このたび、九州のエギングスタッフブログよりアメブロに引っ越すことになりました。

皆様よろしくおねがいいたします。m(_ _ )m

 なお、以前の記事は九州のエギング 内でご覧いただけます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-07 22:06:46

ゴールデンなGW三釣行 その3

テーマ:エギング

悪天候の上五島から戻って、片付けもせず、爆睡。




ふと目を開けたら、3時半。





急いで飛び起き、そのまま出発。





5月5日 連休最終日は、







長崎の釣友 山下さんと、沖磯に渡る予定です。






数日前、4.0キロが上がったとの情報があり、






ワクワク感マックスです。






五時半、市内の漁港に到着。





目の前の桟橋から、瀬渡し船に乗り換えました。






上がったのはこんな磯。






目の前にはホンダワラの藻場が広がっています。




上がったときは満潮で、小さかった磯が、






潮が引くに従って広くなっていきます。






水色はイマイチ。





白く濁って、水潮のようです。







ワクワクしながら、キャストを繰り返しますが、





ボトム付近をネチネチやってみても、





無反応です。









ためしにしゃくり上げてみたら・・・・。








こんなサイズで


ボーズ回避できました(爆)





フルキャストすると届きそうな距離には






マイボート派のエギンガーや、





ボート ヤエン の船が数隻浮かんでいて、






アジエサにはナイスサイズがヒットしています。







が、磯からは・・・・。






山下さん、私とも秋イカよりも小さな超マメサイズの連発です。





他の磯に渡ったエギンガーの方々が早々に見切りを付けたようで、





約束の時間より遥かに早く、お迎えがきました。





磯代わり出来ると思って喜んで乗ったら、






そのまま、桟橋へ・・・・(笑)







まぁ、粘っても結果は同じだったと思います。






納得いかず、そのまま山下さんとショアをランガンしましたが・・・。






夕方まで、頑張ってノーバイト。






残念な感じで、最終日を終えました。








クソー!!



また逝ってやるぅ~(`×´)

AD
いいね!(19)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-07 21:40:14

ゴールデンなGW三釣行 その2

テーマ:エギング&アジング

5月1日の準夜勤終了後、嫁さんと出発。





GW三釣行 第二弾 は、上五島遠征エギングです。





5月2日の夕方から荒れはじめ、





翌日は夕方まで釣りにならない予報ですが、





2日の昼からと、





3日の夕方から4日の午前中一杯に賭け強行です。






心配なので、念のため、





1日の朝マヅメは平戸でアオリを釣っておきたいところです。






3時過ぎ、平戸に到着。






入りたかった外向きは人だらけです。





仕方なく、港の入り口、上げの潮が入る流れを





当てで、狙います。






アオリQ 4.0寸 をフルキャスト。





ラインをサビキながらフォール。





着底後、4~5回ショートジャークで持ち上げ、






再び、サビキながら落とします。






三投目、ラインがスッと引かれました。






すかさずあわせると、






どんっ!!




600gクラスのチビでしたが、





確保に成功です。










その後、アタリが続かないため、






いつものポイントに移動。






嫁さんがシャローのロープ際で






トンガリくんを三連発したところで、夜明け。






満潮のタイミングで、ドシャローに移動。






藻の際をスーパーシャロータイプのエギで






テンポ良く探り、400gクラスを2杯捕獲。






速攻で、アオリ3杯&トンガリくん3杯を確保してから、





上五島行きのフェリーが出る佐世保港に移動。





朝食を摂ってから、フェリーありかわに乗り込みました。






上五島 有川港到着は12時過ぎ。






ターミナルの隣のスーパーで、昼食&夕食を購入。





夕方から風が強まる予報でしたが、





既に5mは越えています。





風裏となる奈摩を目指すことにしましたが、






途中、道沿いの波止場が気になって、





強風に向かい、パタパタ ラン&ガン をキャスト。






2シャクリ目に乗りました。





キロタリナーズですが、立派な上五島アオリです。






嫁さんも釣りたがりましたが、あまりの強風で、





エギが前に飛ばないので、






数投で諦め、先を目指します。






奈摩で何箇所か波止を見て、気になった堤防に陣取りました。







南向きの強風ですから、地図上では背中からの風のはずですが、





巻いているのか?





