このたび、九州のエギングスタッフブログよりアメブロに引っ越すことになりました。

皆様よろしくおねがいいたします。m(_ _ )m

 なお、以前の記事は九州のエギング 内でご覧いただけます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-18 22:17:29

今期、三度目の壱岐遠征修行。

テーマ:アジング

初釣りは唐津方面で堀田さんとフロート修行。

 

二度目は幼馴染の高嶋くんと大分へ・・・。

 

いずれも北向きの季節風に邪魔され、

 

平凡以下な釣果でした。

 

万を持しての壱岐島遠征修行です。

 

1月16日(月)

 

前回の反省を活かし、

 

1時間前には唐津東港に到着して

 

余裕を持って準備。

 

勿論、携帯も持ちました(笑)

 

 

天気予報では

 

前日まで寒波襲来で荒れ模様でしたが、

 

今日から治まる感じです。

 

壱岐島到着後、

 

氷を調達に漁協に向かいました。

 

すっかり浮かれて、こんな看板にリアクション。

離島戦隊イキツシマン 鬼タコブラック です(爆)

 

 

氷調達後、弓削師匠オススメの

 

福寿飯店さんへ・・・・。

 

唐子丼なる島グルメと、

 

スペ皿ことスペシャル皿うどんをいただきました。

 

島の方には甘い味付けが人気とのことで、

 

甘みが若干強いのですが、

 

テーブルに備え付けのお酢を多めにかけると、

 

超・美味です。

 

唐子丼を一人前、スペ皿を弓削さんと半分こ。

 

お腹一杯、大満足でした。

 

ここまでは順調だったのですが、

 

デイゲームで肩慣らし・・・・。

 

と、釣り場に着いたら、爆風です。

 

風裏でデイゲームを始めましたが、

 

アタリなし。

 

後から地元のサビキの方が入ったら

 

入れ掛かり・・・・。

 

いつもながら、

 

 

エサとワームの反応が極端に違います。

 

 

弓削さんはサビキの潮下作戦で

 

ナイスサイズですが、一匹釣ったあと、

 

サビキの方が帰られゲームオーバー(笑)

 

 

ポイントを変え、

 

キャロで潮のヨレを撃ってみましたが、

 

マメ&ベラ。

 

 

そうこうしているうちに夕方が近付いてきたので、

 

夕マヅメのポイントに向かいました。

 

今回は強風のため、

 

回遊するであろうコースに

 

一番近い立ち位置を選択しましたが、

 

『足場が高いので、やり辛いのでは?』

 

という、弓削さんの意見に納得。

 

足場が低い対岸に移動しました。

 

この時点でブレブレだったのですが、

 

更に、いつもナイスな情報でアシストしてくれる

 

ハッシーさんから、

 

別のエリアでのモンスター捕獲情報入電・・・・。

 

 

風の強い今のポイントから

 

風裏のモンスター捕獲エリアに

 

移動するべきか?

 

それとも、過去二回良い思いをした

 

このポイントで風と戦うか?

 

悩んだ末、

 

移動しませんでした。

 

が、マズメには風が更に強まって、

 

11gのキャロを遠投しても

 

無風時のヘビージグ単ほどしか

 

飛ばない事態に・・・・。

 

 

またリグが風に煽られ、沈みません。

 

辛うじて20gクラスのメタルジグを

 

準備していた弓削さんが二匹。

 

私は12g位までしか背負えない竿しか持たず、

 

気合で11gキャロを沈めてマグレの一匹。

 

回遊はあったものの、

 

届かないという屈辱を味わうハメに・・・・(泣)

 

 

急いでハッシーさん情報のエリアに移動。

 

ジグ単とフロートでナイスサイズが出ましたが、

 

風向きが変わり爆風に・・・。

 

更には大粒の雹?そして雨&霙に・・・・。

 

 

一旦、コンビニに非難です。

弁当を食べながら、天気予報を再度チェック。

 

変わっとるし・・・・(汗)

 

 

雨が止んだタイミングで、別のエリアへ・・・・。

 

ここもハッシーさん情報でモンスターが出たらしい。

 

が、釣れるのは尺タリナーズ&時折尺。

 

風は後の山を越え、容赦なく吹き付けます。

 

雨&霰に、時折、車に非難しながら、

 

根性の夜釣り決行です。

 

ポツリポツリと忘れた頃にアタリます。

 

朝マズメ直前、

 

地元のエサ釣りの方が見えましたが、

 

アタリ無く早々に帰られました。

 

 

もう限界。

 

寒さと眠気に頭がボーッとしてきました。

 

これからが本番ですが、

 

コンビニのコーヒーで暖を取り、移動。

 

移動が裏目となって、

 

再度、移動。

 

 

電灯の無い堤防で尺クラスがヒット。

 

弓削さんにも34センチがヒット。

 

ようやく回遊を捕らえたと思ったら。

 

土砂降りに・・・・。

 

一時避難して、もう一度戻ったら、

 

回遊が終了(泣)

 

 

何もかもが裏目裏目となったカンジです。

 

 

私、33センチ頭にキーパー16匹。

 

 

弓削さん、34センチ×2匹 頭に10匹。

 

 

 

二人で26匹なら、

 

普段の釣果で言えば上出来ですが、

 

ここはアジ天国壱岐。

 

 

