原口総務相は13日、総務省の課長補佐が東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒の自殺に関し、在京民放テレビ局5社に報道の内容や取材手法を問い合わせていた問題について、「事実関係を調べる」と述べ、早急に調査する考えを示した。

 佐賀市内で記者団に答えた。

 課長補佐が、原口氏がツイッター(簡易投稿サイト)に自殺予防のための世界保健機関の手引を書き込んだのを読み、自分の判断でメールを出したとしていることについては、「ツイッターで、誰かが(手引に関する書き込みをして)聞いてきたので答えた」と語った。

現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で-福岡県警(時事通信)
皇太子さまがガーナ、ケニア訪問からご帰国(産経新聞)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
4人組強盗、1人確保=東京・兜町の会社(時事通信)
<東京消防庁>地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年(毎日新聞)
AD
 11日に開かれた自民党の安心社会研究会(与謝野馨会長)の初会合で、副会長の尾辻秀久参院議員会長が、講師として招いた吉川洋・東大大学院教授に罵声(ばせい)を浴びせる一幕があった。

 尾辻氏は、会場に入るなり、吉川氏を見つけると「何であんたが来るんだ」「いい加減にしろ」などと一方的に怒鳴り散らし、与謝野氏の説得を振り切って開会直前に退出した。

 吉川氏は小泉内閣の経済財政諮問会議のメンバーで当時、社会保障費の毎年2200億円の抑制をとりまとめた。

 尾辻氏は厚生労働相経験者として社会保障費抑制に反対してきた経緯から、主張が相いれない吉川氏を研究会に招いたことに、怒りを爆発させたとみられる。

【関連記事】
民主が「議員政策研究会」 政調復活要求への苦肉の策 くすぶる反発 
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
やにわに活気づく自民勉強会、党再生は後回し?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
舛添、塩崎氏らが「成長重視」の勉強会発足へ
20年後、日本はありますか?

政治主導、国会活性化の2法案 来週審議入りへ 与党3党が合意(産経新聞)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
路上に倒れた男性が死亡=半裸、手に粘着テープ-警視庁(時事通信)
<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
太さ日本一のカシワ、青森にあった(読売新聞)
AD
 【ソウル西脇真一】東京都新宿区の百貨店で昨年12月、ダイヤモンドの指輪4点(計約1500万円相当)が奪われた事件で、ソウル中央地検は12日、チョン・ヨンヒ容疑者(40)を特殊強盗や旅券法違反などの罪で起訴した。

 チョン被告は昨年末、客を装って入った百貨店内の宝石店「ティファニー」から指輪をはめたまま逃走。台湾でも同様の事件を起こしたとされる。

 チョン被告は今年1月、日本や韓国、台湾間の警察当局の捜査協力が功を奏し韓国で逮捕された。

【関連ニュース】
新宿指輪強奪:容疑者逮捕 韓国当局
東京・新宿三越の指輪強盗:代理処罰の要請で、韓国へ捜査員4人派遣
東京・新宿三越の指輪強盗:韓国人の男逮捕--韓国当局

「6カ国予備会合」案を協議=中国特別代表と斎木局長(時事通信)
天皇陛下 東ティモール大統領と会見(毎日新聞)
潮風号 今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
<官房長官>鈴木宗男議員に質問主意書の取り下げ求める(毎日新聞)
ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所-構造上の問題か・環境省(時事通信)
AD