公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
前回の続きです。

今回は「不安をその都度絶つ」という心のコントロール手法について説明します。
不安の中でも、前回の分析手法があまり役に立たない不安もあります。
「どこにも受からずホームレスになったらどうしよう」
「筆記を突破できてもどうせ面接で落とされる気がする」
「受からなかったら自分の価値が否定され、二度と立ち直れない」

これらはどれも理性的に考えれば根拠のない妄想である事が分かります。
まず、勉強を続けさえすればどこにも受からないことはほぼあり得ません。
また、たとえ受からなかったとしても即ホームレスになることはないでしょう。
若いんだから就職先はいくらでもあります。
差し迫った現実の危機でもないのに、
ありもしない妄想にとりつかれて自分の首を絞めているのです。
まずはそのことにしっかりと気づかなければなりません。

しかし、頭では分かっていても繰り返し繰り返し浮かんでくる。
振り払おうとすればするほど浮かんでくる。
こんな場合はどうすれば良いのでしょうか。

不安はたいていの場合、心が「いま」に不在である隙をついてやって来ます。
「いま」に集中しているときには不安は起こりようがありません。
妄想に気づいたら「いま」に戻ることです。
勉強していたり、仕事をしていたり、家事をしていたり、入浴している、
その目下の活動に立ち戻って集中することです。

どこにも問題はないはずです。
ただ自分の思考で問題をつくり出しているだけです。


不安や妄想が現れたとき、無理に振り払おうとしてはいけません。
不安や妄想を否定するのではなく、
ただそこに「ある」と認識して、それ以上追わずに手放すのです。
脳には背内側前頭前野という場所があり、
自分の思いや思考に「気づく」働きをしているそうです。
自分の思考を客観的に観察するもう一人の自分が脳の中にいるんですね。
ここが正常に働いていれば、不安や妄想に飲み込まれることはありません。
頭を冷やして適切に対処していける能力をだれもが持っているのです。

ところが、不安や恐怖を抑圧すると背内側前頭前野の働きが鈍ってしまい、
増幅された不安や恐怖がふたたび現れたときに
パニックやうつを引き起こすもととなるそうです。

「抑圧する」と「手放す」の違いに注意してください。
「抑圧する」とは、「ダメだ」「嫌だ」と否定的な評価を下し、
力ずくで振り払おうとすることです。
抑圧すると意識下にある不安が無意識下に移って手に負えなくなってしまいます。
「手放す」とは自分の思いを認めた上でこだわらないことです。
具体的には、何か引っかかる思考やイメージが浮かんだら、
「いま、……と思った」と気づくだけにし、それ以上深追いしない。


それでもしつこくつきまとう不安や抑鬱感情を洗い流す方法として深呼吸があります。
深呼吸には雑念で汚れてしまった頭の中を掃除する効果があります。
いろいろなやり方がありますが、一番簡単な方法を紹介します。

まず背筋をピンと伸ばして座り、目を閉じて2,3度深呼吸する。
このとき両手をおなかに当てて腹式呼吸をしてください。
呼吸が深くなったら、自然な呼吸に移って、
吐く息に合わせて回数を「いーちー」「にーいー」と数えます。
無事に10まで数えられたら1に戻って繰り返します。
雑念がわいて数え損ねたときにはその都度1に戻ってやり直して下さい。
目は開いてても瞑っても良いです。

呼吸を数えるのは「いま」に意識を戻すためです。
過去や未来からやってくる妄想を払うためです
もちろん、やっている間にもたえず雑念がわき、油断すると数を数え損ないます。
それに気づいたらただ雑念をやり過ごして再び意識を呼吸に戻す。
これを何度か繰り返すことで、心が落ち着いて静かになっていきます。

気持ちが落ち着いたら勉強に戻ってください。
この瞑想に慣れると集中力が飛躍的に高まります。
試験本番や面接の直前にも落ち着くことができます。
鬱になるのを防止することもできます。
簡単だけれど驚くほど効果がありますよ。
スポーツ選手などもやっています。
ぜひ試してみて下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
現役生の方は学年末試験が終わり、いよいよ直前の追い込みに入る時期です。
この時期、塾生さんと面談すると、毎年のことですが、「間に合う気がしない」「不安でしょうがない」という声を多く聞きます。
「勉強していても不安で集中できない」という重症の方もいます。
勉強に集中するための土台は精神にあります。
とりわけ直前期はメンタル面が不安定になりやすいので管理が重要です。
今回は「不安への対処方法」についてアドバイスします。

