厚生労働省は26日、国民年金の未納保険料をさかのぼって払うことができる事後納付の期間を現行の過去2年から10年に延長することにより、65歳未満の無年金見込み者のうち最大40万人が救済されるとの推計を発表した。
 国民年金の受給資格を得るには25年以上の加入期間が必要だが、長引く不況や年金不信などの影響で保険料の未納が増えている。政府は、納付可能期間を延長する国民年金法改正案を今通常国会に提出する予定。 

避難時期、「自分で判断」は2割=豪雨災害世論調査(時事通信)
<雑記帳>紅白ガニ「めでたい」と水族館の人気者に(毎日新聞)
<労働者派遣>改正法案妥当の答申出す 労働政策審(毎日新聞)
「パチンコのバイト」と登録料詐取=122人、3600万被害か-警視庁(時事通信)
小学校1万校にスクールカウンセラー配置へ(読売新聞)
AD