公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:



グループワークは、集団の中で周囲と協調しながら仕事に取り組める人かどうかを試す試験です。

1人では準備できないため、ぶっつけ本番で臨む人が大半ですが、たいへん危険です。
どのような手順で話し合いを進めるべきか、人任せではなく自分で考えておくことが必要ですし、
それを実際に試してみる練習の機会が必要です。

また、話し合いにおける自分の弱点や改善点を発見するためにも事前の練習が必要です。

さらに、神奈川県庁ではあらかじめグループワークの課題が示されているため、
全員が予習をして臨みます。
他人がどういう案を呈示してくるのかは気になるところなので、
事前に他人が考えていることを知る意味でも、事前練習は有効です。

練習会では、もちろん、講師のアドバイスを受けられるメリットも大きいです。
議論の進め方や、テーマに関する知識や理解を格段に深めることができます。
ひとり一人に対して改善すべき点もアドバイスします。

塾生以外の方でも受けられます。
本番で他の受験生に差をつけるため、ぜひ練習会に参加しましょう。
※参加される方は課題について事前に予習をしてきて下さい。

 ☆日程  2016年11月13日(日)13:30~15:00

 ☆受講料 10,000円(税込)

 ☆予約方法 03-3367-0191でお受けいたします。

 ☆お支払い方法(ご予約後、下記口座へお振込みをお願い致します。)
   三菱東京UFJ銀行高田馬場支店 普通1886996 ユ)キジプロジェクトエイチアンドエム


<実施場所>
公務員試験専門・喜治塾  新宿区高田馬場3-3-1ユニオン駅前ビル (高田馬場駅徒歩1分)

<お問い合わせ先> 
喜治塾 03-3367-0191
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神奈川県庁秋季チャレンジ試験の1次発表がありました。

 

これを受け、13日(日)13:30より、グループワーク練習会を喜治塾で実施します。

合格した方には、本日中にも、グループワーク課題が送付されます。

この課題を事前に十分予習して臨めるのが神奈川県庁の特色です。

テーマに関する知識はもちろん、議論の進め方、落としどころ等につき、

事前に情報を集め、練習をしておくことで、本番も自信を持って臨めます。

また、模擬面接も実施中です。

 

外部の方も参加できます。

お申し込みはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は集団討論に関してよくある質問にお答えします。

Q1:司会は必ず決めた方がよいのでしょうか。
A:原則として決めた方がよいです。司会を置かずに秩序だった議論をするには、メンバー間であらかじめ相当なコミュニケーションがあることが必要です。3~4人ぐらいであれば自由討論形式もOKですが、その場合にはあらかじめ議論の順序や時間配分を打ち合わせ、議論が始まってからも進行がこの通りでよいのか何度も確認しあう必要があります。

Q2:司会は自分の意見を述べてもよいのですか。
A:原則として述べてはいけません。司会者の役割は議論の整序にリーダーシップを発揮することにあります。リーダーが最初に自説を明らかにすると、反対の意見の人たちは司会者に警戒感を持ち、自由で活発な議論を阻害する原因になります。ただ、参加者から意見が出なかったり、意見が偏ってしまった場合には、適切な発問で意見を誘導したり、マイルドなかたちで意見を表明するのはOKです。「~とは考えられませんか」「~というような意見はどうですか」)

Q3:課題について知識が豊富な方が高く評価されますか。
A:知識の豊富さや問題意識の高さは必ずしも評価の対象ではありません。豊富な知識がある場合には、適時に・適量にそれを提出しながら議論に貢献できれば評価が上がります。逆にいくら知識が豊富で見識が高くても、他人の意見を無視して自分の意見を滔々と展開し結論づけるようでは評価されません。

Q4:発言回数は多いほうがよいのですか。
A:もちろんです。積極性を示せるからです。ただ、他者への配慮が欠けている場合にはかえって評価が低くなります。他者の話をきちんと聞かずに議論の腰を折る、他者をさえぎって発言する、他者をやりこめる、議論に参加できていない人を無視する、等の行動です。

Q5:グループ全体の議論が活性化しなければ全員が連帯責任を負うのでしょうか。
A:そう覚悟してください。ただ、メンバー全体が沈滞する中で孤軍奮闘している人があれば目にとまり、相対評価で救済されることもあります。逆に、自分だけがグループの中で生き残ろうと利己的に行動する(一人だけで発言し仕切ろうとする等)と低く評価されます。

Q6:司会役が下手な場合、どうすれば良いのでしょうか。
A:いったん司会を決めた以上、司会を無視して進めたり、司会役をとってしまうのは良くありません。そのような場合には、司会に対して「議論の進め方に付き意見があります」とか、「ここで今までの議論をまとめてはどうでしょうか」等、メンツをつぶさないようにやんわりとアドバイスや誘導をしてください。議事進行に関するこのような介入は、適切であれば高い評価がつきます。議論への貢献度という観点からすると、意見の内容自体が優れていることよりも評価は高いです。

