低気圧が急速に発達しながら日本海を進んでおり、東京23区の沿岸部や海上、伊豆諸島では21日朝、20メートルを超える非常に強い風が吹いている。

 気象庁によると、同日午前5時までに観測された主な地点の最大瞬間風速(速報値)は、江戸川区臨海で35・2メートル、八王子市八王子で33・8メートル、府中市府中で30・0メートルなど。

 江戸川区臨海など5地点では、3月の最大風速の記録を更新した。

 最大風速は、都心でも千代田区大手町で14・3メートルを記録するなど、強い風が吹いている。

 また、波が高くなり、21日に予想される波の高さは東京湾が3メートル、伊豆諸島が5メートル。

 気象庁は暴風や高波への警戒のほか、落雷や竜巻などにも注意するよう呼び掛けている。

「体外式補助人工心臓装置」など早期導入が妥当―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
生方氏解任 閣僚から疑問の声 枝野氏「党にプラスでない」(産経新聞)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共(医療介護CBニュース)
首相動静(3月17日)(時事通信)
AD