考察

テーマ:
◆根岸Sの斤量58キロ、59キロ出走馬成績(01年以降)

  58キロ 0-0-0-8/8
  59キロ 0-1-2-6/9

 やはり58キロ以上は厳しいですね。
 ちなみに、結果を出している斤量は以下のとおりです。

  57キロ 3-4-2-20/29
  56キロ 5-2-3-44/54

 次に、馬券につながりそうなデータを2つ。

 ◆根岸Sの脚質別成績(01年以降)

  逃げ 1-1-0- 6/ 8
  先行 2-2-3-25/32
  中団 4-3-1-37/45
  後方 1-2-4-30/37

 どうしても前が速くなりがちなレースなのでしょう。基本的には差し有利と考えて良さそうです。

 ◆根岸Sの枠番別成績(01年以降)

  1枠 1-0-0-13/14
  2枠 1-1-1-11/14
  3枠 0-0-0-16/16
  4枠 3-1-0-12/16
  5枠 2-0-0-13/15
  6枠 0-3-2-10/15
  7枠 1-2-5- 8/16
  8枠 0-1-0-15/16

 3枠は完全に死に目になっていますが、コース形態的に言えるのは、最内枠と大外枠がやはり不利ということです。
 最内枠は、コース形態的にどうしても外から被されて位置取りが悪くなり、また大外枠は、挽回できない距離ロスとなりやすいということなのでしょう。
 
 そのほか、年齢的には4歳馬はかなり不利(1-1-0-29/31)というデータもあります。

 データ的に結構馬は絞れる感じはありますね。
 
 次に調教のチェックを。

 まず順調と思われる馬。

◎ビクトリーテツニー

 1週前追い切りは栗坂52.4秒、最終追い切りは同53.2秒といつもどおりの時計で順調そのものです。

◎ヒシカツリーダー

 最終追い切りが栗坂52.6秒とこちらも順調そのものです。

そのほか、フェラーリピサ、フジノウェーブ、マルカフェニックス、リミットレスビッド、ブイチャレンジの各馬もいつもどおりの時計かもしくはベストタイムをマークして順調と言えます。

気になるのは人気の一角の2頭です。

△アドマイヤスバル

 最終追い切りは、栗B6F78.6-12.5と全体の時計としてはまずまずでしたが、好調時はラスト1Fを11秒前半でまとめるのが普通ですので、どうも気になる調教過程です。

△バンブーエール

 最終追い切りは、栗B6F75.4-12.6と全体の時計はアドマイヤスバル同様動いているのですが、こちらもいつもはラスト1F11秒台なのが12.6秒というのは気になります。
 また1週前、その前は坂路で追い切っているのですが、そこでもラスト1Fの時計がちょっとかかり過ぎな感じです(1週前=13.9秒、2週前=14.5秒)。

なんだか荒れそうな気がしてきました。
AD

有馬記念

テーマ:
■中山10R:有馬記念(自信度B)

 考察1~3で述べた理由から、「2強」の中では⑬ダイワスカーレットを、それ
 に対抗する馬として⑧スクリーンヒーローをピックアップします。

 考察に書いた理由以外では、両馬ともに中間の調教過程が素晴しいという
 のも買う理由の1つです。

 前者は、天皇賞・秋の最終追い切りと今回とをVTRで比較しましたが、前走
 時は若干ヨレるシーンがありましたが、今回は真っ直ぐに坂路を駆け上がっ
 てきており、苦しいところが無くなったように感じられました。
 後者は、更なる上積みというより、前走時のできをそのままキープしていると
 いうのが分かるもので、連戦の疲れがどうかという不安を払拭する良い追い
 切りでした。

