公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
ポイント3:政策の羅列にならないように、構成をしっかり

課題式論文は知識を問う試験ではなく、問題解決能力を問う試験です。
政策を羅列しただけだと知識を披露しただけになってしまい、
論理的思考力や問題解決能力をアピールできません。
逆を言えば、考えている姿勢さえ示せれば、政策をたくさん並べても構いません。
では、考えている姿勢が出ているか否かはどこで分かるのでしょうか。

まずは政策が整理されているかどうかです。
きちんと項目分けがなされ、しかもその項目分けが合理的であることです。
項目分けの基準としては以下のような分類が使えます。

・マクロな政策とミクロな政策
・ハード面の政策とソフト面の政策
・事前の対策と事後の対策
・短期的な政策と長期的な政策
・行政が単独で取り組む政策と住民等と協働で取り組む政策
・優先順位が高い順に並べる
・時系列で並べる

例えば、
「まずは、ハード面の対策を考える。」
「次に、ソフト面の対策を考える。」
といった大項目を立てます。

次に、いきなり政策を出すのではなく、プロセスを踏まえて政策が出されていることです。
なぜその政策が課題の解決に効果的なのか、根拠が述べられていなければ論理的とは言えません。そのためにも政策を導き出すプロセス(原因分析)を踏まえて論じます。

<答案の書き方の例>
第1に、××という取組が必要となる。
なぜなら、…(背景分析)…。具体的には、…(具体的政策を2~3呈示)。
第2に、△△という取組が必要となる。
なぜなら、…(背景分析)…。具体的には、…(具体的政策を2~3呈示)。

答案の「型」についての詳しい説明と、すぐに使えるテンプレートを入手したい方は、ぜひ下記の無料講座をご覧になって下さい。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
予告していた動画をYou tubeにupしました!

下記からお入り下さい。3本に分かれています。








喜治塾HPのご案内もご覧下さい。

→ こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
特別区の行政課題論文は、「特別区における行政課題」について解決策を論じさせるものです。
ですから、どんなテーマであれ、なるべく特別区を意識して、その実情に即した論じ方をしなければなりません。

たとえば、環境問題がテーマとなったとき、特別区ではとりわけ何が大きな問題かを考えます。
都市ならではのヒートアイランド現象や、利便性・快適性を追求することから来るエネルギーの浪費、人口過密によるゴミ問題や、車が多いことによる大気汚染などが浮かぶでしょう。
災害対策ならどうでしょうか。これも東京ならではの帰宅困難者対策や、人口が多いことによるライフラインや避難場所の確保、交通の混乱を防ぐ方法、病院の受け入れ体制の確保、独居老人や一人暮らしの女性など災害弱者の救援方法などが思い当たるはずです。

では、「地域社会の活性化」「住民との協働」を論じる場合はどうでしょうか。
これは少し難しいかもしれません。
区にもよりますが、地方に比べて概して住民同士のつながりが薄いのが東京の特徴です。
とすれば、隣の人の顔も名も知らない状況下で、「地域社会の活性化」や「住民との協働」を実現することはいかに困難かという現状をまず認識する必要があります。

「自治会でお祭りなどのイベントを盛んにすればよい」とか「自治会を中心に話し合いを進めるべき」などと当然のごとくに書いてしまうと、特別区の実情からずれた答案になってしまいます。
自由で個人主義的な生き方をよしとする都市の若い世代が自治会活動に参加するとは考えにくい。
そこで、SNSサービスを活用したネット上でのつながりづくりや、専門分野に特化した趣味のサークルやNPO活動の振興など、新たな手法が考えられなければなりません。
「まちづくり」が聞かれた場合も同じです。どの自治体にもあてはまるようなまちづくりの一般論を述べても出題意図に応えたことにはなりません。自分なりの視点で特別区ならではの問題点は何なのかを考えながら論述しましょう。

別な観点では、国や都、民間企業との役割分担についても考えなければなりません。
答案を読むと、国にしかできない法改正を論じていたり、民間がやるべき事を区の取り組みとして論じている場合がよくあります。
とりわけ問題文に「特別区職員として」と明記されている場合には注意が必要です。
市区町村と都道府県、国の仕事の違いを確認しておきましょう。

以上をまとめると、大都市で、なおかつ基礎的自治体であるという特別区の特性を踏まえ、取り組みを論じることです。

「特別区に強い」喜治塾では、以上の観点から、特別区対策に特化した対策講義を行い、特別区にマッチした答案例を配布しています。
下記動画をご覧になり、ぜひご利用下さい。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
特別区の行政課題式論文について、
直前期に確認しておきたいポイントをシリーズで講義します。

ポイント1:出題意図をとらえる

下記は昨年の問題文です。
この問題文、何がテーマで、どこに着眼すべきでしょうか。
読みながら線を引くのはどこですか?

