公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
ポイント3:政策の羅列にならないように、構成をしっかり

課題式論文は知識を問う試験ではなく、問題解決能力を問う試験です。
政策を羅列しただけだと知識を披露しただけになってしまい、
論理的思考力や問題解決能力をアピールできません。
逆を言えば、考えている姿勢さえ示せれば、政策をたくさん並べても構いません。
では、考えている姿勢が出ているか否かはどこで分かるのでしょうか。

まずは政策が整理されているかどうかです。
きちんと項目分けがなされ、しかもその項目分けが合理的であることです。
項目分けの基準としては以下のような分類が使えます。

・マクロな政策とミクロな政策
・ハード面の政策とソフト面の政策
・事前の対策と事後の対策
・短期的な政策と長期的な政策
・行政が単独で取り組む政策と住民等と協働で取り組む政策
・優先順位が高い順に並べる
・時系列で並べる

例えば、
「まずは、ハード面の対策を考える。」
「次に、ソフト面の対策を考える。」
といった大項目を立てます。

次に、いきなり政策を出すのではなく、プロセスを踏まえて政策が出されていることです。
なぜその政策が課題の解決に効果的なのか、根拠が述べられていなければ論理的とは言えません。そのためにも政策を導き出すプロセス(原因分析)を踏まえて論じます。

<答案の書き方の例>
第1に、××という取組が必要となる。
なぜなら、…(背景分析)…。具体的には、…(具体的政策を2~3呈示)。
第2に、△△という取組が必要となる。
なぜなら、…(背景分析)…。具体的には、…(具体的政策を2~3呈示)。

答案の「型」についての詳しい説明と、すぐに使えるテンプレートを入手したい方は、ぜひ下記の無料講座をご覧になって下さい。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

j-igarashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。