1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-11-30 22:15:21

chicken...

テーマ:Freak Beat World

前回の浜松(またまた・・・)は思えば楽しくもハードな2日間だったわけだが終了後、打ち上げたい気持ちはいつも通り、とはいえ帰りは高速走って帰らなきゃということでファミレスへ。

chicken

他の連中は生ビールにがっつりオーダー。私と言えば低アルコールビアーのバクラー(ノンアルコールではないのよね)と「チキンの香草焼」なるものをオーダー。


結構ぐったりした身体にハーブの香りがイイ感じだったのを憶えてマス。あ~、あとはホンモノのビールが呑めたらなぁ・・・とぼんやり思いつつ浜松を後にしたのでありました~。


チキン、といえばChicken Shack(あまりにも強引か!?)を思い出し(っつーか今日仕事しながらずっと聞いてたのがコレ)本日の1枚です。

Chicken Shack Imagination Lady
60年代末の英国ブルーズロックバンドの代表バンドのひとつながら何故かB級のイメージ漂ってるね(FWマックのクリスティン・マクビー、いやクリスティン・パーフェクト嬢も在籍してたのにも関わらず・・・)。黒人ブルーズを追及してる初期のころの「無理矢理感」も当時のイギリスっぽさが逆に出てて非常に興味深いんだけどちょっとタルイなぁ、なんて思う方はこちらどす~(オイラもそうです)。
このバンドの中では唯一ハードなアルバム(っつーかほとんどCREAMね)です。
トリオでリリースしてるのも理由のひとつだろうけど。
一時トリオロックバンドのレコードばっかり聞いてたことがあるんだけどこれもその時知った1枚です。オープニングの「Crying Won't Help You Now」はリズム隊が暴れ巻くって最高!スタジオ録音ながらどことなくCREAMの「CROSSROAD」が頭によぎるのです。2曲目の「Daughter of the Hillside」に至っては誰が聞いても「WHITE ROOM」?って思っちゃうリフね。ソロもワウワウ大活躍。ギタリスト、スタン・ウェブの頼りないヴォーカルもこのバンドの持ち味だけどこのアルバム期に在籍して、後にJETHRO TULLに加入したジョン・グラスコックのベースが素晴らしい!ヘヴィなナンバーも多い中ラストの「Loser」なんかは結構ポップな味が。ともあれ72年リリースのこのアルバム、当時のロンドンにはこんなバンドがうじゃうじゃいて日夜ライヴやりまくってたのでしょうね。あーそんなロンドンに行けたらどんなに楽しいことか!!
近日このアルバムも紙ジャケで国内盤で復刻するので手軽に聞けるね。とはいえ世の中復刻は紙ジャケ紙ジャケってちょっとなぁ・・・って気もするんだけどさぁ(嫌いじゃないよ・・・このお題はいずれまた!)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-11-29 02:24:48

レポート

テーマ:Freak Beat World

The Wizzキーボードプレイヤーminnieの日記「ミニース・リャンの日記」 (彼女は有名なブルース・リャン フリークでもある)によれば彼女の住居の隣のビルの取り壊し作業をここで報告しなければならないとかで・・・

ブログさぼっててこちらの作業も遅れてましたのでご報告までに。


bill1

初期はこのような状況でした。

ちなみに彼女の家ではバンドのメンバーが集まってミーティングやアコースティックの練習と言いつつ飲み会となってしまう場合が多々ありますが、そんな時おいらやKannonとかが利用していたベストパーキングだったのがこの隣のビルの入り口。ずっと廃墟のような状態だったんだよな。入ってた会社自体は倒産したわけじゃなく移転のようで。結局月極駐車場になる運命をたどったのでした。



ということで最新状況は↓

bill2

1週間でほとんどこんな感じに。スッキリしていいじゃないか!


ということで今日のテーマは「スッキリ」から思い出して

スッキリしたぜ」です。え、どーゆー意味って?