「人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ず
しも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくいという現実に直面
しています。誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上
の責任を果たす一方で、子育て、介護の時間や、家庭、地域、自
己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができる
よう仕事と生活の調和が求められています。
このような現況を踏まえ、ワークライフバランスの実現に向け、
特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを
論じなさい。」

本番では下記のように加工します。

人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ず
しも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくいという現実に直面
しています。誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上
の責任を果たす一方で、(子育て、介護の時間や、家庭、地域、自
己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができる
よう)仕事と生活の調和が求められています。
このような現況を踏まえ、ワークライフバランスの実現に向け、
特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを
論じなさい。

本問は「ワークライフバランス」がテーマであって、子育て、介護などは「ライフ」の一例として述べてあるにすぎません。ですから「子育て」以降は惑わされぬよう()に入れてしまいます。

にもかかわらず、某予備校がyoutubeにアップしている動画では「子育てと仕事の両立」を論じればよいという解説がなされていて唖然としました。

本問は、ワークライフバランスを実現するにはどうすれば良いのかを正面から問う問題ですから、働きながら子育てするために保育所が必要である、などという論を展開すると出題意図から外れてしまいます。

特別区の問題は問題文が長いのが特徴です。
うっかりすると、何がテーマなのかを拾えずに失敗します。
「テーマ」と、それをかみ砕いて説明している「例」の部分とを区別することが大切です。


以下の問題は2年前の本試験問題です。
同じようによく読んで、何を書くべきか考えてみてください。

「東京都では、2020年頃を境に人口が減少に転じることが予測されています。一方、現在すでに20%を超えている高齢化率は、今後も更に上昇を続けることが見込まれています。特別区が、これまで経験をしたことのない人口減少社会、高齢社会を迎える中で、暮らしやすい地域とはどのようなものかを述べた上で、それをどのように実現していくか、あなたの考えを論じなさい。」

先ほどの問題よりもテーマを読み解くのは難しいです。
この問題は一般には「高齢化」について出題された問題とされています。
しかし、それでよいでしょうか。
線を引いてみます。

「東京都では、2020年頃を境に人口が減少に転じることが予測されています。一方、現在すでに20%を超えている高齢化率は、今後も更に上昇を続けることが見込まれています。特別区が、これまで経験をしたことのない人口減少社会高齢社会を迎える中で、暮らしやすい地域とはどのようなものかを述べた上で、それをどのように実現していくか、あなたの考えを論じなさい。」


「高齢化」というキーワードよりも先に、「人口減少」というキーワードが出てきています。
つまり「少子高齢化」がテーマとなっていますから、「高齢化対策」だけ論じるのでは出題意図に答えたことになりません。
高齢化社会への対策=人口減少社会への対策ではありません。
たとえば、高齢者プロパーの対策として「バリアフリーのまちづくり」や「独居老人宅への見回り」などを書いても、「人口減少社会における暮らしやすい地域」という文脈にはなじまない感じがしませんか?
これに対して、「コンパクトシティ」は「人口減少社会における暮らしやすい地域」という文脈に十分なじみます。また、人口減少=地域の活力低下という側面から、「高齢者の社会参加の促進」を論じることも十分題意に応えています。

題意の本質に迫ってみましょう。

人口減少社会は少子高齢化によりもたらされます。
それは言い換えると、税収の確保が困難な低成長社会、それゆえ行政サービスの低下が懸念される社会とも言えます。
また、人口減少=労働面でも地域活動面でも担い手が不足し、活力が低下しがちな社会と言えます。このような問題点に対応するためにどのような地域づくりをすべきかというのが本問の眼目です。

長い問題文から出題意図をとらえるには、読解力が大切です。
常に全体を読んで問題文のテーマをとらえてください。
一部のキーワードにだけ飛びついてしまいがちなのは、不注意というよりも、
「自分が用意しておいた答案例をなるべくそのまま使いたい」という受験生心理の表れだと思います。出意図を外す一番の原因になるので、くれぐれも注意しましょう。

さて、特別区論文直前予想講座のご案内です。
この講座では出題予想だけではなく、「論文の型」を教えます。
どうぞご覧になって下さい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
特別区まであと1か月!
最後の追い込みで点の上乗せを一番狙えるのが専門科目です。
とりわけ特別区の場合、単純知識問題が多いため、
一夜漬けならぬ1か月漬けの暗記学習で、起死回生が可能です。
そこで、専門科目の直前学習法をアドバイスします。

1 模試や演習、過去問の総復習

復習では、「弱点ノート」や「暗記手帳」をつくり、
間違えた問題の知識を「簡潔に」書き出すようにして下さい。
ポイントは「簡潔に」。
詳しすぎると作成するのに時間もかかるし読むのにも時間がかかる。
何度も繰り返し確認する、直前にも確認するには、簡潔さが一番大切です。

2 基本テキストの総復習

ここでも、忘れていたもの、覚えていなかったものについては、暗記手帳に転記。
あるいは、赤くて太いマーカー(消えるやつ)で思い切り目立つように○を付けておきます。
ポイントは消えるマーカーを使うこと。
そうすれば、試験1週間前に見直して、覚えていたら消すこともできます。
丸ごと覚えたい図表などはスマホで撮影して持ち歩く。
そうすれば電車でも寝床でも確認できますね。

3 記憶・反復・確認

暗記手帳に書いたことは毎日(とくに就寝直前と起床直後)見直し、
声に出して読む、スマホに録音して歩きながら聞く、などして、
日々確認しましょう。手帳をつくっただけで安心してはだめです。

4 新たな知識の仕込みは直前1週間前まで

直前1週間は、全科目の総復習期間です。
ですから、これまでにすべての範囲の勉強を終わらせておく必要があります。
まだ新しい知識を仕込んでいるようだったら、勉強計画を見直して、
本試験1週間前までには終わらせるようにしてください。
経営学や社会学、財政学なども総復習を終わらせておいてください。

5 直前1週間は優先順位に従って復習する

直前1週間で全範囲を回すのはきつい。
無駄なことはしていられない。
昨年出題された分野は今年は出ないので、今年出そうな分野から優先的に復習していく。
そのためには、今のうちからある程度のヤマ張りをしておくことが必要です。
ヤマ張りをする時間がもったいない人、自分でやる自信がない人は、
講座を受講してください! →こちら

あと1か月を全力で駆け抜けろ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。