過去最低の釣果になってしまいました。

 

 

 

 

夕マヅメに最初のプラン通り

 

回遊コースに近い堤防から動かなかったら・・・。

 

 

ハッシーさんのアドバイス通りに

 

エリアを変えていたら・・・。

 

20gオーバーのメタルジグを投げていたら・・・。

 

 

反省多き釣行となりました。

 

 

行くたびに爆釣なら、面白くない。

 

 

自分にそう言い聞かせた

 

 

三度目の壱岐遠征修行でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-04 20:02:15

2016 納竿釣行 

テーマ:アジング

12月30日(金)

 

2016 ラスト釣行は、

 

アジ師匠のブライアンさんと

 

久しぶりに竿を交えました。

 

修行仲間の久保田くんも誘って、

 

平戸でデカアジを釣りたかったのですが、

 

 

前日入りしたブライアンさんから

 

マメ地獄との情報あり

 

北西の風も強いため、

 

急きょ、佐世保方面へ・・・・。

 

 

 

久しぶりのブライアンさんですが、

 

カメラを向けると相変わらずお茶目です(笑)

 

1つ年上のブライアンさん。

 

二人揃うと、

 

落ち着きのない48歳&47歳コンビです(笑)

 

 

アジ師匠とお初の久保田くんは緊張気味。

 

 

嫁さんも加えてワイワイと楽しい時間です。

 

 

肝心のアジは渋い感じ。

 

軽量JHのアミパターンにポツポツです。

 

 

ブライアンさんの0.4gJH単体の釣りを見て

 

久保田くんは大いに勉強になったようです。

 

 

 

足下に大きなメバルが居たので、

 

 

普段は狙わないメバル狙いへ・・・・。

 

 

JHでは見向きもしなかったメバルが、

 

 

シマノの浮き『タイディー』を使ったフロートリグを

 

入れると反応します。

 

 

ひとつ釣ったところで嫁さんから

 

タックルを強奪されました(笑)

 

 

 

 

短時間でナイスサイズが釣れました。

 

 

この釣りは釣れすぎますから、

 

 

長時間の釣りは禁忌です。

 

 

 

 

深夜2時過ぎ、

 

嫁さん&ブライアンさんは余りの寒さに離脱。

 

 

『俺、仕事なんで・・・・。』

 

 

久保田くんは帰宅。

 

 

今日、31日なんですけど・・・・。(笑)

 

 

付き合いの良い久保田くんでした。

 

 

 

一人波止に残って、

 

Fーシステムのフロートアジングを修行。

 

夜明け前にブライアンさんが復活。

 

 

エロトークに華を咲かせながら、

 

 

朝マズメの回遊に期待しましたが・・・。

 

 

ありませんでした。

 

 

 

20センチクラスが20~30匹。

 

 

 

釣果的にはイマイチですが、

 

 

久しぶりのブライアンさんとの釣りは

 

 

刺激的でした。

 

 

最後に3人揃って、

 

 

お酒を上げて、手を合わせ、無事納竿しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-04 19:17:48

12月の壱岐釣行 弓削氏、弓削師に会う(笑)

テーマ:アジング

皆様、新年明けましておめでとうございます。

 

もう初釣りは済まされましたでしょうか?

 

 

 

年末年始と超多忙で、

 

ブログを放置してました(汗)

 

 

遅くなりましたが、

 

12月の壱岐遠征を書きます。

 

 

11月の壱岐遠征アジ修行時に、

 

弓削師匠から入電。

 

『12月に行くで!!』とのこと。

 

同行していたアジ修行仲間の弓削さんも

 

『行きたいです。』 と、

 

なっての釣行となりました。

 

 

 

12月19日(月) 

 

先に壱岐入りした弓削師匠御一行様を

 

追う形で唐津東港を出発する予定ですが、

 

ちょっとしたハプニングが・・・。

 

朝の渋滞でやや遅めに港へ到着。

 

それでもフェリー出船迄15分以上あるため、

 

喋りながら荷造り中、

 

フェリーが大きな汽笛。

 

何事か?

 

と、眺めていたら、

 

フェリー会社のお姉さんが走ってやってきます。

 

 

『あと、3分で出船ですよ。』

 

 

昨年の遠征の際は

 

弓削さんが出船時間を30分早く間違え、

 

完全に乗り遅れたはずの

 

フェリーに間に合ったのですが、

 

 

今度は余裕のはずが、

 

15分遅れています(笑)

 

 

 

大急ぎで荷造り、切符を買って乗船。

 

 

1分位出船を遅らせてしまいました(汗)

 

 

出船後、携帯を充電したまま、

 

 

車に置き忘れたことが発覚。

 

弓削師匠と連絡が取れないピンチに・・・。

 

 

結局、自宅待機の嫁さんから、

 

弓削師匠に連絡を取って貰い

 

事なきを得ましたが、

 

携帯なしの2日間は中々不便でした(笑)

 

 

 

教訓

 

フェリーの発着時間は他人任せにせず

 

自分で確認するべし。

 

 

 

そんなこんなで、無事に壱岐へ到着。

 

 

合流は『うめしま』です。

 

 

弓削氏、弓削師と初遭遇(笑)

 

 

久しぶりにお会いした弓削師匠ですが、

 

お元気そうです。

 

食欲も健在。

 