まずは不安の元である原因を突き止める方法です。
「不安」は「恐怖」と異なり明確な対象を持たないもので、得体が知れないゆえにどんどん存在感が増して精神にダメージを与えます。しかし対象をはっきりと捕まえれば消え去ります。不安の原因を分析し対象をあぶり出し、正体を見極めてください。

たとえば、「ただ漠然と全体的に不安」というもやに包まれたような状態にあるときは、自分のできていない部分、苦手な部分が把握できていないせいです。そこで、なるべく具体的に、復習ができていない部分、まだ終わっていない部分を紙に書き出しましょう。紙に書き出して可視化するのがポイントです。

過去問演習で自分の現在の実力や科目間のばらつきを把握することも役に立ちます。教養科目や専門科目を、1年分まとめて本番通りに時間を計って解きます。教養なら全体で5~6割とれればOKです。とれなかったときはどの科目・分野が足を引っ張っているのかはっきりさせ、その項目を書き出して克服するための学習計画を立てます。専門科目は科目間のばらつきがある場合、弱点科目や弱点分野を紙に書きだします。演習は2週間に1度は行い、到達度を確認しつつ次の計画にフィードバックする。そうすれば今やるべきことがはっきりし、成果も2週間ごとに確認できます。このように克服すべき対象が明確になると、もやのような不安は消えていき、目の前の勉強に集中できるようになるでしょう。

演習は塾でも2週間おきにやりますが、それとは別に、自分の志望先の過去問を使った演習を各自でやってください。予備校の公開模試を受けるよりもずっと役立ちます。分析の仕方、弱点の克服方法、計画の立て方がわからないときには、一人で悩まずに相談してください。

受験日記をつける方法もお勧めです。
落ち込んだとき、不安になったとき、逃げたくなったとき、勉強する気になれないときに、解決しようなどと思わずに、自分の今現在のありのままの気持ちをただノートに綴ります。自分をごまかさず、自分を批判せず、>ただありのままの自分の弱さに向き合うのがポイントです。
この効用は、文字にする過程で自分の中にあるマイナスの感情や思考を客観視し、自分からある程度切り離すことができることにあります。

アメリカの大学でこういう実験を行いました。
学生たちを2つのグループに分けて、1つのグループには試験前に時間をとって、失敗の不安や恐れなどを紙に書き出させたうえで試験を受けさせました。もう一つのグループには何もやらずに試験を受けさせました。すると不安や恐れなどを紙に書き出したグループのほうが明らかに成績が伸びたそうです。

合格者から受験中(とくに面接期間中)につけていたノートを見せてもらったことがあります。面接の準備のための自己分析や志望動機のまとめといっしょに、面接に臨むにあたっての不安や恐怖、模擬面接で失敗して悔しかったこと、自己嫌悪等々……当時の心境がありありと伝わって来ます。このノートは受験中のかけがえのない記録だと思いました。みなさんもこういったノートを座右に置いて、マイナス感情が浮かんだときには書き込み、あとは忘れてください。
将来仕事や人生で困難に直面したときにも役立つでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
勉強計画の立て方の続きです。

前回の記事で、可処分時間を計算し、各科目毎に大まかに時間を割り振ることを書きました。
では、各科目毎の勉強計画や、毎日の勉強計画はどうやって立てればよいでしょうか?

まず、残された時間で全科目の全範囲を完璧に復習することは不可能です。
完璧主義は挫折します。完璧でなくても十分に受かります。
公務員試験は7割方できれば受かる試験です。

そこで、
①「出やすく、かつ、手薄(または苦手)なもの」
②「出やすくはないが、手薄(または苦手)なもの」
③「得意だが、出やすいので見直しが必要なもの」

という順に優先順位をつけて「懸案事項リスト」を作ることから始めてみましょう。

まず科目毎に項目をリストアップしてください。
次にリストアップした項目毎にかけられる時間を大まかに記します。
これは前回計算した科目ごとの時間の割り振りの範囲内でやります。