Q7:司会役に立候補した方が良いですか。
A:経験豊富で自信のある人は立候補してください。司会役で成功すれば最も高い評価を得られます。自信がないときは避けた方が無難です。自信ありげな人が立候補するのを待ちましょう。ただ、どうしても立候補者がおらず議論が始まらないときには、自分が一肌脱ごうという積極性も必要です。少なくとも採点者に注目してもらえます。自信がないのに司会を引き受けたときは独走せずに、随時、「この進め方でよいでしょうか」等、メンバーの意見を聞きながら進めるとよいでしょう。

Q8:議論の腰を折ったり、自分だけ目立とうとする人はどう扱えばよいのですか。
A:司会者が責任を持って介入すべきです。「申し訳ありませんが、今はその点は議論していませんので後ほどお願いできますでしょうか」、「申し訳ありませんが、○さんの発言が続いていますので×さんの意見も伺いたいのですが」等のやんわりした口調で誘導してください。司会者が放置し目に余るようでしたら、他のメンバーが介入しても構いません。

Q9:自分の説が少数反対意見だった場合、撤回しないと協調性を疑われますか。
A:少数反対意見があるからこそ議論する意味があるのですから、自分の意見を大切にしてください。少数反対意見を封殺するような議論の流れは低く評価されます。ただ、自分の意見が極端でないか、常識外れでないか等、常に他者からの批判に耳を傾ける姿勢は持ってください。そのうえで妥協できるところは妥協します。Q:制限時間内に必ずグループとしての結論をまとめなければならないのですか。A:もちろんそれが理想ですが、こだわりすぎる必要はありません。結果よりもプロセスが重要です。参加者が「まとめよう、まとめよう」と焦るあまり、反対意見を差し控えたり、少数意見を押さえつけたり、対立点を十分に検討せずに無理に妥協したりすると、そもそも討論の機会を設けた意味がなくなり、本末転倒です。人の意見を「疑う」「反論する」中で、お互いに議論の精度が高まり、成長・発展につながるのです。ただ、終了間近のまとめの段階に入ってから議論を蒸し返したり、急に反対意見を出すのはよくありません。

以上を頭で理解できても実際に実践できるかは別問題です。
とくに一緒にやるメンバー次第でなかなか思うようにいきません。
本番の危機管理のためにも最低1回は練習会に参加しましょう。

集団討論練習会希望の方はこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
集団討論では、うまく対立構造に持ち込んで議論を活性化させる事が最大のポイントです。
そうでなければ、ただの意見発表会になり、聞いている試験官は退屈になります。
「まとめよう、まとめよう」と焦らずに、
前半部分は思い切って対立意見を闘わせる気構えがなければ、よい討論はできません。
まとめる方向へ向かうのは後半で十分です。

また、討論では、各々の発言内容を明確にした上で共有し、
議論に反映させていかなければなりません。
そのために必要な以下のポイントを押さえておきましょう。

(1)論理的に話す
①主張の前提となる知識を当たり前のこととせずに明確にしているか
②主張がしっかりした根拠に裏打ちされているか
③主張したい結論が明確でかつ具体性があるか

(2)傾聴する
相手の言うことを理解するため、表面上の言葉だけではなく、表情や口調、視線などにも注意を払う。発言者の方を見ずにメモばかりとるのはだめ。とくに司会者は相手の言ったことを復唱したり、要約したり、分かりやすく言い換えたりして真意を確認することが大切。

(3)質問する
発言の裏にある真意を引っ張り出し、発言者やメンバーがさらに思考を深め合っていくために、「なぜ」「なに」「どんな」「具体的には」などの質問を適宜呈示する。とくに司会者の力量が問われる。

(4)議論をかみ合わせる
①現在どのレベルの話をしているのかを明らかにし、土俵を合わせる。
②呈示された個々の問題につき、本質的なものから優先順位を付けて検討する。
③呈示された複数の主張につき、同じものを束ねたり、違う視点に立つものを対比させたり、順序があるものを順番に並べたりして構造化する。

(5)民主的に合意形成する
①複数の政策案の中から、メリットが最大でデメリットが最小の案や、実現可能性が高くかつ効果が大きい案を選ぶ。
②意見や意識の食い違いが生じたときには、その対立の根本原因や背景を探り、価値観や考え方の違いを認め合った上で、直面している論点に対して双方とも満足できるアイデアを考える。
③少数意見を生かして反映させてこそ民主的な合意形成といえる。


以上のポイントは、実践してみなければなかなか理解できないと思います。
ぜひ一度、喜治塾で集団討論練習会に参加してみてください。
詳細はこちら

集団討論
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の集団討論練習会は満席になりました。
今回は、集団討論の実践方法を解説します。