The Byrds
Mr. Tambourine Man
有名なザ・バースのデビュー・アルバム。2曲目の.I'll Feel a Whole Lot Better の邦題が「スッキリしたぜ」なのです。何ゆえスッキリしたの?アレで?それともコレで!??
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-28 22:52:59

週末は浜松 Pt.2

テーマ:午前3時のハプニングダイアリー

かなりさぼってましたブログ。前回のは13日のお話。何事も鮮度の高いうちにね。

昨夜はワタクシ主催のイベントART ROCK NIGHT in NAGOYA の今年最後のスケジュール。今年は主催&プロデュースばかりでキャストとしての記憶は無いです(ちょい寂しい・・・)昨夜も動員200人を越え大盛況だったけどそれはまた別で(ちゃんと書けよ!)


さて13日、この日はminnieとまりりん姐と3人で車で浜松へ向かう。高速に午前10時頃乗ってお昼前に余裕で到着。会場にはとしみん・辰ちゃん達はまだ。浜松有楽街のストリートは日中は車両進入禁止なのでスピーディーに機材をおろし小腹が減ったので通り沿いのクレープ屋さんに入る。おいらはダブルのジェラード、♀のお二方は正統派にクレープ(minnieに至っては両手に2種類持って)かぶりついてた。

ice     hama1


会場はクエストミュージックという大型楽器ショップの3Fにあるホール。この日はとにかく昨夜のリハでどうにもならなくなったFISHMANのP.U.のかわりに会場でタカミネのP.U.を借りることが出来てホント助かった(さすが楽器ショップ)

リハ後はまるでカーフェリー内部を思わせるお座敷仕様の楽屋がリラックス出来て最高。

(↓くつろぐまりりん姐)

maririn


眠くなるのでまたまた夕方は近所でラーメン。(「みやひろ」ってお店ね。老舗らしい。僕としては珍しくチャーシュー麺ね。もちろん生ビールも行きました。そしたらおつまみも出てきたんだがそれもチャーシューだった!)

chashu


いつしか本番、お客さんも結構入ってなかなか盛り上げるではないか!WLBSとよばん等参加バンドのビートルズ愛情度も楽しく伝わってきました。


さて我ら。当初は4人で来る予定だったのでかなり直前に2人だけしか出れなくなったのにはちょっと困ったけどビートルズ以外にもminnieお得意のCarole Kingからは「Smack Water Jack」、ワタクシのアコースティック定番曲、Kinksの「セルロイドの英雄」といった反則技も使いつつ(!?)いいステージが出来たと思ってます。

jackminnie


その後はSWAMP WATER。息もぴったり!ところがオープニングにイキナリとしみんが弦を切っちゃったのよ。しかしそこは余裕のトークと辰ちゃんのフォローで始まった「気絶するほど悩ましい」まで聞けたよね、ラッキー!

swamp

最後のセッションはステージの我らの方が楽しんじゃったかな?とにかく楽しいイベントだった。声をかけてくれたとしみん、それからイベントを仕切ったWLBS!の奥山さん、ありがとう~。

次回はThe Wizz4人揃って行きたいものです。ちょいと行けちゃう距離なのでしょっちゅう遊びに行っちゃうかもね!ヨロシク浜松

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-11-16 02:18:54

週末は浜松 Pt.1

テーマ:午前3時のハプニングダイアリー

12日土曜は浜松市駅前にあるFM HARO!のUP ONスタジオでの公開番組「SOUND EVOLUTION」になーんとゲストでThe Wizzを代表し、キーボードのminnieと出演してきました。ナビゲーターはとしみん こと鶴田トシミ氏。20分程だったけど我らのCD「Look Around」からタイトルチューンと「Dear Prophet」の2曲をオン・エア。お喋りも楽しく天気も良くってゆる~いサタデーアフタヌーンでございました。浜松駅前、楽しいね。


さてさて番組は4時間に渡るのでちょいと浜松市内をぶらぶら。中古レコ屋2軒に行きました。1軒はめっちゃ穴場。断言。また行くぞ!