そして上記の①②③の基準に従って、教科の優先順位をつけ、
次に教科内では単元間の優先順位をつけましょう。
項目毎に優先度が高いと思われる順にA、B、Cとランクを振ります。
そして1週間計画の中でAランクのものから順に取り組んでいきます。
週の終わりに消化できたものを懸案事項リストから削除します。
消化できなかったものは次週に回しましょう。

最初から完璧なリストを目指さないように。
新たに発見された事項があれば随時追加すれば良いです。
とくに演習で弱点分野が発見された場合、忘れないうちに項目を書き込んでおきましょう。

勉強計画というと1日の時間割だけ作ってしまいがちですが、
それだけでは具体的に何をどういう順番で進めるのか迷って時間をロスし不安になります。
そこで上記のようにやるべき内容を週間計画に書き出しておいてください。
そうすればやるべき内容がはっきりし、ゴールが見えてくるので、
精神安定のためにも良いです。

計画を立てたら腹をくくること。「嫌だ」と思って逃げないこと。
逃げ口実を作ろうとしている自分に気づいたらすぐに引き返すこと。
とにかく淡々と計画通りに勉強をこなして下さい。
ここからは精神論になりますので他の記事(「不安を手放す」)を見てください。


  さしあたるそのことのみを思えただ 返らぬ昔 知らぬ行く末 (菅公)


①睡眠、②栄養、③ストレスのバランスに気を配り、
体調を崩さないようにがんばって下さい。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年度の特別区経験者採用試験の合格発表が本日ありました。

喜治塾にも続々と合格の報告が届いています。

合格人数は以下の通りです。

 

2級職(事務)   171名(当初採用予定106名)

3級職Ⅰ(事務) 48名(当初採用予定28名)

3級職Ⅱ(事務) 14名(当初採用予定8名)

 

合格された方、おめでとうございます!

ここまで長い道のりだったと思います。

ですが、ここでまだ終わりではありません。

 

合格者数を見ると、当初採用予定数よりかなり多めに出しています。

2級職の方は区の採用面接で不選択(不合格)があるので最後まで気を抜けません。

1発で決められるように気を引き締めてもう一度受験区のことを調べましょう。

区からの電話も既にかかってきています。

来週末あたりの採用面接に向け、区役所や区内を回るなどして準備して下さい。

 

喜治塾では10日(土)に区面接対策講座を実施します。

区面接について知りたい方はぜひ参加してください。

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
年の瀬が近づくと、だれの心にも焦りや不安が浮かんできます。
昨日も個別相談で
「試験が近付いているのにいっこうに知能ができるようにならず、
間に合わないのではないかと不安でしょうがない」
という悩みを聞きました。

「どこにも受からなかったらどうしよう」
「筆記を突破できても面接で落とされるのではないか」
「どこにも受からずホームレスになったらどうしよう」

このような不安にどう対処したら良いのか。
対処法を紹介します。

まずは「気づき」が第一歩

上記のような不安は客観的に考えればいずれも根拠のない妄想である事が分かります。
まず、勉強を続けさえすればどこにも受からないことはほぼあり得ません。
また、たとえ受からなかったとしても即ホームレスになることはないでしょう。
今は売り手市場。若いんだから就職先はいくらでもあります。
「心配事の8割は実際には起こらない」とよく言われます。
差し迫った現実の危機でもないのに、
ありもしない妄想にとりつかれて自分の首を絞めているのです。
まずはそのことにしっかりと気づかなければなりません。

気づいたら、「いま」に戻る

しかし、頭では分かっていても繰り返し繰り返し浮かんでくる。
振り払おうとすればするほど浮かんでくる。
こんな場合はどうすれば良いのでしょうか。
不安はたいていの場合、心が「いま」に不在である隙をついて向こうからやって来ます。
「いま」に集中しているときには不安は起こりようがありません。
妄想に気づいたら「いま」に戻ることです。
勉強していたり、仕事をしていたり、家事をしていたり、入浴している、
その目下の活動に立ち戻って集中することです。
だらだらしているときほど妄想が浮かびやすいから、
だらだらせず、妄想がつけいる隙を与えないことです。

無理に振り払わず、「手放す」

不安や妄想が現れたとき、無理に振り払おうとしてはいけません。
不安や妄想を否定するのではなく、ただそこに「ある」と認識して、
それ以上追わずに手放しましょう。

脳には背内側前頭前野という場所があり、
自分の思いや思考に「気づく」働きをしているそうです。
自分の思考を客観的に観察するもう一人の自分が脳の中にいるんですね。
ここが正常に働いていれば、不安や妄想に飲み込まれることはありません。
頭を冷やして適切に対処していける能力をだれもが持っています。

