このたび、九州のエギングスタッフブログよりアメブロに引っ越すことになりました。

皆様よろしくおねがいいたします。m(_ _ )m

 なお、以前の記事は九州のエギング 内でご覧いただけます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-17 19:57:34

キャロアジング修行。

テーマ:アジング

前回のアジ修行から1W・・・・。


お盆明けの8月16日。





地元のシーバスチーム SALT の吉岡リーダーを





お誘いしてのアジ修行です。





前回触れた真夏の高水温期の定番ポイント。





河口部・瀬戸付近ですが、今回は瀬戸です。





大潮前の中潮。





瀬戸の急流にはナイスアジが回遊してくれるはず。





明るいうちにポイント到着。




初めての場所だけにワクワクです。




吉岡リーダーはM-キャロ。



私はヘビーJH & スプリット で、開始。




開始早々にチャリコをヒットさせた私ですが、




その後は吉岡リーダーのM-キャロの独壇場です。





超遠投して中層をカーブフォールさせる





テクニカルな釣りで連発。






なんとか自分の釣りで



初めてのポイントを攻略したかったのですが、






10対0 位で、断念。




吉岡リーダーの釣りを教えて貰いました。




すると、あっさり連発。




どうしても、自分のスタイルで釣りたいので、





M-キャロから、




アルカジックジャパンのフリーシンカーにチェンジ。





浮力体を入れないシンカー9ヶバージョンで、釣りました。









まずまずのサイズが30匹。





吉岡リーダーは50匹。




汁ワームには勝てず・・・・。





あらためて汁系ワームの破壊力を実感させられました。






レンジをきっちり合わせて、カラーがハマラないと




ショートバイトしか来ない普通のワームに比べ、




合わせなくても飲み込んでくる汁系ワーム・・・。




誰か汁ワームに釣り勝つ方法を教えてください(笑)





四時過ぎ、シーバスボイルの炸裂音と共に




アジのアタリが無くなり、




スコールのような大雨で納竿と、しました。







本日のハンドルは





ZPI社 ソルティーバライトロング。





88ミリのトルクが重たいキャロの釣りを楽にしてくれます。









コチラのシーファンネル フロート 51.5ミリ も、気になります。




次回釣行には持って行きたいところです。






























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-17 19:07:26

夏アジ真っ盛りです。

テーマ:アジング

北部九州は連日36℃オーバーが続いています。



暑いですねぇ。



夏生まれの私ですが、7月半ば位から若干体調を崩し、




釣行回数がめっきり減っておりました。




夜勤終わりの涼しい時間帯に夏アジを求めて、




何度か平戸・松浦方面に出掛けましたが、




マメ祭りでした。






お盆前に体調が戻り、





フレンズ号でのデイイカメタル釣行を皮切りに





再び出撃を開始しました。





ここに来て、暑さはピーク。





平戸沖で海水温は30℃オーバー。





呼子沖に至っては、31℃オーバーだとか・・・・。





高水温期のアジングは、水量の多い河口付近や





潮が早い瀬戸付近のポイントが定番です。





そこで狙いを付けたのが、佐賀県呼子エリア。





瀬戸に近く、流入河川もあります。





今の時期、クルクルイワシと呼ばれる





ガラクトソマム寄生虫に感染したイワシが





集まりやすいのも特徴です。





ガラクトソマムは人間には感染しないので、安心です。





8月8日深夜、河口付近の浮き桟橋、





いつものポイントに、アジ修行仲間 弓削さんと釣行。








狙い通りに、JH単体でナイスサイズ。






ZPI社の新製品 アジングハンドル シーファンネル Jig Tan が、






良い仕事をしてくれました。





超軽量・超高感度の Jig Tan は、シマノ用でこんな感じ。







たったの12gです。









ちなみにダイワ用なら11gだそうです。






純正シングルハンドルです。





シーファンネル Jig Tanの軽さがお分かりいただけるかと思います。








翌日も・・・・。








0.6g JH単体での釣果です。





サバ仔混じりですがボチボチです。





1.0g以下のJH単体での繊細な釣りに最適です。





ちなみに、この日の使用ワームは・・・・。







クレイジーオーシャンさんの海毛虫でした。






暑い日中を避け、夜のお出かけは、暫く続きそうです。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-19 20:26:03

