公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
最近、時事本の原稿作成に追われていました。
今年も「公務員時事」を3月に発刊します。
 
「速攻の時事」や「時事コレ」はもう既に出版されていますが、
昨年12月に国内外であった重要な動きがフォローできていません。
昨年は12月を除いて大きな動きが少ないので、
ベストテンには大したことないものしか並んでいません。
ですが、12月を入れると、ベストテン記事も大きく様変わりします。
今年の試験は上記2冊では間に合いません。
 
都庁も特別区も12月までの動きは毎年出ます!
ぜひ喜治塾の時事本にご期待下さい!
2月半ばの記事まフォローするので、地方上級、国家一般職にも万全です!
 
出版日時が決まったらまたお知らせします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、特別区向けの時事予想講義を実施しました。
せっかくですので予想内容の一部を公開します。
特別区の過去問の時事問題7年分を分析した結果、
下記がベスト5と予想します。

・TPP
・パリ協定
・ノーベル賞
・公選法改正(18歳選挙権等)
・国際会議(G7、G20、APEC等)


気をつけて欲しいのが、直近の2~4月に結構大きな動きがあったニュースです。
国内では公選法改正がらみがそうです。
また、国際政治と国際経済は2016年に入ってから大きな動きがあるので、
年明け以降のネタを押さえることが必須です。

直近ネタが一番充実しているのが、今回の講座でも使用した喜治塾のテキストです。
公務員時事用語&問題 2016年 05 月号 [雑誌]: 新聞ダイジェスト 増刊/新聞ダイジェスト社

¥1,400
Amazon.co.jp

講座は3時間ですが、特別区に出るところ、とくに本を読んだだけでは理解しにくいところ、直近のネタのフォローなどにメリハリを置いて解説しています。

DVDでも販売していますので、時事が苦手な方はぜひ利用してください。
今後、特別区向けの予想講座を続々とやります。

詳しくはこちらです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


以前に予告した「公務員時事」が発売されました!
公務員時事対策本の決定版と自負しています。
今年は、重要な語句を赤字にしてチェックシートが使えるようにしています。
また、重要ポイントを前出しし、レイアウトも見やすくしました。

類書で一番遅くに出版したため、たとえば今話題の「アダムズ方式」や、
国連安保理の北朝鮮制裁決議は、この本にしか載っていません!

イスラム国問題や安保法制などの複雑なテーマも、類書と読み比べてもらえれば、
分かり易さ、詳しさを納得してもらえると思います。

時事の勉強はまだまだこれからが勝負です!
すでに他の本を買った人も、1~2月のニュースはこの本にしか載っていませんから、
この本を併用して勉強して下さい!

Amazonでもすぐに取り寄せできます。


公務員時事用語&問題 2016年 05 月号 [雑誌]: 新聞ダイジェスト 増刊/著者不明

¥1,400
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在、2月中の脱稿に向けて、時事テキストの原稿を数人のスタッフと執筆中です。
新聞ダイジェスト社刊のこの本をご存じですか?

公務員時事

民間就活の時事対策では圧倒的なシェアを持つ新聞ダイジェスト社とタイアップし、
「公務員時事対策」に特化した本を作って今年で3年目になります。

公務員試験の時事対策本はいくつか出ていますが、古くからあるJ社の本が有名ですよね。
喜治塾の本はまだまだ知名度は低いですが、内容面では既に追い抜いているという自負があります。

たとえば、都庁の過去問と照らし合わせてみれば一目瞭然ですが、
J社の時事本で勉強するよりも的中率が高いです。

昨年の問題は、J社だと6問中3問しかとれませんが、喜治塾の本だと4問はとれます。
1昨年だと、J社2問、喜治塾の本だと4問でした。

たかが1~2問ですが、1~2点で泣く人の多い都庁ではこの差は大きいです。
差がある理由は、読み比べてもらえば分かりますが、情報量が多いことです。
都庁や特別区はもとより、地方上級、国家の過去問を分析し、出る分野については詳細に解説しています。時事に限らず教養の知識問題では「選択と集中」が何より大切です。
他社の時事本を見て思うのは、公務員試験に必要ない部分が出ている一方で、必要な部分が出ていなかったり、出ていたとしても内容が浅く、選択肢を切れないことです。

