公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
たった今(PM11:00)、本日の模擬面接が終わったところです。
いよいよ明日から面接試験が始まります。
模擬面接でなかなかうまく行かずに悩んでいる人に最後のメッセージを書きます。

今週、模擬面接を受けた方々は、本当に皆さん必死でした。
今日も泣いてしまわれた方が何人かいます。

人生がかかっている面接で失敗は許されない!
そう考えてガチガチになっていませんか?

そう考えるから、緊張するし、
防備的で固くなってしまいます。
自分をよく見せようと背伸びして、
無理して難しいことを話したくなります。
これが失敗のもとです。
意識の持ち方、考え方を変えましょう。

そもそも完璧な面接なんてあり得ません。
面接は学科試験と違って正解があるわけではないし、
相手とのコミュニケーションだから自分で100%コントロールできません。
ひと桁で合格するような人だって、ずいぶん失敗しているものなんです。

そこで、提案です。

「本番で3回は失敗しよう」

失敗なんか気にせず、ざっくばらんに話せる人が高く評価されます。
失敗したって、撤回したり修正して立ち直ればいいんです。

「すみません、その点については考えが至りませんでした。」
「説明不足でした。言い直させてください。」
「まだまだ勉強不足です。勉強し直します。」
いさぎよく認めることで、むしろ印象が良くなることもあります。

その都度、気持ちをリセットして、引きずらないで話せれば良いのです。
上位合格する人はこの切り替えが素早いです。
メンタルの強さと言うより、「こだわらない心」です。

そうなのか、失敗を怖れなくてもいいんだ。
むしろ失敗した方がいいんだ。
そう思うと、少しは肩の力が抜けて来ませんか?

「最初の自己PRをバッチリと決めてやるぞ」
「志望理由でとちらないぞ」
そんな欲は捨てなさい。
無心になって、会話を楽しむつもりで、扉を開いてください。
ただし、自分の良いところを1つか2つは、必ずアピールしてきてください。

それ以外の余計な欲を落として、本番では肩の力が抜けていくのが望ましいです。
これまで頑張ってきた人ほど、気負いを捨て、ありのままの自分で勝負してください。


平常心是道

ご健闘をお祈りいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来年度の都庁合格を目指す「6ヶ月都庁クラス」が11月4日(金)、喜治塾で開講します!

今年度の講座修了者の合格率は何と86%です!

この驚異の合格率の秘密は、新パンフレットに掲載されている

都庁合格者座談会」記事に詳しく書いてあります。

ぜひ書店、大学生協等で手に取ってみてください。

 

まず、都庁の1次試験に合格するためクリアしなければならない3つの関門があります。

 

①教養択一で6~7割稼ぐために数的・判断が半分ぐらい解けるようになること

②専門論文を3通書けるようになるため、60~80通程度の答案を暗記すること

③資料型論文を書くための現場思考力、文章構成力、政策知識を身につけること

 

各々について今年の合格者から聞いたポイントをまとめます。

 

①数的・判断について

 

Aさん 数的の苦手意識が強くて、最初はいろんな問題をやらなきゃと思って市販の問題集を買ってがむしゃらに解いたのですが、全然できるようになりませんでした。その後、塾でやった演習をきっかけに、授業で習った内容を完璧に復習するのが先だと気づいて、その後は塾のテキストに集中しました。直前は塾長のモーニングゼミに出て、午前中に頭を働かせる練習をしたことがとても役立ちました。

 

喜治塾では、むやみに多くの問題を解くのではなく、精選した問題を確実にマスターするように指導します。苦手分野を個別指導する直前のモーニングゼミも大好評です。

 

②専門論文について

 

Bさん 専門科目の知識はゼロだったので、まずは講義で理解を深めることから始めました。講義がなければ答案は絶対に覚えられないと思います。私は暗記が苦手なので、答案を音読して録音したものをどこでも聞いたり、場所を変えて頭をリフレッシュさせるため公園で読んだり、お風呂にも答案集を持ち込んで覚えて、最後は1字1句違わないぐらいに丸暗記しました。3か月ぐらいでほぼ覚えられました。