ぶらぶらしてるうちに暗くなりつつあり再び駅方面へ。

こんなちょうちんぶら下がってたら入っちゃうでしょ!?

chochin

こちらも非常にお値打ち&家庭的?(親父さんが一人で作ってくれるのよ、とりあえずこの時間はそうだった)な駅裏は「太勝」なるお店。

agenatto

写真はあげ納豆。あげの中に納豆が入って焼いてある。その他「もやし肉炒め」や「えのきバター」(どれも300円で絶品)も旨かった~。


もう一度UP ON スタジオへ戻ると次の番組で、先ほどのとしみんと相棒のたっちゃんによる「SWAMP WATER」のスタジオライヴ。オーディエンスも結構わんさか。

swampwater


公開番組中、散歩中のチェルシーと戯れるminnie。

chelsy


終了後は明日のイベントのセッションのためにスタジオへ向かい2時間しっかりリハ。浜松組二人とも昨夜は朝までライヴだったのと日中のラジオ収録やらでかなりお疲れ(我らも結構疲れたよ・・・)でここは一旦名古屋へ戻ることに。


帰りは浜名湖S.A.にていつもの如く(高速乗って5分もしないうちにS.A.入っちゃうのよ!)お食事。

今回はコレ。

nanban

<今月のどんぶり>「チキン南蛮丼」でした。630円也。毎月ひとつ何かどんぶりがピックアップされて「今月のどんぶり」になるのでしょう。しかし結構なボリュームでしたぞよ。真夜中にうってつけの食い物でございます。(どこがじゃ~!?)

ここからほぼ1時間で帰宅。明日も早いのだ・・・



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-11-08 18:25:02

PSYCHEDELIC ROCK.....笑っちゃうよ!

テーマ:Freak Beat World

久々にヴィデオテープの整理をした(っつーかテープしまってある箱をひっくり返しただけだが・・・)


しかし今の時代、ヴィデオテープをどのように整理されてるんでしょう、みなさん?

「これはやっぱ大事だから、DVDに焼きなおしてもマスターで取っとかなきゃ!」

なんて言ってたらどーにもこーにもなりませんぜ。一体どうしたらいいの!?

ざっと600本くらいか!?


久々だから結構新鮮に思えるのもたくさん。市販モノのデッド・ザ・ムーヴィーやらキッスの地獄の復活やら珍し系の中にアメリカへ行ったときに購入したこんな1本が。


psych1

タイトルは「PSYCHEDELIC ROCK」

そそるでしょ!?おまけにジャケはデッドのガルシアおじさんとボブの2ショットだぜ!これ確か90年代初頭、渡米の際仕事の合間に遊びに行ったL.A.はSunsetのタワレコだったと思うんだが・・・

こりゃいいや、中身はよくある映像でも記念にゲットしていこう、そんなノリで購入。BEAT CLUBやらモンタレーとかからの抜粋オムニバスだろうとか思いつつ、値段もかなり安かったので迷わず買ったのでした。


帰国後、荷物を整理してて出てきたこいつを冷静に眺める。



何この曲目?

psychsong2

デッドだって「RIPPLE」だぜ、とりあえず普通のフォークロック?でもそれ以降が・・・


なんでビートルズの「LOVE ME DO」が?

ポールの「TAKE IT AWAY」!?

はぁ!??


ちょいと眩暈を感じつつもデッキへ。


もしかしたらな映像処理が施されてるのかも?


出てきた最初のテロップ、何これ?アマチュアが作って曲名入れたみたいな。

ブートでもこんなの無いぞ!

DYLANだって「SWEETHEART LIKE YOU」をサイケというカテゴリーでチョイスする感覚がまったくわからん!!


久々に昨日見直したけど・・・今見ると笑っちゃいます。1990年アメリカはVIDEOMUSIKなるニュージャージーのメーカーからのリリース(怪しいけどね)

そうそう、収録曲もたったの6曲のみ。ある意味非常にモンドな1本かも!?


もちろんここまで来ればおわかりでしょうけど度はゼロです!!



Wea/Rhino   Rock Icons: Psychedelic High

今の時代ならこれがいいかも。映像的には特に珍しくもないものばかり収録されてるけど今回取り上げた「PSYCHEDELIC ROCK」よりはるかに優れているのは間違いないよ(笑)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。