また、J社より発行日が1か月遅いことも理由のひとつでしょう。
そのため、6月に実施される都庁や特別区、地方上級、国家の試験で聞かれる、
2月いっぱいまでの出来事をすべてフォローできています。

今年度版は3月中旬の発行予定です。
時事はそれからの勉強で十分に間に合います。
今年は昨年よりもさらに記事内容を充実させ、予想問題も増量して的中率を高めます。
さらに論文試験にも役立つように用語解説を増やしました。
あわてて他の本に飛びつかず、ぜひ待っていてください!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
公務員時事 用語&問題 2015年 05 月号 [雑誌]: 新聞ダイジェスト 別冊/著者不明

¥1,300
Amazon.co.jp


公務員試験の時事問題は、今年の2,3月あたりまでの新聞記事が素材です。
「公務員時事用語&問題」(新聞ダイジェスト社)は、出版されているどの類書よりもネタが新鮮で、2月いっぱいまでの記事をまとめてあります。
今回は、この書籍の執筆責任者である五十嵐が、2時間×2回の特別講義と、予想問題演習を実施します。
書籍は独学向きに書かれていますが、コンパクトな内容のため、時事が苦手な方は、とっつきにくいかもしれません。
この講義を聴くことで、書籍の理解・記憶が何倍も効率よく進むでしょう。

<講座内容>

(1)時事講義
「公務員時事用語&問題」(新聞ダイジェスト社)を使用し、とくに試験に出題されそうなところ、受験生にとって理解が難しいと思われるところを集中的に解説します。

(2)時事予想演習
今年の時事の出題予想問題(20問)について演習を実施後、解説講義を行います。講義では、3月以降のニュースについてもフォローし、万全を期します。

<日程> 

(1)時事対策講義 全2回(欠席時のDVDフォロー有り) 
第1回 4月29日(木)15:00~17:00
第2回 5月7日(木)18:00~20:00

(2)時事予想問題演習 全1回(欠席時のDVDフォロー有り) 
5月11日(月)18:00~20:00

<会場>
喜治塾高田馬場校舎 8階教室
 新宿区高田馬場3-3-1ユニオン駅前ビル(JR高田馬場駅より徒歩1分)


<受講料>
時事講義、時事予想演習とも一般受講料(税込・入塾金不要・テキスト代別)各15,000円  

<お問い合わせ先>
公務員試験専門 喜治塾 
東京都新宿区高田馬場3-3-1 ユニオン駅前ビル5階
電話 03-3367-0191


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
公務員時事 用語&問題 2015年 05 月号 [雑誌]: 新聞ダイジェスト 別冊/新聞ダイジェスト社

¥1,300
Amazon.co.jp

「公務員時事用語&問題」の2016年度版が新聞ダイジェスト社より発刊されています。
昨年度から喜治塾で執筆していますが、昨年の都庁試験での出題的中実績は6問中4問と、
6問中2問しかとれなかったであろう「競合他誌」に圧倒的な差をつけました。
他誌と異なり、今年2月いっぱいまでの最新ニュースがフォローされているのが最大の特長です。

今年はとくに都庁・特別区の試験が6月にずれ込んだため、2月いっぱいぐらいのニュースは出題範囲に含まれると考えられます。
そのため、昨年12月までのニュースしか掲載されていない他誌では取りこぼしが出るでしょう。

とりわけ昨年は総選挙があったため、新年度予算や税制改正がらみの重要なニュースは年明けに持ち越されました。国際情勢の動きもIS関連のテロなど年明けに激しいものがありました。

