じゃこのおもしろいこと

じゃこ、こと、たにぐちれいこです。
煮物を与えると喜びます。芝居と出会いと旅が好きです。そんな毎日のおもしろいこと。


テーマ:
毎月9日は、シアターキューブリックのメールマガジン「きゅ~め~る」の配信日。
メンバーが一斉に同じお題でブログを更新します。
今月のお題は「鍵にまつわるエトセトラ」。

「6/9→ロック→鍵」 という強引な連想ゲーム!なかなかでしょう?

鍵といえば。
私は子供の頃、鍵っ子でした。
最初鍵っ子になった時は、紐を通した鍵をドラマみたいに首からかけてみたんだけど、鉄棒とかやると飛びだしてきて歯や顔に直撃して痛いので、ベルト紐にくくりつけてポケットに入れていました。
学校から帰って、おうちの鍵を開けて家に入るときは、誰もいなくても必ず「ただいま!」と大きい声で言うことになっていました。なのでわたしは今でも言います。

恐ろしいことに私、25年くらい前の小学生なんですね。
携帯電話ももちろんなかったし、鍵を忘れちゃったときは困りました。
弟がいたので、学校で気づけば弟に開けてもらったりしていたんだろうけど、日が暮れるまで商店街の文房具屋のおばちゃんのところで母を待っていた覚えもあるので、もしかしたらそれは鍵を忘れて家に入れなかったのかもしれません。
商店街の文房具屋のおばちゃんは野良猫に餌をやってかわいがっていて、わたしはそこで猫をずっと触っていました。おばちゃんはたしか、ヒョウ柄とか、どぎつい柄の洋服が好きで、趣味は油絵で、店のカウンターの中で絵を描いていました。お店の壁一面が棚で、商品がいっぱい詰まっていて、おばちゃんにはなんだか面白い話をいっぱい聞かせてもらった気がする。ああ・・・でも顔が思いだせない。毎日会っていたのになあ。たぶん、……私の記憶の中では、ペギー葉山に似ていました。違ったらごめんなさい、でも違うかどうかがもう分からない!
文房具屋でほしかったのは、いい匂いのするねりけし。でも「あれは文字が消えない」と買ってもらえませんでした。鉛筆を刺すタイプのコンパスはここで買いました。他にも100枚入りの千代紙を、いくつ買ったかわからない。折り紙大好きだったので。あとはジャポニカ学習帳。

その辺で退屈そうにぶらぶらしているのは私みたいに鍵っ子でした。
私も、どうせ母が帰ってくるまでに家にいればいいんだから、と思っていました。
けれどある日、弟を連れて友達と初めての公園に遊びに行ったら、はぐれて、迷って、公園に忘れ物をして取りに戻って、……いろんなことがあってすごく遅くなってしまったことがあります。
その日はあいにく自転車を連れて行ってしまって、……横浜って街じゅうが坂だらけで、自転車にすいすい乗れる距離ってそんなに長くないので、ほとんどの道のりを押したり引いたりする必要があるのですが、なんだか自転車と一緒の方がかっこいい気がして、無理して自転車を連れてしまうことがあったのです……階段を避けたりしなければいけなくて余計労力がかかって、家の近くまで帰ってきたときにはもうへとへとでした。
母はマンションの非常階段の上に上がって辺りを見回していました。そして、帰ってきた私たちきょうだいをみつけて、烈火のごとく怒りました。たぶんすごく心配して不安でたまらなかったんです。
私は、「もう二度と家に帰れないかもしれない」と絶望していましたが、日が暮れてくると「母に怒られるならもういっそ、家に帰れないほうがいいのに」と思っていました。
母は怒るし、へとへとだし、でも緊張の糸が切れて泣きながら、「だっていつもは私がママを待っているのに、今日はママが私のこと待って、遅いからって怒るのはなんだか不公平だ」と思いました。
母が帰ってくるまでに冒険を終わらせなきゃいけない。
鍵っ子ってシンデレラみたいです。時間になると、自由という魔法がとけちゃうんです。

考えてみれば、ぎりぎりで落っことしたガラスの靴がいっぱいある気がします。
時間がありすぎて、退屈で仕方がなかった気もするし、いつも時間を気にして慌てていた気もします。
これが、鍵っ子の奥深いところですね。



他のメンバーの「鍵にまつわるエトセトラ」はこちらからチェック!

http://www.qublic.net/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

谷口 礼子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。