だっちゃん担当日曜日です

テーマ:
沖縄はそろそろ梅雨入りとかニュースで言ってます。もうそんな季節なんですね~雨は苦手です。
はて!?梅雨?何でそんな名に?といそいそ調べるだっちゃん。 
 
梅雨(つゆ、ばいう)という呼び方をしますね。
その語源は中国にあって、中国から「梅雨(ばいう)」という読み方で日本に伝わったとされてます。
これが江戸時代に入るころ「梅雨(つゆ)」という読み方になったと考えられています。
だから、梅雨というのは日本だけではなく中国の長江付近や朝鮮半島にもある。
因みに、中国では梅雨のことを「梅雨(メイユー)」
韓国では「長霖(チャンマ)」と呼ぶそうです。
 
そこで「梅の雨」と書いて何故「梅雨(ばいう)」と読むのか、その語源はいくつかの説があるらしい。
最も有力な説は、
雨6月~7月「梅の実が熟す時期」なので、それにちなみこの名前が付いたという説。
中国の長江流域で梅の実が熟すこの時期には、必ずと言っていいほど長雨が降るのでそう呼んでいたのでしょうか。
 
雨黴(カビ)が語源の黴雨
長く雨が降ることから、悩みの種になる「カビ」
梅雨の時期はこの「黴(カビ)」もよく目にします。
なので、カビをもたらす雨として黴雨(ばいう)と呼ばれていましたが、「黴(カビ)の雨」ではちょっとしっくりこない
これが転じ、同じ読みができる「梅」の字を使うことで季節に合うように。
ということで「梅雨」になったという説があります。
雨毎日の「毎」が語源等
梅雨って毎日のように降りますね。
だから、毎日の「毎」から「梅」という字をあてて梅雨と呼んだ説もあります。
また、そんな毎日振る雨は、普段の倍の雨が降るから「倍雨」となり、「梅雨」と呼ばれるようになったという説がありますが、これはただのこじつけだと言われることが多い。
 
 
さて、梅雨(つゆ)の由来は?と更に調べるだっちゃん。
梅雨(ばいう)の語源は中国にありますが、これが日本に入って江戸時代に入ってから梅雨(つゆ)と呼ばれるようになったのは、「日本歳時記」という書物に
「此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく」
とあることからわかったらしい。
ただ、それまでは梅雨のことを
  五月雨(さみだれ)
と呼んでいました。
だから、五月雨の意味を調べると、
陰暦5月ごろに降りつづく長雨
梅雨(つゆ)
*陰暦5月ごろは現在の6月ごろと記されています。
じゃあ、なんで梅雨(つゆ)って言うようになった?
この由来にもいくつかの説があった。
くもり「露(つゆ)」から連想した説
この時期の長雨のようにたくさんの雨が降ると、木々にもたくさんの露(つゆ)がつきそこから連想して、
「露(つゆ)」→「梅雨(つゆ)」
と呼ばれるようになった。
くもり梅の実が熟し潰れる「潰ゆ(つゆ)」説
梅の実が熟れて潰れる「潰ゆ(つゆ)」という時期だったことから、
「梅の実が潰ゆ季節」→「梅雨(つゆ)」
このように転じた説。
くもり梅の実が熟す時期の「つはる」説
(芽などが)外に現れようとする、芽ぐむことを、古語で「つはる」と言ったようです。
「つはる季節」⇒「つふ季節」⇒「梅雨(つゆ)」
このように転じたという説。
くもりカビが物をダメにする「費ゆ(つひゆ)」説
この時期は長雨のせいで、食べ物が傷みやすかった時期でもあります。
そのカビが食べ物をダメにするということで、「無駄になる、費える」という意味から「費ゆ(つひゆ)」という言葉が使われてた。
この言葉から「梅雨(つゆ)」という呼び方に。
等諸説ありますが、どれが本来の由来なのかはよくわかっていないらしい。
    
等などありました。 
人それぞれ、しっくりくるものあれば、それでいいかな?と感じました。
 
それより、何故か梅雨対策の面白グッツ見て笑ってます。
AD