大盛り焼肉をがっつり行かれてました。

 

 

 

今回、弓削師匠御一行様は

 

 

FBでお友達になって頂いている山本さん

 

はじめましての荒木さんです。

 

 

全員釣り馬鹿とあって、

 

会ってすぐから、お友達です。

 

 

うめしまの焼肉ランチを堪能後、

 

 

弓削さん&荒木さんと私で、

 

 

ディアジングへ・・・・。

 

 

弓削師匠&山本さんはお昼寝タイム(笑)

 

 

丁度、地元のアジ釣り(エサ釣り)の方が、

 

 

30センチオーバーを連発中。

 

 

挨拶をして、潮下に入れて貰うと、

 

 

 

すぐ横に入れてもらった弓削さんが

 

 

いきなりの連発。

 

 

撒き餌に乱舞する中アジの

 

 

おこぼれを戴く作戦が大成功。

 

 

まるで管理釣り場のニジマスのような

 

釣れっぷりでした(笑)

 

弓削さんは自己記録の37センチをゲット!!

 

ディゲームも侮れない壱岐島でした。

 

 

 

 

夕マヅメのチャンスは弓削師匠&山本さんと再合流。

 

 

昨日連発したというポイントを譲っていただきました。

 

 

3.5gのヘビーJHで、連発。

 

 

ここでは私は35センチマックスでしたが、

 

 

尺オーバーを10匹位ゲット。

 

 

弓削さんも35センチクラスの引きを

 

 

堪能していました。

 

 

このチャンスをモノにしたのは山本さん。

 

 

 

メタルジグ+ワームのドロッパー仕掛けの遠投で、

 

 

43センチ!!

 

 

見事なギガサイズでした。

 

 

 

 

夕マヅメ後は弓削師匠御一行様の宿泊キャンプ。

 

 

山本さんのキャンピングカーにお邪魔させて戴き。

 

釣りたてアジのフライや鳥唐揚げ、

 

熱々のクリームシチュウをいただきました。

 

 

 

 

テントの中はストーブも焚かれ、最高です。

 

 

 

ずっと居たいです(笑)

 

 

一泊二日の弾丸釣行の私達は

 

 

降り出した雨の中、

 

 

弓削師匠御一行様と別れて、ナイトゲームへ・・・。

 

 

 

 

 

ここでは36センチマックスでしたが、

 

 

電灯下、ポツポツとJH単体ゲームで、

 

 

掛ける釣りを堪能。

 

 

 

32センチのデカアラカブも登場。

 

 

途中、何度か土砂降りになって、

 

 

 

靴も靴下もびしょぬれに・・・・。

 

 

 

 

朝になって弓削師匠が、

 

 

『寒いやろ?帰っておいで!!』

 

 

 

涙が出る位嬉しいお言葉。

 

 

 

すっかり甘えてベースキャンプへ・・・・。

 

 

 

山本さんがストーブと車のヒーターで

 

 

濡れた靴&靴下を乾かしてくれました。

 

 

乾く間にあったかいコーヒーやら

 

 

朝食やらいただきました。

 

 

 

ホントにありがとうございます(涙)

 

温かい弓削師匠御一行様のもてなしと、

 

 

激アツの壱岐島アジングを

 

 

大いに堪能した釣行となりました。

 

 

 

 

同行の弓削さん・・・・・。

 

楽しい釣行でした。

 

弓削師匠ってホント温かい人でしょ?

 

 

 

弓削師匠&山本さん&荒木さん・・・・。

 

いきなり押し掛けたのに、

 

温かいおもてなし、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-12 02:38:30

久しぶりの大分アジング

テーマ:アジング

もうどれくらい行ってないのかな?

 

熊本大地震で大分道が

 

通行止めになって以来、

 

足が遠ざかっている大分方面。

 

大分ヘム隊長のやちき氏が、

 

FBで釣果アップしているのを見て、

 

久しぶりに出掛けることに・・・。

 

久しぶりに日曜の休みとなったので、

 

12月10日(土) 

 

嫁さん連れで、夕マヅメの佐賀関目指して

 

大分道を走りました。

 

夕食はカップ麺で済ます予定でしたが、

 

国道沿いに開店していた

 

うどん屋さんが気になって。

 

鳥南蛮ソバなるものを食べてしまったせいで、

 

佐賀関着が遅れ、

 

ポイントが空いていないという大失態を

 

やらかしてしまいました(笑)

 

土曜日ということをすっかり忘れてました。

 

電灯周りは電気浮きだらけ、

 

ウキのないところには

 

エギンガーかアジンガーが入っています。

 

大分の釣り人気の高さには毎度驚きます。

 

 

 

以前、入ったことのある湾奥の電灯下にも、

 

人の良さそうなアオリ狙いのエサ師が

 

入っていましたが、

 

一声掛けたら、隣に入れてくれました。

 

が、今は下げ潮。

 

軽量ジグ単にも、フロートリグの遠投にも

 

当たってくるのはネンブツのみ・・・。

 

 

そうこうしているうちに、

 

仕事を終えたやちき氏よりTEL。

 

話し合って、臼杵方面で合流しましたが、

 

北向きの強風、アジも居ません。

 

佐賀関に戻り、

 

マメアジでお茶を濁しながら

 

久しぶりの再開に、トークを楽しみます。

 

