たまにはほどほどのラグジュアリーを

「ピーク時になるべく安く、でも、ほどほどラグジュアリーな子連れ家族旅行」をテーマに、日々の出来事を綴っています。

飛行機とホテル(特にヒルトンファミリー)が大好き。多くの方々と、素敵な時間を共にできたら幸いです♪


テーマ:
うわ~、すごいカードが登場しました。

デルタ航空の 日本版アメックスです。


たまにはほどほどのラグジュアリーを

ようやくデルタもこういうメリットがたくさんのカードが出てきたなと感じました。

それは・・・、

カードを作るだけで、上級会員になれるという、他のエアラインにはない太っ腹なカードアップ


→ シルバーメダリオン資格がもらえます

  年会費12,600円(税込)/家族カード6,300円(税込)


→ ゴールドメダリオン資格がもらえます

  年会費27,300円(税込)/家族カード12,600円(税込)



(以下、Fly Teamニュース より)

デルタ航空は2011年11月28日から、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード」と「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の会員募集をはじめました。

このカードは新規入会で、マイレージプログラム「スカイマイル」の上級会員資格が獲得できる特典が付き、特にゴールド・カードの申込みの場合は、ゴールドメダリオン資格が提供されるため、優先搭乗やラウンジの利用ができます。

このカードは利用金額100円につき1マイルを獲得でき、デルタ航空の航空券購入などでは2倍のマイル、ゴールド・カードは3倍マイルを獲得できます。

なお、入会時のボーナスマイルは5000ボーナスマイルで、ゴールドは8000ボーナスマイル。1年間に利用金額が100万円を超える場合、100万円毎に3000ボーナスマイル、ゴールドでは5000マイルを獲得できます。

私は年会費に着目しています。
プロパーアメックスの年会費と変わらなのです。

たいてい、エアラインの提携カードはプロパーの値段にプラスアルファの金額が年会費加算されます。
ANA AMEXは、ゴールドは32,550円(家族カードは16、275円)。
スタンダードは5,250円と、とてもお安いですが、やはりサービスはそれなりです。

このデルタアメックス日本版は、今私が使っているプロパーとたいしてサービスも変わりなさそうと感じました。
もちろんないサービスもありますが。

アメリカでは、 アメックスがデルタ航空の専属クジレットカード会社ということで、多数のキャンペーンをやっていたり、いろんなメリットがあるようですね。

デルタアメックス日本版もこのようになるのでしょうか??


デルタとさよならしたと、かねてからず~っと言っている私ですが、アメックスゴールドの年会費支払いを間近に控えている今、ちょっと揺らいでおります・・・。

でも、これはどうもスカイチームのエリートプラス にはならないようなんですよね。。
優先チェックインなど、デルタ便利用のみという注意書きがあります。

デルタより、大韓航空などを有償利用したい私にとって、このあたりは重要なんです。。

カードとエアラインの整理がなかなかつきません・・・あせる



たまにはほどほどのラグジュアリーを

応援のクリックをいただけると嬉しいです!(^^)!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村
PR
いいね!した人  |  コメント(16)

[PR]気になるキーワード