公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
26日のコミュニケーション道場で紹介した本は下記の記事にある通りです。参加した方はぜひ購入し、年末年始に読んでください。
終了後、みなさんの書いたシートを読ませていただきましたが、表面的な分析しかできておらず、消化不良の人も見受けられました。
そこで、教室でも予告した通り、今後はフェイスブックで続きをやります。アカウントを取得後、このブログの右サイドにある五十嵐のバナーをクリックして、友人申請をしてください。私が設定した秘密グループに招待します。秘密だと外部にやりとりが公開されないので、社会人の方も安心して参加していただけます。
参加者が8割集まったらすぐに開始しますので、年内の登録をお願いいたします。




エントリーシート作成の前提となる自己分析の仕方について、大変ためになる本を読みました。


知人の佐々木宏さん(首都大学東京特任准教授)が書いた本です。



「軸分析」で会社に突き刺され/佐々木宏



¥1,260

Amazon.co.jp




面接・プレゼンの仕方、ESの書き方に関する書籍は、書店に行けば山ほどあります。


しかし、売れ筋の本の大半は、どうすれば少しでも「見栄え」が良くなるかに関する、ハウツー本ばかりです。


みんながベストセラー本を読んで、回答例を真似して、表面だけ取り繕い、面接官をごまかせるなんてことがあるでしょうか?運良くパスできても、本当にそれで良いのでしょうか?




面接対策は、外に情報を追い求めるのではなく、


自分と向き合い、自分の中に答えを探すことだと、今まで強調してきました。




しかし、そうは言っても、どのようにすれば「本来の自分」を探せるのか、


その方法がわからずに戸惑う学生さんが少なくありません。


そこで、自己分析シートなるものを塾生さんに配布して、役立ててもらってはいるのですが、


内容が固すぎて、楽しくなく、もっと別な切り口のツールがないものかと考えていたところでした。




佐々木さんの提唱する「軸分析」は、面接を乗り切るための安易なハウツーではありません。


社会と向き合うときに、「自分とは何か」という永遠の課題に対面します。


そこで、自分を深く掘り下げ、どんな状況下でもぶれない「自分軸」を発見するための作業です。


こういうと難しそうに聞こえるでしょうが、分析のために発する5つの問いは、どれも楽しいものばかり。


「無人島に何を持って行くか」「1億円が当たったらどうするか」「国王になったらどんな王国をつくるか」、といった具合です。


うちの子供(小学生)たちに見せたところ、「やりたい、やりたい」と目を輝かせて飛びつくほど親しみやすく、しかし実際にやってみると頭を抱え込んでしまうような深い問いです。


問いに向き合うことで、その人の本質があぶり出されてきます。




人は、他人のことはいつもよく考えたり批評しているのに、


自分については驚くほど考えたことがなく、知らないと思います。




「自己自身を失うという一番危険なことが世間では何でもないかのように静かに行われる」(キルケゴール)



あなたは、就職活動でも、他人がどうしているのかばかり気にかけて、自分を見失うのですか?


いま、「軸分析」をやっておくことで、本来の自分を発見し、自分のやりたいこと、なすべきことを発見しましょう。




この本に「答え」を期待してはいけません。「答え」は皆さん方が発見するものです。


その作業の手助けをするのがこの本です。


真剣に取り組めば、ハウツー本ではとうてい得られない、揺るぎない自信を手にすることができるでしょう。




もし、この本を読んで軸分析をやった人がいたら、私の所に持ってきてください。


一人で考えたのでは分析しきれない点も、人と会話することで気づいたりします。


また、この本は民間の就活向けに書かれていますから、


公務員試験向けには私がアレンジしてアドバイスできると思います。




ちなみに私も軸分析をやり、家族で話し合ったりしました。


中高年になってもこれは役に立ちます。


これから就職する人も、すでに就職している人も、一度やってみることをお勧めします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日(14日)、特別区経験者採用試験・最終合格発表がありました。


合格された方、おめでとうございます。

努力の成果が実り、うれしい気持ちでいっぱいと思います。

本日中に区から呼び出しの連絡があります。

内定をもらうには区の採用面接をクリアしなければなりませんから、

最後まで油断せずに準備をしてください。


とくに2級職の方は採用面接で不選択(不合格)になる可能性があります。

最終合格者数は採用予定数より多いため、採用に至らないケースもあります。

呼び出しを受けた区のことをよく調べておいてください。


採用面接前に模擬面接を受けておくことをお勧めします。

週末の土・日もやっていますのでお早めにご予約ください。(03-3367-0191)

http://kijijuku.blog.fc2.com/blog-entry-201.html


これまで塾をご利用されていた方はぜひ合格のご一報をお願いします。

明年には合格祝賀会もあるので、ご案内いたします。

特別区の現職や同期の方と会える良い機会です。

またお会いできることを楽しみにしております。





残念ながら不合格だった方へ。


たいへん悔しい思いをされていることとお察しします。

きょう1日はその思いにどっぷりと浸ることも良いでしょう。

ですが結果は変えられませんから、明日に引きずっても何の意味もありません。

週末は遊びに行った方がよいです。


この試験は2回目、3回目で受かる人も多い試験です。

もう一度やる気になった方は今回の反省点を書き出しておいてください。

試験には運もつきものです。

ほんとうに公務員になりたい方は、

他の市役所にも選択肢を広げて再チャレンジしてください。


あきらめず、ねばり強く取り組んだ方には、きっとチャンスが回ってきます。




来年の初受験を考えている方は、特別区経験者対策入門講座にぜひご参加ください。

16日(日)11時から喜治塾で開催します。


http://kijijuku.blog.fc2.com/blog-entry-203.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コミュニケーション道場<集団討論編>を、


121618:0021:00に実施します。


県庁や市役所、外専、国家総合職など集団討論が課されている試験種を受験する人は必須です。

そうでない人も、集団討論を通じて物事を複数の視点で捉える姿勢などが身に付き、論文や面接に役立ちます。

また、民間企業でも課されることが多いですから、民間と併願している方にも役立ちます。ぜひ受講してください。


16日は集団討論の基礎を学びます。「集団討論とは何か」を明らかにしつつ、集団討論の進め方や評価されるためのポイントなど、実践的なノウハウを説明します。

また、物事を複眼的にとらえる訓練、自己の主張を論理的に展開する訓練の一環として、ディべートも実施する予定です。ディべートと集団討論とは別物ですが、ディべートの技術を集団討論に応用することが可能です。ディべートを経験したことのない方はぜひこの機会を利用してください。




受講料は塾生(本科生)15000円、それ以外の方は10000円です。

集団討論は一人では絶対に準備できません。

集団討論を基礎から学びたい方、直前では不安な方は、今のうちにぜひやっておくことをおすすめします。




今回の講座で学んだ理論を実際に適用して身につけてもらうため、2月には模擬集団討論実践編を実施します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。