フレンズ号 ディイカメタル釣行

テーマ:オフショア

北部九州は梅雨明け宣言が出ました。



ようやく梅雨が明け、



楽しみにしていた季節の到来です。




夏生まれの私は、暑いケド、夏が大好きです。




夏といえば、夜焚きイカのシーズンですが、




敢えて、デイゲームに、こだわりたい。




近年、北部九州の遊漁船では、




デイイカメタルをする船が増えつつあります。




集魚灯を焚いて、




入れ掛かりを楽しむ夜焚きゲームも楽しいのですが、




一杯一杯、掛けにいく、デイゲームのゲーム性が大好きです。





7月18日(月) 海の日 椋露地さん達のグループに、




職場の後輩 刀根くん&嫁さんで混ぜてもらいました。




AM5時前、フレンズ号の港に到着。




嬉しいサプライズがありました。




釣り道具を降ろしているお客さんの中に、




どこかで見たお方が・・・。






クレイジーオーシャンの太田さんです。




フィッシングショーでお会いして以来です。




挨拶を済ませ、フレンズ号に乗り込みました。




一時間半後、ポイント到着。




手持ちのオーシャンナイト2 20号をリグって一投目。




着底したスッテを少し持ち上げた瞬間、




ヴィオレンテVLE 71TR-UL-S のティップが跳ねました。




軽くあわせるとズシン。




ゆっくり巻き上げると、途中でダブルになりました。







いきなりのヒット!!






これを皮切りに船内が賑やかに・・・・。






本日は昇りの中潮。





ケンサキの活性はすこぶる良いです。












吉永さん、小寺さん、椋露地さんもいいカンジで連発です。










一杯目を掛けられず、苦戦していた刀根くんも




太田さんからオーシャンナイト2 20号をお借りして、連発。










嫁さんもパラソル級を釣ってニンマリです。





江口船長の計らいで、





太田さんの近くに釣り座を構えさせて貰ったので、





スッテのローテーション、潮が行く時の釣り、行かない時の釣り。




など、しっかり勉強させて頂きます。










さすがの太田さんです。




デイゲームは釣れる時間、釣れない時間があり、




シブいときにどう掛けていくか? の、ゲームですが、




刻一刻と変わる状況に見事にアジャスト。





見事な竿さばきで、次々と掛けていかれます。






非常に勉強になります。






太田さんに刺激を受け、私も絶好調。













オーシャンナイト2 をお借りして、




カラーローテーションで、





連発・連発。






気が付けば沖上がりの時間に・・・・。







船中300杯オーバー。






じゃいあん夫婦だけで、80杯オーバーの釣果です。






パラソル級も混じって大満足。









太田さんへ・・・・





楽しい一日をありがとうございました。(*^▽^*)






大変、勉強になりました。





また、ご一緒させてください。























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-13 22:44:11

シーファンネル JIG-TAN 見参!! 呼子アジング。

テーマ:アジング

ZPI社より、待望の荷物が着弾。



7月発売の シーファンネル JIG-TAN です。




藤原プロ監修のライトゲーム専用モデルで、




超軽量・超高感度が特徴のジグ単専用モデルです。




ハンドル重量はダイワ用で、驚きの11g!!






早速、14ステラに装着。







シーファンネル専用に開発された



ハイスペック キャップインフラットノブS は、



従来のキャップインフラットノブSに、滑らないコーティングを施し、



アジのヌルや水で濡れても滑りにくく、快適です。



肌触りが抜群です(笑)





トラウト用に開発されたファンネルの進化版といったところです。



ファンネル42.5ミリ + キャップインフラットノブS



ファンネル42.5ミリ + アルミノブアバロン 





 を、愛用してきた私は




シーファンネルがどれほど進化を遂げているか?