 

 

前半の部はマメアジのみの釣果でした。

 

やちき氏は外出中の嫁さんと子供を迎えに

 

一旦、帰宅。

 

家族思いのやちき氏には毎度感心させられます。

 

 

やちき氏が帰宅中がちょうど潮止まり。

 

 

0時近いこともあって、

 

最初の港に戻ると狙いのポイントはガラ空き。

 

運よく入ることが出来ました。

 

 

潮が上げに変わっていきなり

 

 

美味しそうなアジがヒット。

 

壱岐遠征以来の嫁さんは

 

高活性な壱岐尺タリナーズに慣れてしまい、

 

加えて、横からの強風に苦戦していましたが、

 

 

重ためのJHで

 

風にラインをはらませてドリフトする方法を

 

教えると連発となりました。

 

 

暫くしてやちき氏が復活。

 

 

入れ喰いとはいきませんが、

 

 

28.5センチを捕獲。

 

 

釣り半分、トーク半分の

 

緩く、楽しい時間が過ぎていきます。

 

癒されます。o(〃^▽^〃)o

 

 

 

やちき氏が、『お土産に・・・。』 と、

 

 

アジをくれたので、

 

クーラーにそこそこ溜まった4時過ぎ、

 

これからジアイが来そうでしたが、納竿。

 

やちき氏は仕事だそうです。

 

 

付き合いの良さに感謝です。

 

 

 

やちき氏の28.5センチを頭に20匹程。

 

 

佐賀関のアジですから、立派な関アジです。

 

 

帰宅後お刺身でいただきましたが、

 

 

キビナゴ付きのアジだけあって、

 

脂の乗りが違います。

 

 

 

美味しい関アジを食べながら、

 

大分の思い出をかみ締めた

 

遠征となりました。ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

やちき隊長へ・・・。

 

楽しい時間でした。

 

次回はブライアン師匠やセイスケさん、

 

ヘムのみんなと楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-11 21:55:04

佐賀のGーTAKANO、世界のTーNAMIKI と、アジを釣る。AZI OR DIE?

テーマ:アジング

先週のお話。

 

アジ修行仲間の弓削さんとTEL中。

 

弓削さん『明日、行きますか?』

 

私『勿論です。』

 

弓削さん『じゃあ、並木さんもご一緒していいですか?』

 

私『いいっすよ!』

 

私『ん・・・・?』

 

 

ご一緒する方があまりにも有名な方過ぎて、

 

ピンと来なかったのですが、

 

どうやら、ホンモノの並木敏成さんのようです。

 

 

 

 

 

翌日、夕方から鹿町方面に出撃。

 

久保田くんとポイント選び。

 

『せっかく見えるんだったら、

 

入れパクを味わっていただきたい。』

 

気合が入ります。

 

 

『僕、バトラーの時代から、

 

並木さんのファンなんです。』

 

バスを始めるきっかけが

 

並木さんだったという久保田くんは

 

翌日仕事のため、

 

お会い出来ないのが非常に残念がっています。

 

 

そうこうしているうちに、帰宅時間に・・・。

 

 

後ろ髪を引かれるように帰って行きました。

 

 

 

久保田くんと別れた頃より、

 

北向きの風が強まって来ました。

 

合流予定の時間から、大幅に遅れたので、

 

お見えになる福岡方面に近い、

 

松浦方面で竿を出しましたが、

 

爆風で、釣りにくい状況です。

 

日付が変わった1時過ぎ、弓削さんの車が到着。

 

助手席にはTVや雑誌でよく見るお姿が・・・。

 

 

私『はじめまして、高野です。』

 

並木さん『はじめまして、並木です。』

 

 

緊張の挨拶を交わしたら、あとは釣り人同士。

 

手短に本日の状況を伝え、

 

鹿町方面に戻りました。

 

やはり、鹿町方面は無風です。

 

 

早速、竿出し。

 

『高野さんどうやって釣るの?』

 

アジング経験は

 

1~2回しかないという並木さん。

 

簡単に説明、並木さんに見られて、

 

緊張しながら、キャスト。

 

一投目で、バイト、フッキングが決まりました。

 

『なるほどね!』

 

世界の並木敏成さん。

 

飲み込みの速さが尋常ではありません。

 

数投でファーストキャッチ。

 

並木さん『高野さん、弾くんだけど・・・。』

 

私『食わせるタイミングでは

 

ラインを張らず緩めずにしてみてください。』

 

『食ってくるのを掛ける感じじゃなく、

 

食わせの間を与えるイメージです。』

 

そう伝えただけですが、

連発です。

 

 

あとは釣るのみ。

 

 

さすが、世界の並木さん!!

 

釣るは、釣るは・・・・。

 

 

 

黙ってやり取りを見ていた弓削さんも、

 

ワンキャスト、ワンヒット!!

 

 

すっかり、テンションが上がった3人は・・・。

 

 

AZI OR DIE ?(笑)

 

 

上機嫌にアジングを楽しみます。

 

 

『高野さん、I字引きでも釣れますね!』

 

並木さんはいつの間にか

 

自分の釣り方を探り当て、連発です。

 

 

 

並木さんと私は年も近く、

 

話が合います。

 

(並木さんが合わせてくれていたのかも?)

