ありがとうの心

日々、出会う人、事柄、ものへの感謝を、思いつくままに綴っていきます。

その他、お気に入りの曲の紹介などなど。


テーマ:

 
最高の幹事が企画してくれた二次会は
そりゃー最高の宴になった。
 
基本的に俺も☆も、隠れていながらもいいとこだけ目立ちたい
都合のいいこと大好きタイプの人種であるので、
 
あれだけたくさんの友人に囲まれて、 
完全なる主役の状態で、ビンゴのルーレットを止める「ストップ」の
掛け声を言うことは、普段であれば気恥ずかしく、
消え入りそうになったであろう声量も、その日ばかりは、
テンションにストップがかかることなく上昇しっぱなしで、
元気なストップを発することが出来た。
 
それに、昨日も書いたが、幹事の皆さんの協力による
両親からのビデオレターが死ぬほど嬉しかった。
 
両親と、リングガールリングボーイを務めてくれた姪っ子甥っ子が
実家のすぐ近くにある海辺でお祝いの言葉を、
カメラ越しに贈ってくれている映像をみると、
やっぱり泣けてきた。
 
そして、カメラに写っていない、
カメラを持つ人の暖かい心が伝わってきて、泣けてきた。
 
極めつけは、☆の親父さんからの手紙。
 
正直、手紙なんて書いてくれる様子を見せない親父さんだけに、
手紙を書いてくれたという驚きは計り知れないものがあった。
 
朗読は、☆の大の仲良しの友人で、
俺が初めて☆を見た時に隣にいた友人だ。
 
手紙の中の一文で、今でも忘れられない嬉しい言葉がある。
「j-taro君になら、☆を任せてもいいと感じました。」
 
挙式のスタートで、少し、皆が見てないところで泣いたが、
それ以外は挙式、披露宴と、泣くのを出来るだけ我慢して、
なんとか乗り切っていた。
 
でも、
 
この親父さんの手紙を聞いた時は、
ボロボロ泣いた。
恥ずかしさなんかそっちのけで。
  
横を見ると、☆もボロボロ泣いていた。
「メイクが崩れる。。」
そう言って、二人で泣き笑いをした。
 
今日のこの日は一生忘れない。
 
今日、色んな人に対して感じた感謝の心は、
忘れる能力になんか負けちゃいけない、
ずっと、ずっと、覚えておいておかないといけない
大切な気持ちだ。
 
感謝しても感謝しても、感謝しきれない、
長いようであっという間の、
最高のスタートの日は、幕を閉じた。
 

ありがとうの心-ドレス2


帰り道、あれほど降っていた雨は、すっきりとあがっていた。

夏の訪れを感じさせる暖かい夜風が、

新たなスタートをきった二人の背中を、ぽんと、

後押ししてくれているようだった。

 
「巡り会いの中で生きてく、また人を少し好きになる。」
by ktm
 

スタートシリーズ、終了
ソイヤ

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

j-taroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。