が、楽しみです。







7月11日(月) 準夜勤終わりに、いつものポイントで、



試してみることに・・・・。





2時前、修行仲間の弓削さんと合流。




1時間ほど、先行している弓削さんですが、




今期、初アジングということで、





まだアジを見つけられていないようです。





本日は小潮。




潮があまり動かないようなので、




水道部の潮が当たるポイントを選択。





1.2g Jーヘッド + アジマスト からキャスト。




42.5ミリから39ミリのシーファンネルJIG-TANに




変えた効果は抜群。




リーリングするハンドルを通して、




ワームが潮目に入った感触が鮮明です。





僅かな違和感を感じ、軽くフォール。





ゆっくりとサビくと、タンッ!!




吸い込みバイト。





軽く手首を返すと、ドラグがジーィ!!





一投目からヒットです。






マメアジ一つの弓削さんを隣に呼んで、レクチャー開始。





弓削さんも、すかさずヒット。





居る場所と狙う層を伝えると、





バスマンだけに釣るのは上手いです。





潮が行き出すと、1.2g。




潮が緩むと1.0g。




止まってしまうと0.8g。




または、3.0gヘビージグ単でのリアクション。






ジグヘッドの重量を変え、小さなハニースポットを攻略。





夜明け直前、小移動して




ナイスサイズのポイントを見つけましたが、




漁師さんの出勤によって終了。









弓削さんの釣果です。





今期、初アジングながら、苦手な中層の釣りを朝まで通して、




9匹。










私はシーファンネル JIG-TAN 効果が大きく、




23匹。





今回のタックルは





1.2g以下の軽いJHでは・・・・




竿 TICT 61 ワンレジェンド 


リール 14ステラ + シーファンネルJIG-TAN


ライン アジングマスター エステル 0.2号 +フロロ0.8号






3.0gヘビージグ単には・・・




竿 ブラックスターTZ S69-S 


リール 10ステラ + ファンネル42.5ミリ + アルミノブアバロン


ライン アジングマスター エステル 0.4号 +フロロ1.0号




でした。






軽いJHでは感度最優先のシーファンネル。




重めのJHでは感度+トルク の、ファンネル42.5ミリ。




の使い分けが良かったです。











従来、Wハンドルのソルティーバライトを使用していた





キャロやスプリットの釣りで、





シーファンネルFLOAT を、試してみたいところです。



















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-05 09:25:37

二度目の呼子方面梅雨アジ

テーマ:アジング

7月に入りました。



7月4日(月)



先週に続き、今週も準夜勤後にアジ修行。




嫁さんは体調不良のため、お休みです。




今夜は大潮。





潮周りは良いのですが、





深夜2時前後は干潮潮止まり近い時間帯。





『まだ、居るかな?』





先週釣れた漁港に直行しました。






先週は小潮、今夜は大潮。





前回釣った水道部より湾奥側から見て廻ります。





案の定、ナイトオレンジ越しに





ワンド状の地形から水道部に向け潮目の筋を発見。





潮目が岸に寄り、湾曲している部分に釣り座を構えました。





アルカジック社ジャックアッパー1.0g 




+ アジアダー Gオキアミパワー




から、キャスト。






表層でマメがヒット。





立て続けにヒットしたのはサバの仔です。






ジャックアッパー1.5gに変更、ボトム付近を探ると





24~25センチクラスが連発です。





サバ仔の猛攻が続く時にはボトム付近で




ワームを出来るだけ静かに動かし、




吸い込みアタリのみを拾いますが、




それでも掛かってしまいます。





フックサイズを8番から6番に上げるとフックアップせず、





アジだけが拾えるようになりました。






潮止まりを挟んで、夜明けまでの三時間。





ジャックアッパーの1.0g、1.5g&自作のJ-ヘッド1.2gを





潮の流れでローテーションさせて、




一人修行が続きました。






先週よりサイズアップした感じです。





25匹で終了。





同じくらいサバ仔がヒットしました(笑)







