公務員試験応援ブログ by 喜治塾・五十嵐

公務員試験合格を目指して頑張っているすべての方が、やる気を最後まで維持できるよう、応援します。公務員試験に役立つ有益な情報も、随時公開します。


テーマ:
明日から2月です。
学年末試験が終わったためか、大学3年生の受講相談が増えています。
「今から勉強を始めて間に合うでしょうか?」
みなさん半信半疑で来られますが、
公務員試験の中でも勉強時間が少なくて済む都庁採用試験の合格法を説明すると、
みなさん納得していただけます。
昨日、今日と何人もの方が駆け込みで相談に来られました。
 
とくに今年は、先に報道されたとおり、
過去最高だった都庁の定員がさらに増員されることが決まっています。
 
民間の有効求人倍率が25年ぶりの高水準になっているため、
都庁の倍率も昨年より下がり、さらに入りやすくなるでしょう。
 
公務員試験に興味のある方は、迷っている場合ではありません。
やった者勝ちです!
すぐに情報収集に来て下さい。都庁に関する資料を差し上げます。
独学でやってこられて不安になっている方も歓迎です。
相談だけでも受け付けます。
 
喜治塾では昨年、講座修了者の86%が最終合格しています。
少数精鋭のライブ講義で、数的・論文・面接をどこよりもきめ細かく指導します。
もちろん、3か月間はしっかり勉強してもらいます。
この3か月をストイックに勉強してもらえれば、必ず結果はついてきます!
 
今年は民間と併願する方を対象に、
業界初の本格的な「都庁新方式対策講座」を立ち上げました。
1人では対策できないプレゼン、グループワーク対策も完全対応します。
 
都庁講座の詳しいご案内はこちら
 
受講相談は随時受付中です。
3日は体験受講もできます。
ご来塾をお待ちしております。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年恒例の旅立ちの会(合格祝賀会&喜治塾OBOG会)を
今年は2月26日(日)に開催します。

今春から公務員になる皆さんの門出を
喜治塾OBのみなさんとともにお祝いする会です。
毎年全国から大勢の方が集まります。
何年ぶりかで出席される方、お一人で来られる方も大歓迎です。
OBの方は旧交を温め、新たなつながりづくりのきっかけにしてください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

■日 時  2015年2月26日(日)

  開始 午後3時(なるべく遅れないようにお願いします。)
  終了 午後5時

■場 所  高田馬場PRONTO (JR高田馬場駅・戸山口を出てすぐです)

参加される方は
お手数ですがメールでご連絡ください。

・送信先)aoki@kijijuku.com

・件名)『喜治塾OBOG会&旅立ちの会』
・本文)①ご氏名
②ご参加 or ご欠席
③勤務先(差し支えない範囲でお願いします)

※ご出欠は、2/12(日)までにお願い致します。

出来るだけ多くの方にお越し頂きたいと思っておりますので、
2/12(日)までにご都合がはっきりしない場合には、
お気軽にご相談ください。
また、お友達がいれば、ぜひお誘いください。

お会いできるのを楽しみにしています!


旅立ちの会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の続きです。

今回は「不安をその都度絶つ」という心のコントロール手法について説明します。
不安の中でも、前回の分析手法があまり役に立たない不安もあります。
「どこにも受からずホームレスになったらどうしよう」
「筆記を突破できてもどうせ面接で落とされる気がする」
「受からなかったら自分の価値が否定され、二度と立ち直れない」

これらはどれも理性的に考えれば根拠のない妄想である事が分かります。
まず、勉強を続けさえすればどこにも受からないことはほぼあり得ません。
また、たとえ受からなかったとしても即ホームレスになることはないでしょう。
若いんだから就職先はいくらでもあります。
差し迫った現実の危機でもないのに、
ありもしない妄想にとりつかれて自分の首を絞めているのです。
まずはそのことにしっかりと気づかなければなりません。

しかし、頭では分かっていても繰り返し繰り返し浮かんでくる。
振り払おうとすればするほど浮かんでくる。
こんな場合はどうすれば良いのでしょうか。

不安はたいていの場合、心が「いま」に不在である隙をついてやって来ます。
「いま」に集中しているときには不安は起こりようがありません。
妄想に気づいたら「いま」に戻ることです。
勉強していたり、仕事をしていたり、家事をしていたり、入浴している、
その目下の活動に立ち戻って集中することです。

どこにも問題はないはずです。
ただ自分の思考で問題をつくり出しているだけです。


不安や妄想が現れたとき、無理に振り払おうとしてはいけません。
不安や妄想を否定するのではなく、
ただそこに「ある」と認識して、それ以上追わずに手放すのです。
脳には背内側前頭前野という場所があり、
自分の思いや思考に「気づく」働きをしているそうです。
自分の思考を客観的に観察するもう一人の自分が脳の中にいるんですね。
ここが正常に働いていれば、不安や妄想に飲み込まれることはありません。
頭を冷やして適切に対処していける能力をだれもが持っているのです。