Cさん 私も前提知識が全くなかったので、講義を聴いて、3月末から、毎晩寝る前に答案例を1日2つ覚えることをノルマにしました。最初の模擬試験では半分もかけませんでしたが、毎回点を上げることを目指してきちんと覚えていきました。配られた答案集だけしかやらなかったので、本番は当たるかどうか不安でドキドキしましたが、問題文を開いてみると全部当たっていたので、本当にさすがだと思いました。

 

喜治塾では、専門論文用に憲法、政治学、行政学、社会学のオリジナル答案集を配布します。全部で80通ありますが、毎年ここから出題されていて、これだけ覚えれば完璧です!

 

③資料型論文について

 

Dさん 私は10月から論文道場を受けて最初は評価は良くありませんでしたが、毎回答案を書き直して五十嵐先生に個別指導していただくことを繰り返しているうちに、論文の書き方の柱が定まり、自信になりました。あとは都庁の「長期ビジョン」で知識を肉付けして、4月ごろから高評価をもらえるようになったので本番はそれほど不安なく臨めました。

 

喜治塾では、秋から論文道場を開講し毎月論文を書く訓練を行います。答案を何度でも書き直し、個別指導を受けながら論文の「型」を徹底的にマスターしてもらうので、どんなに苦手な人でも書けるようになります。

 

次回は2次試験(面接試験)について書きます。

 

ご希望の方にはメールでご請求いただければ

「都庁合格者座談会」記事の入ったパンフレットをお送りします。

無料ガイダンス、体験受講、個別相談も随時行っています。

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

特別区経験者採用試験の模擬面接や面接相談の真最中です。

毎年のことですが、志望理由の述べ方で苦労している人が多いです。

 

面接試験で志望理由の述べ方は大変重要なポイントになります。

面接官が知りたいのは、みなさんの「本気度」「熱意」です。

自分の話し方で十分にそれが伝わるのか、自信のない方が大半です。

 

大学生が話すような志望理由では説得力がありません。

大学生とは違い、みなさんは立派なお仕事をお持ちなので、

面接官が聴きたいのは、「なぜ今の仕事を辞めてまでやる必要があるのか?」

という点です。

ですから、公務員の仕事の魅力を一般論として述べても納得してもらえません。

 

第1に、今の仕事を辞めて転職したい理由

第2に、転職先として公務員とりわけ特別区を選んだ理由

 

を、なるべく正直に、かつ面接官が納得できるかたちで述べてください。

 

第1のところで、今の会社の将来性や待遇面の不満など、

自己都合を述べても構いません。

しかしそれだけでは熱意のアピールにならないので、

第2のところで、いかに自分が本気であるのかを、

自分の経験等を踏まえて具体的に述べてください。

 

「民間のような利益追求ではなく社会全体の利益に貢献したい」

「民間のような狭いサービスよりも仕事の幅を広げたい」

いずれも良く聞く理由ですが、これだけでは不十分です。

自分の経験に即してより具体的に説明してください。

 

さらに、志望理由ともつながる「やりたい仕事」の内容も、

学生ではないのですから、ただの興味本位ではなく、

ご自分の職務経験、生活経験等から述べてください。

 

このあたりの準備がまだまだ不十分だと思われる方は、

喜治塾の個別指導をぜひご利用下さい。

今週も受け付け可能です。

詳しくはこちら

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来年度の都庁合格を目指す「6ヶ月都庁クラス」が11月4日(金)、喜治塾で開講します!

今年度の講座修了者の合格実績は何と86%です!