「抑圧する」と「手放す」の違いに注意してください。
不安や恐怖を抑圧すると、逆に背内側前頭前野の働きが鈍ってしまい、
増幅された不安や恐怖がふたたび現れたときにパニックやうつを引き起こすもととなるそうです。
「抑圧する」とは無理して見ないようにしたり力ずくで振り払おうとすることです。
「手放す」とは自分の思いを認めた上で受け流し、こだわらないことです。
抑圧すると意識下にある不安が無意識下に移って手に負えなくなってしまう。
そうなる前に不安を手放しましょう。

具体的には、何かマイナスな感情や感覚をもたらす思考やイメージが浮かんだら、
「いま、……と思った」と気づきの言葉を入れて、それ以上深追いしない。
それを繰り返し行う習慣をつければ、次第にうまく手放せるようになります。
「心が弱い」「自分はダメだ」などと自己否定の思考が浮かぶ前に手放しましょう。

「気づく」、「いまに戻る」、「手放す」

この3つを心がければ、どんなにストレスフルで不安いっぱいの状況でも乗り超えられます。
人間にはその能力が備わっています。
それを信じて乗り切ってください。



喜治塾の開講予定講座はこちら

都庁3か月合格講座 新方式に特化した講座も初開講!

特別区経験者講座

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の試験で結果を出せていない方へ

来年を目指して再始動するのも良いですが、市役所試験はまだ終わっていません。

追加募集がちらほらと出ています。

 

たとえば、

埼玉県入間市役所の追加募集が出ています。(クリックで募集要項に飛びます。)

申込は11月10日(木)~12日(土) 午前9時~午後5時に市役所に直接持参です。

申込書はHPからダウンロードできます。書く内容は少なめです。

埼玉県や東京西部にお住まいの方は検討の価値があります。

「残り物に福あり」です。ぜひ考えてみてください。

 

また、来年に向け再チャレンジを図りたい方はいつでも喜治塾まで相談に来てください。

懇切丁寧に個別相談に応じます。

他校の方には再チャレンジ制度、塾生の方には合格保証制度があります。

ご来塾をお待ちしております。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
市役所C日程の1時が終わり、今シーズンの試験も終息に近づいていますが、
10月23日(日)、神奈川県チャレンジ早期枠の第1次試験が実施されます。
まだまだチャンスはあります。
昨年もこの試験で一発逆転を果たして就職を決めた喜治塾生がいました。
40人もの採用が予定されています。

23日は教養試験(2時間)と自己PRシート(1時間)の記入があります。
配点は自己PRシートの方が高いです。

そこでこの試験の合格を本気で目指している人は自己PRシートの添削指導を受けて下さい。
塾生さんは無料です。塾生以外の方は30分7700円かかります。

自己PRシートの項目は例年であれば以下の4つです。
①志望動機、②学生時代にやったこと、③神奈川県に入ってやりたいこと、④自己PRです。
A3サイズの大きな紙に書かされるそうなので、
あらかじめ内容を練っておかないととても書ききれません。

今まで何人ものESを添削して気づいたことは、
冒頭の志望動機のインパクトが重要だと言うことです。
皆さん、自分らしさを出すのに一番苦労しています。

第1印象はとても重要です。
ここが平凡で、自分の個性を打ち出せていないと、どうしても全体の中で埋没してしまいます。
「自分でなければ書けないことを書いているか」をチェックしてください。


「自分はどういう人間で、なぜ公務員になりたいのか」
「自分はなぜ神奈川県で働きたいのか」
「自分のどのような個性や能力を神奈川県で活かせるのか」
「自分はどういう思いで、何を実現したいのか」


たえず自分を軸に文章を組み立てていけば、
「神奈川県は、水と緑に囲まれ、魅力的な…」
などという、あってもなくても変わらないような志望動機にはならないはずです。
知識に逃げず、しっかり自分と向き合ってください。