 早めにスパートするダイワにスクリーンヒーローがどこまで迫るか、今から
 ゴール前の攻防が楽しみです。

 この2頭から、①カワカミプリンセスと⑩マツリダゴッホの2頭への馬券を
 大本線にして、今年の有馬記念の勝負とします。

 カワカミは、前走のような瞬発力勝負ではどうしても負けてしまいますが、
 有馬記念のような持続力を要するような競馬はぴったりの馬です。
 その馬が内枠1番を引いて、ロスなく競馬をできれば、まず崩れることはない
 のではないかと考えますので、この馬を3番手に抜擢したいと思います。

 マツリダについては、確かに中山は走りますのでこちらも大崩はないと思いま
 すが、特に考察1,2で述べた理由からあえて4番手にしました。

 そのほか馬では、血統面と内枠という観点から⑥エアシェイディ、スクリーン
 ヒーローとの比較から⑦アルナスライン、調教強化と血統面の観点から⑫ア
 サクサキングスの3頭を3連単の紐として付け加えました。

 3連単 8,13→8,13→1,10=3000円×4点
      8,13→1,10→8,13=1000円×4点
      8,13→8,13→6,7,12=1000円×6点
      8,13→6,7,12→8,13=500円×6点
 馬連 8-13=10000円
 ワイド流し 1-8,13=5000円×2点

■中山9R:フェアウェルS(自信度C)

 前々走の時計などから、このクラスもあっさり通過しそうな②ウォータクティクス
 から素直に勝負します。

 相手はちょっとひねって、如何にもひと叩きしてここを狙ってきたと思える
 ④ミンティエアーを抜擢します。
 昨年のこの時期も、鞍上デムーロで2着に食い込んでいますので、その再現を
 期待します。

 3連単 2→4→1,8,10,11,13,16=1000円×6点
      2→1,8,10,11,13,16→4=1000円×6点

■中山5R(自信度C)

 ブリンカー2走目の更なる上積みが見込める⑦ダイワライトニングと、鞍上に
 デムーロ騎手を迎えて勝負気配が感じられる⑩ワインアドバイザーの2頭で
 勝負します。

 この2頭から人気どころへと、年末らしく一発狙いで大穴⑭ナムラビスマルク
 を付け加えます。
 2走前の走りをみますと、500万下なら何とかなる力はある馬です。

 3連単 7,8→7,8→5,10,11,14,16=500円×10点
      7,8→5,10,11,14,16→7,8=500円×10点
 3連単1着流し 14→7,8=500円×2点
 馬連流し     14-7,8=500円×2点
AD

JC回顧

テーマ:
ここはウオッカよりディープスカイが上、3連単はともかく、単勝は自信の
 勝負だったのですが、出るのはため息ばかり・・・。
 上手かったですね、デムーロ騎手。

 早速回顧(反省)して、来週に気持ちを切り替えたいと思います。

 天皇賞(秋)と同じく、同厩舎のトーセンキャプテンが前に行ってウオッカ
 を援護するんだろうなあと思いつつスタートをみていたのですが、ペリエ
 はスタートであおってしまい全然行けず、内枠から、抑えが利かない感じ
 でウオッカが先頭へ行きかけるところ、結局横山典騎手がハナへ。

 最初のコーナーで引っ掛かっているウオッカを岩田騎手が立ち上がり気
 味に必死で抑えている様子をみつつ、本命のディープスカイが前走時と
 はうって変わってしっかり外側で折り合っているのを確認できましたので、
 この時点で単勝はディープスカイでいけそうだなと個人的にはニンマリし
 ていました。

 横山典騎手が最初のコーナーで先頭に立ちましたので、これはスローに
 なるだろうと思ったら、前半1000M通過が61秒8。
 このメンバーならやはり遅い流れで、これはある程度前に位置しないと苦
 しいなと見ていましたら、ディープスカイは手応え抜群に外側を前に進出、
 ウオッカは落ち着いたもののいつもの力んだ感じの走りで内で脚を溜める
 形となり、さあ直線勝負と私も気合を入れて最後の攻防を見ました。