この驚異の合格率の秘密は、新パンフレットに掲載されている

都庁合格者座談会」記事に詳しく書いてあります。

ぜひ大学生協等で手に取ってみてください。

 

ご希望の方にはメールでご請求いただければお送りします。

無料ガイダンス、体験受講、個別相談も随時行っています。

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は集団討論に関してよくある質問にお答えします。

Q1:司会は必ず決めた方がよいのでしょうか。
A:原則として決めた方がよいです。司会を置かずに秩序だった議論をするには、メンバー間であらかじめ相当なコミュニケーションがあることが必要です。3~4人ぐらいであれば自由討論形式もOKですが、その場合にはあらかじめ議論の順序や時間配分を打ち合わせ、議論が始まってからも進行がこの通りでよいのか何度も確認しあう必要があります。

Q2:司会は自分の意見を述べてもよいのですか。
A:原則として述べてはいけません。司会者の役割は議論の整序にリーダーシップを発揮することにあります。リーダーが最初に自説を明らかにすると、反対の意見の人たちは司会者に警戒感を持ち、自由で活発な議論を阻害する原因になります。ただ、参加者から意見が出なかったり、意見が偏ってしまった場合には、適切な発問で意見を誘導したり、マイルドなかたちで意見を表明するのはOKです。「~とは考えられませんか」「~というような意見はどうですか」)

Q3:課題について知識が豊富な方が高く評価されますか。
A:知識の豊富さや問題意識の高さは必ずしも評価の対象ではありません。豊富な知識がある場合には、適時に・適量にそれを提出しながら議論に貢献できれば評価が上がります。逆にいくら知識が豊富で見識が高くても、他人の意見を無視して自分の意見を滔々と展開し結論づけるようでは評価されません。

Q4:発言回数は多いほうがよいのですか。
A:もちろんです。積極性を示せるからです。ただ、他者への配慮が欠けている場合にはかえって評価が低くなります。他者の話をきちんと聞かずに議論の腰を折る、他者をさえぎって発言する、他者をやりこめる、議論に参加できていない人を無視する、等の行動です。

Q5:グループ全体の議論が活性化しなければ全員が連帯責任を負うのでしょうか。
A:そう覚悟してください。ただ、メンバー全体が沈滞する中で孤軍奮闘している人があれば目にとまり、相対評価で救済されることもあります。逆に、自分だけがグループの中で生き残ろうと利己的に行動する(一人だけで発言し仕切ろうとする等)と低く評価されます。

Q6:司会役が下手な場合、どうすれば良いのでしょうか。
A:いったん司会を決めた以上、司会を無視して進めたり、司会役をとってしまうのは良くありません。そのような場合には、司会に対して「議論の進め方に付き意見があります」とか、「ここで今までの議論をまとめてはどうでしょうか」等、メンツをつぶさないようにやんわりとアドバイスや誘導をしてください。議事進行に関するこのような介入は、適切であれば高い評価がつきます。議論への貢献度という観点からすると、意見の内容自体が優れていることよりも評価は高いです。

Q7:司会役に立候補した方が良いですか。
A:経験豊富で自信のある人は立候補してください。司会役で成功すれば最も高い評価を得られます。自信がないときは避けた方が無難です。自信ありげな人が立候補するのを待ちましょう。ただ、どうしても立候補者がおらず議論が始まらないときには、自分が一肌脱ごうという積極性も必要です。少なくとも採点者に注目してもらえます。自信がないのに司会を引き受けたときは独走せずに、随時、「この進め方でよいでしょうか」等、メンバーの意見を聞きながら進めるとよいでしょう。

Q8:議論の腰を折ったり、自分だけ目立とうとする人はどう扱えばよいのですか。
A:司会者が責任を持って介入すべきです。「申し訳ありませんが、今はその点は議論していませんので後ほどお願いできますでしょうか」、「申し訳ありませんが、○さんの発言が続いていますので×さんの意見も伺いたいのですが」等のやんわりした口調で誘導してください。司会者が放置し目に余るようでしたら、他のメンバーが介入しても構いません。