真横の風が吹きつけます。





風の間隙を突いて、嫁さんにヒット。





800g位ですが、後に3杯付いています。





すかさず、パタパタを入れましたが、完全無視。





立っているのが切ないくらいの風となり移動となりました。








夕マヅメ前、南の強風を計算して、風裏になるはず・・・。と、





狙いを付けていた小さな漁港に到着。





案の定、風は弱く、計算通りでしたが、





地元エギンガーや、ヤエン師の方で一杯なのは





計算外でした。





しかし、島の方はみんな親切で、挨拶をすると、





釣況や有望ポイントを親切に教えてくれます。





隣で一緒に、しゃくらせてもらいました。







さすが、離島エギンガーは皆さん上手です。





中でも目を引いたのは、若い女性エギンガーでした。





朝からずっとシャクっているそうで、






足元の敷石際のピンスポットから、





見ているだけで5~6杯キャッチ。






1.5キロオーバーも混じっていました。







ここでは、嫁さん私とも一杯ずつキャッチして






夕マズメを終えました。







日が暮れるとともに、風は強まって、






ナイトエギングは不可能に・・・・。





夕マヅメの漁港で、隣のベテランエギンガーから教わった





若松方面を見に行きましたが、






強風で濁りが入ってしまい駄目でした。






日付が変わる頃、風は15mを越え、





危険な感じに・・・。





連休中のため、空いているホテルもなく、





防波堤際の風裏にじゃいあん号を停め、





後のベッドで、夜をしのぎました。







明け方、地震かと思うほど車が揺れて目覚めました。






風速は20mを越え、土砂降りです。






まるで台風みたいです。






10時オープンの奈良尾温泉センターで凌ごうと、






楽しみに行ってみたら、






今年3月一杯で閉館してしまったとのこと。










ホームページは残っているので、





遠征される方は要注意です。






現在、上五島で日帰り入浴が可能なのは、






ホテル マルゲリータ のみ、とのこと。






奈良尾から30分以上掛けて移動。






無事、温泉に入ることができました。






車内泊で冷えた身体を温め、そのまま昼寝。






15時過ぎ、ようやく雨風が治まってきたので、





再出撃。











風速は28mを記録。





5月の最大降水量を塗り替えるほどの大雨だったそうです。






夕マヅメまで、濁りの少ないポイントを探しましたが、









どこもコーヒー牛乳のような水色です。








最も潮が通すであろう先端の津和崎でさえ、茶濁りしています。








絶望感を覚えながら、半ばヤケクソで、








最初に釣った道路端の波止に入ってみたところ・・・。








薄濁りの敷石際から、ナイスサイズ。






キロタリナーズですが、ようやく写真サイズです。







もうひとつ・・・。






気合と根性でした(笑)








時間の経過と共に大量の雨水が側溝や小川から流入。





水色は悪化し続けます。





日が暮れてからは、





水潮が入っていないポイントはなくなってしまいました。






電灯の付く漁港を廻りましたが、どこもコーヒー牛乳色です。







一晩中、走り廻って、夜明け前、






とある漁港で、海面に25センチくらいの魚群を発見。






よーく見ると、トビウオでした。






時化で港内に逃げて来たのでしょうか?






トビウオに混じって、何かライズしているようなので、





1.2g J-ヘッド + 艶ジャコ を






キャストしてみるとあっさりヒット。






JHを0.6gに落として、表層引きすると入れ喰いになりました。












アジです。






28センチ頭に1時間半で、15匹位。






濁り水の中、活発に捕食しているアジ君に感謝です(笑)







期待の朝マズメは爆風で、釣りにならず。






早々に竿を納め、






五島うどんを食べ、








鯨に乗ってから(爆)





午後便のフェリーで帰宅しました。





悪天候も含めて、上五島の大自然を感じた釣行でした。

AD
いいね!(9)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016-05-06 11:49:49

ゴールデンなGW三釣行 その1

テーマ:エギング&アジング

楽しみにしていた





ゴールデンウィークも終わってしまいました。





皆さんのGWはいかがでしたか?





私は職業柄、夜勤を避けては通れません。






勿論、盆も正月もGWも・・・・。






ところが、今年は4月28日・29日 休み




5月2日~5日 休み





なんともゴールデンなシフトになりました。( ´艸`)







逝くしかないでしょ!