本日のタックルです。




上、1.5gジグ単用


竿 ゼスタ ブラックスターTZ S69-S


リール ダイワ イグジスト2004 +ZPI ソルティーバライト


ライン バリバス アジングマスター エステル0.3号


    +フロロ1.0号



下、1.0g・1.2gジグ単用


竿 アレス ドリームス 夢鯵スペシャル 606ーS


リール シマノ カーディフCI4+C2000S + ZPI ファンネル42.5ミリ 


     +キャップインフラットノブS


ライン バリバス アジングマスター エステル0.3号


     + フロロ1.0号






















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-06-29 07:36:43

2016 梅雨アジはじめました。

テーマ:アジング

前回、春イカラストエギングを終え、




楽しみにしていた梅雨アジ狙いにシフトです。





昨年はクルクルイワシフィーバーで、





イージーに良型アジが釣れましたが、





今年は今のところ、良い情報はありません。






情報がない内に自分で探すのも楽しいものです。






6月27日(月) 準夜勤後、





嫁さんと二人で、呼子方面へ出撃しました。







久しぶりのアジ修行にワクワクしながら、






ポイント到着したのは午前2時前。






夜明けまでに3時間ほどしかありません。






昨年良かったポイントは先行者が居ますが、






サイズが小さく、数も少ないようです。






本日は小潮周り。






少しでも潮が動く地形を求めて、小移動。





港内が狭まって水道様になったポイントが





気になって、釣り座を構えました。





ナイトオレンジ越しに海中を観察。





水道部で狭まった地形のおかげで、





潮が動いています。





3ミリ程の小魚がキラキラとしていて、





水面直下で時折、ボイルが起こります。






1.2g J-ヘッド + アジアダー 





グローメロンソーダをキャスト。





水面直下から始めるとアタリ。





1.0gに落としたら連発です。






サイズは24~25センチ位ですが、






今の時期なら充分です。






5m程離れたところでキャストする嫁さんにはアタリなし。






場所を交代すると嫁さんが連発。





どうやら、釣れるポイントが狭いようです。






ナイトオレンジ越しによーく見ると、






私の立っているポイントは潮のアタリ方が良く、





潮が反転しています。






二人並んでキャスト。






久しぶりの連発を堪能します。






梅雨時期の濁りを考慮して、





ワームカラーをソリッド系にしたりと試しましたが、





本日のアジ君は光を通す





クリア系のグローカラーがお好きなようです。





グローオキアミカラーやグローオールスターなどに





良く反応します。






1.0gJ-ヘッド 以外に、





4Bのショートスプリットでも好反応でした。







潮止まりを挟んで、動き出しに再び連発。






2時間半ほどで薄明るくなり、





アタリがピタリと止んだため納竿としました。







30匹強。





短時間釣行にしてはまずまずです。






これから、数・型とも狙える季節です。












本日のタックル


上.


竿 ティクトUTR-61 ワンレジェンド


リール シマノ カーディフCI4+ C2000SS


ハンドル ZPI ファンネル42.5ミリ + フラッットノブS


ライン バリバス アジングマスター エステル0.2号



 +フロロ0.6号




下.


竿 ゼスタ ブラックスター ソリッドTZ S69S


リール シマノ ステラ C2000


ハンドル ZPI ソルティーバライト


ライン アジングマスター ダブルクロス-PE 0.2号



+ フロロ3ポンド














いよいよ7月にはZPI社より





アジングハンドル シーファンネルが発売となります。









ジグタン39.0mmモデルには




フラットノブSが更に進化したノブが搭載されます。






またフロート51.5mmはパワーアジングに適した巻きトルクがあり、





離島のデカアジ対応です。







楽しみです。


(-^□^-)




































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-28 08:27:51

2016春イカ ラストエギング

テーマ:エギング

大幅に遅れ、爆発もなかった




北部九州の2016シーズンの春イカ。




梅雨入りしてもダラダラと釣れ続けています。




そろそろ梅雨アジのシーズンに入ってきました。





最後にスカッと釣って、終わりよければ・・・・。





に、したいところです。







6月20日(月) 準夜勤終了後、





後輩 竹野くん&嫁さんで、平戸島を目指しました。






天気予報では午前中から大雨とのこと、





夜明けから午前中が勝負です。





優秀の美を飾るべく、





ポイント選択をいつになく悩みましたが、






例年、梅雨時期以降に好調になる某岸壁へ・・・。





周囲に流入河川が無く、潮通しも良いので、





今の時期は期待が持てます。






が、先行者あり。







挨拶して入れて貰いましたが、





メインポイントには入れず。








一気に最南端まで移動。








大潮 干潮からの上げはじめ、朝マヅメ直前。







大いに期待しましたが、






一番狙いたいポイントにブイが入り、






斜めにロープが入っています。






仕方なく、外からの潮が直接当たる堤防の





足下の敷石を狙い





パタパタをチョイ投げからカーブフォール&ボトムステイ。





モゾッ!!