今回は、A3サイズの大きな紙にたっぷりと書かされるので、
志望動機(①)は全体の序論に当たると考えて良いでしょう。
本論は、学生時代にやったこと(②)と、神奈川県に入ってやりたいこと(③)、
結論は、最後の自己PR(④)です。
これがバラバラであってはいけません。


①②③④を「だんご」にたとえると、1番最初に食べる①の味がまずければ、②以降を食べ進める気がなくなります。
そして、4つのだんごが1本の串に貫かれていれば、食べやすく、見栄えもよいです。
この串が「自分軸」だと思います。
全体を通して読んだとき、自分なりの一貫性があり、自分の人間像が浮かび上がってくるか。
もう一度チェックしてみて下さい。

何度かやりとりして、すばらしいESに仕上がった人も出ています。
気になる方は下書きを持ってきてください。

外部生の方向けの添削指導はこちら 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

市役所C日程の1次試験が終わり、今シーズンの試験も終息に近づいています。
10月23日(日)には、神奈川県秋季チャレンジ試験の第1次試験が実施されます。

40人もの採用が予定されています。

これまでの試験で全敗だった人も、一発逆転の大チャンスです。
昨年もこの試験で合格した塾生がいました。
応募した人は、全力を尽くしましょう!

 

喜治塾では10月1日(日)、『神奈川秋季チャレンジ試験対策講座』を開講します。

 →詳しくはこちら

 

この日は1次試験で課される基礎教養試験と自己PRシートの対策講義をします。

とりわけ自己PRシートは配点が高く、書く内容も多いため、事前準備が不可欠です。

その場で考えて書くのでは合格はおぼつかないでしょう。

この講義を受けてから、下書きを持参して添削指導を利用されることをお勧めします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
特別区経験者採用試験を受験された皆さん、感触はいかがでしたでしょうか。

教養試験は例年よりやや難しかったようです。10~11点もあれば足切りは免れるでしょう。

論文試験は塾の講座での予想が的中しました!

経験論文の「職場における創意工夫」は、予想していた「業務改善」の類題です。
課題式論文の「区民ニーズの把握と施策への反映」「グローバル社会の進展に伴う行政運営のあり方」についても、予想通りの内容でした。

今年は昨年と異なり、いずれも難しいテーマではなく、
みなそれなりの論文を書いてくると思われます。

「これでは差がつかない」とよく言われたりしますが、
採点側からすればそんな事はありません。
典型問題で差がつくのは「内容」よりもむしろ「文章」のほうです。
「簡潔に、分かり易く、論理的に」まとめられているか。
漢字や文章は正確に書けているか。そういう基本が大きな差となって現れるでしょう。

さて、書けたという感触がある人は、すぐにでも面接対策に取りかかるべきです。
試験はこれからが本番です。発表を待っていたのでは出遅れます。
塾のコース生にはさっそく面接の個別指導を受け始めている方も多く、
外部からの問い合わせも増えてきています。

面接対策の中心は自己分析特別区のリサーチが2本柱ですが、
いずれも直前の付け焼き刃では浅い内容になってしまいます。
1次発表から面接までは2週間しかありません。しかも今年の面接は1回勝負です!

そこで、他の受験生がやっていない本格的な準備に、いかに先駆けて取り組むか。
その方法論や心構えを19日に喜治塾長が講義します。

詳しい案内はこちらをご覧下さい。

では皆さん、引き続き頑張ってください! 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
地方上級が終わり、公務員試験も折り返し地点です。

そろそろ息切れして民間就活に切り替えようかな、という人が出てくる時期です。
あるいは、なんとなく惰性で過ごしている人もいるでしょう。

そんな人たちを尻目に、もう一度力を振り絞って巻き返しを図るなら今です。
後半戦、ここからの巻き返しでチャンスをつかむ人が毎年大勢います。

たとえば、専門科目の点をのばせずに前半戦が不調だった人は、
後半戦は思い切って教養科目絞るのもひとつの戦略です。
専門のある千葉の市役所をやめて、近隣の埼玉の市役所を受けて下さい。
合同説明会が7月7日にあります。
行くだけ行ってみましょう。

→ 埼玉県市町村合同説明会

また、国立大学法人のエントリーも今日から開始しました。
エントリーだけでもしておきましょう。

→ 国立大学法人採用試験案内

教養科目だけなら、かりに民間も受けるとしても、併願の妨げにはならないはず。

チャレンジしましょう!
必ず道は開けます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。