 最後の直線入り口でもっとも手応えが良かったのがマツリダゴッホで、あ
 れっ、やられたかなと一瞬思いましたが、大外を見るとディープスカイが
 素晴しい脚で突っ込んできましたので、これは単勝はまずもらったなと早
 とちりした私は、すぐに対抗のオウケンブルースリに注目したのですが、
 内田博騎手がデムーロ騎手とルメール騎手に上手くやられてしまい、この
 時点で3連単が無くなった私でした。
 内田博騎手は、直線向くと、先頭にたったマツリダゴッホの外に出そうとし
 た訳ですが、すぐに外からデムーロ騎手からフタをされ、そのデムーロ騎
 手のスクリーンヒーローが前に抜け出した時にその外に出そうとするので
 すが、今度はルメール騎手にフタをされ、結局またスクリーンヒーローの
 内に再び進路を取り直すという非常にロスの大きい競馬をしちゃいました。
 それでいて、最後はゴール直前まで伸びてきて3着ウオッカと差の無いと
 ころまで詰め寄りましたので、とにかく勿体無い競馬となりました。

 そんなオウケンの動きでしたので、あとは単勝だけでもと思ってディープ
 スカイを見ていた私ですが、しっかりとウオッカを交わしたものの、ご覧の
 とおりまだ先に別の馬が居たという今年のJCとなってしまいました。

 勝ったスクリーンヒーローですが、デムーロ騎手が完璧に騎乗しました。
 遅めのペースの中、早くから前に取り付き、最後の直線も最も伸びる部分
 をまっすぐ抜け出してきて、腕でディープスカイの追撃をしのぎました。
 何かやらかすとしたら外国人騎手かなと思ったら、デムーロ騎手でしたっ
 て感じです。
 それと、ディープスカイを本命にして唯一の気がかりだったのが社台系
 じゃないということでしたが、終わってみると生産社台F、馬主吉田照哉氏
 のスクリーンヒーローの勝利ということで、まあもう何とも言えません。
 
 次に惜しい2着のディープスカイについてですが、中間の調教をビシッと
 やっての+8キロの馬体は本当に成長を感じさせるもので、パドックを見
 て安心し、スタート直後から折り合いもバッチリでまた安心し、最後の直線
 もメンバー最速の上がり(3ハロン33秒8)の脚を使い安心し、まさしく安
 心しすぎて負けちゃったという感じです。これも競馬なんですよね。
 陣営の仕上げも完璧、四位騎手の騎乗も完璧、馬自身も完璧に走って
 なお上がいたので、まあ仕方ないと考えるしかなさそうです。

 3着のウオッカについては、良く走った方だと思います。
 そもそもこの馬にはこの距離は長く、昨年のJC同様にラスト100Mは
 止まりました(上がり3ハロンはディープよりコンマ5秒も遅い34秒3)。
 調教師自らが言っているように、この馬のベストは1600~2000であり、
 この距離でディープスカイに勝つのはかなり困難なことでした。
 ただそれでいてここまで走るのですから、本当に強い馬ですね。
 ウオッカ好きの私としては、陣営がJCなど使わず、しっかりとレースを選
 んで使っていれば、もっと歴史に残る名馬となったはずなのになと改めて
 思いました(負けさせ過ぎです)。

 4着のマツリダゴッホですが、個人的には有馬記念でがっつり買うつもり
 でしたので、今回は走り過ぎです(苦笑)。
 長い直線が合う馬ではなく、最終コーナーをひとマクリして短い直線を押
 し切る競馬をする馬ですので、どうしても直線の長い東京では最後押し
 切れません。最後はそういうところが出ての4着となりました。
 まあそれでもここまで走りましたので、今後の有馬記念でのダイワスカー
 レットとの一騎打ちが、益々楽しみになりましたね。

 5着のオウケンブルースリは前述したようなことがあってのもので、惜しい
 競馬でした。

 そのほかの馬では、メイショウサムソンはそれなりに頑張りましたが、考察
 でも触れたように、追い切りの時計が春時点とは2秒ほど遅いという事実な
 どからも、まだ完調ではなかったということでしょう。
 そもそも天皇賞(秋)に使おうとして使えませんでしたので、今回ぎりぎり間
 に合ったという感じなのでしょう。
 また一瞬見せ場があったのはアサクサキングスで、叩いて良くなってきてい
 るのは間違いありませんから、次走期待したいですね。

