鉄板焼ロワールに出没

テーマ:
名古屋東急ホテル開業30周年記念イベント
「八重山郷里」
~八重山の生産者を招いて~

に今年も行って食べてきました。

一昔前は石垣のお牛様は幻の和牛と言われて幻の石垣牛とうたわれ

そのうたい文句に出会ったのが鉄板焼ロワールや牛の神様なのですね。

今では夏の風物詩

ここ数年、八重山フェアと大々的になんか大きくなるごとに逆に石垣の牛の味に期待が出来なくなり(←飽くまでも個人の感想)自分の中ではこのフェアに来ることもないかしら?と思いながら

今年も生産者様達を招いた今回のイベントに参加しました。
今年同じ感想なら来年はもう石垣の牛を食べないと覚悟して

お口取り
いかホタテ穴子の海の幸、下に何かの(汗)ジュレ
肉のたたき
大葉とオリーブオイルソースで
この牛を食べた瞬間 今年の八重山フェアやるじゃん!!
なんでしょう、脂と赤身と旨みがバランス良く兎に角、肉の濃厚さが堪らないお肉でした。

肉サラダ
さりげなく肉が散りばめられてますが、この肉の脂は絶品
甘くて濃いですが、もたれずべとべとせず旨みがありシンプルな葉っぱによく合います。
強いて言えばわざわざサラダなんかに乗せなくてもよい(笑)

肉スープ仕立て
何と可愛いミニハンバーグとウズラ卵、冬瓜の入った和風だしスープ
ただでさえロワールの和風だしは美味しいのに純粋な石垣の牛のハンバーグが合わされば最高だと思います。

活鮑 昆布蒸し
お口取りもそうですが牛肉に海の幸はいらないわ~(爆)
エシャロットを使ったソース?は凄く美味しかったです。(写真だと茶色のぶつぶつと写ってるやつ)

八重山郷里
フィレ
さて酷評でした
フィレで脂があるタイプの肉であったとしても肉を邪魔しすぎかな~
噛み心地は私の好きなサクサク系だからきっとなに?これはロース的なフィレ?
といったフィレでした。

ロース
軽度サクサク系ではありました
濃厚でぎゅーと感はないですがそこそこまんべんなく味もありましたが脂の味も軽く全体的に薄い味のお肉でした。

かりかり君と牛肉ご飯
変にくどくなく味わいあるね

さて
今年の八重山フェアのイベントに来て良かったと思います。

直接生産者の皆様から聞いてみないと解らない事はありますね
何を求めどんな夢があるとか何が目標だとか
どんな肉質のお牛様を誕生させるとか

酷評してしまったフィレの生産者の方は古い血統で味を想像して良い味をーと
憧れているのが北内プレミアムビーフなのは納得の脂です。

私の今日の第1位花まる評価のたたきに使用された生産者さまは去年、私が酷評してしまった生産者さまなのですが「良い美味しい脂の雌と純血但馬をかけ合わせました」と
思わずおぉぉぉ~と感動

大事にお牛様を育ててるんだな皆様……しみじみ

美味しくご馳走さまでした。







AD