第一弾は松浦アジ&エギ編です。














4月27日(金) 前日まで平戸・松浦は大雨。





小さい潮周りですから、アオリは厳しいと判断。





アルカジック ジャパンの河野くんにTEL.。





アジの近況を聞いてみますが、今のシーズンはアジの産卵後で、





ショアから離れる季節。





決して、イージーではないようです。





丁度、同じタイミングで、出撃予定とのことだったので、





現地合流を約束しました。






22時過ぎ、松浦のアジポイントに到着しましたが、





予想に反して、正面からの強風です。





前日までの雨の影響で、水面にはゴミが浮いており、





風で吹き寄せられ、リリーパッドみたいになっています。






JH単体で開始しましたが、何の反応もなく、移動。







風裏ポイントに入りました。







先行者が居た為、挨拶をすると







快く隣に入れていただけました。







鶏ささみを巻いた餌巻きテーラーで






ケンサキイカを狙っているそうです。






ここでも、JH単体から開始しますが、






ネンブツがアタルのみ・・・・。






他に行くところもなく、そのまま二時間ほど粘りましたが、






ネンブツのアタリが30分に一回位あるのみ、






先行者の方は時折回遊を捕らえ、






ナイスなケンサキを釣り上げています。








そうこうしているうちに河野くん&先輩が合流。






平戸方面に展開したもののノーバイトとのこと、






釣れないと分かっていても






やり続けるのがライトゲーマーの定め・・・・(笑)






私と嫁さん、河野くん&先輩 並んで、アジング続行です。






途中、あまりにも釣れないので、嫁さんが離脱。






エギを投げたら、まぁまぁのトンガリくんが釣れました。





嫁さんは満足して、仮眠。






この一杯がヒントになりました。






先行者が帰られたあと、






河野くんのスプリットショットのワームに引っ張るようなアタリ。





あわせても乗らないので、トンガリくんかも?






ご存知、





河野くんはSLS(ショア・ライト・スッテ)ゲームの提唱者です。






早速、本物のSLSゲームを伝授いただきました。









さすが、提唱者!!





数投であっさりキャッチ。






目の前で掛けられると燃えます。






いつしか真剣モードへ・・・・・。






すると、









来ました。(=⌒▽⌒=)








数は釣れませんが、ビックなサイズです。







本日のパターンは3.5gスプリット+ ミニスッテ を





足元の敷石際でスティ。






根掛かりが半端ありません。






夜が明けるまで、夢中でSLSゲームを堪能。






手持ちのスッテがほぼ無くなりました(笑)











夜明けで、河野くん達と別れ、






エギングにシフトです。






SLSゲーム中に海中を充分に観察したので、






自信があります。






シタビラメやギンポなど底モノが海面まで出てきており、






底荒れしていること、






浅い水深には水潮が発生していること、






潮が走る水道部と深い場所には影響が少ないこと、






しっかり、チェック済みです。






思い浮かぶポイントに直行。







案の定、シャローの藻場絡みには






アジエサのヤエン師・エギンガーが入っていますが、






深い側には誰も居ません。








パタパタQ 3.5寸 濁り潮マスター をキャスト。







カウント40程で着底。






ボトムは潮が走っており、1m程しゃくりあげると、軽くなります。





もう一度同じ場所にキャスト。






カウント35位からラインが入りにくくなります。






ボトムから1m以内で二枚潮があると判断。





50cm程しゃくって、ボトムステイを繰り返しました。






すると・・・・・。









ヤッタゼー!!



( ̄▽+ ̄*)



この条件下なら上々のサイズです。








嫁さんを横に呼んで、レクチャー。







オレンジマーブルのエギに換え、キャスト開始。









すると、やっぱり・・・・・。








俺のよりデカイやん!!


(^_^;)



1400gオーバー。





久々のデカイカにすっかり満足した嫁さんでありました(笑)