 以上回顧(反省)でした。
AD

東京大賞典

テーマ:
■29日大井10R:東京大賞典(自信度C)

 前日オッズでは、やはり⑬ヴァーミリアンが圧倒的人気ですが、今年最後
 の勝負レースということも踏まえ、あえて⑪フリオーソから勝負したいと思
 います。

 今年の南関東3歳馬のレベルがかなり高いことは、JDダービーの勝ちタ
 イムからもはっきりしています。
 今回も雨で時計も速くなることが予想され、2分2秒台の勝負になれば、
 ⑪フリオーソがそのまま押し切りというシーンも十分考えられます。

 JBCクラシックではヴァーミリアンにコンマ7秒差を付けられましたが、
 今回の方が間違いなく体調は上向きで、雨を味方にその差は逆転可能
 とみました。

 もちろん相手筆頭は⑬ヴァーミリアン、それにJRA勢からは②ブルーコ
 ンコルドと③メイショウトウコン、地方馬では④アンパサンドを。

 単勝  11(フリオーソ)=30000円
 3連単 11→13→2,3,4=4000円×3点
      11→2,3,4→13=1000円×3点
      13→11→2,3,4=3000円×3点
 3連単1着流し 11→2,3,4=1000円×6点  

阪神考察

テーマ:
 何だかGⅠの中休みっぽい感覚がありますが、一応今週もGⅠの阪神ジュベ
 ナイルFが開催されますので、早速考察を始めます。

 この阪神ジュベナイルFのイメージですが、昨年を除き、基本的には早熟系で
 翌年以降はあまり活躍しない馬とか、改装前のトリッキーなコースをある意味
 生かした穴馬とかが来るレースのイメージがあります。

 2000年こそテイエムオーシャンが勝ちきったものの、03年ではスイープトウ
 ショウが5着に沈み、04年はラインクラフトが連を外し、05年も1番人気のア
 ルーリングボイスが14着と惨敗、2番人気のフサイチパンドラも連を外すとい
 った感じで、とにかく実力馬や人気馬がこのコース形態で取りこぼすという状
 況です。

 ただ、ちょうど1年前の改装以来、傾向がガラっと変わったようです。
 実際に改装前後の阪神芝1600の2歳戦を比較してみましたが、平均単勝配
 当は、改装後の方がやはり低く、つまり平穏となっています。
 そういう意味では、今回馬券を考える上でまずいえることは、人気上位馬は押
 さえないといけない、極端な穴狙いは控えた方がいいということでしょう。
 改装でコースも広くなり、最後の直線も長くなったので、紛れも少なく、力どお
 りに決まるケースが多くなるでしょうから、ある意味当然かもしれません。

 でも傾向的には改装前後でもっと変わったことがあり、こちらの方がより馬券
 につながりそうです。

 それは、改装後、大幅に前有利、前というより逃げ有利に変わったということ
 ですね。

 以下、阪神芝1600M2歳戦の脚質別成績を改装前の2005年と改装後で
 比較してみます。

 ◆阪神芝1600M脚質別成績(2歳戦、2005年全15鞍)

     勝率 連対率 複勝率
  逃げ 13% 25% 31%
  先行 11% 26% 33%
  中団 10% 14% 26%
  後方  0%  2%  3%
  マクリ   0% 33% 33%

 ◆阪神芝1600M脚質別成績(2歳戦、2006年12月以降 全13鞍)

     勝率 連対率 複勝率
  逃げ 31% 62% 69%
  先行  4% 14% 27%
  中団  8% 11% 17%
  後方  2%  7% 11%

 改装後、明らかに逃げ有利というコースとなっていますね。
 とにかく2歳戦は逃げる馬を当てれば、馬券がかなりの確率で獲れるといっ
 た感じです(実は、全年齢でも逃げ馬の連対率は46%とかなり高いです)。

