I & I

三日坊主で終わるかと思っていたこのブログも気付けば数年経ちました。

更新頻度は激減したものの、日々の出来事や思ったことなどを、思い付いた時に書いていきたいと思います。

            IRIE?


テーマ:
最後に更新したの何年まえじゃ

なんとなく思いつきで更新する。


ここ数年は私自身本当に色々ありました。

アトピーで悩まされる日々。

死にたくもなった。

自分と向き合い過ぎた。

けど、自分の弱さを知れた。

そうしたら少し強くなれたかもしれない。


引越しもしたよ。

色んな出会いも会ったよ。


まだまだ、これから。

また、気むいたら更新します。


あ、そういえば 先日 ある料理家さんと再会してミキを作って瞑想したよ。

そしたら ボブからのメッセージを受け取った。


いつも見守ってるから大丈夫だよ。
愛してくれてありがとう。

って。自然と涙が溢れて 私の言葉を使って伝えてくれたよ。

そしてそして、またカタチを変えて私の前に現れてくれるって。

嬉しいな。

また再会できるの楽しみにしてるね。

本当に本当に今でも大好きなボブへ。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今年は私にとって最も重要な1年であったのではないのでしょうか。



体調や気持ち的には悪い時期でしたが、それによって気づいたことや出会いが沢山ありました。



気持ち的になんだがモヤモヤしていた6月にふと思いついたひとり旅、行き先は前にも行ったことのある奄美大島と加計呂麻島でした。







ずっとお会いしてみたかった奄美のジャンベチーム、笠ジャンの方に友人を介して連絡をとってもらってお家にお邪魔させてもらって、色々お話しを聞きました。



漠然と島暮らしをしてみたいと考えていた私としてはいい面も悪い面も聞けた貴重なお話しでした。



そして、何よりそこの子供たちが素直で懐っこくて本当に素敵なファミリーだった。



またお会いしたいご家族です。



その日は名瀬泊で、夜は1人で飲みに行くぞ!と笠利でオススメのお店を聞いておいたのですがそのお店がお休みでした。

お土産の焼酎と頼まれていたルリカケス買うために入った酒屋さんで、どこか女性1人でも行けるお魚の美味しいお店はないかと尋ねると「じゃー、乗っけてってやるよ!」とそこのおじちゃんオススメのわきた丸まで軽トラで乗っけてってくれました!



ありがたい!そしてこういうところがやっぱり奄美大好きと思いました。



わきたまるは以前来島した時に行きたかったけど満席で入れなかったとこ。



カウンターもあるので1人でも飲める感じ。

でも、刺身を頼むと1人前けっこう多いから2種類くらい頼んじゃうと最後の方、もう生ものいらないですぅ!てなるから気をつけて!



で、酔っ払ってきて1人で呑むのも楽しくなくなってきたから、出張で来ているらしい男の子を逆ナン(笑)して、二軒目!



カラオケも出来るバーみたいな、九州でよく見かける地元の若者が集う感じの飲み屋でした。



つづく
















AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本ネタ書き終わる前に新たな旅に出ましたので簡潔に。

黒川温泉を後にして、宿へ向かいました。

お世話になったとこは南阿蘇にある
photo:01



みな和という旅館

全て離れになってて客室露天風呂付き♪

photo:02



ごはんもお酒も美味しくて素敵なとこでした。
photo:03



photo:04



なにかとくまモン攻撃。

次の日は阿蘇山へ。

photo:05


photo:06


photo:07


photo:08


火口とかモクモクすぎて全く中見えんかったし、馬とか一ミリもみてないし、次は緑の阿蘇山脈が見てみたいな!

でもでもいーとこでした!!
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



photo:02



黒川温泉のつづき。

二つめのお風呂は血行促進効果のある炭酸泉をチョイス。

photo:03



ここは露天とゆーより岩風呂でした。

洞窟みたいに彫られてて中は暗くて下はゴツゴツ。

少し滑りやすくもなってるから子どもとかお年寄りはちょっと危険かも。

炭酸感もそんなに感じれなかった。

でもすっごい体温まります。

冒険きたみたいな雰囲気なので男性はワクワクするかもね。


三つ目のお風呂はお肌のトリートメント。

硫化塩泉 塩化物泉でお肌の蘇生効果と湯上りしっとり効果を狙ってここへ。

photo:04



三つの中でお風呂は1番広くて
お湯も乳白色で露天風呂の雰囲気は良かったです。

黒川温泉の中でもけっこう大きめの旅館なのか人が多くてゆったりする雰囲気はなかったかも。


結果、1番最初のふもと旅館が1番素敵でした。

photo:05



photo:06




色んなお風呂があるからどこのどの効果のどの雰囲気の温泉にするかパンフレット見ながら決めるっていうのが今まで経験したことなかったからほんと楽しかった[みんな:01]
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しつこく続けます。
正月ネタ。

