ショージ・サエキのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 

神風特別攻撃隊は祖国を守る為に命を賭けて戦った。

 

だが、1945年8月15日に日本はアメリカに敗戦する。

 

戦後は一転して平和教育が行われ、高度経済成長に乗っかり経済大国に成ったとされている。

 

しかし、B29からの爆撃や原爆の被害からは逃れることは出来たが、未だに日本が戦争中であることを大多数の国民が知らないままなのであります。

 

今日もこの瞬間にアメリカから攻撃を受けているのです。

 

「何のこと?」と思う人が大半であることでしょう。

 

そう思うことは当然かも知れません。

 

戦後71年も愚民化政策にさらされているのですから・・・

 

 

戦後、GHQ最高司令官マッカーサーの戦略は、日本人をテレビを使って愚民化し、民族を絶滅させて、その国土を奪うことを計画しました。

 

私達はテレビを通して、ドラマやお笑い、そして音楽・スポーツに関心を無理やり持たされているのです。

 

それらに関心を持たせることにより、政治や日本の行く末を考えさせないように仕向けられているのであります。

 

つまり、思考回路が停止した人間を造ることがアメリカの目的なのです。

 

現在、第一段階の『愚民化政策』は既に完了しており、第二段階の『抹殺』の段階に今は差し掛かっております。

 

どのようにして日本人を抹殺するかと言うと、食べ物・飲み物、シャンプー・洗剤、そして医療で殺されます。

 

今回はこれらの中から、日本がアメリカから攻撃されていることを皆さんに知って貰う為に、分かり易い部分のみをカットして説明します。

 

先ずはこちらからです。

 

 

上のグラフは主要国の食品に含まれている合成添加物の認可されている数を表しております。

 

ダントツで日本が他国を上回っています。これは他国では許可が下りない添加物を日本は強制的に使用させられているからなのです。

 

あのジャンクフード大国のアメリカの倍以上も合成添加物が食べ物の中に入っているのです。

 

これはもはや日本人に「死ね!」と言っていることと同義なことであります。

 

また、次をご覧下さい。

 

 

上のグラフは世界各国の農薬の使用割合を示しておりますが、ここにおいても日本がダントツのワーストなのです。

 

この農薬の使用量は日本人を殺す為に野菜やフルーツが店で売られているとしか思えません。

 

私事ですが、職場の同僚と何回か昼食に行きました。そのときに彼はいつも野菜を残していました。

 

私が「野菜は嫌いですか?」と彼に問うと、「実家が農家なので、こだわりがあって食べない」と言ってました。

 

一瞬、私は「こだわりって何なんだろう?」と思いましたが、直ぐに「流通している野菜は農薬まみれで猛毒なんだろうな!」と察しました。

 

これからは自分でレンタル農園で野菜を作るしかないと思いました。

 

私達が口にする食べ物・飲み物は厚生労働省が管理しております。

 

上の二つのグラフを見ると全く食の安全が管理されていないことが露呈されています。

 

問題はアメリカの圧力によって厚生労働省がきちんと食の安全を管理したいのだけれどもそうはさせて貰えないことであります。

 

厚生労働省内でも、「これじゃ日本人は絶滅するな!」と思う人がいるはずですが、省内において食の安全向上を訴える人がもしいたとしたならば、その人は左遷、あるいはクビになるか、最悪の場合は命を取られるのです。

 

東大などの一流大学を出て入省するのですから、下手なことを言って人生を棒に振るわけにはいけません。

 

自分と自分の家族だけの食の安全が確保さえ出来れば、国民が死のうが、どうなろうが関係ないのであります。

 

ですから、日本においては食に関して無法地帯と認識すべきです。

 

食べ物・飲み物は人間にとって一番の最重要課題ですから、日頃から気をつけていなければならないのです。

 

自分の命は自分で守るしかないのです。

 

そして次に電磁波の問題に触れます。

 

 

上の表は携帯電話の中継基地局からの電磁波の規制値を示しています。

 

ここでも日本がダントツでワーストです。

 

他国が一桁かそれ以下なのに、日本の値は驚くべき数字であります。

 

もはや殺人としか言いようがありません。これに置き換える言葉がもはや見当たりません。

 

総務省が電波を管理管轄しておりますが、事情は先に話しました厚生労働省と変わりはありません。

 

省内で「電波の安全基準を見直しましょう!」と提言すると、その人は左遷・クビ、最悪の場合は死に至ります。

 

ことなかれ主義で自分と自分の家族だけが安全を確保できてさえいればそれで良しなのであります。

 

電磁波にさらされて病気で死んでも他人ですから全く関係はないのです。

 

それでバカを見るのは私達国民です。

 

電磁波の問題もアメリカの圧力によってそのように基準値を設定しないと国は報復されるのであります。

 

このように日本は現代においてもアメリカから攻撃されているのです。

 

戦時中は若者がゼロ戦に乗って敵の軍艦に突っ込んでいって体当たりしました。

 

それは家族や祖国を思っての命懸けの戦いであったはずではないですか?

 

 

 

 

 

戦時中よりも、『今』の方がアメリカからの攻撃はいっそう増しているのです。

 

食べ物とは言えない毒物と殺人電磁波、そして派遣制度による低賃金化による未婚者の増大、保育園の待機児童問題のいずれを取ってもアメリカの戦略なのであります。

 

日本人を絶滅に追い込もうとしているのです。

 

神風特別攻撃隊の隊員は若い命と引き換えに、私達後世の未来に対して望みをかけて亡くなりました。

 

だがしかし、現状の私達はテレビに洗脳されてお笑い芸人がやっているバカバカしい番組ばかりを毎日見てゲラゲラと笑っているだけなのです。

 

愚民化された人間がいることは、ある程度しょうがないかも知れません。

 

けれども、そういった人間があまりにも多いのではないでしょうか?今の日本は・・・

 

特攻にて亡くなった方がタイムスリップして今の日本人を見たらきっとやるせない思いにかられることは間違いないことでしょう。

 

このままいけば、日本人は2200年頃には絶滅してしまうと予測します。

 

私は右翼でも左翼でもありません。軍国主義者でもございません。

 

ましてや戦争を賛美する立場の人間でもないのです。

 

しかし、今の現代日本人に必要なことは、祖国を守り日本の命を守り、そして神風の精神を忘れないことなのであります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(4)

ショージ・サエキ (世直しジャーナリスト)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。