Izu Velodrome

2011年10月にオープンした日本初となる屋内板張り250m自転車競技場「伊豆ベロドローム」。自転車の大会だけではなくオリンピック選手の合宿やフットサル、セミナー等様々な用途で使用されております。blogではその様子を紹介。


テーマ:
2016年7月8-10日(金-日)に伊豆ベロドロームにて「第3回寛仁親王記念ワールドグランプリ国際自転車競技大会 2016ジャパン・トラックカップⅠ&Ⅱ」が開催されます。今年は8月にリオオリンピックが開催されるとあり、今大会の日本ナショナルチームにはリオオリンピックに出場する中川、渡邉、脇本、窪木、塚越の5名の選手もこの国際大会に出場予定です。リオオリンピック前の大事な調整試合となると思われるので、是非注目していただければと思います。

大会当日は修善寺駅より無料シャトルバスも下記の予定にて運行されます。




ご来場をお待ちしております。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
伊豆市を彩る写真コンテストにて入選した作品が伊豆ベロドロームにて6月1日から6月13日までメインエントランスにて展示されております。

展示作品の中には日本サイクルスポーツセンター賞や伊豆ベロドロームの写真なども掲載されております。写真の詳細については下記の伊豆市役所HPにて掲載されております。
http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=9&c2=1&c3=1&pid=4503
今週末のツアー・オブ・ジャパン伊豆ステージにお越しいただいた際には、是非お立ち寄りいただければと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1月26日から30日までの5日間に渡り伊豆ベロドロームでアジア選手権自転車競技大会が開催されました。この大会はアジア地域の16の国から約260名の選手達が参加し2016年のアジアナンバー1を決める大会であり、伊豆ベロドロームで開催した今までの大会では、一番位が高い大会となりました。大会に向けては1年以上前から実行委員会が組織され、日本自転車競技連盟を始め、静岡県や伊豆市等の関係各位にご協力をいただき本大会が開催されました。


アジア選手権においては、2020年の東京オリンピック開催決定もあり、1,800席ある伊豆ベロドロームの観客席を満席にしたいとの思いのもと、多方面に渡り観客動員のお願いや、告知を行った結果毎日1,500名を超える入場があり、最終日の30日(土)には過去最高の2,300名以上の入場となり観客席がほぼ満席状態で立ち見でのレース観戦となった状況でした。多くの方々にお越しいただき本当に嬉しい半面、様々な課題も本大会の開催によりわかってきた事もあり、今後の2020年東京オリンピック開催に向け1つずつ改善していく必要も痛感しました。

地元伊豆市、伊豆の国市、伊東市より受付やIDチェック等のボランティアスタッフとして市民の方々にもご協力いただきました。これも2020年に向けた重要な課題であり、今後も様々な場面で多くの方々のご協力をいただきながら、様々な大会を成功へと導いていくことが必要であると感じました。

今大会において日本チームはリオオリンピック出場に向けた点数を獲得する重要な大会でもありました。韓国、中国、香港等の国々も非常に強くなっており、日本チームも表彰台には上がるも、なかなか金メダルを獲得するのは難しいレースが多かったです。



その中でも日本新記録を出した4kmチームパーシュートは、リオオリンピックは難しくても、その後の2020東京オリンピックに向けて非常に頼もしい結果となりました。世界まであともう一歩のところまで近づいています。



一方で伊豆ベロドロームとしては、この伊豆ベロドロームが竣工する前の10年以上前から実施している、コンチネンタルサイクリングセンター修善寺のトレーニングキャンプに参加してきたアジア地域の選手達も大勢参加している大会であるため、彼らの活躍にも非常に注目した大会でした。

中でも香港の選手達はジュニア世代よりキャンプに参加し、ロンドンオリンピックでのメダル獲得など、徐々に力を着けてきている国です。今回のアジア選手権でも女子ケイリンで優勝したリー・ワイ・ジー選手やロードとトラック競技で3つの金メダルを獲得したチェン・キンロ選手などは今後の活躍が楽しみです。



冬の時期の開催であったため、雪の心配もありましたが、5日間に渡る熱い戦いも無事に終了し、色々な面でご協力いただいた関係者の皆様にお礼申し上げるとともに、多くのお客様にご来場いただき、竣工依頼1番の来場者数となり大会を盛り上げていただいたお客様にまずはお礼申し上げたいと思います。そして2020年に向けて、今回の盛り上がりをさらに大きくなるよう、今後とも努力していきますので、たくさんのご協力をよろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
新年明けましておめでとうございます。
2016年は富士山の絶景のもと、晴天の素晴らしい天気からのスタートとなりました。

日本サイクルスポーツセンターは昨年2020年東京オリンピックのトラック競技とマウンテンバイク競技の会場として指名いただきました。2016年は2020年に向けて大きく変貌を遂げていかなければいけない年であり、その後のレガシー構築に向けても昨年以上に多くの方々のお力をお借りし、大きな目標へと進んでいかなければいけない年となります。
また今年はオリンピック開催年として、ナショナルチームのメンバーは出場枠獲得に向けてナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点にも指定されている本拠点を活用してトレーニングに励んでいます。リオオリンピックに向けて、ナショナルチームの方々がベストを尽くせるよう、スタッフ一丸となって協力体制を作っていきたいと思います。

2018年全国高等学校総合体育大会、そして2020年東京オリンピックに向けて多くの課題もあります。しかしながら伊豆半島の中心地、伊豆ベロドロームに大きな力を結集し、成功に向けて前進していきたいと思います。
最後になりますが、本年も皆様のご協力をいただけますよう宜しくお願いします。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
伊豆市内の小中学生が記者を務める無料情報誌「KURURA」の取材が伊豆ベロドロームにて行われました。