 まあこのデータから言えることは、とりあえずエイムアットビップが馬券になる
 可能性はかなり高そうだということですね。
 1番人気は、そのエイムに前走で完勝したオディールでしょうが、個人的には、
 エイムの方が脚質的に、そして期待値的にも頭に狙ってみたい1頭だなと考え
 ているところです、今のところ。
 そうそう、鞍上も牝馬の河内ならぬ牝馬の福永ですし・・。

今年初の交流会! 3月4日に開催しまーす(^O^)/
前回はみんなそれぞれの個性があって、
すごく楽しかったのですが、
今回は新しく参加される二期の皆様にも来て頂きたいですo(^-^)o

もちろん前回来て下さった一期の方には、
欲を言うとみんなに会いたいです。
メールもいただいてて、本当はお返事出したいし、
話したい事もたくさんあるのに、
ずっと返せなくてごめんなさい(>_<)

もしそういうのを気にして、
行くのを戸惑ったりされちゃったら、どうしようかと思って。。。

前回来れなかった方も、
前回来て下さった方も、
お会い出来たら嬉しいです(^_-)-☆

またいつか交流会をやりたいので、
最初に参加して下さった方々を一期という風にわかりやすくしてみました。
前回来て頂いた人からのアイディアです☆
ありがとう(人´3`)

参加希望の方は下記のアドレスにお名前とハンドル、
参加希望の旨を書いて送って下さい☆
なおこのアドレスはえりこさんのアドレスです。
私は今対応出来ないのでお願いしました(>_<)

えりこさんも渡米しちゃうし、これからなかなか会えなさそうだから、
3月4日はパァーっと明るくやりたいですねo(^-^)o

「えりこさんとしばらくお別れパーティー」でもあったりします。
puertoeriko@hotmail.co.jp

ちなみに軽く近況報告☆
受験当日に外せない撮影が入りました(:_;)
試験後すぐ移動して撮影します。
そしてその2日後も本命の試験日です。


ただでさえ勉強時間が少ないのに、
撮影が入った為、
衣装選びや美容院行ったり、
顔のケアをしないといけなくて、
軽くテンパり中(笑)
合格して爽やかな風をなびかせながら、
3月4日はみなさんと会いたいものです。


ナナ。携帯より

みんなにごめんなさい。

テーマ:

今日久々にメールを見たら、

”メール送ったのにまだこない!”というメールをたくさん頂いています。

2/21からどんどん送っていきますので許してくださいです。


実は私、その始まっていく芸能活動の準備で忙しかったのですが、

大学受験を今年しようと思って、受験日一ヶ月前の今から勉強してます(笑)

銀座のホステスやら、芸能活動準備やら作詞に追われていたけれど、

”今年受ける”と決めたなら、

どんな結果になってでもいいので最後までやり遂げたいんですよね。


だからこの1月と2月の受験日は何も入れないようになんとか頼んで、

今勉強しています☆

例え落ちようと、最後までしっかりやり抜いてから、

3/4の交流会でみなさんに会いたいと思っています。


えりこさんが日本を発つ直前なので、

ぜひ多くの方とお会いしたいなぁ~。

メイクの話やら空白の時間の話やら、はたまた書けない芸能裏話やら、

たくさんのことをお話しして、お互いいい刺激を受けたいものですね☆


あけました(^0^)

テーマ:

あけましておめでとうございます!


さてみんなからたくさんのメールをいただき本当にありがとうです☆


さてさてみなさんにお知らせ。


まず新しいブログの件ですが、2月下旬までお休みさせてもらいます。


それから今までお話していない話などをドバーーーー!!!っと!!!


報告させてもらいます(*^_^*)


書きたいことたくさんあるんですけどね、色々と裏話も含めて。


こんな状態ですがどうぞこれからもよろしくお願いします<m(__)m>