2017年も残すところあとわずかです。
来年受験する方は、気を引き締めていることでしょう。

受験生が年末にぜひやっておくべきことは、受験までの計画づくりです。
年が明けると受験まであっという間に日が過ぎていきます。
そこで、週ごとに目標を立てて時間を管理し、
達成度をチェックして次の週の計画にフィードバックする。
この習慣を身に付けて、効率的に時間を使いましょう。
毎週達成度を評価することでモチベーションもアップします。

計画づくりのための必須アイテムが「スケジュール手帳」です。
今の時期、本屋さんや文具屋さんにずらりと並んでいますよね。
もう買った人もいるでしょうが、まだの方は、
週ごとに書き込める予定表のある手帳がお勧めです。

手帳写真

受験生の皆さん向けにお勧めしているのが右の手帳です。
「就職内定手帳」は自己分析の方法やエントリーシートの書き方、
面接のマナーなどが巻末に載っていて公務員試験でも重宝します。
書店や大学生協で売っています。

中を開くと、年間計画、月間計画もありますが、メインとなるのは週間計画です。
ダミーで私が作成した週間計画の見本です。
クリックして拡大してください。

週の予定

週間計画を使いこなすのは初めての方にはなかなか難しいと思います。
週間予定を立てるだけでなく、振り返りも入れるのがポイントです。

予定の立て方は、
・毎週末に次週の計画を立てる。
・週ごとに必須の予定(授業やバイトなど)を書き込み、空き時間を確定する。
・この週に何をやるのか、項目を左端の列に並べる。
・その日にやるべき事を、前日の就寝前に、最下段の行に書き込む。

振り返りは、
・その日の夜に、達成できたものにチェックを入れ、未達成のものは翌日の欄に転記する。
・その日の夜に、1日勉強した時間を最上段の行に書き出し、達成度をABCで自己評価する。
・1週間でどれだけ勉強したかを右肩にまとめておく。
・やり残した項目は次週の計画に繰り越す。

月間計画も似た要領で作成できます。

月間予定しか書き込めない手帳を買ってしまった人は、
思い切って週間予定も書き込める手帳も買った方がよいです。

年末のこの時期に新しい手帳を買って、来年の受験を乗り切りましょう!





AD

来年に向けて公務員試験の受験を考えている方の相談が増えています。

相談の際によく耳にするのが、

「都庁は特別区より難しいですよね」

「都庁は今からでは間に合わないですよね」

という言葉です。

 

たしかに10数年前まではそうでした。

しかしその後、試験内容が変わって専門択一試験がなくなり、

勉強にかかる時間は国家一般職や特別区、県庁等の半分で済むようになっています。

民法、経済という難しい科目の勉強が必要ないからです。

また、近年は募集人数も大幅に増えたため、倍率も下がり続けています。

 

「都庁の専門は論文だから択一しかない特別区より難しいに決まっている」

こういう声も良く聞きますが、まったくの誤解です。

「論文」=「難しい」という先入観から来るのでしょうが、

都庁の専門論文は国家総合職とは異なり極めて基本的な知識を書くだけです。

しかも3科目だけで済むので、特別区では必須の経済・民法を捨てられます。

「都庁の専門は択一がない分、特別区より楽」というのが本当です。

 

しかも、過去問を分析すれば良く分かりますが、出る問題は決まっていて、予想も簡単です。

 

ただし、この答案例を自力で用意するのはかなりたいへんです。

都庁専門論文に特化した受験参考書は市販されていないので、

自分で過去問を調べ、いろいろな文献を参考にしながら、

コツコツと答案を書く作業に膨大な時間がかかります。

都庁を独学で受験しようと考えた際に直面する一番困難な壁です。

現時点でまだ答案例の準備ができていない方は、独力では無理ではないでしょうか。

 

喜治塾では、予想問題の答案集を配布し、これをひたすら暗記してもらいます。

10科目中、攻略しやすい科目である憲法、政治学、行政学、社会学の4科目を選んでいます。

この1冊を暗記しさえすれば専門論文で落ちることはありません。

今年の本試験でも的中率は100%でした。

 

 

 

ただ、そうはいっても答案例は80通あるので、暗記は大変です。

講義を聴いて内容をしっかり理解してからでないと暗記は不可能でしょう。

本試験では若干のアレンジが必要になることもあるので、

事前に書く練習をしておくことも大切です。

 

覚えるのには2か月ぐらいかかりますが、答案集さえあれば今からでも余裕で間に合います。

 

喜治塾では、都庁4か月クラス、3か月クラスの入塾生を募集しています。

詳しくはこちら

専門論文だけの単科受講も可能です。

無料戸別相談も随時承っておりますので、悩んでいる方はぜひご来塾下さい。

 

 

 

 

 

 

 

AD