公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
勉強計画の立て方の続きです。

前回の記事で、可処分時間を計算し、各科目毎に大まかに時間を割り振ることを書きました。
では、各科目毎の勉強計画や、毎日の勉強計画はどうやって立てればよいでしょうか?

まず、残された時間で全科目の全範囲を完璧に復習することは不可能です。
完璧主義は挫折します。完璧でなくても十分に受かります。
公務員試験は7割方できれば受かる試験です。

そこで、
①「出やすく、かつ、手薄(または苦手)なもの」
②「出やすくはないが、手薄(または苦手)なもの」
③「得意だが、出やすいので見直しが必要なもの」

という順に優先順位をつけて「懸案事項リスト」を作ることから始めてみましょう。

まず科目毎に項目をリストアップしてください。
次にリストアップした項目毎にかけられる時間を大まかに記します。
これは前回計算した科目ごとの時間の割り振りの範囲内でやります。

そして上記の①②③の基準に従って、教科の優先順位をつけ、
次に教科内では単元間の優先順位をつけましょう。
項目毎に優先度が高いと思われる順にA、B、Cとランクを振ります。
そして1週間計画の中でAランクのものから順に取り組んでいきます。
週の終わりに消化できたものを懸案事項リストから削除します。
消化できなかったものは次週に回しましょう。

最初から完璧なリストを目指さないように。
新たに発見された事項があれば随時追加すれば良いです。
とくに演習で弱点分野が発見された場合、忘れないうちに項目を書き込んでおきましょう。

勉強計画というと1日の時間割だけ作ってしまいがちですが、
それだけでは具体的に何をどういう順番で進めるのか迷って時間をロスし不安になります。
そこで上記のようにやるべき内容を週間計画に書き出しておいてください。
そうすればやるべき内容がはっきりし、ゴールが見えてくるので、
精神安定のためにも良いです。

計画を立てたら腹をくくること。「嫌だ」と思って逃げないこと。
逃げ口実を作ろうとしている自分に気づいたらすぐに引き返すこと。
とにかく淡々と計画通りに勉強をこなして下さい。
ここからは精神論になりますので他の記事(「不安を手放す」)を見てください。


  さしあたるそのことのみを思えただ 返らぬ昔 知らぬ行く末 (菅公)


①睡眠、②栄養、③ストレスのバランスに気を配り、
体調を崩さないようにがんばって下さい。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

j-igarashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。