ここで、眠気がマックスになってギブアップ。







道の駅で2時間ほど仮眠をとって、






早めの帰宅と、しました。







・・・・・・ゴールデンなGW三釣行 その2 へ、続く。

AD
いいね!(14)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-23 21:02:20

でかイカマガジン 2016

テーマ:掲載誌紹介

このたびの熊本・大分の震災で被災された皆様に



心からお見舞い申し上げます。



また、かけがえのない命を落とされた方、




ご家族様にはお悔やみ申し上げます。






私の住む、佐賀県でも、最大震度5強の揺れを観測。




これだけ震源地から離れていても、戸惑いと恐怖を感じましたから、




被災地の皆様のお気持ちは察するに余りあります。




余震が早く治まって、復興へと向かわれることを願います。








皆様のお気持ちを察し、趣味のブログは




自粛すべきではないかとも考えましたが、




普段どおりの生活に戻って、皆様への応援を続けていくことが、




ベターではないかと思い、ブログ再開を決意いたしました。










あわせて、




九州地方で最大震度7のニュースを知って、




心配をし、連絡を下さった全国の釣り仲間には




心から感謝いたします。







さて、ブログ再開一発目は掲載紙のご案内です。






地球丸ムック でかイカマガジン 2016 です。











P82~P83


でかイカポイント超ガイドのコーナーで九州を担当させて頂きました。















地球丸ムック でかイカマガジン2016 は お近くの釣具店・書店で、






好評発売中です。






DVD付き 1.600円 です。







よろしく


お願いいたします。


(≡^∇^≡)










いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-12 17:50:23

平戸エギング一人旅。途中で挫折(笑)

テーマ:エギング

4月10日準夜勤終了後、




連休を利用して、平戸へエギングへ・・・・。




現在の平戸はいつ春の爆発が起こっても




おかしくない状況ですが、




Xデーがなかなか起こらず。





数釣り状況が続いています。





ただ、外海に近いエリアではポツポツと





デカイカが出始めています。






連休は平戸で・・・。






そう決めたものの、嫁さんとは休みが合わず。





一人旅です。









夜勤終了後、食料・着替えを積んだ、じゃいあん号で出撃。






平戸北部から竿を出します。






下りの中潮 下げ5分。





夜明け過ぎからの上げが期待ですが、






我慢出来ずにパタパタQからスタート。






先行者に挨拶して、入らせて貰いました。





『ケンサキとゲソしか釣れていません。』





とのこと。






老眼の進行に、レンズを合わせ直していただいた





ナイトオレンジは快適そのもの、潮目やベイトも見え、






なにより、エギチェンジがスムーズです(笑)







ボトムから始めましたが、潮が行っていないので、





重たい潮を探して中層を探っていると、





上から25~30カウント位に発見。





すかさずスラックジャークを入れると、





ラインが引っ張られました。






結構引くので、トンガリくんではないと確信しましたが、






デカトンガリくんでした(笑)






同じレンジで一投一杯の連荘。






デカトンガリが連荘する日は





冷たい潮が入ってきていることが多く、






アオリで良い思いをした記憶がありません。





『釣れるうちに釣っておこう。』







夜明けまでに二桁。










パタパタQ 3.5寸が小さく見える位のデカトンガリでした。








夜明けから暫くして上げの潮が動き出してから、







トンガリくんのアタリが途絶えました。






『チャンスかも?』







横風が気になりだしたので、






脚が水中で踏ん張ってくれるパタパタにエギチェンジ。







中層からボトム狙いに変え、数投目。





フォール中に違和感、あわせるとギューン。





今度はアオリのジェット噴射です。








800g弱の♀。





今回の釣行は一人旅です。





ちょっぴり淋しいカンジです。






先行者の方、二人組とお話させていただくと、





とても礼儀正しい好青年です。





色々、お話させていただいていると・・・。







同業者でした(笑)







看護師エギンガーって多いんですよね。





共通の知り合いが居たりと、





浅からぬ、ご縁を感じました。






思わぬ温かい缶コーヒーを差し入れいただいたり、





嬉しい時間でした。








急に風が強まって雨が降り出したので、







ポイント移動。







夜中にカキ殻にラインを取られ痛んだので、






釣具屋さんで、ラインを巻き替えて情報収集。






愛用のバリバス、




シーバスマックスパワー トレーサーが無かったので、






アバニ エギング ミルキー 0.6号 150m。






安心のクオリティーです。







『平戸北西部の方が釣れだしているみたいです。』






北北東の強風を避け、行ってみました。







背中からの強風で、





パタパタノーマルがマグキャストのように飛びます(笑)






ショートジャークでしゃくるとラインが風で巻き上げられるので、





スラックジャークで跳ねあげて、ボトム放置。





しゃくった瞬間、竿がしなりました。









スカリに泳がせ、お仲間を探しましたが、不在。








満潮止まりになって、計測&撮影。






ナント、アオリの表面にバッテン印、スカリの網目が・・・・(爆)






くれぐれも、ちゃんと釣りましたから!!(笑)








