地震ニュース

地震の前兆現象を軸に地震の雑学をニューススタイル、随筆風に書きます。

前兆で必ずしも地震が発生するとは限りませし、発生する場合もあります。
地震の不安を抱いている方はぜひ見て下さい。
「予言」とか「噂」は書きません。

NEW !
テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3617 16 9/27

 

①『最新のGPS地殻変動情報』
9月10日迄のデータを使用して9月27日に更新。

 

硫黄島1   17.1cm
硫黄島2   28.1cm
前津江    18.7cm。

 

②『本日の地震5回』
27日17時58分 熊本県天草・芦北 M1.3
27日14時52分 熊本県 M1.9
27日14時42分岩手県沖 M3.4
27日11時29分 兵庫県 M2.3
27日04時02分 岩手県沖 M3.7

 

③『黒点』
#2597 1個。
SFI=87 SSN=23 A=22 K=5
26日の黒点総面積70。


④『Eスポ』
ワッチできず、不明。


⑤『酒井さんの日報』
稚内(北海道)
●●●●27日 01:45 09:00


山川(鹿児島)
●●26日 17:30から18:30


大宜味(沖縄)
●●●26日 15:15 20:45

 

 

⑥『KMN情報断絶』
テーブルタップを交換した後、コンセントが抜けていた。
光電話なので不通のまま2日以上経過、KMN氏から貴重な前兆情報が受信できなかった。会員が直接来宅、知らせて頂いた。感謝。

いずれも、今回の地震に関連するもので、お知らせできなかったことをお詫びします。


⑦『再掲。「地震がくる。10秒以内に情報提供を」(中央日報)
地震対応で政府があたふたする姿を見せ不安感が強まっている。
地震の安全地帯でない朝鮮半島は、やはり、早期警報システムが必要だ。
日本は言うまでもなく、1999年のM8.1で2500人死亡した台湾は現在緊急地震速報システムを備えている。
慶州地震時のように、かなりの時間が過ぎてから、それも受けられない人が1000万人以上という地震情報提供では、惨劇を避けられない。
2020年迄に韓国政府も緊急地震速報システムの構築を進めているという。
事態が発生する前に自ら革新を強調し、国家なら誠実な納税者に10秒以内に緊急地震情報を提供しなければいけない。


 
⑧『JG7MER著、緊急地震速報音』

緊急地震速報のアラーム音 誕生の由来に付いて 。

JG7MER局長のご好意で上記をコピさせて貰った。大変面白いチャイム音誕生のエピソードである(一部割愛、原文はコールサインで検索、ブログ参照)。

最近、緊急地震速報のチャイム音 を聴く事が増えた。
緊急地震速報とはそもそも、地震の初期微動(P波)を捉え、強い揺れ(主要動、S波)が来る前に警戒を促す為のもので、2006年8月より限定的に開始された。
翌年、2007年10月からは一般提供も始まり、チャイム音はこの時から使われている。
今回は、「緊急地震速報のアラーム音」が、何故、あの音に決まったのか? これについて、深く掘り下げる事にする。
気象庁では、震度5弱以上と予測された時に発表する。
但し、震源の近くでは情報が間に合わない事もあり、予測震度で±1程度の誤差があるといった、技術的な限界もある。
然し、僅かな時間を活かし、地震被害を減らせるものと期待されている。

【生みは叔父作曲の『クラシック』のテーマ曲だった】
緊急地震速報のチャイム音は、先の震災直後、「映画「ゴジラ」のテーマ曲を元に作られたものだ」という噂がネットに流れた事がある。
とあるホームページでその様に紹介されたのがキッカケらしい。
この噂は事実と異なるが、全くの事実無根という訳ではない。

筒井信介氏著書 の 『ゴジラ音楽と緊急地震速報、あの警報チャイムに込められた福祉工学のメッセージ』は、そのタイトルが示す様に「ゴジラ」の映画音楽と、緊急地震速報の浅からぬ関係と、福祉工学という分野について、伊福部達氏という、研究者の足跡を辿りながら紹介したノンフィクションである。

ここで「伊福部」 という苗字にピンと来た人もいるかも知れない。
そう、あの 映画「ゴジラ」の作曲は、伊福部 昭氏<故人> である。
実は、緊急地震速報のチャイム音を制作した 伊福部達氏は、伊福部昭氏の甥(兄の息子) に当る。
達氏はNHKからの依頼で、緊急地震速報のチャイム音を作るにあたり、そこに叔父の作品を素材にしようと思い立った。
だが、彼が採用したのはよく知られた「ゴジラ」のテーマではなく、交響曲「シンフォニア・タプカーラ」だった。
くだんのチャイム音は、同曲の第3楽章(Vivace)の冒頭に当る5つの和音の部分をアレンジして作られている。
達氏が数ある叔父(昭氏)の作品から「シンフォニア・タプカーラ」の当該箇所を選んだのは、それがチャイム音に必要な“適度な緊張感”と“インパクト” を持っているからだった。
だが選曲の理由はそればかりではない。そこには、叔父の音楽、取り分け一般的には余り知られていない、純音楽の作品を後世に残したいとの思いもあったという。
もっとも非常時の音に自分の思いを込めるには、公共物を私物化するような躊躇いも達氏の中ではあった様だ。
だが制作期間も殆どなかった為、NHKにはその心情を伝えて理解して貰ったという。
しかも、 この仕事の依頼を「人の生死を左右する事にも成りかねず荷が重い事、又、自分は作曲の専門家ではないから」 と一旦は断っていた。

緊急地震速報アラーム音の音源の原型は『シンフォニア・タブカーラ第3楽章 Vivace(作曲、伊福部 昭氏<故人>』。
かの有名な映画「ゴジラ」のテーマ曲を手掛けたのは、正しくご本人である。

【叔父・昭氏の映画音楽の機能として掲げた原則の応用と、チャイム音による映画音楽仕様のメッセージ性】

しかし、同速報チャイムが、福祉工学を専門とする達氏に、依頼されたのにはそれなりに理由があった。
NHKでの最初の会議で、達氏が 同チャイムに求められる条件 として、提示した次の5項目 からもその一端が伺える。

(1) 注意を喚起させる音であること。
(2) すぐに行動したくなるような音であること。
(3) 既存のいかなる警報音やチャイム音とも異なること。
(4) 極度に不快でも快適でもなく、あまり明るくも暗くもないこと。
(5) できるだけ多くの聴覚障害者に聴こえること。