伊豆ベロドロームの各部屋や備品等を案内し、またベロドロームの裏側なども細かく半日かけて案内しました。事前に記者の子供達からお話を聞きたい内容などは確認していましたが、子供達の自転車に対する興味が非常にあり担当したスタッフにたくさん質問をしたりとしていただき、伊豆ベロドロームの色々な内容を知っていただきました。

またトレーニング中のナショナルチームの選手やCCCの海外選手などからも色々とお話を伺い、選手達の凄さも知っていただきました。

最後は伊豆ベロドロームを自転車で体験走行していただきました。今回は女の子ばかりでしたが、どの子も傾斜がある走路を果敢に走ろうと挑戦していました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
5年目の伊豆ベロドロームを迎え、今年も伊豆総合高校の選択体育の授業が3クラス、各5回で始まりました。時々、自転車部の生徒達もいますが、ほとんどが全く競技用の自転車に乗った時が無い生徒達です。

今年も最初はペダルの脱着練習からスタート。そして固定ピストですのでブレーキが着いていないため、後ろに力をかけて止まる練習、そしてスピードの調整をできるように練習しております。

5回目の最後にはしっかりと生徒達には走路を走れるように練習し、500mのタイムトライアルを行えるまで上達できるようにしていきます。日本唯一の板張り走路はナショナルチームなどの合宿も入っており、なかなか一般の方が走るチャンスは無い中で、地元の高校生にはしっかりと思い出になるよう楽しんでいただければと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
自転車競技のナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点に指定されている伊豆ベロドロームを含めた日本サイクルスポーツセンターにて、普段は自転車競技の選手による合宿が多い中、5月11日から5月16日にかけて全日本スキー連盟のノルディック複合ナショナルチームによるオフトレ合宿が行われました。

ソチオリンピックでも活躍した選手達が、自転車を使って長い距離を乗り込んだり、起伏が厳しいこの地の利点を生かしローラースケートでの山登り練習など、天候にも恵まれ内容が濃い合宿をしておりました。

自転車は夏の競技ではありますが、冬の競技の選手達も同じスポーツを通して世界を目指すことは同じでありますので、様々な面で今後も応援していきたいと考えております。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

伊豆ベロドロームにて小学5年生から中学3年生までを対象としたトラックジュニアスプリングキャンプが1泊2日のスケジュールにて開催しました。参加者の中には普段から伊豆ベロドロームを走っており、トラックレーサーには走り慣れている子供から、初めてトラックバイクに乗る子供たちまで様々なレベルの子供たちが参加しました。

せっかく同年代の子供たちが集まったということもあったため、まず最初に簡単な体力テストをしました。パワーは今後のトレーニングなどによって変わってくると思いますが、日々の積み重ねの柔軟性は固い子もおり、自転車に乗る前からどうなるのか少し怖い結果でもありました。

板張り走路を走る前に、スラロームや一本橋の基本的な乗り方をトラックレーサーで練習してから板張り走路を走りました。

土曜日の目標は自転車に乗り慣れる事を目標に普段からトラックレーサーに乗っている子供たちは車間を詰めて走路を走れるように集団走行での練習です。初めて乗った子供たちもフリーギアのトラックレーサーではあったが、自転車に慣れるよう時間をかけてたくさん自転車に乗って慣れてもらいました。

夜はトラック競技の大会のDVDを皆んなで見ました。中には初めて競技用の自転車に乗った子供もいたので、自転車競技に対する夢を持ってもらえれるようトラック競技のDVD鑑賞を行い、少しでもモチベーションが上がるよう夜の眠い時間に少しだけ講習会を行いました。

2日目は1日目にある程度トラックバイクに慣れたので、さらに板張り走路を走りきることができるように練習です。

今回のキャンプで初めて板張り走路を走ったという子供たちも、45度の傾斜がある走路一番上まで走ることができるようになりました。上のほうが怖いと言いながらも、走ってしまうようになる子供たちの適応力はすごいです。

最後に皆んなで記念撮影をして終了となりました。短い時間で、子供たちはとても技術は上達しました。しかしながらまだまだ体も小さく、体力的な部分で考えると実際にトレーニングすることができるメニューも限られてしまいましたが、また年に1度はこのキャンプを実施し、この中から将来のオリンピアンとなるような子供が出てきてほしいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8

伊豆ベロドロームが竣工して4年目の春になり、メインエントランス前の修善寺寒桜が満開に咲きました。伊豆ベロドロームに移植されてからはなかなか花が咲かず心配でしたが、キレイな花を咲かせてくれました。

また伊豆ベロドロームの周りに、植えられた当初は腰の高さくらいだった修善寺寒桜もどんどん大きくなり、いくつかの木には2つほど花が咲いている桜もありました。この伊豆ベロドロームの発展とともに、桜も一緒に大きくなることを期待したいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

伊豆ベロドロームにおいて小学5年生から中学3年生までが対象のトラックスプリングキャンプを3月21-22日(土-日)に開催します。
まずはオリンピック等も開催されている世界基準の板張り250m走路に慣れることを目的に、基礎的な走行技術等を習熟していただく内容となります。
24吋、26吋、27吋のトラックバイクも用意しておりますので、トラックバイクをお持ちではない方、トラック競技場を走った時がない方でも興味があればご参加可能です。

申し込み締め切りは3月13日までとなっており、定員は20名です。お早めにお申し込みいただけますようお待ちしております。

開催概要HP http://www.csc.or.jp/sports/lesson/index.html#03
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。