 

 

 

弓削さんが勧めてくれた

 

ナイトオレンジにも興味深深。

 

 

老眼についても同世代らしく

 

困ってらっしゃいました(笑)

 

 

 

そうこうしているうち、

 

弓削さんが・・・・。

 

釣れたアジや、ワームにちょっかいをかけてくる

 

シーバスを、OSPのミノーで、退治です(笑)

 

 

 

子供のようにはしゃぐ3人でした(爆)

 

 

 

 

楽しい時間はあっという間です。

 

 

 

3~4時間という短い時間ですが、

 

 

並木さん&弓削さんでアジ70匹位。

 

 

クーラーBOXは満タンです。

 

 

私も・・・・。

 

 

65匹。

 

 

 

 

並木さんの人並み外れた釣りテクと、

 

人柄の良さに感激した釣行となりました。

 

 

 

弓削さんへ・・・・。

 

楽しい時間をありがとうございました。(^∇^)

 

 

 

久保田くんへ・・・・。

 

準備だけお手伝いいただき、

 

申し訳なかったです。

 

サイン色紙戴きましたよ。

 

 

 

AZI OR DIE ?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-12-08 22:35:51

ZPI社よりアジング新製品のお知らせ。

テーマ:新製品の紹介です。

オフィスZPI社より

 

アジング用新製品のお知らせです。

 

 

ZPI SALTIEVAのロゴ入り アジグリップです。

 

ナイトゲームでも見失いにくいイエローカラー。

 

カッコいいです。

 

ソルティーバ アジグリップ です。

 

価格は1650円(税抜き)

 

各小売店さんでご注文いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

続いて・・・・。

 

 

 

カーボンリールスタンド スーパーライト です。

 

カラーはゴールド・シルバー。

 

驚くのは重量です。

 

な・なんと・・・・。

 

1.73g!!

4800円(税抜き)です。

 

 

コチラも小売店さんでご注文いただけます。

 

 

 

よろしくおねがいいたします。(^∇^)

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-11-29 19:18:13

壱岐島遠征デカアジ修行。その2

テーマ:アジング

うめしまさんのランチに舌鼓を打ったあと、

 

ふたたび、デイアジング。

 

地図で気になるポイントを見て廻りますが、

 

 

出るのは型の良い、アコウ・アラカブ・コアラ。

 

 

一気に走って、

 

 

『これは・・・・。』というのがありましたが、

 

 

 

ヌーチさんでした(笑)

 

 

ヒレピンの美人さんです。

 

 

何を釣っても、他とクオリティーが違います。

 

 

 

アジング・エギングで有名な壱岐ですが、

 

 

ショア根魚やチニングもアリな感じです。

 

他にもマゴチ・アラカブと、

 

五目釣りになってしまいました。

 

 

 

 

夕方、雨が降り出しました。

 

シトシトと冷たい雨です。

 

 

 

ギガアジポイントに行ってみましたが、

 

本日は土曜日。

 

 

既に遠征組が入っています。

 

 

対岸の電灯に入って釣りましたが、

 

 

廻って来たのは・・・・。

 

ワニグリップ(大)と比べても小さくはないのですが、

 

 

ギガアジを釣り上げてしまった今、

 

 

なんだか物足りません。

 

 

 

どうせ濡れたから・・・・・。

 

 

 

そのまま、ポイント移動して、

 

 

電灯廻りで、

 

 

お土産の尺タリナーズを釣る事に・・・・。

 

 

釣れる・釣れる。

 

 

 

 

2時間半ほどでクーラー一杯です。

 

 

スプリット・ヘビージグ単・・・・。

 

嫁さんと思い思いの釣りを堪能。

 

 

ここで大活躍したのは、

 

釣友 久保田くんオススメのデカマッカム。

 

 

2.8インチの長さと、スリムなボディーが、

 

壱岐の尺タリナーズのアジには大人気でした。

 

ジグ単でもスプリットでもキャロでも何でもOKでした。

 

 

 

日付が変わる前、雨脚が強まったタイミングで、

 

初日終了。

 

 

朝マヅメには雨が止みそうにそうにないため、

 

 

ゆっくりと休むことにしました。

 

 

 

 

 

翌朝、雨と風にじゃいあん号が揺れて、

 

 

目覚めました。

 

 

昼過ぎまで、降る予報です。

 

地元のスーパーやホームセンターで買い物をして、

 

時間潰し。

 

 

 

夕マズメから吹き荒れる北~北東風に

 

立ち向かいました。

 

ポイントは勿論、ギガアジが釣れたアソコです。

 

が、向かい風はリグが飛ばず。

 

追い風は沈まず・・・・。

 

 

重たくすると、根掛かり・・・・。

 

行き着いたのは0.4号エステルでの足下狙い。

 

ワームも海中で踏ん張ってくれる

 

リングタイプのバルキーなものをチョイス。

 

 

ペケリング3インチ 3.5gヘッドで、通しました。

 

 

3時間以上粘ってワンバイト!!

 

 

嫁さんノーバイト。

 

 

が、釣れたのは・・・・。

 

38.5cm!!