ところが、不安や恐怖を抑圧すると背内側前頭前野の働きが鈍ってしまい、
増幅された不安や恐怖がふたたび現れたときに
パニックやうつを引き起こすもととなるそうです。

「抑圧する」と「手放す」の違いに注意してください。
「抑圧する」とは、「ダメだ」「嫌だ」と否定的な評価を下し、
力ずくで振り払おうとすることです。
抑圧すると意識下にある不安が無意識下に移って手に負えなくなってしまいます。
「手放す」とは自分の思いを認めた上でこだわらないことです。
具体的には、何か引っかかる思考やイメージが浮かんだら、
「いま、……と思った」と気づくだけにし、それ以上深追いしない。


それでもしつこくつきまとう不安や抑鬱感情を洗い流す方法として深呼吸があります。
深呼吸には雑念で汚れてしまった頭の中を掃除する効果があります。
いろいろなやり方がありますが、一番簡単な方法を紹介します。

まず背筋をピンと伸ばして座り、目を閉じて2,3度深呼吸する。
このとき両手をおなかに当てて腹式呼吸をしてください。
呼吸が深くなったら、自然な呼吸に移って、
吐く息に合わせて回数を「いーちー」「にーいー」と数えます。
無事に10まで数えられたら1に戻って繰り返します。
雑念がわいて数え損ねたときにはその都度1に戻ってやり直して下さい。
目は開いてても瞑っても良いです。

呼吸を数えるのは「いま」に意識を戻すためです。
過去や未来からやってくる妄想を払うためです
もちろん、やっている間にもたえず雑念がわき、油断すると数を数え損ないます。
それに気づいたらただ雑念をやり過ごして再び意識を呼吸に戻す。
これを何度か繰り返すことで、心が落ち着いて静かになっていきます。

気持ちが落ち着いたら勉強に戻ってください。
この瞑想に慣れると集中力が飛躍的に高まります。
試験本番や面接の直前にも落ち着くことができます。
鬱になるのを防止することもできます。
簡単だけれど驚くほど効果がありますよ。
スポーツ選手などもやっています。
ぜひ試してみて下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
現役生の方は学年末試験が終わり、いよいよ直前の追い込みに入る時期です。
この時期、塾生さんと面談すると、毎年のことですが、「間に合う気がしない」「不安でしょうがない」という声を多く聞きます。
「勉強していても不安で集中できない」という重症の方もいます。
勉強に集中するための土台は精神にあります。
とりわけ直前期はメンタル面が不安定になりやすいので管理が重要です。
今回は「不安への対処方法」についてアドバイスします。

まずは不安の元である原因を突き止める方法です。
「不安」は「恐怖」と異なり明確な対象を持たないもので、得体が知れないゆえにどんどん存在感が増して精神にダメージを与えます。しかし対象をはっきりと捕まえれば消え去ります。不安の原因を分析し対象をあぶり出し、正体を見極めてください。

たとえば、「ただ漠然と全体的に不安」というもやに包まれたような状態にあるときは、自分のできていない部分、苦手な部分が把握できていないせいです。そこで、なるべく具体的に、復習ができていない部分、まだ終わっていない部分を紙に書き出しましょう。紙に書き出して可視化するのがポイントです。

過去問演習で自分の現在の実力や科目間のばらつきを把握することも役に立ちます。教養科目や専門科目を、1年分まとめて本番通りに時間を計って解きます。教養なら全体で5~6割とれればOKです。とれなかったときはどの科目・分野が足を引っ張っているのかはっきりさせ、その項目を書き出して克服するための学習計画を立てます。専門科目は科目間のばらつきがある場合、弱点科目や弱点分野を紙に書きだします。演習は2週間に1度は行い、到達度を確認しつつ次の計画にフィードバックする。そうすれば今やるべきことがはっきりし、成果も2週間ごとに確認できます。このように克服すべき対象が明確になると、もやのような不安は消えていき、目の前の勉強に集中できるようになるでしょう。

演習は塾でも2週間おきにやりますが、それとは別に、自分の志望先の過去問を使った演習を各自でやってください。予備校の公開模試を受けるよりもずっと役立ちます。分析の仕方、弱点の克服方法、計画の立て方がわからないときには、一人で悩まずに相談してください。

受験日記をつける方法もお勧めです。
落ち込んだとき、不安になったとき、逃げたくなったとき、勉強する気になれないときに、解決しようなどと思わずに、自分の今現在のありのままの気持ちをただノートに綴ります。自分をごまかさず、自分を批判せず、>ただありのままの自分の弱さに向き合うのがポイントです。
この効用は、文字にする過程で自分の中にあるマイナスの感情や思考を客観視し、自分からある程度切り離すことができることにあります。

アメリカの大学でこういう実験を行いました。
学生たちを2つのグループに分けて、1つのグループには試験前に時間をとって、失敗の不安や恐れなどを紙に書き出させたうえで試験を受けさせました。もう一つのグループには何もやらずに試験を受けさせました。すると不安や恐れなどを紙に書き出したグループのほうが明らかに成績が伸びたそうです。

