公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:


9月13,14,15の3日間、埼玉県飯能市上名栗の県立名栗元気プラザにおいて、「エコツアー2008&政策形成ワークショップ」を開催しました。
 当日は、本年度の塾生を中心に、今年の合格者、OGをまじえ、26名が参加。地球温暖化問題に関する映画上映会やワークショップといった硬派な企画から、薪を使う本格的な飯ごう炊飯やキャンプファイアーなどの野外活動まで、多彩なプログラムに取り組みました。


集合
     最終日・さわらびの湯にて 


 「1人では何もできないが、力を合わせれば何でもできる」ことを実感した3日間。塾生同士の交流が「日常では考えられないぐらい」深まったことが、何よりの成果でした。
 以下に、活動の一部を報告します。




部屋

初日の就寝前からテンションが上がる男性陣






早朝ヨガ


ヨガ

2日目の開始を告げる早朝ヨガ。ヨガの理想は精神と肉体、宇宙とを融合する三昧の境地にあります。しかし、1時間に及ぶ屈伸運動は結構ハードで、前日の寝不足もたたり、あちらこちらから悲鳴が上がっていました。




政策形成ワークショップ


 初日の晩に映画「不都合な真実」をプラネタリウムで上映。地球温暖化問題の深刻さについて認識を共有した上で、翌日は「温暖化防止のための市民行動計画」を策定するワークショップを実施しました。




お見合い


まずはウォーミングアップに、男女がペアになって会話をする「お見合い列車」から。男女の垣根をなくすため、全員がニックネームで呼び合い、握手し、以後のコミュニケーションをスムーズにしました。




討論


続いてグループ対抗討論。

 日常生活の中で行っている「環境に悪い後ろめたい行為」を片一方が告白し、相手チームが厳しく尋問します。尋問されたチームは、弁解や自己弁護を繰り返して攻撃をかわします。
 次に立場を入れ替えて、日常実践している「環境に優しい行為」を一方が自慢。攻撃チームはそれが偽善であること、役立たないことを指摘して覆そうとし、自慢チームが防御します。

 次々と屁理屈や珍問答が繰り出され、あちこちから爆笑がわき起こっていました。
 ゲーム感覚で討論しながらも、問題の背後にある自分の身勝手さや怠慢さが浮き彫りにされ、反省させられることもしばしば。「環境問題が重要なことは頭では分かっているのに、なぜ小さな行為を実践できないのか」という問題をあぶり出し、「ではどうすれば解決できるのか」という次の議論へとつなげていきました。




制作


「なぜ行動に結びつかないのか」を掘り下げ、根本原因を解決する方策を具体的に検討。全員がアイデアを出し合い、模造紙にまとめ上げていきます。




掲示  

 最後に全グループの案を貼り出し、回遊方式でプラスコメントとマイナスコメントを付箋で貼り付けます。他者の多様な視点に触れながら、独善に陥っていないかをチェックしました。







野外炊事活動

 

 エコツアーの活動の中で、予想以上にたいへんだったのが炊事。薪で火をおこすのに小1時間もかかりました。
 火起こしに成功した後も、米を炊きあげるための火力の調節で大わらわ。火力が弱すぎていつまで待っても沸騰しなかったり、逆に強すぎてあっという間に焦げ臭くなったりし、あちこちで論争が起きたり、後悔のため息が漏れます。




炊事


 それでも試行錯誤を繰り返しながら、ひとつの飯ごうも無駄にすることなく、全グループとも無事に炊きあげました。
「飯炊きがこんなに大変とは。炊飯器の偉大さが分かりました。」
「1人では何もできないんだと言うことを改めて思い知りました。」




炊飯のコツは「始めチョロチョロ、中パッパ。赤ちゃん泣いてもふたとるな」。我慢を重ねてついにふたを開けた瞬間、ふっくらとしたお米が立っていると、思わず歓声が上がります。


炊きあがり





 飯ごうで炊きあがったお米は、苦労しただけにおいしさも格別。電気炊飯器とは比べものになりません。
 だれかがつまみ食いを始めると、食事場まで移動する間も惜しく、立ち食い状態で食事が始まりました。


食事



米を炊きあげた後は、肉と魚のバーベキュー。火力が強いので焦がさないように慎重にひっくり返します。このニジマスは、ちょっと前まで沢で跳ねていたもの。自然の恵みが一杯です。


肉



魚





キャンプファイアー &ナイトハイク



食事の後は定番のキャンプファイアー。
燃え立つ炎を囲んで乾杯する一杯は、3時間がかりの炊事で汗を流した後だけに格別です。


点火


乾杯




 続くナイトハイクでは、懐中電灯の明かりを頼りに山道を辿るという、日常では得難い経験をしました。


ナイトハイク




3日目・野外朝食


キノコ

 翌朝は5時半起床。6時からかまどの準備。前の晩に奮闘したおかげで、火起こしは15分ほどでどの班も成功。だれから教わったわけでもない、自ら編み出した方法で思い思いに火を付けました。
「俺って意外と知恵あるかも」



 献立は、地場産キノコをふんだんに使ったキノコ汁。雨で登山が中止になったので、ゆっくりと時間をとって味わいました。 昨晩のテントでの寝不足がたたり、食べながら寝込んでしまう人も…。おいしさと眠さの両方で、皆の目が細いです。


朝食





沢遊び



 帰路の途中、1時間に1本しかないバスに乗り遅れ、待ち時間が発生しました。朝につくったおにぎりを食べた後、元気な人たちは童心に返って沢遊び。水を掛け合い、全身ずぶ濡れになって、またもやバスに遅れそうになりました。


沢遊び

 
 そしてバスは最終地点の「さわらびの湯」へ。3日間の汗と疲れをゆっくりと流し、ビールで乾杯しながら別れを惜しみ合いました。


 参加した皆さん、おつかれさまでした。悪天候や不手際が重なり想像以上にたいへんでしたが、愚痴ひとつこぼさず、笑い飛ばしながら前向きに取り組んでくれた皆さんに感謝します。 (by ホッカイ)





参加者の感想


「今回のエコツアーは、予想していたよりずっと収穫が大きかった。多くの塾生と知り合えたし、ワークショップでの話し合いや、キャンプなどでも得たものは多かった。今後もこういったイベントがあればぜひ参加したいと思う。」
 
「良い息抜きと健康的で規則的な生活、そして仲間を得られた充実した3日間でした。このところ、毎月が勉強…だったので、その生活をあらゆる面でポジティヴな方向に変えてくれた。」


「全体的にとても楽しかった。自然の中でいろんな経験ができ、アドリブ的な要素が多かったことが逆に、率先した参加を促してくれて、能動的に参加できた。」





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。