熊本2日目はレンタカー借りて阿蘇の方まで足を伸ばしました。

絶対行った方がいいと勧められた黒川温泉。
photo:01



photo:02


手湯
photo:03



photo:04



顔湯

photo:05



足湯

色んな湯があるよ。

30分も歩けば一周できるような温泉街なのに、宿によって泉質が違うという不思議な温泉。

photo:06



手形を買うと、三つの露天風呂を巡れます。
photo:07



photo:08



まずは、単純泉で体を慣らします。

ふもと旅館。

趣のある素敵な旅館。

次来たらここに泊まってみたい。

つづく


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
だいぶ時間差だけど続き。

photo:01



photo:02



夜はM氏のご両親がやってるお店、とっぺんさきへ。

馬刺しや揚げたての辛子蓮根、究極の豆腐。どれも美味しかったけど、だご汁特に美味しかったー。

お父さんもいい感じでテキトーでかなりおもしろい方でした

photo:03



その後は熊本のアミューズメントタワー?だったか、一階はダーツバーみたいなとこで誰かがカラオケしてて、二階はクラブみたいになってるなんかおもしろいとこ行った。
しかもチャージフリー!やっぱテキトー(笑)

熊本メンバーとも飲めてほんとー楽しかった!!


次の日ホテルから歩いて駅に向かおうとしてて、携帯の地図みながら歩いてたらおばちゃんが「どこ行きたいの?」て道教えてくれた!

鹿児島に続いて熊本でも起こった、道聞いてないのに教えてくれるて状況。

だから九州てなんか好き。

今度は逆の立場で誰かに手助けできたらいーな!

photo:04



無事に辿り着けたよ熊本駅。



コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
正月三が日、熊本へ行ってきたよ。

九州攻め三つ目の県。

ひっさしぶりに行った名古屋空港では展望デッキで初日の出を拝むことができて幸先いい旅のスタート。
photo:01


photo:02



熊本に着いて、荷物だけ預かってもらおうと泊まるホテルに行ったのが10時半くらい。

チェックインの時間は15時なのに「もう部屋使っていいですよ~」って。

超テキトー!

朝早くてノーメイクだったから助かりました。。


日本三大名城の熊本城
photo:03



photo:04



技術の進歩です。

こりゃ、わたしが敵だったら天守閣まで辿り着けんわ!って造り。

素晴らしい。

熊本に行ったことある人ほとんどにぜひ食べてって言われた いきなり団子もおいしかったよ。


つづく。




コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
マヤ歴だともーすぐ世界が終わるって?

もしそれがほんとーならあと数日じゃん。

そー思ったら何か書き残したくなったよ。

ありがたく何不自由なく毎日幸せに暮らせてるけど、世界には色んな問題が山積みで、こんな世界ならいっきにわーーーって終わっちゃえばいいのにってたまに思ったりもするけど、

本当に終わってしまうとなったらやっぱり悲しい。

いつ終わってもいいように悔いの残らないようにしたいけど、


あと数日じゃー私のやりたいことは足りない。


とにかく今の世界には問題が山積み過ぎる。


明日、明後日、本当に最後っていうならジャマイカのレイタウンの日曜のダンス行きたい。

明日じゃ間に合わんか。
てか、日曜だから日曜日まで待って。

photo:01

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
漁師のたつおさんが差し入れてくれたホシガツオとカンパチのお刺身と、みんなが捕ってくれてさばいてくれたタタキ。




留学生のけんたろうくん自慢の餃子。



男性陣がせっせと包んでくれました。





どれもこれもほんとーにおいしかった。
もっかい食べたい。



区長が焼いてくれたスパムにマヨラーたつおさんマヨネーズベタベタ。


みんなで色んな話して、区長の話3割くらいしか理解できなくて、よっさんの誕生日をケーキに箸さしてお祝いして、楽しい時間を過ごしました。





翌朝、早起きしてみんなで東温泉に行きました。
海を眺めながらの温泉最高でした。



傷口がピリピリしたけど、皮膚病に効くらしくほんとーに次の日には手荒れがすっかり良くなってたキラキラ


そっからはもうドタバタ。
お昼のフェリーに乗って帰らなくてはなりません。

フェリーのお出迎えの太鼓を一緒に演奏して、今度はお見送りの太鼓で見送られる。

たつおさんも見送りにきてくれて、残念ながら今回あまりお話することができなかった島の人たちも見えなくなるまで手を振り続けてくれました。


旅の終わりはいつも切ないけど、こんなに悲しいお別れは久しぶりだった。

こんなにもあたたかい気持ちをくれた鹿児島、硫黄島、出会えた人、自然、一緒に行ってくれたみんな、ほんとにありがとう。


絶対また行きます。船


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まだまだ、続きます。

次は大浦港



ここの波は穏やかで透き通るような青が本当に美しかった。
シュノーケルしたかったけど、なんせ私達は時間がない。

恋人岬、牧場、島で一番高いとこにある橋、今は使われていないイオウジマエアポート。



道中、孔雀と幻の(!?)白い孔雀も見たよ。

島の名所、色んなとこを見ることができました。
しかも、この島内観光は車での移動だったんですがその車は島の人が貸してくれたのです。ほんとやさしいなぁ。

次は私達の歓迎会をしてくれるってことで宴の準備じゃー!




前日にまーちゃん、けんたろうくん、まさくんが捕ってくれてた魚達。
クロダイ コロダイ
派手なやつの名前は忘れた。



コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。