おもちゃを見ると手を伸ばし、飽きるとプイッ-。そんな本物の赤ちゃんのような乳児型ロボット「Noby(ノビー)」を、大阪大、東京大などのチームが開発し、東京都内で11日公開した。

 ノビーは身長71センチ、体重7・9キロで、生後9カ月の乳児の平均値と同じ骨格と運動能力を持つ。視覚、聴覚に加え、ウレタン製の柔らかい皮膚には全身に600個のセンサーを備えているため、触覚もある。

 スタッフに抱かれたノビーは、人形に触ろうとしたり、じっとしているのに飽きて手足をもぞもぞ動かしたりと、かわいらしい赤ちゃんぶりを発揮していた。

 乳児型ロボットは、運動と認知機能が劇的に発達する生後9カ月の時期に乳児がどんな感じ方をするか、どんなふうに好奇心を持つかなどを調べるシミュレーションを可能にする。研究総括の大阪大学大学院、浅田稔教授は「人間の学習・発達メカニズムの深い理解につながる」と話している。

覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
新党改革、参院選兵庫にNPO法人理事長(産経新聞)
ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
<時の記念日>あなたの1時間はいくら? 肉食系5000円、草食系2800円(毎日新聞)
AD