この項目中、(5) は福祉工学が解決すべき課題そのものだ。
達氏はそれ迄、音声情報を指先に伝える「触知ボコーダ」や、音の情報を脳に伝達する「人工内耳」等、聴覚障害者の為の装置を手掛けてきた。
この条件は、そうした体験を持つ彼ならではの配慮といえる(その後、制作最終段階の複数候補からどれを採用するか絞り込む為の比較実験でも難聴者を含む被験者が集められた)。

他の項目も、人間の心理への影響を考慮するという点で一致していて、このうち(1)の条件を満たすだけなら、音響や心理学の専門家でも、注意を惹くブザー音響を作ることは可能だ。
だが(2)に示された、次にどういう行動を取るべきか等といったメッセージを込めるには、ブザーではなくメロディーでなければならない。
その メロディーも、あまり安定的で美しい曲では、緊急速報として相応しくないのは当然、かといって怖いメロディーでは、恐怖心で身体が竦んでしまう可能性がある。
こうした人間心理を踏まえた上で、チャイム音を作るのは、作曲家でも難しい 。


(同チャイム開発迄の経緯)
福祉工学とは一口にいえば、視覚・聴覚・触覚等の感覚と、人間の心理や行動の関連性を研究する分野だ。
同チャイムの基本コンセプトである「緊急事態であることを察知して、速やかに避難行動をとれるメロディー」を実現する為に、この分野の第一人者である達氏に、白羽の矢が立ったのは必然だった。


あのアラーム音の生みの親である、伊福部 達氏。
工学者としても、東大名誉教授、音響学と電子工学・医療工学の境界分野で活躍。作曲家の伊福部 昭氏<故人>は、叔父に当る。
因みに上記5項目のコンセプトには、昭氏が映画音楽の機能として掲げた原則が応用されている。
要するに達氏は、地震の起きる状況を映画として捉え、チャイム音に映画音楽のようなメッセージ性を持たせれば、速やかに避難行動に移れると考えた。

つまり叔父・昭氏の発案した映画音楽における原則は勿論、「ゴジラ」の音楽でも活かされている。
その意味では、 「ゴジラ」の音楽と同チャイムは、全くの無関係ではなかった。


【なぜチャイムは、あの音になったのか】
危険や恐怖心を呼び起こす「キャー」という叫び声を解析すると、始まって0.2秒程で一気に周波数が上がるのが特徴。
そこで、音が急速に上昇するモチーフを探していたところ、同氏の叔父の昭氏の交響曲「シンフォニア・タプカーラ」の第3楽章冒頭を使う事を、思いついた。
 
危険や恐怖を知らせる音<叫声、動物の警戒音>等は、一気に周波数が上がる音型が特徴だ。
叔父・昭氏の「シンフォニア・タプカーラ」をモチーフにチャイムを構築していった。


3楽章冒頭の構造を分解して制作していく。
因みに同じく、昭氏の「ゴジラ」を使う事も考えたが、知名度がありすぎるのと、恐怖感を煽ってしまうという理由で止めたという。

「タプカーラ」 とは、アイヌ語で 「立って踊る」 という意味で「シンフォニア・タプカーラ」は、熊祭りで踊られるダンス等アイヌの風習をモチーフとした作品である。
第3楽章冒頭はオーケストラ全体の「ドン」という和音の後に、弦楽器が弾くトリル的な音型が繰り返される構造で冒頭の和音をハ長調に移調。「ド・ミ・ソ・シ♭・レ♯」の和音は、レ♯が完全にハモりきらず、緊張感を与えるテンション・ノートになっている。更に、この和音をアルペジオ化する事で急速に音階を上昇させ注意を喚起する形とした。

 
冒頭の和音をアルペジオ化した<上昇/下降)>、トリルの有無、ピアノ音/電子音など音色の違い…等、30以上のパターンを作成。

又、音色についても、単純な機械音だと家庭内のアラーム音等と被ってしまう為、様々な音を試した。試作されたパターンは30以上にも上った。
その後、完成したパターンは7つ程に絞り込まれ聞き取り評価実験が行われた。
これは難聴者を含む大人、子供に各パターンを聴いて貰い、聞こえやすさや心理的影響 を調べるものだった。
緊急性が高く感じられるが、不安感は少ないという結果が出た候補について、繁華街やデパート等、様々な騒音下、そして警報スピーカー放送時の聞こえやといった項目チェック、聞こえやすさや心理的影響を調べ最終決定されたという。

完成後は、普通に研究生活を送っていたのだが、2011年の東日本大震災の発生で一気に注目 を浴びた。
真似をするオウムや、チャイムを管弦楽曲に編曲する人なども現れたと語る達氏。同チャイムには、人の心や体を探求してきた福祉工学の知恵が詰まっていると締め括っている。

【緊急地震速報 アラーム音】

『注意』
■…防災啓発上の観点から、公開しているが、音源をコピーして、公共の場で鳴らす事を禁じる。


『解説』
緊急地震速報は、2007年12月1日施行の気象業務法改正で、地震動の予報・警報に位置づけられ、他の予報・警報と同じく気象庁の義務とされている(第13条)。
尚、「警報」ついては気象警報と同様に、気象庁は「政令の定めるところにより、直ちにその警報事項を警察庁、国交省、海保、都道府県、NTT東日本・西日本、又はNHKの機関に通知しなければならない」(第15条)と規定されている。


【音声なし】
■… 『Signal Now Express』 仕様で音声なしVersion。
各自治体の防災無線、公共施設等で使われている。http~

【NHK仕様 音声あり】■…音声の主は、NHKアナ・末田正雄氏。
震度5弱以上発生の恐れのある場合は、この音声が流れる。htt~


【緊急地震速報音の由来】
■テレビ東京(TX)系列の「やりすぎ都市伝説」の中でも取り上げられた。
解説は、お笑い芸人・カンニング竹山さん。http~


【シンフォニア・タプカーラ 第3楽章:Vivace】
■この速報音の原型となったクラシックで、作曲者は、伊福部 昭氏。http~

【映画ゴジラ(1954)】
■速報音作成の際、候補の中に挙げられていた曲。
作曲者は、伊福部 昭氏。http~


『番外編』
【NHK臨時チャイム】
震度6弱以上の地震が発生した際にNHKから発信される報知音。
1989年1月7日早朝の「昭和天皇ご危篤の報」の際、臨時ニュースの報知音としても使用された。http~