1180g ♀




このサイズに付く♂が釣りたいですね。











風は更に強まり、風速10m。






仮眠を取って夜に備えることに・・・・。







夕方、平戸海上ホテルの日帰り温泉に入ってリフレッシュ。





風呂場の壁が水槽になっていて、





アジやイサキ、ウミガメに見られながらの入浴(笑)






600円は格安です。






15時~22時と入館時間が遅いので、






釣り人向きではないですが、オススメです。










天気予報では日没から風が弱まるはずでしたが、






21時過ぎても風が治まりません。






加えて、寒いです。






風裏であろうポイントに移動しても、







風が巻いて、強風です。






22時前、すっかり心が折れ、






佐世保方面に移動。






期待のポイントに入りましたが、ここも強風。






大好物のワケギの酢味噌和えに入れる





チビケンサキを5つ確保して、納竿。







一人旅は途中挫折で終わりました。







アオリ2杯、キロアップ一杯。






デカトンガリ二桁。





チビトンガリ5杯。






クーラーボックスは賑やかになりましたが、






なかなか上手くいきません。






数年ぶりに、デカイカ捕獲キャンペーン発令です。






もうしばらく、ショアエギングに没頭したいと思います。
























いいね!(29)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016-03-30 17:52:18

春イカ出ました。長崎市内エギング。

テーマ:エギング

3月26日(土)緊急入電。



長崎市内某地磯にて、1.9キロが出た。



とのこと。




信頼のおける筋からで、




巨大な姿造りの画像も添えられていたため、




間違いない情報。






逝くしかないっしょ!!




という訳で、





3月28日(月) 準夜勤終わりにそのまま長崎道を走りました。






単独釣行で、地磯は危ないので、勝手知る防波堤へ・・・。





2時半過ぎ開始。





下げ止まり2時間前、潮が行っていると思って、





新しく購入した パタパタ ランガン から、キャストしましたが、





入り過ぎ。





ボトムにスタック気味のため、ノーマルパタパタにチェンジ。





35カウント程で着底。





5回程軽いショートジャークで持ち上げますが、軽いです。






次は潮のヨレにキャスト。






8回程シャクリ上げたところで、重たい流れを発見。





すかさずフォール。




ラインがスッと引かれました。





あわせると、ギューン。





まぁまぁサイズのトンガリくんでした。






同じパターンでトンガリくんを3杯釣ったところで、





エギをパタパタQ 3.5寸 に変え、





300g程のメスアオリがヒット。





ボトム付近で押さえ込みました。





リリース。






暫くの沈黙後、潮が止まり、再び動き出したところで、





パタパタ ノーマル に、戻し、カウント30から潮目を探ります。





エギがグッと潮を噛んだところでフォール。





ラインが引っ張られました。





緩めのドラグがチリチリ。









久しぶりのまぁまぁサイズです。








お持ち帰りする事に・・・・。







アタリが止まったため、シャクリながらスマホでFBをアップしていた時、






悲劇が・・・・。






根掛りしないように、着底&スラックジャークを繰り返しながら、





ボーッと画面操作していると、





タンッ!!



弾くようなアタリ(イカパンチ?)の直後、






ロッドが真っ直ぐになる位にラインが引き込まれました。





とっさにロッドを立てましたが空振り。





勿論、フォーローは入れましたが、それっきり・・・・(泣)





お気に入りのパタパタ ノーマル ブルー夜光 には、









分かりにくいかも知れませんが、





赤いあわびシートの上には、ガッツりと噛み跡が・・・・。







やってしもうた ∑(-x-;)






その後、反応は無く、潮も止まってしまい。






ゲームオーバー。










一度帰宅して、夕方まで泥のように眠り、






嫁さんが帰宅するのを待って、再度出撃です。







今夜は地元ヤマジュンさんも誘って






昨夜獲り損ねたデカ物を狙います。







21時過ぎ、昨夜の波止に着きましたが、






電気浮きが浮いてます(泣)







