1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-03-03 15:39:15

ブログ移転のお知らせ

テーマ:どうでもええこと

ブログを移転しました。


http://www.bngpartners.jp/blog/



アメブロを運営している皆様、

ごめんなさい m(_ _)m

AD
2014-01-24 12:53:32

組織作りは宗教

テーマ:経営、事業、BNG
今月から、ある事業部の会議に参加している。


そこで、組織作りに再度関与してるのだが、よく使うワードが…

何のために?
愛することから
嘘はつかない
感謝する

なんて、抽象的になる。




KPIの話をしてたのに、行動の根元を探り、価値観のズレに気付き、考え方を伝え、行動計画に落とす。

の繰り返し。




でも、結局そんなもんだと思う。

素晴らしい企業も、
結構普通な事業を
結構普通な戦略で、
素晴らしい文化のもとでやっている。




だから、結局のところ組織作りは宗教であり、マネジメントに必要なのは真摯さなのだ。



でも、価値観って伝えて変わるほど簡単でもないので、必ず行動計画に落とし込む。

「いただきます」なんて35年くらいやり続けて、ようやく少しだけ意味がわかってきたもんな…



と思った今日の会議でした。




iPhoneからの投稿
AD
2014-01-09 15:01:24

「上司をマネジメントする」なんて考えない方が良い

テーマ:馬鹿が日本を元気にする

今日、メンバーに助言したこと。


「上司をマネジメントする」 なんて考えない方が良い。


 

きっと上司は、自分の思った通りには動いてくれない。


 

そうなると、さらに自分は苦しくなり、不満は倍増していく。





 

では、何もしないのかというと、少し違う。

 

ちょっとだけ、考え方を変えてみると上手くいきやすい。

 

 

 

 

 

 

「仲間を援護する」 と考えると、きっとうまくいく。


以下に、その理由を書いてみる。




1.上司ではなく、仲間と考える理由


「上司」と表現すると、「自分より偉い人」とか「自分よりすごい人」と連想してしまいがちだ。しかし、実際は違う。

上司とて人間であり、必ず不完璧である。

自分より経験豊富な人が上司の可能性は高いが、上司というのはただの守備位置の表現でしかない。





2.上司に不満を持つ理由


上司に対して強く不満を持ってしまう、自分と上司が異なる価値観を持っているからだ。

では、どうして価値観の違う人と同じチームになっているのかと言えば、「価値観の違う人同士で、補完し合って組織を運営して欲しい」という組織設計に基づいている可能性が高い。

もちろん、単純に上司が嫌な奴ってことがあり得ない訳ではないがw





3.マネジメントではなくて援護と考える理由


「マネジメント」と表現すると、ついつい行動管理と連想してしまう。

これは非常に効果的でない。


もし、部下を持っていれば理解しやすいと思いが、他人の行動を管理することなんて出来はしない。他人は思い通りには動いてくれない。

だから、部下が動きやすいように、長所を活かすことを考えるはずだ。なぜなら、大事なのはプロセスを管理することではなくて、成果に導くことだからだ。


ちなみに、「マネジメントとは、相手の性格を変えることではない」とドラッガーさんは言っている。同じくドラッガーさんの考え方として、マネージャーは「強みを見出す人」でなければならないとも説いている。くれぐれも弱みに目を付ける人をマネージャーに選任してはならないと力説している。


