奈良県大淀町立大淀病院で06年8月、同県五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末に死亡した問題を巡る訴訟で、遺族側は15日、町と産科医に求めた賠償請求を棄却した今月1日の大阪地裁判決について、控訴しないことを決めた。

 大阪地裁判決などによると、分娩のため大淀病院に入院していた実香さんは、06年8月8日午前0時ごろ頭痛を訴え、間もなく意識不明となった。19病院に受け入れを断られ、午前5時47分、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送。実香さんは長男奏太ちゃん(3)を出産したが、同月16日に死亡した。判決は「救命の可能性は極めて低かった」などとして、遺族側の請求を退けた。

【関連ニュース】
妊婦転送死訴訟:遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を
奈良・妊婦死亡問題
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「救急充実願う」大阪地裁判決言及 遺族請求は棄却
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 救命可能性どう判断 診断ミスも争点--来月1日判決
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「受け入れ体制作り必要」--大阪地裁 /奈良

「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題-内閣府調査(時事通信)
民主・輿石氏の自宅敷地、農地を違法転用(読売新聞)
<JR不採用問題>「一日も早くけじめを」…最年長79歳(毎日新聞)
鳩山内閣発足後、機密費9630万円支出(読売新聞)
資金不正流用 ローソン子会社元幹部2人を告訴(産経新聞)
AD