1 出題形式に応じた注意点

集団討論の課題には、大きく分けて①「~の是非について論ぜよ」型と、
②「~について対策を検討せよ」型とがあります。

①は賛成・反対の立場に分かれて議論を展開しやすいのですが、人数が一方に偏ってしまうと議論は進めにくくなります。全体の議論を活性化させるために、自分が最初思いついたのと逆の立場に鞍替えすることも時には必要です(冒頭で1人ずつ意見を言うときに、自分が最後の番で、自分以外の人が全部賛成の立場だったときあえて反対に立つ等)。

難しいのは②のタイプで、ただ各自が思いついた対策を提案しあうだけでは意見発表会になってしまい、議論になりません。このような場合には、議論に火を付けるために対立の契機を発見し(たとえば原因分析や背景の解釈、対策の手法、対策の優先順位等をめぐって意見の相違点をあぶり出す)、うまく対立構造に持ち込めば議論を進めやすくなります。
「集団討論では協調性が見られているから人の意見に反対するのは良くない」と考えるのは大間違いです。
「討論」というからには意見を戦わせる場面が必要であり、対立の中から妥協や調和を探るべきです。
全員が「私も○さんと同じ考えです」というような発言をしたら討論の意味がなくなります。 

2 集団討論の流れとポイント

集団討論は以下のような手順で進みます。各々の段階ごとにポイントを指摘します。

①控室で待機
控室で待機時間があれば同室の人に話しかけ雑談するのがベターです。討論に入ってからコミュニケーションがスムーズに行くようにするためです。場合によっては自己紹介しあって、司会役を誰にするか決めておくのも良いでしょう。

②別室に誘導され、…と記された所定の席に着席
もたもたしてはいけません。移動はなるべくスピーディーに。見られています。

③課題用紙が配布され10分の個別検討時間が与えられる。
まずは出題の背景を考える。
・是非型設問は、結論←根拠の順に検討。
・対策型設問は、課題発見⇒原因分析⇒対策呈示の順に検討。
・原因分析の際は本質まで掘り下げないと議論が表面的になる。
・対策については、対立する利益失われる利益を考慮し、反対者の反論を予想して再反論や妥協点、これだけは譲れない点等を練っておく。
・自分が司会役になったときに備えて、議論の進め方(話し合いの順序や時間配分)の計画を大まかに立てておく

④討論のすすめ方について試験係員より説明後、開始
・まずは司会役を決める。だれも立候補しないときは自分が立候補する。
・司会役になったら、自分の意見は言わずに議論の整序に専念
・司会役は区切りの良いところで随時それまでの議論をまとめ、メンバーで共有する。
・司会役にならなかったとしても、進行に関して意見があるときは積極的に提案する。
・司会役は発言回数の少ない人に配慮する(「~さんはどうですか」等)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
市役所C日程試験の1次合格発表の時期になりました。
1次合格後は、面接や集団討論が始まりますが、対策は大丈夫でしょうか。

市役所では、面接以外にも集団討論を課されるところが多いです。
まだ一度も経験したことのない方は、不安だと思います。
そこで何回かに分けて集団討論のポイントを説明します。

この記事を読むと集団討論について「分かった気になる」でしょうが、
だからといって「できるようになる」わけではありません。
できるようになるには実践練習が不可欠なので、集団討論練習会に参加してください。
10月14日(金)16:30に実施します。→詳しくはこちら 

さて、今回は入門編~集団討論の意義と評価についてです。何のために集団討論をするのかという出発点から考えていきましょう。

Q1 試験科目としてなぜ集団討論が課されるのですか?
A それは、面接だけではわからない、集団の中での能力(=社会性)を見極めるためです。

Q2 集団討論では何が評価の対象になるのですか?
A①積極性と②協調性、そして③わかりやすく説明できる表現力です。

①積極性とは、人前で物怖じせずに堂々と意見を言えるか、衝突を恐れずに意見を戦わせることができるか、グループを統率して意見を引き出しまとめあげるリーダーシップを発揮できるか、等を指します。
②協調性とは、他人の発言をよく聞いたうえで議論に参加しているか、議論の流れを見極めたうえで全体に貢献しているか、議論に加われなかったり議論を乱す人を放置せず適切に誘導しているか、等を指します。
③表現力とは、自分の考えを簡潔にわかりやすく説明できるか、ということです。

これらのうち、とくに①と②のバランスが重要です。
人より発言回数が多いことが①積極性を示すことになりますが、他人の意見をまったく聞いていなかったり、議論の腰を折ったりする人は②協調性を疑われます。
集団討論はプレゼンではありません。
1人でやるプレゼンだと①と③だけで良いのですが、集団討論は他者との協働作業だということを忘れないでください。

