1995年のナトリウム漏えい事故後、14年以上にわたって運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、国の原子力安全委員会は22日、運転再開を容認した経済産業省原子力安全・保安院の報告書について、妥当と判断した。これで再開に向けての国の手続きは整い、地元の判断待ちとなった。 

【関連ニュース】
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし
「競争」7割は1社入札=顧問雇用の企業グループ
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目

石原知事、藤田まことさん「僕にはシンボリックな俳優」(産経新聞)
参院選にらみ連携=政策協議開始へ-公明、みんなの党(時事通信)
北陸大教授の解雇無効=学部再編で授業廃止-金沢地裁(時事通信)
ホンダ、青木氏が退任し会長は空席に(レスポンス)
警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を… (産経新聞)
AD