Q9:自分の説が少数反対意見だった場合、撤回しないと協調性を疑われますか。
A:少数反対意見があるからこそ議論する意味があるのですから、自分の意見を大切にしてください。少数反対意見を封殺するような議論の流れは低く評価されます。ただ、自分の意見が極端でないか、常識外れでないか等、常に他者からの批判に耳を傾ける姿勢は持ってください。そのうえで妥協できるところは妥協します。Q:制限時間内に必ずグループとしての結論をまとめなければならないのですか。A:もちろんそれが理想ですが、こだわりすぎる必要はありません。結果よりもプロセスが重要です。参加者が「まとめよう、まとめよう」と焦るあまり、反対意見を差し控えたり、少数意見を押さえつけたり、対立点を十分に検討せずに無理に妥協したりすると、そもそも討論の機会を設けた意味がなくなり、本末転倒です。人の意見を「疑う」「反論する」中で、お互いに議論の精度が高まり、成長・発展につながるのです。ただ、終了間近のまとめの段階に入ってから議論を蒸し返したり、急に反対意見を出すのはよくありません。

以上を頭で理解できても実際に実践できるかは別問題です。
とくに一緒にやるメンバー次第でなかなか思うようにいきません。
本番の危機管理のためにも最低1回は練習会に参加しましょう。

集団討論練習会希望の方はこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
集団討論では、うまく対立構造に持ち込んで議論を活性化させる事が最大のポイントです。
そうでなければ、ただの意見発表会になり、聞いている試験官は退屈になります。
「まとめよう、まとめよう」と焦らずに、
前半部分は思い切って対立意見を闘わせる気構えがなければ、よい討論はできません。
まとめる方向へ向かうのは後半で十分です。

また、討論では、各々の発言内容を明確にした上で共有し、
議論に反映させていかなければなりません。
そのために必要な以下のポイントを押さえておきましょう。

(1)論理的に話す
①主張の前提となる知識を当たり前のこととせずに明確にしているか
②主張がしっかりした根拠に裏打ちされているか
③主張したい結論が明確でかつ具体性があるか

(2)傾聴する
相手の言うことを理解するため、表面上の言葉だけではなく、表情や口調、視線などにも注意を払う。発言者の方を見ずにメモばかりとるのはだめ。とくに司会者は相手の言ったことを復唱したり、要約したり、分かりやすく言い換えたりして真意を確認することが大切。

(3)質問する
発言の裏にある真意を引っ張り出し、発言者やメンバーがさらに思考を深め合っていくために、「なぜ」「なに」「どんな」「具体的には」などの質問を適宜呈示する。とくに司会者の力量が問われる。

(4)議論をかみ合わせる
①現在どのレベルの話をしているのかを明らかにし、土俵を合わせる。
②呈示された個々の問題につき、本質的なものから優先順位を付けて検討する。
③呈示された複数の主張につき、同じものを束ねたり、違う視点に立つものを対比させたり、順序があるものを順番に並べたりして構造化する。

(5)民主的に合意形成する
①複数の政策案の中から、メリットが最大でデメリットが最小の案や、実現可能性が高くかつ効果が大きい案を選ぶ。
②意見や意識の食い違いが生じたときには、その対立の根本原因や背景を探り、価値観や考え方の違いを認め合った上で、直面している論点に対して双方とも満足できるアイデアを考える。
③少数意見を生かして反映させてこそ民主的な合意形成といえる。


以上のポイントは、実践してみなければなかなか理解できないと思います。
ぜひ一度、喜治塾で集団討論練習会に参加してみてください。
詳細はこちら

集団討論
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

特別区経験者採用試験の1次合格発表で、

今年は2級職251人、3級Ⅰ94人、3級Ⅱ32人と、例年より合格者を絞り込みました。

面接の倍率は、表面的には2級職は2倍、3級Ⅰは3倍、3級Ⅱは4倍ですが、

例年、欠席者も多く、また当初予定より多めに合格させるので、

2級職は2倍以下、3級Ⅰは2倍、3級Ⅱは3倍ぐらいになることも考えられます。

そうは言っても落ちる人の方が多い試験です。

油断は絶対に禁物です。

 