これから時事対策を本格的に始める方はもちろん、既に他誌を使って時事の学習をすすめている方にも、ぜひ本誌の使用をお勧めします。

喜治塾では、本誌を使用した時事予想講義も実施します。

◆時事直前講義 
 
①4月29日(水)15:00~17:00
②5月7日(木)18:00~20:00

◆時事予想問題演習 
  
 5月11日(月)18:00~20:00

詳しくはこちら

教養科目の足切りが6割と高い都庁では、とくに時事が合否の鍵を握ると言っても良いです。
みなさんの受講をお待ちしております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「何新聞をとったらいいですか?」という質問をよく受けます。


「公務員試験の勉強向けに」という限定で言えば、朝日か読売、ないしは東京が良いです。


逆に試験に使えないのは日経と産経です。
日経は民間の就活をする人には必須ですが、企業の視点で書かれており、とりわけ社会面の記事がほぼないので公務員試験向けには使えません。 産経は日経よりは柔らかいですが政治的に偏っています。


朝日、読売、東京の3紙で迷ったら朝日をお勧めします。

お勧めする理由は以下の3点です。


①読売、東京に比べて若干難しいが、難しめの文章に日頃から慣れておくことで教養試験の文章理解に役立てることができる。

②国内外の有識者からの寄稿や読者の投稿、記者のコラムや解説記事のグレードが他紙より圧倒的に高い。

③論調が左寄りイコール労働者・弱者寄りという点で、公務員的な視点に通じる面がある。


東京新聞は①②において朝日よりも見劣りしますが、③は朝日と同じ論調です。

東京都区内の地域ネタは朝日よりも充実しており、都区を受験する人には役立ちます。


もちろん朝日には良くない点もあります。

①高いところから見下ろすようなエリート的な視点で書かれ、独善的な嫌いがある。

②わかりやすく伝えようという配慮が他紙に比べると薄い。

③右寄りの人から見ると不愉快な論調が多い。

読売新聞は①②において朝日より親しみやすいというメリットがあります。

③は読売だと真逆になり私のように左寄りの人には腹が立つこともしばしばです。

私が記者をしていたころ、朝日の記者はいつも超然としていて警察でも役所でも嫌われ者でした。

それに比べると読売の記者は人間味があふれ魅力的な人が多かった印象があります。


新聞は長年同じ新聞を購読し続けると知らず知らずのうちに論調に影響を受けて

政治的なスタンスが固まってしまいやすいです。悪く言えば洗脳です。

こうした弊害を防ぐには複数紙を同時にないし交互に読むのがよいでしょう。

ちなみに私はここ5年以上、3ヶ月おきに朝日と読売を交互にとっています。


塾生さんであれば、ラウンジに朝日が置いてあるので、家では読売をとり、週に一度図書館で東京新聞に目を通す。というのは一例としてどうでしょうか。


なお、ネット購読ではだめですか?という声も耳にしますが、現状では紙面の方が良いです。


有料になった朝日がネットでどの範囲の記事まで掲載しているのか分かりませんが、以前は識者の投稿やコラム、座談会、読者の声等、多くの大切な記事が掲載されていませんでした。

また新聞広告なども世相を知るのに役立つし、何より一覧性があり情報の軽重を見出しから判断しやすいというメリットが大きいです。


紙面をそのまま画面で読むサービスもありますが私は目が疲れてとてもだめです。




<↓過去の記事は下記タイトルをクリックしてください。>

新聞の効果的活用法① まずは問題意識を持とう

新聞の効果的活用法② 論評記事を活用する


私の記者時代の経験談

http://ameblo.jp/j-igarashi/entry-11234017642.html


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日お伝えした最新の時事対策書籍が本日、発売されました。
新聞ダイジェスト増刊 最新時事用語&問題 2012年 09月号 [雑誌]/新聞ダイジェスト社
¥1,260
Amazon.co.jp

今年の3月以降の時事では、国内的にはいくつかの法改正や東京電力の実質国有化、原子力発電所問題など、フォローすべきテーマが盛りだくさんです。


国際関係でも、G20、G8、リオ+20、日米・日ロ首脳会談など、重要な会議が目白押しです。


特別区経験者採用試験受験者をはじめ、秋の市役所を受験する方もぜひ購入して学習に役立ててください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
秋の公務員試験に向けて時事対策をどうすべきか気がかりな方も多いでしょう。
定番の「速攻の時事」は1月上旬までのニュースしか掲載していないので、その後のニュースをフォローできないからです。
そこをねらったように、秋の試験では3月以降のニュースから出題されることが多いです。

