節分のいわれ知ってました?

テーマ:
だっちゃんですニコニコ 
 
色々気になれば検索しまくります(笑) 
 
ちょっと早いけど、今回は節分の話 
 
各季節の始まり(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。現在では、「立春」の前日を「節分」と呼ぶようになっています。
大みそかと同じようにまさに季節を分ける日と考えられ、特に「立春」の前の日が「節分」として、広まったようです。
 
又、節分の豆まきは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられ、その邪気を追い払う儀式として、文武天皇の慶雲3年(706)に宮中で初めて行われたらしい。
なぜ「豆」をまくのか、というと、昔から穀物や果実には「邪気を払う霊力」があるとされてたので、当初は豆だけではなくお米や麦などもまいていたらしい。
「豆」をまくようになったのは、収穫量が多かったことや投げやすかったからなど諸説はありますが、現代では「豆」で邪気(鬼)を払うために撒く。
一般的に豆まきの豆は炒った大豆。火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年の数だけ身体に取り入れることで次の年も健康で幸せに過ごせるよう願います。
次に恵方巻について
福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになった。
恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん。年神様)のいる方角のことで、その年の最も良いとされる方角。1年ごとに巡ってくる十干(じっかん)(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)により、その方角が変わる。
恵方巻を食べる風習はもともと関西で行われいたが、その後、マスコミなどに取り上げられ、次第に全国に広がっていった。
 
【恵方巻の食べ方】
1.太巻きを1人に1本用意
七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きで、丸ごと1本用意するのは、包丁で切らない=縁を切らないようにという意味。
2.恵方を向く
その年の最もよいとされる方角(恵方)を向きます。3.願い事をしながら最後まで喋らずに食べる
恵方巻を食べている間にしゃべってしまうと運が逃げてしまうと言われているので、最後まで黙々と食べましょう。
これで、きっと福がくる!
因みに、北海道や雪国では大豆だと見えません(笑)落花生殻付が多いらしい。 
為になりましたねにひひ 
では又会いましょう。だっちゃんでしたにゃー
AD