尚、緊急地震速報と間違いやすい、緊急警報放送信号がある。

【緊急警報放送試験信号】
NHK緊急警報放送の試験信号で、月1回のペースで全国のNHKとこれを適用している民間放送で、定期的に試験信号が流れる。
緊急警報放送とは、総務省令 電波法施行規則
第2条 第1項 第84号の2 に規定する緊急警報信号を使用して、待機状態にあるテレビ・ラジオ受信機のスイッチを、自動的にONにして行われる放送。
地震など大規模災害が発生した場合や、津波警報が発表された場合等に行われ、災害の発生に伴う被害の予防や軽減を目的としている。
緊急警報放送に対応した、テレビやラジオが必要。http~


注)どちらも、スイッチを切っていても、自動的にオンになる。コンセントを抜いてしまうと作動しない。
節電で何でもかんでも、コンセントを抜く人がいるが、注意が肝要だ。
ラジオの待機電力は微弱である。
特に、南海トラフ大地震、日本海大地震等では命取りになる。
この注)は、JA7HOQ(2016-9-27)


『関連図書』
筒井信介氏著書 、「ゴジラ音楽と緊急地震速報」
警報チャイムに込められた福祉工学のメッセージは、速報チャイムが誕生する経緯が書かれている。htt~
JG7MER(2016-5-7)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3616 16 9/26

 

①『本日の地震9回』
26日21時35分 鳥取県 M3.9 震度2
26日21時14分 鳥取県 M3.9 震度2
26日14時20分 沖縄近海 M5.7 震度5弱(最大)
26日14時13分 浦河沖 M5.5 震度4
26日11時24分 浦河沖 M4.7 震度3
26日06時16分 茨城県 M3.2
26日05時40分 熊本県 M2.1
26日04時09分 佐渡 M3.2
26日04時01分 佐渡 M4.1 震度2


②『昨日の地震6回』
25日22時56分 兵庫県 M3.1 震度2
25日21時10分 兵庫県 M2.6 震度2
25日20時48分 兵庫県 M3.1 震度3
25日13時11分 千葉県沖 M2.9
25日13時03分 津軽海峡 M3.7 震度2
25日03時00分熊本県 M2.4

 

 

③『再掲。酒井さんの日報』
稚内(北海道)
22日 06:30 10:15 13:15
 

国分寺(東京)
21日 19:30から19:45


大宜味(沖縄)
22日 09:45から10:00 11:15 12:00から12:30
未精査。

 

 

④『岡島さんの日報』
A)稚内(北海道)
23日 15:00 17:45から18:30 21:00

 

B)大宜味(沖縄)
24日 20:00から20:30

 

 

⑤『電離層地震発生予告時間』
A)北海道、120時間型。28日迄。
120時間型。27日~28日発生、●5

 

B)沖縄、120時間型。29日迄。
120時間型。 27日~29日発生。●6

 

 

⑥『24日に大前兆あり』
再掲。②のEs。
Es信号2回と孫5が1回あり。

 

繰り返す。孫5が1回と断言した。怪しげな孫5ではなかった。
非常に顕著な、紛れもない「孫5」だった。
震源は、M5.5 と M4.7は、浦河沖(噴火湾) 
震源のM5雑音は距離もそう離れていないし。海上伝播なので、減衰せずべらぼうに強く仙台に飛んで来た。
シンクロや、スペアナ分析はしていない。一発で「孫5」と判断した。


⑦『昨日の④太和江の鰡の異常関連緊急アップ』
大ベストセラーの「前兆証言1519」の213頁に大活字で魚類前兆の代表トップに「何100匹というボラの大群が「明石川」をさかのぼるを今、発見した!!
その「明石川」の活字の大きい事大きい事!!
この前兆報告をあげたのは明石市の女性である。

 

余りにも酷似した貴重な前兆ではある。

 

トップ記事。
1月15日頃、「明石市の明石川(大韓橋下)」をボラと思われる体調30cmが何百匹も上流に向かって泳いで行くのが見えました。

 

2番目の記事。
昨年から新川に驚く程、大量の魚が集まっており、直前、さらに増えました。(西宮市の男性)

私は西宮上甲子園に住む者ですが上甲子園中学校の前を流れる新川に去年の夏あたりから魚が増え、驚く程の量の魚が集まっていました。中学校の前の中津浜線の信号のところには特に集まって、住民は見なびっくりして眺めていました。地震が起きる3日前に叔母が又、魚が増えたので「地震が起きるのでは」と友人と現場で会話したそうです(略、この後、蟻の異常が続く)。

 

⑧『奇妙なのは泳ぐ方向。逆方向』
太和江の場合は、海へ向かって泳いでいた。
明石川の場合は、上流に向かって泳いで行く。


⑨『深読みすると』
前者は陸→海。
震源は陸、逃げる場合は下流、海が安全だ。

 

後者は海→陸。
震源はは海、逃げる場合は陸の上流が安全だ。

 

ボラは震源を察知していた!!
危険な震源から遠ざかる、逃避行動とみるのが自然ではないか。

 

⑩『黒点』
9月24日略。

9月25日
SFI=85 SSN=18 A=23 K=3


⑪『Eスポ』
略。


<a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード

 

 

 

 

 

<a href="http://news.blogmura.com/ranking.html " target="_blank"><img src="http://news.blogmura.com/img/news88_31.gif " width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/ranking.html < a target="_blank" href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html"><img src="http://news.blogmura.com/news_science/img/news_science80_15_1.gif " width="80" height="15" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html " target="_blank">にほん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3615 16 9/25

 

①『本日の地震』
25日03時00分 熊本県 M2.4


②『「地震がくる。10秒以内に情報提供を」(中央日報日本語版 9月22日)
規模は小さいが余震がもたらす精神的な衝撃は奇襲のようにくる本震とは違う。
地震への対応で政府があたふたする姿を見せ不安感が強まっている。
地震帯の上に暮らす納税者がこのような基礎生存権の問題で毎日苦しんでいるという現実の認識が政府の対応の出発点だ。
耐震設計の強化で対処すべきだが、地震の安全地帯でない朝鮮半島は、やはり、早期警報システムが必要だ。
日本は言うまでもなく、1999年のM8.1で2500人死亡した台湾は現在緊急地震速報システムを備えている。
慶州地震時のように、かなりの時間が過ぎてから、それも受けられない人が1000万人以上という地震情報提供では、惨劇を避けられない。
2020年迄に韓国政府も緊急地震速報システムの構築を進めているというが、実現の可能性についてさまざまな声が出ている。
数日前、第20代国会の対政府質問で朴仁鎔国民安全処長官は不十分な政府の対応について叱責を受けると、「災難対応マニュアルは永遠に完成しない」と弁解した。
事態が発生する前に自ら革新を強調し、国家なら誠実な納税者に10秒以内に情報を提供しなければいけない。