例年は、最初の面接で落ちる人はほとんどいなかったので、

最初の面接で様子を知って最終面接に向け本格的に準備をすることが可能でした。

ですが今回は1発勝負です。

面接官もたった一度の面接で受験生の資質を見抜かなければなりませんから、

真剣勝負になります。面接官も受験生も例年以上の緊張感でしょう。

当然、面接官の態度も例年より厳しめになることが予想されます。


「民間の就活経験があるから何とかなるだろう」とタカをくくっていてはだめです。
「民間の就職面接よりはるかにきつかった」
「学生に求められるレベルよりはるかに高かった」
と不合格になった後で後悔する人たちが毎年大勢います。


まずは講座などを利用し、面接に関する情報を収集してください。
こちら

そのうえで、必ず1度は模擬面接を受けることをお勧めします。

まだ一度もご利用されたことのない外部生の方も受け付けます。
今週は平日夜間、土日ともまだ受付可能です。

 

きょうも午前中から模擬面接で大忙しです。

毎年のことですが、

「模擬面接の方が厳しかった。おかげで本番は落ち着けた」

と言われるぐらい厳しめにやります。

 

準備を万端にして自信を持って面接に臨めるよう、応援しております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の集団討論練習会は満席になりました。
今回は、集団討論の実践方法を解説します。

1 出題形式に応じた注意点

集団討論の課題には、大きく分けて①「~の是非について論ぜよ」型と、
②「~について対策を検討せよ」型とがあります。

①は賛成・反対の立場に分かれて議論を展開しやすいのですが、人数が一方に偏ってしまうと議論は進めにくくなります。全体の議論を活性化させるために、自分が最初思いついたのと逆の立場に鞍替えすることも時には必要です(冒頭で1人ずつ意見を言うときに、自分が最後の番で、自分以外の人が全部賛成の立場だったときあえて反対に立つ等)。

難しいのは②のタイプで、ただ各自が思いついた対策を提案しあうだけでは意見発表会になってしまい、議論になりません。このような場合には、議論に火を付けるために対立の契機を発見し(たとえば原因分析や背景の解釈、対策の手法、対策の優先順位等をめぐって意見の相違点をあぶり出す)、うまく対立構造に持ち込めば議論を進めやすくなります。
「集団討論では協調性が見られているから人の意見に反対するのは良くない」と考えるのは大間違いです。
「討論」というからには意見を戦わせる場面が必要であり、対立の中から妥協や調和を探るべきです。
全員が「私も○さんと同じ考えです」というような発言をしたら討論の意味がなくなります。 

2 集団討論の流れとポイント

集団討論は以下のような手順で進みます。各々の段階ごとにポイントを指摘します。

①控室で待機
控室で待機時間があれば同室の人に話しかけ雑談するのがベターです。討論に入ってからコミュニケーションがスムーズに行くようにするためです。場合によっては自己紹介しあって、司会役を誰にするか決めておくのも良いでしょう。

②別室に誘導され、…と記された所定の席に着席
もたもたしてはいけません。移動はなるべくスピーディーに。見られています。

③課題用紙が配布され10分の個別検討時間が与えられる。
まずは出題の背景を考える。
・是非型設問は、結論←根拠の順に検討。
・対策型設問は、課題発見⇒原因分析⇒対策呈示の順に検討。
・原因分析の際は本質まで掘り下げないと議論が表面的になる。
・対策については、対立する利益失われる利益を考慮し、反対者の反論を予想して再反論や妥協点、これだけは譲れない点等を練っておく。
・自分が司会役になったときに備えて、議論の進め方(話し合いの順序や時間配分)の計画を大まかに立てておく

④討論のすすめ方について試験係員より説明後、開始
・まずは司会役を決める。だれも立候補しないときは自分が立候補する。
・司会役になったら、自分の意見は言わずに議論の整序に専念
・司会役は区切りの良いところで随時それまでの議論をまとめ、メンバーで共有する。
・司会役にならなかったとしても、進行に関して意見があるときは積極的に提案する。
・司会役は発言回数の少ない人に配慮する(「~さんはどうですか」等)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