狭い波止に3本も仕掛けが出ているので、入れません。






泣く泣く、別のポイントへ・・・・。






22時過ぎ、ヤマジュンさんが合流。






墨跡も少なく、小さいモノやまるぽんのモノが多いので、





移動を考え始めた、満潮直前。





推定1.5キロ~2.0キロのアオリの群れが





水面直下を悠々と港内に向かって入って行きます。






見えているだけで、7杯~8杯。





いや、それ以上です。






興奮して、エギを入れますが、





一瞬、反応するもののスゥーとバックしやがります。







どうやら、電灯周りに溜まっている豆鯵を捕食しているようです。







現れては無視されるを繰り返し、潮止まりで見切ることに・・・・。






地元ヤマジュンさんに





同じ水域で、シャーローのカバーが絡むポイントをリクエスト。





動き始めのワンチャンスを、ガイドして貰いました。






ところが、デカイカの群れを見て、






スイッチが入ったヤマジュンガイドさんは





到着するや否や、我々を置いて、一目散にポイントに・・・。





追いついて、数投目、ポイント説明しながら、





フルパワーフッキング。





ドラグがジーィー!!







『ギャフお願いします。』









ナイスガイド!!




って、言うか釣らせて下さいよ!!(笑)







1.3キロ越えのデカイカでした。










その後、居なくなったと思ったら、






『ギャフいいですか?』





『ここもポイントなんです。』






だから、




釣らせて下さいって!!(爆)





何故か、私と嫁さんにはミミイカ(ミッキーマウス)しか釣れません。






ヤマジュンさんの一人舞台を堪能したあと、






翌日、仕事のヤマジュンさんとお別れして、






昨夜のポイントに戻ったら、電気浮きが無くなっていたので、






期待を込めて、入りましたが、





潮が行かず。










ようやくヒットしたと思ったら、





トンガリくん(泣)








その後、仮眠して、朝一から昼前まで、







ランガンしましたが、







ノーカンジ。









なかなか


上手く


いきませんなぁ・・・(^o^;)




とりあえず、春イカ開幕したようです。








ヤマジュンさんへ・・・



奥様の手作り天ムスの差し入れ、ありがとうございました。



とっても美味しかったです。(-^□^-)




次回ガイドの際は是非、釣らせて下さい(爆)


































いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-15 17:26:28

平戸シーバス&ツツイカエギング

テーマ:エギング&アジング

3月14日(月) 夕食後、





最近釣りに行けていない嫁さんと一緒に





平戸方面を目指しました。





途中、気になるポイントをチェックしてから、平戸大橋を渡り、





目当ての漁港到着時刻は23時半を廻っていました。





狙いはアジ&アオリイカ。






満潮潮止まりに近いので、





急いで電灯下のポイントに入りました。






ナイトオレンジ越しに海面を覗くと、





10センチ程のイワシがウヨウヨです。





アジは見えません。






変わりに辺り一面でシーバスがボイル中。






ガボッ!! ジャバッ!!




シーバスの捕食音が響いています。







無視して、エギをキャストしてみましたが、






エギをピックアップしようとすると追っかけてきます。






危ないので駆除です(笑)







急いで車に戻り、筑後川シーバス用のルアーをセット。






選んだのは、スカジットさんの、





スライドベイトヘビーワン(ゴールドレインボー)





9.0センチ 20g のシンキングペンシルです。





メタルジグ並みに飛び、足元まできっちりと引けます。





また捕食しているイワシとほぼ同じサイズです。






ボイルしている方向にキャスト。





水面直下を引いて来ると下からひったくるようにヒット!!












70センチクラスのまぁまぁサイズ。





ルアーと同じサイズのイワシを吐き出しました。









同じパターンで。もう一匹。











今度は一回り大きな80サイズです。





流れに付いてイワシを捕食している個体ですから、





よく引きます。





まだまだデカイのがウヨウヨいますが、






エギングタックルで、PE0.6号なので、





獲れそうにありません。







下げ潮が効きはじめるタイミングで、






シャロー側のブレイクに移動。






アオリイカ狙いのエギングに変更です。






風が強いので、4.0寸 アオリQからキャスト。







ボトムまでカウントを取りますが、





10カウント程で沈まなくなりました。






アレッ?