合格者から受験中(とくに面接期間中)につけていたノートを見せてもらったことがあります。面接の準備のための自己分析や志望動機のまとめといっしょに、面接に臨むにあたっての不安や恐怖、模擬面接で失敗して悔しかったこと、自己嫌悪等々……当時の心境がありありと伝わって来ます。このノートは受験中のかけがえのない記録だと思いました。みなさんもこういったノートを座右に置いて、マイナス感情が浮かんだときには書き込み、あとは忘れてください。
将来仕事や人生で困難に直面したときにも役立つでしょう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年度・特別区経験者採用試験講座(1月生)が1月22日(日)より開講します。

特別区経験者採用試験実施当初より業界で先駆けて講座を実施し、今年で11年目。

毎年、多数の合格者を輩出しています。

元特別区職員の喜治塾長による厳しくも的確な面接指導、

元特別区幹部で論文及び面接の試験官をしていた飯塚講師による詳細な添削指導…

「特別区に強い」喜治塾が、強力な布陣で、

他校には絶対真似のできない本格的な試験対策を半年かけて行います。
ありきたりな論文・面接指導ではなく、

特別区の現場を知り尽くした講師ならではの実務経験をまじえ、

特別区の課題を発見する方法を身につけ、政策を自分の頭で考える訓練を積みます。
 

また、経験者試験で入区した特別の現役職員を招いた交流会や、
特別区の政策研究のためのフィールドワーク・ワークショップ等を通じ、
難関とされる3級職試験の課題式論文・面接でも大きく差をつけることができます。
過去の合格者の面接再現資料等も豊富に蓄積されています。
公務員専門予備校ならではの圧倒的な情報量、ノウハウを体感してください!


    昨年度交流会の様子


<特徴>
・行政課題論文対策では、特別区の実務や政策課題に精通した講師が必要な知識を解説するだけでなく、フィールドワークなどを通じ課題発見・政策研究方法を伝授します。
・経験論文・面接対策では、お一人お一人の強みと、公務員の仕事で求められる資質とをマッチングさせて、最大限のアピールができるよう、個別指導に力を入れます。試験の入り口であるエントリーシートの添削も実施します。
・教養試験対策では、出題数の多い知能に大半の時間をあて、知識分野は最低限の労力で済ませるように効率的なカリキュラムを組んでいます。

<合格者の声> 3級職 T・Iさん

「特別区への熱意が本物であるならば、迷わず喜治塾へ」

 私は、今期喜治塾の特別区経験者コースの4月生として、3級職-I(事務)に合格することができました。先生方、職員の皆様方には惜しみなきサポートを頂き、本当に感謝しております。
 合格に至るまでに感じたことは、大学受験的に、過去問をひたすら解き、論文のための参考書を読む、というだけでは不十分であるということでした。端的に言えば、「勉強の効率性確保」、「特別区に関する生きた情報の収集」の2点が不可欠である、ということです。経験者採用においては、これまでの実績や現在の仕事に対する熱意を問われるため、現職を疎かにして受験勉強に臨むことはかえって不利になります。現職と受験勉強の両立を図りつつ、最大限の実力を涵養するには「勉強の効率性確保」は不可欠な要素となります。また、高い倍率となる面接を勝ち抜くためには、インターネットや新聞などの一般的な情報で得られるものだけでは十分とは言えず、「生きた情報の収集」が必要です。
 喜治塾には、確かな実績のもとに得られた合格までのノウハウがあり、またそのために必要な要素が凝縮された講義、イベントが目白押しです。
 特別区経験者採用試験は倍率の高い試験ですが、あるべき方向性において培った実力は、必ずや合格への扉をこじ開けることでしょう。
 特別区への熱意が本物であるならば、迷わず喜治塾へ!!
 共に、より良き特別区のために、汗を流しましょう!!

受講料・申込方法等の詳しいご案内は喜治塾HP
<お問い合わせ先> 喜治塾 03-3367-0191

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あけましておめでとうございます。

本年が、みなさまにとって充実した1年になりますよう、心から祈念いたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

関東地方は素晴らしい晴天が続いていますが、

曇天でも雨天でも関係ありません。

 

 晴れてよし 曇りてもよし 富士の山

 

どんな逆境でも「日々是好日」ととらえ、

富士山のようにどっしりとしていたいものです。

 

さて、今年受験する方にとっては、一生働く職場が決まるという、

今までの人生の中でもとりわけ重要な節目の年です。

「今やらなくて、いつやる」という気持ちで日々を大切に過ごしてください。

まずは全体の勉強計画と週ごとの目標を立てましょう。

自分の力の現状把握も大切です。

塾生の方は8日(日)に第1回演習があります。

ここがスタートラインと思って必ず受けて下さい。

その後、合格までの戦略を個別に話し合いましょう。

悩みや不安はひとりで抱え込まず、何でもいいから相談してください。

話しているうちに解決策が見つかり、活路が開けます。

 

昨年合格された方には「旅立ちの会」のお知らせがあります。

2月26日(日)に実施するので予定を空けておいてください。

合格者だけでなく塾OBの現職職員も大勢参加します。

詳細は後日お知らせします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。