 

クオリティーが違い過ぎます。

 

 

その後、風がますます強まり、

 

 

島の南側へと、展開しましたが、

 

 

尺タリナーズの嵐。

 

 

朝マヅメまで、仮眠を摂り、

 

ラストの朝マズメにかけましたが、

 

 

マメアジ&ネンブツの嵐。

 

 

すっかり、夜が明け壱岐島ラストの獲物は・・・。

 

 

 

まるぽん(笑)

 

昼前の唐津便で帰宅。

 

 

 

 

 

大満足の遠征となりました。

 

 

 

ギガアジ&メガアジの刺身で、祝勝の晩餐。

 

 

 

 

また、来月の行きたいなぁε-(o´ω`o)

 

 

 

次回はテラアジ狙いで頑張りたいと思います。

 

 

 

今回の遠征修行では釣友の橋口さんから、

 

貴重な情報をいただき、

 

ギガアジを手にする事ができました。

 

 

ハッシーさん・・・

ありがとうございました。(^∇^)

 

 

 

なお、アジンガー垂涎の壱岐島ですが、

 

釣り場の存続は釣り人のマナーに掛かっています。

 

島の人は皆温かく迎えて下さいますが、

 

車内泊のエンジン音、ゴミ、禁止エリアの釣り・・・。

 

一人一人が注意して、

 

 

この素晴らしい釣り場を守って行きたいものです。

 

 

ありがとう壱岐の島!!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-11-29 17:53:08

壱岐島遠征デカアジ修行。その1

テーマ:アジング

11月25日(金)

 

ついに楽しみにしていたこの日がやって来ました。

 

壱岐島へ出発の日です。

 

日勤業務を終え、帰宅後、

 

夕食&入浴を済ませ、

 

じゃいあん号に荷物を積み込みます。

 

フェリーの出発は深夜0時30分ですが、

 

2時間前に那の津港に到着するよう言われてます。

 

昨年は九州郵船さんのフェリー『きずな』で、

 

20時30分に出発。壱岐島へは23時過ぎで、

 

ライト周りのアジングで、準備運動をしてから

 

朝マズメにトライできたのですが、

 

今年は『きずな』は満船。

 

次の22時30分の便も満船とのこと、

 

やむを得ず、貨物便での入島となりました。

 

幼馴染の釣友 高嶋くん(トラッカー)から、

 

貨物便の存在を聞いていなければ、

 

朝マズメがフイになるとこでした。

 

貨物便フェリー『つばさ』は、古い船ですが、

 

出港二時間前に乗り込め、

 

個室利用が無料。

車の積み込みもやってくれるので、

 

到着まで、四時間近く身体を休められます。

 

勿論、ワクワクして眠れませんでしたが・・・(笑)

 

 

3時前、やや遅れ気味で、壱岐芦辺港着。

 

昨年のポイントに急ぎます。

 

『3時なら一番乗りできるだろう。』

 

そう思っていましたが、

 

先行者あり(泣)

 

準備中に近くを通られたので、挨拶をして、

 

一緒にやらせて頂きました。

 

関西からの遠征組のお二人で、

 

よく、通われている様でした。

 

 

四時前からキャスト開始。

 

運良く、風は微風。

 

夕方からは雨の予報ですから、

 

状況の良いうちになんとか

 

釣っておきたいところです。

 

 

ベイト付きの回遊アジが狙いですから、

 

廻って来るまでは期待薄です。

 

一番得意なエステルラインのJH単体から開始。

 

 

勿論、タックルは壱岐仕様です。

 

メインラインのアジングマスターは0.4号。

 

リーダーもライトゲームショックリーダーの

 

6ポンドです。

 

ロッドはヘビージグ単に愛用している

 

ブラックスターTZチューンのS69S。

 

ハンドルも普段のZPI シーファンネルJig-Tanから、

 

スプリット用のファンネル 45ミリ に変更。

 

 

JHはアルカジック社の

 

ジャックアッパーHWの3.5g。

 

と、同フックで田中松ちゃんから鉛を流して貰った

 

G3 ヘッド 5.0gです。

 

ワームはクレイジーオーシャンの海毛虫。

 

スーパーグローがお気にいりです。

 

 

 

 

 

暫くして、

 

堤防先端に入れて貰った嫁さんが

 

7gスプリットでキャッチしましたが、25センチ位。

 

回遊アジとは明らかにサイズが違います。

 

その後、先行者の二人組にも、私達夫婦にもアタリはなく

 

時間だけが無常に過ぎて行きます。

 

 

 

ひょっとして、

 

回遊は無いのか?

 

そんなことが、頭をよぎったAM6時過ぎ、

 

 

私の海毛虫に待望のアタリが・・・・。

 

 

堤防の足下、基礎石の際で、コンッ!!

 

 

強めに合わせると、ドラグがジィー。

 

 

タックルを信じてゴリ巻き&ぶち抜き。

 

 

35センチ程の丸々とした魚体です。

 

 

普段なら、記念撮影ものですが、

 

ここは壱岐島。

 

 

クーラーBOXに無造作に放り込み次のキャスト。

 

この魚を皮切りに堤防が一気に賑やかに・・・。

 

嫁さんも『デカイ!!』と、騒いでいますが、

 

尺クラスで驚いている訳には行きません。

 

尺クラスを何尾か追加したところで、

 

ふと、『もし、デカイ魚が来たら・・・・。』

 

と、頭によぎり、

 

 

キャロにタックルチェンジ。

 

 

この日のために、新調した宵姫EX79MH 

 

ライン アジングマスター DC-PE 0.4号

 

中リーダー エギングショックリーダー2.0号

 

リーダー ライトゲームショックリーダー6ポンド

 

ハンドル シーファンネル フロート

 

JHはアルカジック HW に

 

2Bガンダマをセットした自作J-ヘッド。

 

キャロはアルカジックのフリーシンカー。

 

5gのウエイトを二個入れた10g仕様です。

 

 

少し遠めに出来た潮のヨレに

 

キャロを流し込み、止めた瞬間、

 

ごんっ!!