しゃくってみると、ドスン。





重量感のある引きにアオリイカかと思いましたが、






胴長 50センチはあろうかと思われる巨大なヤリイカ。






エギをパタパタに変えると連発です。





中にはこんなサイズのケンサキイカも・・・・











左上は嫁さんの指です(笑)









嫁さんも久しぶりのエギングでナイスサイズのトンガリくんを堪能。






ヤリ・ケンサキ・スルメが交互に掛かります。






平戸トンガリ祭 です(笑)











上のエギはパタパタの3.5寸ですから、中々のサイズです。










3時過ぎから、仮眠。






夜明けのチャンスに賭けましたが、






トンガリくんのみ。







晩飯用のお刺身は充分確保できたので、







早めの納竿としました。






いいね!(30)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-03-14 00:28:35

釣れたなり!! 筑後川シーバス

テーマ:シーバス

私の住む、佐賀県みやき町は




筑紫次郎の名で有名な大河 筑後川流域の町です。




筑後川で釣れるシーバスはタイリクスズキと言われる種で、




メーターオーバー・10キロオーバーの、





巨大なサイズに成長します。





私も過去に・・・・















こんなサイズを釣っています。






究極は・・・・







115センチオーバー 15キロ のスーパーサイズ!!








毎年、今年こそは・・・・。






と、意気込むのですが、






そうやすやすと、モンスターサイズが釣れるはずもなく





いつの間にかフェードアウトしてしまいます。







今年こそは・・・・。





自分を追い込むため、思い切ってロッドを新調しました。






ヤマガブランクスの




バリスティック TZ NANO 96MMH 





諭吉さんが5枚オーバーの高級ロッドです。






また、愛用のナイトオレンジ(働き盛り仕様)も、






老眼の進行のため、レンズを入れ替えていただきました。






更にはZPI社の新作ハンドル 





ソルティーバ パワーゲーム も、導入。






気合と根性で通いこむつもりです。








3月9日(水) 仕事から帰り、急いで晩飯。





釣友 古賀一矢さんを誘って、いつものポイントへ・・・・。






春の大潮。





一気に潮が上がりますから、時合いは短いはず。






20時頃、ロッドがひったくられ、ドラグが出ましたが





ボラのスレ・・・(泣)





暫くして、一矢さんにヒットしましたが、





ニゴイ・・・・(笑)






諦めかけた21時過ぎ、






水面がなんとなくザワザワした感じになったので、







ルアーをバイブレーションから、





シンキングペンシル(ハマズ ロケッツ110)へ、チェンジ。





水面下1m位をスローに引いていると、






ごんっ!!



首を振っているような感じがしますが、





ボラの尻尾に掛かったのだろうと強引に寄せて来ると、






ナイトオレンジ越しにはナイスシーバスが・・・・。






一矢さんのタモ入れで無事キャッチ。











80とはいきませんが、中々のプロポーションです。










自宅から10分圏内の筑後川。





地の利を活かして、









今年こそメーターオーバーを!!










夕食後のお散歩フィッシングは暫く続きそうです。



いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-09 18:25:08

お久しぶりのショアエギング

テーマ:エギング

フェイスブックをご覧の皆様はご存知かと思いますが、



先々週、ZPI社の動画撮影取材に同行。



タフコンデションの中、マメながら一杯を搾り出すことに成功。



アジングにハマリ過ぎて、しゃくりのリズムがおかしくなってました(笑)



軽いアジングロッドに慣れてしまい、



PMからは、手首がおかしくなってしまいました。




これはまずい・・・・(焦)




3月7日(月) 夕方、思い立って、一人で平戸方面へ・・・。




アジ修行ならぬ、エギ修行です。




どこに行こうか? 迷いましたが、





田中松ちゃんにTEL。




生月大橋を渡りました。




夕マズメの到着を目指していましたが、




夕方のプチラッシュに意外と到着が遅れ、




アタリは真っ暗になっています。





ナイトオレンジ越しに潮目を探します。




上げ潮が堤防に当たって、反転している流れを発見。





アオリQ RS をキャスト。




強い流れの中を探るのに、




ノーマルタイプの中では重たいRSは使い易いエギの一つです。




が、中潮~大潮へ変わる今夜の潮周りにしては、




潮の押しが弱いようです。





流れに対してエギが入り過ぎるので、




少しだけ軽い アオリQ エース にチェンジ。





一通りボトム付近を探ったあと、中層に重たい流れを発見。





次のキャストで、上から20カウント位沈めたあと、




ショートピッチで4回しゃくったところで、エギが流れから抜けました。




フォール中に違和感、次のシャクリでドスン!!