私も29日(日)に実施する特別区経験者講座の時事対策の準備に追われています。

この試験では例年、時事問題が6問も出て、しかも4~6月のニュースが毎年頻出です。


この試験を受験する方は7月31日発売の下記の本が必須だと思います。

買い忘れないようにAmazonで予約しておくことをオススメします。


新聞ダイジェスト増刊 最新時事用語&問題 2012年 09月号 [雑誌]/著者不明
¥1,260
Amazon.co.jp

最新号の8月号も出題可能性の高いネタがたくさん掲載されているので、購読をオススメします。

新聞ダイジェスト 2012年 08月号 [雑誌]/著者不明
¥870
Amazon.co.jp


とりわけ冒頭の特集で掲載されているG20、「リオ+20」、原発とエネルギー政策は必読です。

原発とエネルギー政策については地方上級でも教養論文や集団討論のネタとして出題されていたので、来年受験する人、秋の国家総合職教養区分を受ける人もよく読んで勉強しておいてください。


模擬面接も落ち着いてブログを書く時間も出てきたので、今後、時事のポイントについて記事を公開していきます。


また、秋の市役所試験、経験者試験対策に1日速習講座を実施します。

興味のある方は喜治塾ホームページをご覧になって下さい。


市役所試験独学者のためのワンポイント講座http://kijijuku.blog.fc2.com/blog-entry-122.html


特別区経験者採用 直前一日対策講座http://kijijuku.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
時事対策に不安を持っている方が多いようです。
きょうは時事対策の書籍を紹介します。
3月に実施する講義の使用教材は、2月下旬に発行される「速攻の時事」(実務教育出版)です。
ですが、この本は、ある程度基礎知識がないと読みこなせず、苦労する人が多いです。
時事に弱いかどうかをチェックするために、以下の問題に○×で答えて下さい。
×の場合にはその理由も示すようにしてください。

<問題>

1 2011年度の地方交付税(普通交付税)交付金総額は前年度より減少した。

2 経済連携の度合いは、FTAよりEPA、EPAよりTPPのほうが大きい。

3 ジャスミン革命が勃発したのはエジプトである。

4 日本の2010年の高齢化率は25%を超え、超高齢社会へ突入した。

5 日本の年金制度は1階部分が全国民共通の国民年金になっている。

6 2011年、小笠原諸島がわが国で3カ所目の世界自然遺産に指定された。


正解はこの記事の末尾に載せてあります。

どれも基本的な問題なので、3問以上わからなかった方は危機感を持ってください。

危機感を持たれた方には下の本をお薦めします。
100ワードあるので、1日3ワードずつ潰していけば2月中には終わります。
新書サイズなので電車の中でも読めます。内容はたいへん平易です。
これを1冊つぶしておけば、「速攻の時事」はかなり楽になります。
また、時事だけでなく教養の「社会科学」(憲法・政治学・経済学・社会学)の知識にも役立ちます。
専門科目を勉強しない方には、必携の本です。
新聞ダイジェスト増刊 ニュースがわかる時事キーワード 2012年 01月号 [雑誌]/著者不明
¥1,000
Amazon.co.jp

「速攻の時事」は公務員試験の定番参考書ですが、

記述が簡潔すぎてわかりにくいところがあるし、

都庁や国家総合職には物足りない内容です。

より詳しい用語集がほしい方は、下の本をお薦めします。


こちらは行政課題論文を書く際にとても役立ちます。

また、国家一般職の行政学にも役立ちます。

少々高いですが、持っていて損はない本です。

現代用語の基礎知識 2012年版/自由国民社
¥2,980
Amazon.co.jp

今後、このブログでも時事ワンポイント講義をやっていく予定です。

問題の正解 

1×減少→増加 2○ 3×エジプト→チュニジア 4×25%はまだ超えていない。 5○ 6×3カ所目→4カ所目


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。