ティップが押さえ込まれました。











小さいですが、







イメージ通りに釣れた嬉しい一杯です。










その後は続かず、人気のポイントだけに、






夜明けと共に釣り人が一気に増えたので、





ポイント移動。






北上しながら、ランガンです。






二箇所目で、しゃくり上げたシャロータイプのエギにヒット。






三箇所目、まだヒットしていない竹野くんに





シャロータイプのエギを貸して、様子をみていると・・・。







釣りよりました(=⌒▽⌒=)





勢い付いて連発。





今の時期、立ち上がった藻と海面の間をゆっくり誘える





1mを6秒以上でゆっくり沈むエギは重宝します。






竹野くんが連発したポイントへ、






まだ釣れていない嫁さんを連れて入り、





アマモの林にシャローエギをキャストさせますが、





カンナがアマモを拾い、上手くいきません。






レクチャーしているうちに自分が連発(笑)






天気予報に反して、大粒の雨が降り出し、





更に風も強まってきて焦りましたが、





ギリギリで嫁さんにもヒット。




全員安打で、納竿としました。








翌日の時化で、フレンズ号のボートエギングが





早々と中止になったため、これがラストエギングになりました。






これといったデカイカを





釣ることが出来なかったシーズンでしたが、





数年ぶりにショアエギングで離島遠征したり、




平戸に泊り込んだり、





長崎の沖磯で途方に暮れたり・・・。





楽しいシーズンでした。





来年こそはショアからの自己記録





2950gを越すサイズを仕留めたいですね。








ショアは梅雨アジ&ショア根魚にシフト。





ボートからはイカメタルシーズンに移ります。


















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-07 23:35:35

肥前鷹島 拓志丸 船上女子会

テーマ:エギング

ちょっと油断しているうちに6月になってしまいました。




GW明けはショアエギングに熱中してましたが、




なかなか2キロに到着せず、




フェイスブックでの報告だけでブログ更新をさぼっておりました。






申し訳ないっす(^_^;)



久しぶりの更新はボートエギングです。






同じ職場(病院)のナース 鶴ちゃん&ブッチーのナースエギンガーと、






嫁さんの3人が、肥前鷹島 遊漁船 拓志丸 で、





船上女子会をするとのこと。





保護者&お土産確保係で同船です。






当ブログを昔から




ご覧の皆さんはご存知かも知れませんが、




鶴ちゃんは、弓削ちゃん&じゃいあんのDVDにも出演歴のある




エギンガーです。





ブッチーはフカセ釣りもこなす磯釣り師です。





6月6日(月) 梅雨入り翌日。




心配された雨もなんとか上がり、7時前、





女子会ですから、お菓子持参で、ゆるいカンジで出船。






大潮とあって潮が走っています。





拓志丸さんはポイントにアンカーを降ろし、





ボートを固定してキャスティングで狙うスタイルです。





3人にアンカーの反対側(船首)に並んで貰い、






アンカーの対角線を狙うよう指示、





私はアンカーの横で、当て潮で狙います。






1.5キロクラスを釣って、女子の活性を上げたところ、





鶴ちゃんのスイッチが入りました。






キロタリナーズの一杯目を釣ったあと、





いきなりドラグを鳴らします。




自己記録の1.0キロオーバーを狙うと宣言していましたが・・・・。








2.2キロ!!。(;°皿°)



やっちゃってます(笑)









その後、大潮で潮が走り過ぎで、





アンカーを降ろすスタイルではエギが入らなくなりました。





ワンドのシャローに移動。






ランガンで数を稼ぎます。








型は出ませんでしたが、








無事全員安打を達成。


(*´Д`)=з




大船長・・・


ありがとうございます。(#⌒∇⌒#)