 

直後にドラグが悲鳴を上げました。

 

最初の突っ込みを交わせば、

 

あとはシーファンネル フロートの

 

トルクで、ゴリ巻き。

 

 

海面まで浮かせることに成功。

 

堤防際で突っ込みかけましたが、

 

ロッドの反発でいなして、ランディング。

 

 

この一匹で、ジアイ終了。

 

 

静かになった堤防で早速、計測。

 

 

 

42.5cm!!

 

 

 

 

初めてとなるギガアジキャッチとなりました。

 

 

 

 

 

うれしすぎです。

 

キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

 

 

ポイントを快くシェアしていただいた

 

お二人に大感謝です。

 

 

 

たった15分程の超短いジアイでしたが、

 

6匹の壱岐アジをキャッチして、

 

初日の朝マズメは終了となりました。

 

 

 

夕方からは雨の予報です。

 

 

ポイントを変え、

 

デイアジングに変更。

 

係留船の下に潜む大型のアジを

 

2.5gのボトムワインドで狙いましたが、

 

嫁さんが尺タリナーズを釣ったのみ、

 

冷えた身体を温泉で温め、

 

昼過ぎまで仮眠をとったあと、

 

ご褒美タイムです。

 

 

 

壱岐牛のお店 うめしま さん で、ランチです。

 

いつもは980円の松定食ですが、

 

ギガアジ祝いに1500円のランチプレートです。

 

やや甘めのたれが壱岐牛の旨みを引き立ててます。

 

ウマシ!!

 

変わりにディナーは

 

お湯を入れる中華料理(カップ麺)になりました(爆)

 

 

 

 

 

パート2へ続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-17 13:00:28

松浦アジ修行 ベイト付きの良型を狙う。

テーマ:アジング

楽しかったフレンズ号のティップラン釣行を終え、

 

そのまま、松浦方面へ・・・・。

 

遅めの昼食を摂った後、

 

じゃいあん号で仮眠。

 

夕マズメから単独アジ修行です。

 

最近のアジは釣っても、釣ってもマメ。

 

他のアジンガーで、

 

ベイト付きの良型を釣っている方も居ますが、

 

なぜか、マメに付きまとわれます。

 

『釣り込めばその内、良型が混ざるかも?』

 

そう思っていましたが、どうも違うようです。

 

 

マヅメのサゴシ狙いのメタルジグには

 

時折、尺オーバーのマアジが混ざりもするので、

 

ナイトゲームで何とか・・・・。

 

 

本日のお題はこれに決まりです。

 

 

風は予報より強く南向き10m近いです。

 

 

風裏の電灯下に陣取りました。

 

 

明暗部付近には小さな小魚がびっしり。

 

イワシ?

 

大潮とあって、

 

シーバスやサゴシ・アオリイカがやたら元気です。

 

あちらこちらでボイルが発生します。

 

が、軽量ジグ単を入れても、フロートを入れても、

 

無反応。

 

時間だけが過ぎていきます。

 

単独修行は寂しいので、堀田さんへTEL。

 

状況を伝え、策を練ります。

 

 

ここで、堀田さんから意外な言葉。

 

堀田さん『デカイワーム使ってます。』

 

 

私『ん?』

 

 

喰われているベイトサイズに合わせて、

 

 

小さなワームをメインに使用していた私でしたが、

 

 

気になってアジリンガーPROをリグってキャスト。

 

 

一投目からマメのヒットです。

 

 

その後、マメの連荘。

 

 

『ひょっとして・・・・。』

 

 

マメが掛からない大きいフックサイズの

 

 

J-ヘッド (アルカジック 

 

ジャックアッパーHW仕様) に変更。

 

 

壱岐遠征用に自作した4BガンダマJHです。

 

 

 

ここで、マメを避けたら、ボトムでデカアジが・・・。

 

 

 

と、なれば簡単ですが、

 

 

そうはなりません(笑)

 

 

 

 

今のタイミングは上げ潮。

 

 

他のフィッシュイーターが元気すぎます。

 

 

下げになって、水深が浅くなれば・・・・。

 

 

 

そう考えて、一旦移動。

 

 

マメ場で、時間潰し。

 

 

下げが効きはじめてから、入りなおしました。

 

 

 

 

 

案の定、サゴシのボイルは消滅。

 

 

沢山居たアオリイカも消えています。

 

 

シーバスだけは元気です。

 

 

 

アジネクトンのJHで、キャスト開始。

 

 

いきなりマメが入れ喰いです。

 

 

何とか良型を釣りたいと、

 

 

ジグ単&スプリットのローテで、

 

 

広く探ってみますが、どこもマメです。

 

 

 

『今夜もか・・・・・。。:゚(。ノω\。)゚・。 』

 

 

半ば諦めかけた時、近くでジグ単をされていた方に

 

 

ドラグを鳴らすサイズが・・・・。

 

 

しかも2連荘。

 

 

慌てて、アジリンガーPRO +

 

ジャックアッパーHW仕様の4BJHにチェンジ。

 

 

マメアジを掛けずにボトムまで落として、

 

ワンアクション。

 

軽くフォールを入れ、サビいた瞬間、

 

 

たんっ!!