なお、集団討論に代えてグループワークを課す市役所もあります。これは討論の要素がないため①と②だけをチェックする試験です。
市役所の仕事はチームで取り組むものなので、協調性は常に重視されていると考えて良いでしょう。

さて、そもそも討論とは、①自律的な個人が意見を戦わせながら、②他者の知識や視点・価値観を取り込みつつ、③他者との協働を通じて創造的な問題解決を図ることをいいます。
ですから、皆が同じ意見では議論になりませんし、自分の考えに固執しても発展性がありません。
単なる意見発表会で終わってしまったり、自分1人で検討したところから一歩も発展しなかったようでは、わざわざ時間をとって議論した意味がないのです。
議論を通じて成長や発展といった成果が得られたことをグループ員全員が認識できることが目標となります。(つづく)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コミュニケーション道場<集団討論編>を、1月9日(木)18:30 21:30 に喜治塾で実施します。

県庁や市役所、外専、国家総合職など集団討論が課されている試験種を受験する人は受講してください。

そうでない人も、集団討論を通じて物事を複数の視点で捉える姿勢などが身に付き、論文や面接に役立ちます。

また、民間企業でも課されることが多いですから、民間と併願している方にも役立ちます。

内容は、集団討論の基礎を学び、ディベートの体験をします。

まず、「集団討論とは何か」を明らかにしつつ、集団討論の進め方や評価されるためのポイントなど、実践的なノウハウを説明します。

そのうえで、物事を複眼的にとらえる訓練、自己の主張を論理的に展開する訓練の一環として、ディべートを実施します。

ディべートと集団討論とは別物ですが、ディべートの技術を集団討論に応用することが可能です。

ディべートを経験したことのない方はぜひこの機会を利用してください。

受講料は塾生5000円、塾生以外の方10000円です。

集団討論は一人では準備できません。

集団討論を基礎から学びたい方、直前では不安な方は、

今のうちにぜひやっておくことをおすすめします。


お問い合わせは喜治塾(03-3367-0191)まで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コミュニケーション道場・集団討論実践編を、2月22日(金)18:30~21:30に実施します。


集団討論の練習会はこれを逃すと4月の神奈川県早期チャレンジの直前か夏の地方上級2次試験直前までありません。


「自分の志望先にはあまり関係ない」という人も、参加することで論理的な思考力や話し方を鍛えられるので論文や面接に役立ちます

また、「議論には慣れているから自信がある」という人には、難しい司会役や促進役にチャレンジする絶好の機会になります。

周りの協力をいかに引き出して議論を成功させるか。スキルアップに利用してください。


用意する3本のテーマは、どれも論文試験に出題されてもおかしくないものを選びます。

テーマ毎にグループを入れ替えながら模擬集団討論を行います。
いろんな人の意見を聞き、主体的に討論に加わることで、テーマへの理解も進むでしょう。


今年の合格者Aさんは次のように話しています。
「コミュニケーション道場でいろんな立場の人と話をできたのがすごくためになりました。ひとつの物事を考えるのにいろんな人の立場に立つことの大切さが分かりました。」

また、当日は5人の合格者に助言者になってもらい、

各グループに1人ずつ配置して議論の進め方を客観的に評価してもらいます。

合格者がいるのは3月まで。アドバイスを受けられる貴重な機会です。


勉強ばかりでモチベーションが低下している人にとっても奮起する起爆剤になるかもしれません。


あと5席ほどしか残席がありません。希望者はお急ぎ下さい!今回は増設できません



講座の詳細は喜治塾HPをご覧ください。塾生以外の方も受けられます。 


http://kijijuku.blog.fc2.com/blog-entry-217.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お待たせいたしました!

かねてより予告していたFBグループ「2012特別区経験者採用試験・最終合格を目指す会」のメンバー募集を開始します!10月26日(金)正午まで受付ます。


特別区経験者採用試験を受験する方たちが、2ちゃんねる等に頼ることなく、

より正確な情報を取得できるようにするための情報交換の場です。


実名で書き込むだけに、確度の高い情報が期待できる反面、

個人情報の流出等のリスクは高くなるので、

慎重に考慮のうえ、参加される方は申請をお願いいたします。


なお、会は秘密設定をかけますので、

加入メンバーが外部に知られることはなく、

内部でやりとりされる情報も一切公開されません。

詳しくは下記のページをご覧ください。


http://www.facebook.com/koumuindialog

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あす15日(月)14時から集団討論練習会を緊急開催します!

参加希望者は当日11時までに塾にお電話してください。(03-3367-0191

 ※塾生以外の方は7500円費用がかかります。


集団討論試験を控えている人、この後受ける可能性のある人は、

必ず1度は練習しておくことをお勧めします。


面接もそうだけど、コミュニケーション系の試験はまめな人が勝ちます。

準備段階からまめに動いて準備しよう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。