全部で17杯。




キロアップが4つ。





二キロアップが1つ。






女子会の釣果としては、上出来です。






最後に女子達と大船長の記念写真。








ピントがあっていないのは



私の嫉妬のせいです(爆)




今が最盛期の鷹島ボートエギングですが、





6月は平日でも予約満杯だそうです。





大幅に遅れた、春イカシーズンでしたから、





7月に入っても行けそうなカンジです。






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-05-07 22:06:46

ゴールデンなGW三釣行 その3

テーマ:エギング

悪天候の上五島から戻って、片付けもせず、爆睡。




ふと目を開けたら、3時半。





急いで飛び起き、そのまま出発。





5月5日 連休最終日は、







長崎の釣友 山下さんと、沖磯に渡る予定です。






数日前、4.0キロが上がったとの情報があり、






ワクワク感マックスです。






五時半、市内の漁港に到着。





目の前の桟橋から、瀬渡し船に乗り換えました。






上がったのはこんな磯。






目の前にはホンダワラの藻場が広がっています。




上がったときは満潮で、小さかった磯が、






潮が引くに従って広くなっていきます。






水色はイマイチ。





白く濁って、水潮のようです。







ワクワクしながら、キャストを繰り返しますが、





ボトム付近をネチネチやってみても、





無反応です。









ためしにしゃくり上げてみたら・・・・。








こんなサイズで


ボーズ回避できました(爆)





フルキャストすると届きそうな距離には






マイボート派のエギンガーや、





ボート ヤエン の船が数隻浮かんでいて、






アジエサにはナイスサイズがヒットしています。







が、磯からは・・・・。






山下さん、私とも秋イカよりも小さな超マメサイズの連発です。





他の磯に渡ったエギンガーの方々が早々に見切りを付けたようで、





約束の時間より遥かに早く、お迎えがきました。





磯代わり出来ると思って喜んで乗ったら、






そのまま、桟橋へ・・・・(笑)







まぁ、粘っても結果は同じだったと思います。






納得いかず、そのまま山下さんとショアをランガンしましたが・・・。






夕方まで、頑張ってノーバイト。






残念な感じで、最終日を終えました。








クソー!!



また逝ってやるぅ~(`×´)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-07 21:40:14

ゴールデンなGW三釣行 その2

テーマ:エギング&アジング

5月1日の準夜勤終了後、嫁さんと出発。





GW三釣行 第二弾 は、上五島遠征エギングです。





5月2日の夕方から荒れはじめ、





翌日は夕方まで釣りにならない予報ですが、





2日の昼からと、





3日の夕方から4日の午前中一杯に賭け強行です。






心配なので、念のため、





1日の朝マヅメは平戸でアオリを釣っておきたいところです。






3時過ぎ、平戸に到着。






入りたかった外向きは人だらけです。





仕方なく、港の入り口、上げの潮が入る流れを





当てで、狙います。






アオリQ 4.0寸 をフルキャスト。





ラインをサビキながらフォール。





着底後、4~5回ショートジャークで持ち上げ、






再び、サビキながら落とします。






三投目、ラインがスッと引かれました。






すかさずあわせると、






どんっ!!




600gクラスのチビでしたが、





確保に成功です。










その後、アタリが続かないため、






いつものポイントに移動。






嫁さんがシャローのロープ際で






トンガリくんを三連発したところで、夜明け。






満潮のタイミングで、ドシャローに移動。






藻の際をスーパーシャロータイプのエギで






テンポ良く探り、400gクラスを2杯捕獲。






速攻で、アオリ3杯&トンガリくん3杯を確保してから、





上五島行きのフェリーが出る佐世保港に移動。





朝食を摂ってから、フェリーありかわに乗り込みました。






上五島 有川港到着は12時過ぎ。






ターミナルの隣のスーパーで、昼食&夕食を購入。





夕方から風が強まる予報でしたが、





既に5mは越えています。





風裏となる奈摩を目指すことにしましたが、






途中、道沿いの波止場が気になって、





強風に向かい、パタパタ ラン&ガン をキャスト。






2シャクリ目に乗りました。





キロタリナーズですが、立派な上五島アオリです。






嫁さんも釣りたがりましたが、あまりの強風で、





エギが前に飛ばないので、






数投で諦め、先を目指します。






奈摩で何箇所か波止を見て、気になった堤防に陣取りました。







南向きの強風ですから、地図上では背中からの風のはずですが、





巻いているのか?