 

③『日本の地震にも脅える韓国人、遂に海外逃避組も、Record china(9月24日) 』
観測史上最大規模であるM5.8の地震が起こった12日以降の余震に不安を募らせる韓国国民だが、ここ数日、日本で相次ぎ発生した地震にも脅える声が上がっている。韓国経済テレビが9月23日伝えた。
日本では21日と23日、夫々、M6.3と6.5の地震が発生したが地震による被害は報告されていない。又、韓国気象庁も国内への影響はないとみられると発表した。
しかしこの地震は、韓国のSNSで最近広まっているという「朝鮮半島大地震説」に火をつけてしまったようだ。23日、今年7月に釜山の海水浴場に蟻の大群発生の話題が再び注目を集め、やはりこれは地震の前兆だとの内容が飛び交った。
又、「日本の地震感知プログラム」が描いたというグラフを根拠に、「24日にM6.6クラスの大地震が再び起こる」とする説が急速に拡散した。
こうした根拠のない噂について専門家等は「全く信じる必要はないし耳を傾けてもいけない」としているが、一部市民の不安は収まらず、影響は広がっている。韓国での一連の地震震源地から程近い蔚山の住民は「噂では土曜日(24日)と今月末あたりに又、地震が来ると聞いた。
被害を避ける為、東南亜への飛行機のチケットを予約した」と話す。
又、24日は自宅に帰らず、非常袋を持って野宿するという人も少なくない。
22日、蔚山のある大型店では、レトルト食品が品切れになり、棚が空っぽになったという。


④『太和江の鰡の異常』
9月23日、韓国・聯合ニュースによると、12日のM5.8の地震発生前の2日、震源に近い沿岸都市の蔚山市内を流れる太和江(テファガン)で異変が起こっていた。ボラ数万匹が列を作り、海へ向かって泳いでいた。
川を下るボラを撮影した男性は一列になって泳いでいた。見たことのない光景だった。そしてこの男性は、翌日も同じ場所で、同じ光景を目撃した。
魚列は約2〜3Kmにも及び、かつ、2日間も続き、数万匹位はいたと思われる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3614 '16 9/24

 

①『本日の地震4回』
 24日21時03分 宮城県 M3.4
 24日16時59分 秋田県 M2.5
 24日15時10分 茨城県 M3.7  震度2
 24日04時28分 静岡県 M2.7


②『Es』
小オープン。4回ワッチ、そのうち弱いEs信号2回と孫5が1回あり。


③『黒点』
#2593、96、97(New)の3個。
SFI=86 SSN=49 A=4 K=1
前日、SFI=79 SSN=30 A=4 K=1
23日の総面積は130。


④『岡島さんの日報』
稚内(北海道)
23日 15:00 17:45から18:30 21:00
未精査。


⑤『重要事項の再々掲』
N情報は、20年以上、情報を頂いているが、正確無比。
下記の「超地震雲」観測は驚くほかはない。完全に事後の諸事象を予知してくれたのである。

早朝、太平洋上に多数(20本位)の帯状地震雲がほぼ南北に低く、連なっていた。
M情報の東からの変動する連続的な地電流と整合性がありそうである。

追加)整合性は、あると断言できる。
観測点の岩沼市(仙台の南)から雲の方向の南の震源とピタリ一致する。関東周辺の発生日との整合性は疑う余地はなくまさにドンピシャである。

尚、M情報の今月の発生情報は旧号通りである。とにかく震源付近からの地電流は大きな地震を示唆していた。
だが、これで収まるであろうか???

追加)収まらないと断言できる。

 三大情報に注目!!!
いい加減な、出鱈目な、アテズッポ地震情報が多い中、三大情報だけは燦然とひかり輝いている。
正確無比な、K、M、N情報が出た場合は心して欲しい。

繰り替えす、心して欲しい。
もう一度、繰り替えす、心して欲しい。

 

⑥『国分寺の赤』
Esの発生は、間違いなく出ていたであろう。
国分寺(東京)
16日 15:00から15:30 18:15
これは、150時間型。

21日 09:45 14:30
これは、120時間型。

 21日 19:30から19:45
これも、120時間型。

 

⑥『検証』
9/22 15:56 34.48N 141.81E 10 5.3M 千葉県南東沖
9/22 15:57 34.39N 141.80E 30 5.3M 千葉県南東沖
9/22 16:11 34.49N 141.85E 38 4.0M  千葉県南東沖
9/22 16:20 34.44N 141.74E 24 4.7M 千葉県南東沖
9/23 00:14 34.49N 141.66E 10 6.2M 千葉県南東沖
9/23 00:30 34.85N 141.60E 10 4.5M 千葉県南東沖
9/23 00:42 34.50N 141.96E 10 4.9M 千葉県南東沖
9/23 02:26 36.31N 141.82E 10 4.5M 茨城県東沖
9/23 03:37 34.51N 141.97E 14 4.6M 千葉県南東沖
9/23 05:34 34.48N 141.96E 10 5.2M 千葉県南東沖
9/23 06:13 35.02N 141.40E 38 5.1M 千葉県東沖
9/23 06:46 34.55N 141.70E 26 4.7M 千葉県南東沖
9/23 10:27 34.63N 141.78E 12 4.6M 千葉県南東沖
9/23 10:28 34.66N 141.26E 35 5.2M 千葉県南東沖
9/23 11:04 34.45N 141.43E 35 4.6M 千葉県南東沖
9/23 12:04 34.54N 141.74E 35 4.9M 千葉県南東沖
9/23 13:58 34.46N 141.84E 35 4.5M 千葉県南東沖
9/23 15:05 30.46N 142.04E 35  5.2M 伊豆諸島南部(信号機さん)

 

<a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード

 

 

 

 

a href="http://news.blogmura.com/ranking.html " target="_blank"><img src="http://news.blogmura.com/img/news88_31.gif " width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/ranking.html < a target="_blank" href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html"><img src="http://news.blogmura.com/news_science/img/news_science80_15_1.gif " width="80" height="15" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html " target="_blank">にほん

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3613 '16 9/23

 

本号の前半は重複があります

 

