。

人によっては、
この仕事を嫌がるかもしれない。

毎日のようにトラブルがあり、
面倒くさい人がたくさんいるからだ。

それでも私が続けていられるのは、
ある思いがあるからだ。

ジャマイカ。

これにつきる。

面倒くさいといえば、
ジャマイカ人だって相当に面倒くさく、
トラブルは絶えず、
つっかかってくる輩も少なくない。

今は妻と日本で暮らしているが、
いずれは妻の故郷でもあるジャマイカに、
ゆっくりと腰を据えたいと考えている私にとって、
ここの仕事はある意味修行だ。

一筋縄ではいかない人たちを相手にし、
それが「普通」と感じられるようになれれば、
いつかまたジャマイカで暮らせるようになったとき、
「うわぁぁ、面倒くせぇ~」などとは思わず、
「まぁこんなもんだろう」と気楽に構えられる、
と思うのだ。

ジャマイカで暮らしていた頃、
つらい事もたくさんあったが、
それ以上に楽しい事もたくさんあった。

それでも、
現金収入を得るという点に関しては、
とても苦労した。

日本では、
大変な事も多いが、
安定した収入が得られるという点で、
我が人生における今の時期は、
日本のほうが良いのかもしれない。

今は修行の身であり、
すべては導きのあるままに、
というところか、、、。

いずれまた、
ジャマイカに導かれることだろう。

今までもそうであったように、、、。

ONE LOVE

AD

イングリッシュ

テーマ:
ひさしぶりぃ~

-----------------------

最近の主食はオーツ麦だ。

オートミールなどにも利用され、
食物繊維やビタミンが豊富だ。

パッケージの横にかいてある調理方法によれば、
沸騰したお湯に入れ、、、
などとあるが、
妻いわく、
「そのままミルク(練乳)と水入れて食え」
ということらしい。

実際、
加熱調理したものは、
器の半分くらいで「もう食えねぇ」となり、
加熱しないものはいくらでも食べることができた。

オーツはそのままボリボリ食うのが良い。

オートミールで検索をしてみると、
「まずい」という評価などもあるが、
私としては大変美味しく頂いてる次第だ。

さて、
私はジャマイカ人の妻と日本で生活しているが、
なかなか英語が上達しないでいる。

なにか良い方法はないかと、
先日あれこれ検索していたら、
早口の英語を聴くことで、
普通の速度の会話がゆっくり聞こえるようになる、
という英語教材があった。

試すまではいたらなかったが、
思うことがあったので、
ここに記す。

ジャマイカの代表的な音楽であるレゲエミュージックにおいて、
DJが早口でまくし立てるように歌うスタイルがある。

多少英語がしゃべれる人でも、
せいぜい単語を拾うのが精一杯で、
正確に何を言っているかまでは、
かなりの上級者でないと難しい。

それでも、
リズムやフローが心地よくて、
何度も聞き返して耳にする。

ジャマイカに在住していたころ、
最初は会話もよく理解できずにいたが、
この早口のレゲエを毎日のように耳にしていたおかげか、
だんだんと会話が聞き取れるようになっていった。

最終的には、
言っていることはほぼ理解でき、
流暢とまではいかないまでも、
ある程度こちらの意思を伝えたり、
必要なことを説明したりできるようになった。

長く住んでいたこともあるだろうが、
上記の英語教材の理屈からすれば、
早口レゲエを聴いているうちに、
自然と会話が身についたようにも思う。

もっとも、
ジャマイカの強烈なクセのあるパトワに慣れてしまったおかげで、
アメリカ人やイギリス人をはじめとする白人の英語については、
まったく進歩しなかったのだが、、、。

もう少しちゃんと喋れれば、
妻に理解してもらえることもたくさんあるだろうに。

毎日のように海外映画を日本語字幕なしで見ている今日この頃。。。
(大まかな内容しかわからない映画ってつまんないね)

ONE LOVE
AD

ホットドッグと天麩羅

テーマ:
久しぶりに書く。

今日、
「フリッター」を作った。

フリッターというと、
日本ではエビのフリッターを思い浮かべるだろう。

ジャマイカでいうフリッターは、
塩干しのタラをもどし細かくしたものを、
小麦粉と水をあわせた生地に入れ、
油でこんがりと揚げたものをいう。

ホテルやレストラン、
料理好きな家庭などでは、
これにパプリカやたまねぎなどを入れる。

参考
$ジャマイカ道、YASJAMAICAのブログ



これを揚げている際、
ふと思ったことがあったので、
ここにメモしておく。

外観の見た目は茶色で、
なんかホットドッグのようだ。

しかし、
行程を見ると、
なんか天麩羅のようでもある。

日本で言うエビのフリッターなども、
単に天麩羅に失敗しただけのようにも見えるし、
実際、
天麩羅に華を咲かせなければ、
ずんぐりとしたフリッターにしか見えない。

と、
ここまで書いて、
ウィキペディアで調べてみると、

「天ぷらに似るが、
小麦粉の衣に牛乳などを加えて甘めに仕上げたりし、
天ぷらと違い衣は硬くなくふんわりしている。」

とあり、
さらにホットドッグを調べると、
ソーセージの挟まったパンの画像が現れた。

$ジャマイカ道、YASJAMAICAのブログ

おっと、
これは違うものだ。

たしか、
あれはアメリカンドッグ、
だったような、、、。

入力してみると、
あったあった。

$ジャマイカ道、YASJAMAICAのブログ

これだ。

「日本では、
小麦粉・卵・砂糖・ベーキングパウダー・
牛乳か水を混合して衣を作る
(家庭においては、
簡単に作れるのでホットケーキミックスと卵、
牛乳を混合して作ることが多い)

アメリカンドッグとは日本独自の名称であり、
発祥国であるアメリカ合衆国では
コーンミール(トウモロコシの粉)を原料とした
コーンブレッドの生地が使われるため、
日本以外のほとんどの国々では
「コーンドッグ」(Corn dog)と呼ばれている。」

、、、

コーンドッグって言うんだぁ、、、聞いたこと無いけど。

どれもこれも、
小麦粉使って油で揚げるのだから、
まぁ親戚みたいなものだ。

メモはこの辺にして、
フリッターの出来栄えに触れておく。

本来はソルトフィッシュと呼ばれる、
塩干しのタラを使うのだが、
日本では入手困難なので、
今回は塩鮭を使用した。

最近の塩鮭は、
甘塩だとか減塩だとか、
ビシッとくるものが無いので、
先日買った輸入品の冷凍鮭を塩に漬け込み、
2週間寝かせたものを使ってみたが、
これがなかなかイケる。

妻も絶賛。

はぁぁ、
ジャマイカに行きたい。。。

ONE LOVE

$ジャマイカ道、YASJAMAICAのブログ
AD