公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:

きょうから新年度が始まりました!

晴れて公務員になられたみなさん、おめでとうございます!

新たなスタートに希望と不安の入り交じった気持ちかと思います。

辛い受験を乗り越えられたみなさんであれば、

どんな困難にも必ず立ち向かっていくことができます。

頑張って下さい、応援しています!

 

新入社員にとっては最初の1か月が肝心です。

あいさつは自分から。

声をかけられたときは相手の目を見てしっかりと応じ、

与えられた仕事はどんな仕事であっても全力を尽くしましょう。

また、仕事や職場に対する新鮮な目は慣れてくるとすぐに失われます。

初心を忘れないためにも、

毎日、気づいたこと、考えたことを日記につけることをお勧めします。

仕事の概要が分かってきたら、

3か月、半年、1年後の目標を書き出しておくのも良いでしょう。

 

新社会人にお勧めしたい本があります。

 

この本を紹介しようと思ったのは、就職1年目の人はもとより、

既に働いて何年もたっている方、また大学生にもぜひ一読してほしい本だからです。

 

著者の岩瀬さんとはもう20年近く前になりますが、

以前勤めていた会社で2年ほど一緒に仕事をしていたことがあります。

岩瀬さんは当時東大在学中で司法試験に合格したばかりでした。

当時から「ほんとうに優秀な人とはこういうものなのか」と感じていました。

 

開成中高→東大法学部→ハーバードビジネススクールという華々しい経歴からすると、

一般人には参考にならない本のように思うのですが、実はそうではないのです。

書いてある内容は、

入社1年目の印象でその人の評価が決まるから、

朝はだれよりも大きな声であいさつし、

メールは24時間以内に返事を出す…など、

ごく当たり前のことが中心。

宴会芸は死ぬ気でやれ…など、

エリートらしからぬ泥臭いところもありました。

それが逆に新鮮です。

何か取り立てて成功者になるための秘伝があるわけではない。

「当り前のことを当たり前にできること」が成功の条件であるようです。

 

岩瀬さんから聞いたこんな話を覚えています。

司法試験の合格者たちがアメリカのロースクールの学生と討論するために渡米した時のこと。皆が寝静まった深夜の飛行機で、翌日の討論に備えて英語を勉強していたのは土井香苗さん(現在国際人権弁護士として活躍中)だけだったそうです。

参加メンバーの中で英語に堪能なのは帰国子女の岩瀬さんと土井さんだけでした。

英語のできない人が寝ていて、できる人が必死に頑張っている。

実力の差がどんどん開くのは、頭の良さではなくてこういう努力のせいだというのです。

 

この本に書いてあることは、やる気になればだれでもできることばかりです。

しかし、頭では分かっているのに、ほんとうに全部できる人が何人いるのか。

おそらく1%もいないでしょう。私もできませんでした。

若い皆さんにはまだまだチャンスがあるから、ぜひこの本を読んでください。

 

優秀な人は「マメ」です。

「ものぐさ」で成功しようというのは甘いですよね。

私もブログの更新をマメにしようと思います。

 

 

当り前のことを当たり前にする。

さて、自分はいま、何をなすべきなのでしょうか。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

j-igarashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。