①『本日の地震7回』
23日23時08分 千葉県 M3.9
23日20時41分 熊本県 M2.2 
23日12時08分 トカラ近海 M2.8
23日12時02分 トカラ近海 M3.5 震度2
23日09時14分 関東沖 M6.5 (最大)
23日08時28分 熊本県 M2.9
23日03時55分 内浦湾 M2.0

 

②『再掲。⑫N情報』
日の出に彩られて、太平洋上に多数(20本位)の帯状地震雲がほぼ南北に低く、連なっていたという。
M情報の東からの変動する連続的な地電流と整合性がありそうである。


③『N情報!!そしてM6.5』
20年以上、各種情報を頂いているが、正確無比。
無駄な情報は何一つなかった。


④『検証』
最大の 関東東方沖 M6.5 が発生した。
観測点の岩沼(仙台の南)から雲の方向の南の震源とピタリ一致する。かつ、M6.5 クラスの発生日との整合性は疑う余地がない。まさにドンピシャである。

 

尚、M情報の今月の発生情報は旧号通りである。とにかく震源付近からの地電流は大きな地震を示唆していた。
だが、これで収まるであろうか???


⑤『三大情報』
いい加減、出鱈目、アテズッポな地震情報が多い中、三大情報だけは燦然とひかり輝いている。
正確無比な、K情報、M情報、N情報が出た場合は心して欲しい。
地震観測歴は、30年、35年の研究熱心な方々である。その研究データは膨大である。

 

⑥『国分寺の赤』
精査していないがこの地震を明確に示すEsの発生は、間違いなく出ていたであろう。

 

国分寺(東京)まとめて再掲。
16日 15:00から15:30 18:15
これは、150時間型の可能性あり。


21日 09:45 14:30
これは、120時間型だろう。


21日 19:30から19:45
これも、120時間型だろう。

 

 

⑦『Es』
極小オープン。3回ワッチ、弱いEs信号あり。

 

⑧『黒点』
#2593、96(New)の2個。
SFI=79 SSN=30 A=4 K=1
前日、SFI=86 SSN=35 A=10 K=1
22日の総面積は100。

 

⑨『酒井さんの日報』

稚内(北海道)
22日 23:15
23日 10:30

 

国分寺(東京)
23日 13:45


大宜味(沖縄)
22日 20:00から20:15
未精査。


活動度指数
9月22日の黒点相対数は30。 (SSN=30) 
9月22日の黒点総面積は100。
9月22日のf10.7は79。 (SFI=79)
9月22日の地磁気K指数合計は4、最大地磁気K指数は1でした。 (A=4 K=1)

 

⑩『再掲。昨日の⑧と⑨』
台風16号の解せない動き、こんな台風、見たことない。
略、極端気象の頻度が多くなった。

 

ウエザーメーターを備えておく必要がありそうである。

 

異常の気象の暗示するもの~
「たとえ明日この地球が滅びるとも、君は今日その手で林檎の木を植える」
今年の台風は例年に比べると異常で多数の死傷者が出ている。これからも、自然災害は増えて行くだろう。


 
⑪『霊感反応』
翌日の新刊広告(読売1面下欄)に下記が出ていた。
下欄広告は書籍の広告が8枠あり、横一列に並んでいた。
皆、同じ大きさである。

右から2番目にこの広告があったが目が悪いせいか、脳視野の異常なのか?? K情報の視覚感知のように、この「気象災害」の文字が光っており、他の広告は目に入らなかった。


「気象災害の知恵(気象予報士、伊藤佳子・鈴木純子著)」 求龍堂1100円。

以下はそのキャッチフレーズ。
「災害が多い今だからこそ!! 備えておきたい1冊!」
「いざというときに身を守る」
「大雨・雷・強風・台風等の対策方法が満載」とある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3613 '16 9/23

①『本日の地震5回』
23日12時08分 トカラ近海 M2.8
23日12時02分 トカラ近海 M3.5 震度2
23日09時14分 関東沖 M6.5 (最大)
23日08時28分 熊本県 M2.9
23日03時55分 内浦湾 M2.0

 

②『再掲。⑫N情報』
暫くぶりで電話があった。今回は、雲である。
早朝、日の出に彩られて、太平洋上に多数(20本位)の帯状地震雲がほぼ南北に低く、連なっていたという。
M情報の東からの変動する連続的な地電流と整合性がありそうである。


③『N情報!!そしてM6.5』
20年以上、各種情報を頂いているが、正確無比。
無駄な情報は何一つなかった。


④『検証』
本日、最大の 関東東方沖 M6.5 が発生した。
観測点の岩沼市(仙台の南)から雲の方向の南の震源とピタリ一致する。かつ、M6.5 クラスの発生日との整合性は疑う余地はなくまさにドンピシャである。

尚、M情報の今月の発生情報は旧号通りである。とにかく震源付近からの地電流は大きな地震を示唆していた。
だが、これで収まるであろうか???


⑤『三大情報』
いい加減な、出鱈目な、アテズッポ地震情報が多い中、三大情報だけは燦然とひかり輝いている。
正確無比な、K情報、M情報、N情報が出た場合は心して欲しい。
地震観測歴は、30年、35年の研究熱心な方々である。その研究データは膨大である。


⑥『国分寺の赤』
精査していないがこの地震を明確に示すEsの発生は、間違いなく出ていたであろう。
国分寺(東京)
16日 15:00から15:30 18:15
これは、150時間型の可能性あり。

 

21日 09:45 14:30
これは、120時間型だろう。

 

21日 19:30から19:45
これも、120時間型だろう。

 

 

<a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード

 

 

 

 

 

 

<a href="http://news.blogmura.com/ranking.html " target="_blank"><img src="http://news.blogmura.com/img/news88_31.gif " width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/ranking.html < a target="_blank" href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html"><img src="http://news.blogmura.com/news_science/img/news_science80_15_1.gif " width="80" height="15" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html " target="_blank">にほん

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3612 '16 9/22

 

①『再掲。地震ニュースの見方』
 前にも書きましたが当ニュースは旧号から逆に読んで頂きたい。
古い順から見て欲しいのです。連載なので、関連性や連続性があり、前記事(旧号)を見ないと意味が判りません。特に古い、専門用語は数箇所に解説が分散しています。
 「赤単」や「銀雲電離」「火山性ノイズ」「マグマ性ノイズ」は勿論、「爆縮」「3種混合」「三連音符」「N型・P型電離層嵐」「磁気嵐」「デリンジャー現象」「松明現象」「スペアナの幽霊現象」「虚像」「偽像」「縦型Eスポ」「近距離Eスポ」「極中間圏夏期エコー」「TID」「TEP」 「FAI」「スキャッター」「トロッポ」「G層・H層」「F層遮断」「孫5・孫6ノイズ」「高空放電ノイズ」「地上放射ノイズ」「抑圧効果」「二つ玉天秤棒効果」「高気圧合体効果」「ブルージェット他の巨大放電」「太陽バースト」「プラズマバブル」「井戸ラドン」「M情報」「K情報」「N情報」等はバックナンバーにあります。