だから、敢えて、「マネジメント」ではなく「援護」という表現を使わせてもらった。







3つをまとめると。


「上司をマネジメントする」と思うと、価値観が異なる不完璧な他人に対して、行動管理をするという不可能なことを連想してしまう。

上司は、あなたより偉い人でもなければ、すごい人でもない。

守備位置が違うだけの、凡人であり他人である。

だから、仲間として、お互いの長所を認め合い補完関係を築くことが大事である。



ということになる。

異論もあるかもしれないが、僕のブログではコメントを受け付けないw








あ、遅れましたが、あけましておめでとうございます。










<ブログテーマ>

馬鹿が日本を元気にする、BNGパートナーズ150%成長の社長インタビュー会員限定COO特化コミュニティエキスパート人事~組織を変える挑戦者たちCIO100人を輩出する「エンジニア100」企業の採用を防衛する日本リファレンスサービス株式会社 、九州男児、薩摩の教え実践起業家育成企業連合 、九州大学、鹿児島出身、ベンチャー、起業、経営、経営者、馬鹿塾、プロフェッショナル、素直、本音、熱いメッセージ、挑戦、愛情、勇気、謙虚、勤勉、自律、ストイック、健康、インプット、アウトプット、オピニオン、日常




 

AD
2013-12-19 12:17:23

ストイック復活できなくて、ボコられた先週末の体験談

テーマ:馬鹿が日本を元気にする

先週末。


ストイック部の復活をさせるべく、1年ぶりの湯河原チャレンジをしました。


昨年の惨劇はコチラ から。








今回は、万全を期すために、Phitenの「ガチンコ本気サポーター」で


膝をガチガチに固めての参戦。


ファイテン(phten) ファイテンサポーター ひざ用ハードタイプ M 0413AP16400.../ファイテン(phiten)
¥8,190
Amazon.co.jp




さすがに、両足をコレダケ固めたら膝は大丈夫だろうと思い


体力なら自信はあったので意気揚々とスタート。









結論。


横浜で膝破損。


去年の3分の1の距離で、膝が激痛に。。。。








で、段々と遅れを取り出して・・・







組織運営を学んでいるBNGメンバーは、


組織利益を最大化させるために


足手まといな老兵を葬ります。










そして、老兵は倒れ。






精鋭はゴールを目指しましたとさ。









というのは冗談ですが。


これ以上はチームのゴールが危ういと判断して、茅ヶ崎でリタイア。


電車でお宿へ強制送還となりました(涙)








もちろん、元気なBNGメンバーは、無事に往復220Kmを走破して


次回は300Kmに挑むそうです。








結局、走破できなかったヘルニア&膝破損アラフォーですが、


キッカケを生めただけでも、オッサンの存在意義はあったのかな?


と自己満足しながら、次の旅路を探すことにしました。









さよなら、ストイック部。


所属できたことを誇りに思います。


そして、今後のストイック部の発展を祈念してます。












<ブログテーマ>

馬鹿が日本を元気にする、BNGパートナーズ150%成長の社長インタビュー会員限定COO特化コミュニティエキスパート人事~組織を変える挑戦者たちCIO100人を輩出する「エンジニア100」企業の採用を防衛する日本リファレンスサービス株式会社 、九州男児、薩摩の教え実践起業家育成企業連合 、九州大学、鹿児島出身、ベンチャー、起業、経営、経営者、馬鹿塾、プロフェッショナル、素直、本音、熱いメッセージ、挑戦、愛情、勇気、謙虚、勤勉、自律、ストイック、健康、インプット、アウトプット、オピニオン、日常



2013-11-16 08:03:31

シッポ巻いて逃げる奴は、次も逃げる。負ける前から。

テーマ:愛する仲間へ
もしもビジネスが喧嘩だったら。

油断して一発喰らっても。

磨いたつもりのアッパーカットが見切られても。

相手のブーメランフックが見切れなくても。

何発もパンチを喰らって勝ち目がなくても。

次のパンチを繰り出すだけだ。

喧嘩が始まったからには。










「あんたじゃ俺には勝てねぇよ。出直して来な」と言われても。

完全ダウンするまでは、パンチを繰り出すだけだ。









土下座も完全ダウンも、同じ敗北。

それなら、シッポ巻いて逃げるより、意識が飛ぶまでパンチを出したい。

その姿勢が、「次の強さ」に結び付くから。












シッポ巻いて逃げる奴は、次も逃げる。

負ける前から。










iPhoneからの投稿

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>