ピンボケで申し訳ないですσ(^_^;)



カンナが眼と眼の間、眉間? に、掛かっていましたから、




コンディションは悪くないと判断。





二杯目を狙いましたが、その後、反応はなく、潮止まりになりました。







下げ潮に変わって、ベイトッ気もなくなり、ノーカンジになったため、





近くのツツイカ狙いの餌釣り師に尋ねてみましたが、





殆ど釣れていないとのこと。






場所移動。






電灯周りで、SLS(ショアライトスッテ)をしようと、




釣り場を探しますが、潮の通す電灯周りは、




平日というのに、人だらけです。




仕方なく、車で仮眠。





3時過ぎ、上げの潮が効きはじめるタイミングで、




最初のポイントに戻りました。




が、大潮に変わったはずなのに、潮が行きません。




かろうじて、発生したヨレの中層で、




良型のケンサキを3杯釣ったところで夜明け。




明るくなって気づきましたが、水質が非常に悪いです。









生月島を見切って、





平戸本島北部にパラダイスを求めましたが、







無反応(-。-;)






襲い来る睡魔に負けて、納竿。






尻つぼみなカンジになってしまいましたが、





流れを読んで、





タイミングを合わせるエギングも楽しいなぁ。(*^o^*)





今春は、地元、筑後川シーバスとあわせ、





エギングに力を入れてみるつもりです。





いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-24 07:45:00

初挑戦 SLS(ショアライトスッテ)

テーマ:エギング

最近、フェイスブックを見ていて、





とても気になった釣りがあります。





古い知人でもある、アルカジックジャパンの河野くんが





上げていた SLS(ショアライトスッテ)ゲームです。





北部九州は只今、ヤリイカ・ケンサキイカ・スルメイカなど





ツツイカ類が接岸中で、





こいつらが回遊してくると、アジが釣れません。




今までは、キャロ用のアジングタックルに、




PE 0.3~0.4号で、




2.5~3.0号のエギをしゃくって釣ったりしていましたが、





風に弱く、出来る日が限られていました。






非常に気になったので、本人へTEL。





色々と教えて貰いました。






普段、アジングで使っている 




M-キャロやフリーシンカー仕掛けのワームを




小型スッテに変えるだけとのこと。お手軽なカンジです。






早速、出撃してきました。






2月23日(火) 0時過ぎ、準夜勤終わりに嫁さんと呼子方面へ・・・。





大潮の下げ止まり近くで、良いタイミングとは言えませんが、





ほぼ無風、しとしとと冷たい雨が降っています。






M-キャロ 7.0S + オッパイスッテの嫁さん。






フリーシンカー 6.0g仕様 + DUEL E-Z スリムの私。






嫁さんは上から探り、私はボトムから探り始めましたが、






嫁さんがあっさりキャッチ。





どうやら表層~中層に居るようです。





私は、ボトム付近でヒット!!





まるぽん(コウイカ)です。







動かし方はアジングとほぼ一緒。





フォール時はロッドをサビいて、テンションを入れたままにします。





スッテに浮力があるので、絡みやすいからです。






時間の経過と共に潮がどんどん下がっていくので、





深いポイントに移動。






上から15カウントで、ヒット!!











試行錯誤して釣った一杯は格別です。





アタリはモゾッとしたカンジで、





あわせると少しだけ重たくなってヒットしたことが分かります。








キャロのアジングより、リーダーが絡みやすいですが、





ラインテンションを極力抜かないこと、当て潮を釣らないこと、






リーダーを短めにすることである程度防げるようです。





ライトエギングよりはるかに飛びますし、





フォールも早いので手返しが良く、スピーディーです。





風にも強いと思われます。






しかし、沈降姿勢はエギの方がはるかに良いので、






アジングでいう、JH単体の釣りがライトエギング。




キャロの釣りが、SLS。





使い分けることが効果的だと思います。










短時間の釣りでしたが、新しい釣りは刺激的で楽しいですね。










参考までに当日のタックルを・・・・。






ティクト スラム TCR-70S 



+ シマノ ソアレ30 2000HGS + ソルティーバライト88ミリ




バリバス アバニライトゲームPE 0.3号 



+ 中リーダー フロロ1.7号  + リーダー フロロ1.2号







ABU エラディケーター アジングカスタム 72MH-TKR


+ シマノ 10ステラ C2500HGS + ソルティーバライト88ミリ




バリバス アジングマスター DC-PE VIVID 0.3号



+ 中リーダー フロロ1.7号 + リーダー フロロ1.0号





スッテ ヤマリア オッパイスッテ2.5寸


     DUEL EーZ スリム






ツツイカシーズンも残りわずか。




マスターできるまで、やり込んでみるつもりです。(-^□^-)





















いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。