 

②『再掲。地震エッセーの循環』
各ブログ(ja7hoqで検索)の冒頭の自己紹介にも記してありますが、各ブログは地震エッセーとして執筆を始め、仏作曲家、フランクの循環形式を踏襲しています。
主題(テーマ=黒点、フレア、磁気嵐、電離層嵐、雑音、縦E、イオノ、黄砂PM2.5等)が循環して度々、変奏(主題展開部、再現部等)を重ねます。

 

③『本日の地震6回』
22日21時07分 茨城県 M3.2
22日20時57分 千葉県M2.6
22日17時17分 熊本県 M2.5
22日14時03分 山梨県 M2.6
22日13時59分 熊本県 M1.9
22日12時09分 山梨県 M2.6

 

④『本日のEs』
極小オープン。
2回だけワッチ、弱いEs信号あり。

 

⑤『黒点』
#2593、95の2個。
SFI=86 SSN=35 A=10 K=1
前日、SFI=85 SSN=32 A=19 K=3
21日の総面積は170。

 

⑥『酒井さんの日報』
稚内(北海道)
22日 06:30 10:15 13:15

 

国分寺(東京)
21日 19:30から19:45

 

大宜味(沖縄)
22日 09:45から10:00 11:15 12:00から12:30
未精査。


⑦『再掲。ウエザーメーター表示はほんまだった』
メーターは、間違っていなかったのだ。実に正確。驚いた。
これをウエザーメーターが予測したのである。

 

台風16号の軌跡を見たが、解せない動きをしていた。
21日、3時には08に急上昇、飛行機並みの速度で遥か福島県沖へぶっ飛んでいた。こんな台風、見たことない。
地軸のブレ、自転速度、温暖化なのか、エルニーヨか、極端気象の頻度が多くなった。


⑧『測定精度』
取説は失くしたので、ネットで調べてみた。

温度・湿度測定精度、気圧・温度・湿度のサンプリング間隔、表示予報、トレンド表示等、詳しい仕様があった。かなりのものである。
まさか、AIは組み込まれていないだろうが、データプログラムの組み方が優れているのだろう。これを含めると我が家には4台の気圧計がある。温度、湿度計の市販品は多いが、気圧計は種類が少ないし、やや高価で普及を妨げている。
単独、単品で買うより簡単なCPU内蔵のものを備えておく必要がありそうである。

 

⑨『異常の気象の暗示するもの』
ホーキング博士の ~自然の環境が狂い、生命体は自滅し、消滅~ を石原慎太郎氏の「日本よ」で、再々度、読ませて貰った。 
~今となれば所詮の手だてでは済まぬ事態が迫って来ていることを、子孫達の為にごく近い未来に目を凝らすべき時に到来~

 

そんな時、ゲオルグの 「たとえ明日この地球が滅びるとも、君は今日その手で林檎の木を植える」 を思い出さぬ訳にはいかないのだ。


今年の台風は例年に比べると異常で多数の死傷者が出ている。これからも、自然災害は増えてゆくだろう。

 

それにつけても「中国・三峡ダムが崩壊する日」を読むと、背筋が寒くなる。なんら対策を打ち出していないのだ。
この記事は必読である。未だ、書店にあると思う。

 

 

 

 

<a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3611 '16 9/21

 

①『最新のGPS地殻変動情報』
9月3日迄のデータを使用して9月20日に更新。
硫黄島1 16.9cm  同2、 28cm
前津江  18.5cm。
 

②『本日の地震7回』
21日23時11分 熊本県阿蘇 M2.7
21日21時37分 熊本県 M2.7
21日20時02分 熊本県阿蘇 M3.4 震度2
21日19時57分 岩手県沖 M3.4
21日11時29分 十勝地方 M3.4 震度2
21日06時50分 熊本県 M2.7 震度2
21日01時22分 鳥島近海 M6.3(最大) 


③『本日のEs』
小オープン。
4回だけワッチ、3回ともEsは聞けなかった。


④『黒点』
#2593、95の2個。
SFI=85 SSN=32 A=19 K=3
20日の総面積は170。

 

⑤『酒井さんの日報』
稚内
21日 06:30 10:15

 

国分寺
21日 09:45 14:30

 

大宜味
20日 20:00
無精査。

 

⑥『再掲。3608号のEs』
「バンバン」飛び、そして、「ガツン」とSメーターを振らせたあのEsは、影をひそめた。

かくも、秋になると、様変わりする。
この大自然の驚異! 電離の大変貌を味わえるのはハムだけである。
さらば、良い スポ!!

 

外気温は、今、20℃。
ギンギンに冷えたビールはちとこたえる!!
ぬるめの澗がいい季節になった。
亜紀もいいが、エラやサラの秋の曲もよい。
BGMは「ニューヨークの秋」。略。


⑦『旧号のサラボーンをやっと入手した』
サラボーンの切手シート(16枚)はレコードジャケットそのもの。
奇抜で裏面が切手、表はLPジャケ(縮尺)になっており、収録されている12曲がはっきりと読める。
その中になんと上記の「紐育の秋」があるではないか!!

 

サプライズがもう一つあった。
サイズは、EP(45回転、ドーナッツ盤)ぴったし。これは、ニクイ。
ただただ、感嘆!!

 

蛇足だが、切手シートの下には、Sarah Vaughann(1924~1990)
この後に彼女の経歴が続く。

発行年は2016と小さく入っているがこのシートの売価や切手に額面がない。サラの顔ばかり見ていて気付かなかった。
どこの国もそうだし、日本も52円とか82円とはっきりと印字されている。
アメリカの第1種料金は49セントと決まっているので省略して無額面になっているのだろう。
因みに英国の切手には国名は入っていない。
逆に国名を大きく印刷して国威発揚する国もある。それはCCCPだ。
とにかく、でかい。 弱視の私でさえ見える。
日本郵便NIPPONは中庸を得て、バランスよく印面に収まっている。

 

⑧『高性能ウエザーメーターの表示』
台風16号が近づいているのに能天気な表示!!
勿論、警戒音はない。
ほんまかいな??