 

 

心地良い吸い込みバイト。

 

 

ドラグが鳴って、25センチオーバー。

 

 

 

その後、先ほどのアジンガーさんが

 

 

もう一匹追加したところで、

 

 

回遊終了。

 

 

朝マヅメに向けて今からの時間帯ですが、

 

 

徹夜2連荘は、きつすぎます。

 

 

後髪を引かれる思いで、納竿。

 

ベイト付きのアジ攻略の手応えを

 

感じた修行になりました。

 

 

1.回遊のチャンスにマメを避け、良型をしっかり狙う。

 

2.他のフィッシュイーターが大人しくなったらチャンス。

 

 

以上が今回の印象ですが、

 

次回は回遊のタイミングを解明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-16 21:27:47

フレンズ号 伊万里湾ティップランエギング

テーマ:エギング

11月14日(月)

 

時化で何度も流れていたフレンズ号の

 

伊万里湾ティップランエギングがようやく実現。

 

初挑戦の前回は7杯釣れたものの、

 

なんだか釣った感が足りず、

 

様子が分かった程度。

 

その後、時化のため出港出来ない日が続き、

 

ようやくこの日を迎えました。

 

 

朝7時、ワクワクマックスでの出港です。

 

準夜勤終わりだったので、船底の指定席で

 

ウトウトしているうちにポイント到着。

 

雨がシトシト降り続く中、

 

レインを着込んでの竿出しになりました。

 

前日まで釣る人15杯と好調だったらしいですが、

 

前夜から降り続いた冷たい雨のせいか?

 

最初のアタリが遠いです。

 

そんな中、常連さんの安徳さんが・・・・。

 

 

貫禄の一杯目。

 

昨年の厳寒期を釣った経験はさすがです。

 

 

続いて梶原さんがドラグを鳴らしました。

 

いきなりの1.7キロオーバー。

 

 

もはや秋イカとは呼べないサイズです。

 

 

 

続いて、ポイント大野城の前川さん。

 

 

皆さん、シブい中、

 

朝のチャンスをモノにしていきますが、

 

船首に陣取る弓削さんと

 

胴の間の私だけ蚊帳の外です。

 

 

そうこうしているうちに

 

ベテラン安徳さんが数を重ねます。

 

 

弓削さんも遅れて一杯。

 

残るは私一人。

 

 

見かねて江口船長が・・・・。

 

『その竿はアタリの出方がちがいますよ。』

 

 

と、教えてくれました。

 

実は今回スピニングのロッドを新調してまして、

 

使い慣れた竿と違い、苦戦していました。

 

元々、道具が変わると、

 

暫く、釣りきらんタイプです。

 

横に付いて、

 

江口船長『今のがアタリです。』

 

私『あー、ねっ!!』

 

次のアタリを見事捕らえました。

 

サイズは800g程ですが、嬉しい一杯です。

 

 

江口ちゃんありがとネ!!

 

 

 

ようやく全員ヒットとなりましたが、

 

 

その後、アタリがパタリと止みました。

 

 

潮と風向きが逆だったり、

 

潮が行かなかったり・・・・。

 

 

大潮はアタリ・ハズレが大きいと言いますが、

 

まさにハズレの予感です。

 

 

 

ここで、切り札の投入です。

 

潮が行かない時、状況が悪い時は

 

ティップラン・プラス。

 

 

誰かから聞いたことがあります。

 

 

イカメタル用に愛用している

 

ヴィオレンテ VLE68TR M S

 

+ スティーレ101XG

 

 

元々、ティップラン用のロッドですから、

 

そのまま行けます。

 

下エギに パタパタ ヘビー+20gシンカー

 

上に ノーマルパタパタを付けて開始。

 

 

一投目から押さえ込むようなアタリ。

 

 

その後も周囲の沈黙をよそに、連発です。

 

 

 

ほぼ、上のパタパタにバイトが集中。

 

ノーシンカー状態ですから、アタリがハッキリ出ます。

 

 

違和感を感じ、フォール。

 

止めた瞬間、ティップが戻るアタリ。

 

 

余裕のキロアップです。

 

 

パタパタノーマルはボートキャスティング、

 

 

おかっぱりでも使いますので、

 

 

カラーを沢山持ってます。

 

 

カラーローテが自在です。

 

 

 

 

そのままラスト迄、ティップラン・プラスを通し、

 

 

 

キロアップ2杯を含む、7杯で終了。

 

 

後半まくって、ベテラン安徳さんに並んで、

 

 

同着竿頭です。(嬉)

 

 

前日までのフィーバーが嘘のように

 

シブい感じでしたが、

 

ポツポツと釣れたのは

 

江口船長の操船によるものが大きいと思います。

 

流し方一つで、釣れたり・釣れなかったりするのが、

 

ティップランゲームです。

 

 

 

 

江口ちゃん、

 

いつもありがとうネ!!

(≡^∇^≡)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。