2017年08月15日 13時01分51秒

2017/8/15_18時からオープンです。

テーマ:ブログ
今月始めから、
ご来店の皆様の温かい励ましの数々、
ありがとうございます!
何とかやっております。

ふたりとも、心身ともに健康にやっております。




■生ハム、サンダニエーレ入荷!

カットしたての瑞々しい生ハム、
是非お試しください。
旨味が溶けます。

※生ハムは原木が届いたら掃除です。

急な乾燥を防ぐために塗られるスーニャ(ラードと米粉でできたパテ状のもの)の脂が
真空パックすることによって
全身にまわっています。
これを残しておくと、
カビが付きやすくなったり、
嫌な匂いが生ハムにも付いてしまいますので、
パックを開けたらまず掃除、
キレイにしてあげます。

その後、部位に応じた解体。

大きなスライサーがあるお店では
そのままカットすることもありますが、
そこは高田食堂。
スライサー小さいです。
サイズに合わせてカットします。
なるべくスライサーの大きさに合わせて
無駄のないように。

スライス用にとれない内ももや、
スネの部分は、小さくカットして
オイル漬けに。ローズマリーなどの
ハーブで香り付けしたオイルに漬け込みます。

またスジの多い部分は
さらに細かくカットしてソテーして
カリカリになるまで。
味を凝縮させて、
スープやフリッタータなど出汁代わりに
使います。

1本の生ハム、
サンダニエーレの地で
手間隙かかって作られた高級品ですから
余すことなく、出来る限り最後まで
使いきるように心掛けております。


■今夜15日は、早い時間、満席でございます。

19時以降ご案内可能ですので、
お時間確認のご連絡、お待ちしております。

03-6768-2427

高田食堂、
現在のメニューをふたりで提供するのに
同時に3組が限界でございます。

座席が空いていても、
その場合(3組同時進行中の場合)は、
ご入店いただけない場合がございます。

お手数おかけしますが、出来るだけ、
ご来店前にご連絡いただけると助かります。


■締めパスタ始めます。




写真は桃の冷製カッペリーニ。

あっつい時にやるはずが、
涼しくなってきてしまいました!

通常のパスタより量少なく、
お一人様サイズとしました。
ふたりで食べるとひとくちずつで終わるサイズです。

メイン食べたあと、
あと少しだけ食べたい、に応えます。

締めパスタ、今回は桃ですが、
「焼きナスの冷製」もいいな、
涼しくなったら、
キタッラを使った「カーチョ ェ ぺぺ」もいいな、
と思っております。

是非、お試しください。

それでは!

※ランチの予定がまだたっておりません。
ご不便おかけしますが、ご理解のほど、
宜しくお願いいたします。

決まり次第、すぐにご案内出来るように
いたします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月04日 13時43分08秒

8月の料理教室は19日の土曜日です!

テーマ:ブログ



今月の料理教室。

8月19日土曜日、

この回のみとなっております。

内容は「鶏肉の火入れ、むね肉を柔らかく仕上げるには、またモモ肉を皮パリに焼きつつ、ふっくら仕上げるには。

勿論、3名様以上お集まりの場合は、
日程調整のうえ、別日に料理教室を開催することが出来ます。
お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

※初めての方は、オリエンテーションが
11時から40分ほどございます。
(2,000-(税別))
高田食堂の料理教室の進め方、
料理する上での基本素材の説明をいたします。
(これを受ければ滑らかプリンが作れるようになります。)