⑪『ウエザーメーター表示はほんまだった』
能天気な予報表示とは~。
台風の降雨のさなか、天候回復の上向きカーブと共に明日は晴れと出ていたのだ。
 ウエザーメーターのエラーに違いない、このアホとちっぽけなメーターを嘲笑した。

一夜、明けると朝から晴れ。風も完全に止んでいた。
メーターは、間違っていなかったのだ。実に正確。驚いた。
今度はメーターに睨めつけられ、「アホ」と云われている私がそこに居た。

天気図では、20日18時、92hpaで愛知県付近。
21時には04の温低になり南下。
翌日3時には08に衰え、遥か福島県沖の遠方へぶっ飛んでいた。
飛行機並みの速度、気圧は急上昇、こんな台風、見たことない。
これをW.メーターが予測したのである。

 

⑩『再掲。空電と云えば~』
昨夜、「世界まる見え! 謎とき、秋のミステリーを見た人はラッキーだった。
巨大落雷とエルブス、スプライト、ジェットの関係やE層までも届くのが目で確かめられた。


⑪『特大スプライト』
S.ウエザーに水母型の画像が今日載った。
カリブ海上スプライト: 9月18日、プエルトリコのフランキー ルセナ氏はカリブ海で巨大なスプライトを撮影した。一瞬、空はキノコ形のフラッシュに照らされた。

 

⑫『N情報』
暫くぶりで電話があった。
今回は、雲である。
早朝、日の出に彩られて、太平洋上に多数(20本位)の帯状地震雲がほぼ南北に低く、連なっていたという。
M情報の東からの変動する連続的な地電流と整合性がありそうである。
 

⑬『x さんより(9月21日 )』
黒部ダム付近で小規模地震が多発、、8月以降の観測回数が400回以上だそうです。ソースyahooニュース

RE:お知らせ有難うございました。
ダム近辺は地震が多くなりますがそれにしても、今の多発は、これが原因とは、考えにくいですね。
付近の松代多発に似ているような気がします。
M情報の東から新潟県周辺に流入する連続的な地電流と関係があるかもしれません。
単なるダム地震なら心配要りませんが、電離層の変化が判らない場所なので、伝搬レポが頼りです。
日本海側のレポが少ないのが残念です。

 

<a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3610 '16 9/20

 

①『本日の地震9回』
20日20時06分 新島・神津島近海 M2.7
20日16時23分 岩手県 M3.8
20日15時13分 熊本県阿蘇 M2.7
20日10時45分 伊勢湾 M2.7
20日09時42分 熊本県 M2.8
20日08時46分 岩手県沖 M4.7 震度3(最大)
20日04時05分 内浦湾 M2.2 震度2
20日03時59分 内浦湾 M2.9 震度3
20日01時19分 新潟県 M2.5

 

②『再掲。昨日のEs』
Esは聞こえなかった。
外出でワッチ2回のみ。孫5は不明。


③『深読み、されたのか?』
どの位、深読みされたのかな??
孫5は不明と書いたのは、通常の半分以下の朝2回しかワッチできなかったからだ。
この時、孫4くらいのノイズが散発していた。
発展性のあるノイズなどと書くと、そんなノイズがあるか、出鱈目を書くなとお叱りを受けそうである。
しかし、時間をかけて、大きくなる可能性がある地震性ノイズと睨んだ。
M5になる可能性を秘めていたのである。

 

帰宅が遅かったのでワッチは出来なかった。
もう一つ云うと心残りのノイズでもあった。
これまた、そんなノイズがあるか‼! アホと言われそうである。


こうゆう理由で「孫5は不明」と書いておいた。有りとも、無しとも書けなかった所以である。
後刻、100%の確率で孫5は出現したと思う。

結果は。24時間後、 岩手県沖 M4.7 震度3(最大)。後発だが、岩手県 M3.8 が発生している。
ここ迄、深読みして欲しいものである。

今後も正確な情報を発信して行きたい。
イオノや孫5の信奉者は、通信型受信機で是非ワッチして貰いたい。

 

④『たかが雑音、されど雑音』
孫5・6(M5・6)は耳障りな雑音だが、地球の地下からの貴重なメッセージでもある。
その気になれば自分で観測できる地震のメッセージである!

 

高性能受信機は安い。
耳だけのワッチでも精度(確率)は、非常に高い。
欲を言えば目で見る(シンクロ、スペアナ他)と精度はより高まる。

 

空電と間違い易いが的確な判断方法はある。

 

自分は地震などで死なないと思っても、予知されない突然の大地震でどうなるか分らない。保険に入っていても、金銭保証だけで、命の保証ではない。
自分流の確実な予知法を知っておくことだ。
避難袋も大事だが、こちらは、もっと大事だ!!

 

⑤『空電と云えば昨日の~』
19時からの「世界まる見え! 謎とき、秋のミステリーを見た人はラッキーだった。

巨大落雷とエルブス、スプライト、ジェットの関係やE層までも届くのが目で確かめられた。
又、UFO雲や多数の地震雲も気象学的解説で地震と関係がないのもよく分かった。

 

⑥『黒点』
#2592、 93、94、95(New)、4個。
SFI=83 SSN=56 A=10 K=4
前日、SFI=83 SSN=47   A=8 K=2
19日の総面積は90。

 

⑦『本日のEs』
Esは聞こえなかった。
今日も外出でワッチ3回のみ。孫5は不明。

 

⑧『酒井さんの日報』
稚内(北海道)
20日 02:00 13:00から13:15
未精査。

 

F層fxは、20日の昼頃に大宜味(沖縄)で高めでした。
山川は、一部時間帯のデータが確認できない状態となっています。
 


⑨『稚内は見る暇がないが…』
旧号にあるが、下記と関連があり、今後の北海道(含む、周辺)地震を知る為には精査せねばならぬ。
20日04時05分 内浦湾 M2.2 震度2
20日03時59分 内浦湾 M2.9 震度3

 

⑩『高性能ウエザーメーターの表示』
台風16号が近づいているが能天気な表示!!
勿論、ピー音はウンもスンもない。
ほんまかいな??