特別区経験者採用試験の1次合格発表がありました。

喜治塾では、朝から面接対策講座や模擬面接のお問い合わせで大忙しです。

面接対策をやっていなかった方は、1日も無駄にできません。

すぐに情報収集にかかりましょう。 →講座はこちら

今年は2級職251人、3級Ⅰ94人、3級Ⅱ32人と、例年より合格者を絞り込みました。

面接の倍率は昨年の最終面接とほぼ同等と思われます。

くれぐれも油断しないようにしましょう。

 

今回は、面接対策としての区政研究について書きます。

どの程度調べたらよいのか悩んでいる方も多いでしょう。

まず確認しておきたいのは、なぜ区政研究を行うのかという目的です。
面接で知識を披露するためにやるのではありません。

面接官が知りたいのは、あなたが何を知っているかではなく、

どういう問題意識やビジョンを持って仕事に取り組もうと考えているのか

ということです。

 

知識は役所に入ってからいくらでも身につけることができる。

ところが問題意識はそうはいきません。

日々の生活を通じて培うべきものだからです。

この問題意識がある人は自分で進んで仕事を見つけることができます。

問題意識のない人は上司の指示がなければ動けない職員になります。

 

現時点で問題意識の高い人はそんなに情報を集める必要はありません。

ただ、自分の問題意識やビジョンが偏っていたり、

志望先の組織が求めているものとずれていると困るので、確認のため研究は必要です。

逆に、問題意識もないのに知識だけ持っていても面接官からは相手にされないでしょう。

また、問題意識は自分の経験を踏まえ、自分の頭で考え出したものでなければなりません。

だれがが言ったり書いたりしていることをそのまま流用したのでは、

突っ込んで質問されたときに浅い話しかできず、化けの皮が剥がれてしまいます。

 

自分はそもそもなぜ公務員になりたいのか。

公務員の仕事を通じて社会にどう貢献したいのか。

問題意識はここから生まれるものです。

志望動機と問題意識がつながっていれば説得力が出ます。

 

志望先の研究は具体的にはどうやればいいのでしょうか。

広報誌など紙媒体の資料収集やHPの探索もよいのですが、

とくに重要なのが自分の足で現地を踏むフィールドワークです。

昨年の特別区の面接でも、「あなたは特別区内をフィールドワークしたことがありますか?」

と質問した面接官がいます。

喜治塾では特別区研究のためのフィールドワークを既に実施しましたが、

フィールドワークはやろうと思えば自分1人でもできます。

受験生と一緒に現地を歩くと、「何を見ればいいのですか?」と質問されることがあります。

これは残念な質問で、問題意識がないことを白状するようなものです。

見るものは百人百様でいいのです。人それぞれ、自分の問題意識にあった見方をすることです。

災害対策に興味があるなら、防災の観点からまちを点検すればよいし、

都市の緑化に興味があるならその視点で緑を見ればよい。

バリアフリーに興味があるなら…、観光振興に興味があるなら…、と、視点は無数にありえます。

自治体の場合は視点は多ければ多いほどよいです。

そうやって自分の目で発見したまちの魅力や問題点について、今後どうしたいのかを考える。

これを面接で披露できる人と、

「現在、○○区では××という政策を推進しておりたいへん共感しました」などと知識だけ語る人で、

みなさんが面接官だったらどちらを採りたいか、考えてみてください。

 

今回の面接は1回勝負です!

一番大切なのは自己分析と模擬面接ですが、

1日ぐらいは志望区でフィールドワークをやりましょう。

 

喜治塾の面接対策はこちらから

 

根津界隈


 

 

 


 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月14日19:30より、「元特別区幹部講演会&質問会」を開催します。

 

「特別区職員に求められる人材像」を中心に、

主任・主事の役割や、役所の組織や仕事のあり方、民間経験者に期待されていること、

面接のアドバイス等を、

経験談をまじえてお話しいただきます。

お話しする項目は以下の通りです。

 

1.    面接が重視される理由

2.    形の重要性

3.    経験者への期待

4.    行政現場の実態

5.    周囲と協調できる人材か

 

面接官を勤めたこともある講師による講演は必聴です!

当日申込もできますのでぜひご参加下さい。

 

詳しくはこちら

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。