8月9日(水曜日)、貸し切り営業となっております。


8月の貸し切りは9日、29,30,31日です。
ご不便おかけいたしますが、
宜しくお願いいたします。


■高田食堂のグラスワインにつきまして。

高田食堂では、常時12種類以上のワインをグラスでお飲みいただけます。

しかも、普通のお店であれば
ボトルでしか出さないようなワインも平気であけます。

話題性を狙っているわけではなく、
美味しいワインをグラスでも飲んでいただけるように、という思いからです。

そもそも、
ワインは開けたその日に飲みきらないと
味が劣化してしまうと思われがちですが、決してそうではありません。

我々が販売するワインは
ほぼ毎月開催される、各イタリアワインインポーターの試飲会で探してくるのですが、

実際試飲する際、
グラスで提供することを鑑み、
その場で美味しいと感じたものを翌日取り寄せて
抜栓直後と1日後、2日後と続けて試飲します。

その際、味にさほど変化の無いもの、
あるいは日数が経つと上手く性格が変化するようなワインを重視しています。

以前はその場で美味しい、と感じたものばかりをただ盲目に信じ仕入れていたのですが、
それだけですと、
開けて翌日には香りが抜けてしまっていたり、味がぼやけていたり、
味わいとして後退していくものが少なくなかったのです。

今お出ししているワインは、
先ほど申し上げた通り、
味にさほど変化の無いもの、
あるいは日数が経つと上手く性格が変化するようなワインばかりを集めております。

勿論、ボトルでお飲みいただくことは大歓迎でございます。
残ってしまったらお持ち帰りいただけます。
持ち帰っても暫くは美味しいまま、
もしくはより深い味わいになることが予感されます。

どうか高田食堂で、
より良いワインライフをお過ごしください。
そのためのお手伝いが出来ればと思っております。

それでは!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月03日 09時48分31秒

8月29-31日の「肉の日」。

テーマ:ブログ
おはようございます晴れ

先日、毎年行くイタリアツアーの主催者と
今年のツアーについて話をしてきました。

今年は妻の両親のことがあるので、
ふたりで行けるか微妙な状況なこと、
実際行くとしたら、
どこのワイナリーにするか、
どの地域を廻るのか。
そんなことを話しつつ。

今回は南イタリア、プーリアを予定しています。
ブーツの踵部分。
アドリア海に面しています。

何を隠そう、私が初めてイタリアを訪れた地域がプーリアなのです。

見渡せばオリーブの木々が連なり、
しかもその中には樹齢数百年からまさかの千年ものまで。

記憶は美化されるものですが、
あのとき、北プーリアのサンセヴェーロという土地でいただいたオリーブオイル。
その年のノヴェッロでしたが、
今でもその味を越えるものに出会っていない、それくらい強烈な印象を植え付けるものでした。

前回行ったのは10年ほど前。
まだ会社勤めをしていた頃です。

当時行ったプーリアは州都バーリの北側、
そして今回はその南側となります。

プーリアには今回行ければ3回目、
非常にご縁を感じる場所でもあります。

特に歴史的建造物が残り、独特の迷路のような旧市街地があるレッチェには
是非連れていってあげたいと思っております。





と、

先のことを考えてはみるものの、
今はあまり先のことを決められない現状でもございます。

■8月29日から31日(1日追加されました!!)に開催予定の、
野菜がメインの「肉の日」。

29-30日と言っていたのですが、
あっという間に埋まってしまいまして、
31日を追加しました。
ありがとうございます!!

一応、今年の最後の「肉の日」に
なる、と思っておりまして、
「魚の日」ももしかしたら難しいかも。

イタリア行ければ、
そのご報告会としての「プーリアナイト」はやりたいけど。

先のご予約を確約するのが非常にシビアな中、急遽イヴェント開催!ということも
あるかもしれません。

現実的なのは「〜フェア」とかかな、
とも思いますが。

急なお誘いをすることも
今年はあるかと思いますがご容赦いただければ幸いです。


昨日は妻も16時過ぎには病院から戻り、
ディナーは通常営業となりました。

今夜も近い形になるかと予想しています。

ワインがかなり、素敵なラインナップになっております。

あまり後先考えず、
在庫していた良いワインを積極的に
開けております。

ワインとつまみだけでも
結構ですので、是非お立ち寄りください。

明日は、
何故、高田食堂が

■馬鹿みたいにグラスワインを用意しているのか、

その辺りをご説明させていただきます。

それでは!

※今夜も18時からオープンです!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。