 

⑪『HF帯固定局用無線機を募集開始』
スプリアス実態調査(無料)が始まりました。
JARDでは、JARL登録機種や初期のJARD技適機種(旧スプリアス規格の無線機)が、どの程度新スプリアス規格を満足するかどうか調査し、保証業務等の参考にする為、実態調査を実施しております。
従来からのハンディー機及びモービル機に加え、4月27日から新たにHF帯固定局用の無線機の募集を開始しました。
次のリストの機器をお持ちの方は、ぜひご協力をお願いします。
同タイプにつき原則2台まで募集します。 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本地震前兆現象観測ネットワーク 3609 '16 9/19

 

①『本日の地震7回』
19日21時10分 岐阜県 M3.2
19日20時34分 朝鮮半島 M4.4(最大)
19日16時20分 秋田県 M2.5 震度2
19日15時52分 愛媛県 M3.6
19日15時23分 秋田県 M3.2 震度2
19日02時06分 宮城県沖 M3.5
19日01時44分 留萌地方 M3.1 震度2

朝鮮半島南部の余震は多い。特筆すべきは、地表に近い震度0Kmの地震が多い事だ。今回の北の核実験の影響は極めて大きかった。
白頭山周辺の異常はあまり伝わってこない。こちらも心配である。

 

②『Es』
Esは聞こえなかった。
外出でワッチ2回のみ。孫5は不明。

 

③『黒点』
#2592、 93(New)、94(New)、3個。
SFI=83 SSN=47   A=8 K=2
前日、SFI=80 SSN=14 A=4 K=3
18日の総面積は40。

 

④『酒井さんの日報』
スポラディックE層の発生は、確認されていません。

 

⑤『孫5や孫6が出現すると~』
過去データから関東北部から東北周辺で発生する。
規模にもよるが翌日発生が多い。
17日 千葉県沖 M5.0(最大)や本県沖 M4.6 等、孫5の結果が翌日に出た。


⑥『孫5や孫6が出現しないと~』
出ない時は安全日。

 

14日、15日、16日は、M5に対応する地震は皆無だった。
18日は、7回発生、オール震度1。
19日、本県沖であったが微小1回。

 

過去の孫5・6(M5・6)予知、検証実証を見て自分で観測をしてみてはいかが!
高性能受信機は安い。耳だけのワッチで簡単。精度(確率)は、非常に高い。

自分は地震などで死なないと思っても、予知されない突然の大地震でどうなるか分らない。保険に入っていても、金銭保証だけで、命の保証ではない。
自分流の確実な予知法を知っておくことだ。
避難袋も大事だが、こちらは、もっと大事だ!!

 

⑦『9月14日号』
この号のアクセス数増は何故なのかさっぱり分らない!!
誰か、他で引用でもしたのだろうか??
それとも次の大地震のヒントを得ようとしているのだろうか??
3076号('15 3/16)を再掲した次第である。

 

このようになるのは、
1)地軸のブレ
参考)下記⑨。

 

2)自転速度の変化
加速より減速時の地震は多いし大きい。


3)光の屈折・反射・ダクト現象等
例えば、冷たい湿度の高い空気層と、温度の高い乾燥した空気の境界面、電波も曲がれば、光も曲がる。
 

4)目の錯覚
目でものは見ない。脳が見るのである。
錯覚ばかりではなく幻視、幻聴もあれば、共感覚者は色がないのに色を感ずる。
夢と現実を混同してしまう場合もあり、虫の知らせもある。

 

⑧『kimkimさん(9/19)より』 
あのポストと現代で虫の知らせ☆カン不思議特集やってて コンビニで内容確認しましたが、大変画期的内容で驚きました!
週刊現代(9/24=10月1号)で所謂、勘・カンについての考察!
ポストの方(9/30号)では虫のお知らせについて・・・
同じタイミングで似たような特集、皆さんご経験、何か不思議な体験(虫さんのお知らせやカン的中!)など、お知らせ下さい。

 

⑨『上記⑦地軸のブレ(9月4日)関連』
なんじゃこれ‼!  翌日のソニアさんのブログに載った。

 

愛知ソニアさん(9月15日)の地軸の変化によると~
全地球的気候変動を告げるイヌイットが又しても、‘地軸がシフト’という報告が、加、米、グリーンランドの北極圏イヌイットの長老達からNASAに入った。
世界各地で激しさを増している気候変動は、地球温暖化の影響によるものではなく、地軸シフトが原因だと彼等は述べている。
イヌイット達は、大昔から気象の変化に関するエキスパートだ。
今回、彼等がNASAに警告、この変動によって地震や噴火が世界的に起きやすくなっているという。
長老達は、日出の位置が以前と比べると変わった。最近では以前よりも明るさが増しているので、狩りをする時間も延びている。
太陽の高さが以前よりは高くなり、気温も以前と比べると速く温まると云う。
北極圏の別の地域に住む長老達も口を揃えて、太陽と月、星の位置が変化、気温も気象もそれに伴って変わってしまったので、もはや以前のように予測する事は不可能になった。地球は北に傾いたと言う。

 

これを知った南半球に住むある男性は、以下のように述べている。
私の家の壁の柱の位置に沿って夏の夕日が差し込んでいたのに、最近その位置に変化が現れ、コンパスで測ると25度も移動している。

 

2011年にも地軸が今回のように少しシフトしたことが報告された事があった。
グリーンランドのイルリサットという小さな町では、毎年、時計仕掛けのように、きまって1月13日に極夜が明けて初日の出が現れる。その日の出は 住民にとって、太陽の出ない真っ暗な冬の世界の終わりを告げる空のサインでであり、町中の人々が例年通り初日の出を祝う。
しかし、今年に限り、48時間も早く極夜が明けた。現地の人々は、11111と重なるので、初春に相応しい太陽の象徴として喜んだ。しかし問題は、2日も早くなったその理由だ。
グリーンランドのKNR放送局がこのニュースを伝えたが、最初にそれに気付いたのは、イルリサットの住民。この異常現象について科学者達に問い合わせたが、誰ひとりとして知らなかったと云う。

 

2011年といえば、日本人にとって忘れられない3・11の年。今年も相次ぐ噴火や先週、関東地方を襲った豪雨といい、イヌイットの長老達の警告と関連が深いように思われる。


 

 

 

<a href="http://keyword.blogmura.com/key00517257.html ">[地震 前兆] ブログ村キーワード

 

 

 

 

 

 

<a href="http://news.blogmura.com/ranking.html " target="_blank"><img src="http://news.blogmura.com/img/news88_31.gif " width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/ranking.html < a target="_blank" href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html"><img src="http://news.blogmura.com/news_science/img/news_science80_15_1.gif " width="80" height="15" border="0" alt="" /></a><br /><a href="http://news.blogmura.com/news_science/ranking.html " target="_blank">にほん

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。