真横の風が吹きつけます。





風の間隙を突いて、嫁さんにヒット。





800g位ですが、後に3杯付いています。





すかさず、パタパタを入れましたが、完全無視。





立っているのが切ないくらいの風となり移動となりました。








夕マヅメ前、南の強風を計算して、風裏になるはず・・・。と、





狙いを付けていた小さな漁港に到着。





案の定、風は弱く、計算通りでしたが、





地元エギンガーや、ヤエン師の方で一杯なのは





計算外でした。





しかし、島の方はみんな親切で、挨拶をすると、





釣況や有望ポイントを親切に教えてくれます。





隣で一緒に、しゃくらせてもらいました。







さすが、離島エギンガーは皆さん上手です。





中でも目を引いたのは、若い女性エギンガーでした。





朝からずっとシャクっているそうで、






足元の敷石際のピンスポットから、





見ているだけで5~6杯キャッチ。






1.5キロオーバーも混じっていました。







ここでは、嫁さん私とも一杯ずつキャッチして






夕マズメを終えました。







日が暮れるとともに、風は強まって、






ナイトエギングは不可能に・・・・。





夕マヅメの漁港で、隣のベテランエギンガーから教わった





若松方面を見に行きましたが、






強風で濁りが入ってしまい駄目でした。






日付が変わる頃、風は15mを越え、





危険な感じに・・・。





連休中のため、空いているホテルもなく、





防波堤際の風裏にじゃいあん号を停め、





後のベッドで、夜をしのぎました。







明け方、地震かと思うほど車が揺れて目覚めました。






風速は20mを越え、土砂降りです。






まるで台風みたいです。






10時オープンの奈良尾温泉センターで凌ごうと、






楽しみに行ってみたら、






今年3月一杯で閉館してしまったとのこと。










ホームページは残っているので、





遠征される方は要注意です。






現在、上五島で日帰り入浴が可能なのは、






ホテル マルゲリータ のみ、とのこと。






奈良尾から30分以上掛けて移動。






無事、温泉に入ることができました。






車内泊で冷えた身体を温め、そのまま昼寝。






15時過ぎ、ようやく雨風が治まってきたので、





再出撃。











風速は28mを記録。





5月の最大降水量を塗り替えるほどの大雨だったそうです。






夕マヅメまで、濁りの少ないポイントを探しましたが、









どこもコーヒー牛乳のような水色です。








最も潮が通すであろう先端の津和崎でさえ、茶濁りしています。








絶望感を覚えながら、半ばヤケクソで、








最初に釣った道路端の波止に入ってみたところ・・・。








薄濁りの敷石際から、ナイスサイズ。






キロタリナーズですが、ようやく写真サイズです。







もうひとつ・・・。






気合と根性でした(笑)








時間の経過と共に大量の雨水が側溝や小川から流入。





水色は悪化し続けます。





日が暮れてからは、





水潮が入っていないポイントはなくなってしまいました。






電灯の付く漁港を廻りましたが、どこもコーヒー牛乳色です。







一晩中、走り廻って、夜明け前、






とある漁港で、海面に25センチくらいの魚群を発見。






よーく見ると、トビウオでした。






時化で港内に逃げて来たのでしょうか?






トビウオに混じって、何かライズしているようなので、





1.2g J-ヘッド + 艶ジャコ を






キャストしてみるとあっさりヒット。






JHを0.6gに落として、表層引きすると入れ喰いになりました。












アジです。






28センチ頭に1時間半で、15匹位。






濁り水の中、活発に捕食しているアジ君に感謝です(笑)







期待の朝マズメは爆風で、釣りにならず。






早々に竿を納め、






五島うどんを食べ、








鯨に乗ってから(爆)





午後便のフェリーで帰宅しました。





悪天候も含めて、上五島の大自然を感じた釣行でした。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。