2014-07-03 11:13:50

僕の秘書を募集します。

テーマ:ブログ



株式会社泉忠司事務所ではこのたび「社長秘書」を募集いたします。

ご存知の方も多いと思いますが、僕には現在2名の有能な社長秘書がいます。
しかし、業務の幅や活動範囲がますます広がっていることから、もう1名増やすことにしました。
そして、これまでは僕が直接スカウトして秘書を採用してきましたが、今回初めて公募します。

泉忠司の「秘書」は言うまでもなく【ビッグチャンス】です。

「私は24時間365日暇なモデルです」と言って弊社で働き始めた第一秘書の鎌田は、
僕の秘書になってたった半年でタワーマンションで一人暮らしをするという夢を叶えました。
さらには15歳の頃から芸能活動を行ってきて、
「夢のまた夢」と半ばあきらめていた写真集の発売も決まりました。
7月25日に角川学芸出版から出版になります。

「いつか東京に出るのが夢だけど、知り合いもいないし、お金もないし・・・」と
地元の北海道で細々とタレント活動をしていた第二秘書の国分は、
僕の作詞・世界的アーティストの作曲で8月にCDを全国リリースすることが決まっています。
僕の秘書になってたった1年です。

大学の教え子で久しぶりに再会した際に「会社を辞めていま何もやってないんです」と言うので、
「うちに来るか?」と採用し、元々は秘書業務を担当してもらっていた中村。
現在は社長室統括ですが、同時に、一つの事業部を丸まる任せて、関連会社の社長に今年就任。
しかも、会社立ち上げに際して、国からの助成金700万円をもらってのスタートです。

このような過去の事例をあげるまでもなく、
泉忠司の「秘書」は言うまでもなく【ビッグチャンス】です。

もちろん、秘書だからと言って甘やかすつもりはいっさいありません。
しっかりと仕事をしてもらいますし、「成長」が見られない場合は、すぐに辞めてもらいます。
しかし自分自身が「成長」すればするほど、チャンスが山ほどある職場であることは間違いありません。

基本的には僕のスケジュールにあわせてもらうので、休日は不定期です。
深夜勤務や土日出勤もありえますので、はっきり言って、個人の予定は立てづらいです。

最大の魅力は「泉忠司のすぐ近くで一挙手一投足を見ることができるので、
泉忠司の思考や行動に直に触れられること。
そして、ビジネスが立ち上がったり、一気に進行して
、最短最速で頂点を取る現場を体感できること」です。
この価値は計り知れないことでしょう。
ちなみに、僕の塾の最高峰「泉塾プラチナ講座」は1泊2日100万円。
僕の個人コンサルは1時間100万円からです。
高額を払ってでも泉忠司から直接学びたい人が日本全国にたくさんいることを考えると、
給与を得ながら泉忠司の間近で学べることは、
きっと日本中の人が喉から手が出るほど欲しいポジションであることは間違いありません。


純粋で心のキレイな人歓迎。

若い女性ばかりの職場ですので、女性歓迎。

これまで秘書は全員女性ですが、今回の募集では男女問いません。

夢を追って地方から東京に出る足がかりにしたい人も歓迎。

将来的に自分でビジネスを立ち上げたい人も歓迎。

泉忠司の近くで学びたい人歓迎。

「お金のためだけに働く人」は不要。

応募の締め切りは7月10日。

「目の前にチャンスがあるのに、飛び込まない奴がどこにいる!」

ご応募お待ちしています。


(株)泉忠司事務所 社長秘書募集

【業務内容】
秘書業務全般

【必要な資格】
特になし

【報酬】
初任給月額18万円~(能力による)
交通費別途支給

【具体的に】
◇男女問わず。
◇年齢問わず。
◇学歴問わず。
◇泉忠司の近くでビジネスや投資についての知識やスキルを身につけたい方歓迎。言うまでもなくこれが最大の魅力。
◇夢を叶える足がかりが欲しい人歓迎。
◇キメ細やかな心遣いや責任感を持って仕事のできる方歓迎。
◇休日は不定期で、深夜勤務や土日出勤等で個人の予定は立てにくいです。
◇地方出張・海外出張もあります。
◇午前中の勤務は少なく、夜遅くなることが多いです。

【応募方法】
履歴書を郵送またはメール添付。アメブロからの方はメッセージからでも構いません。
履歴書と一緒に熱いメッセージを添えてくれることも歓迎します。

(郵送の場合)
〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11階
株式会社泉忠司事務所宛て

(メール添付の場合)
info@izumi-tadashi.net
(件名を「社長秘書応募」にしてください)

【締め切り】
2014年7月10日必着。

【審査方法】
書類審査後に面接審査を経て合否を決定いたします。


*この記事のシェア大歓迎です。


泉忠司
いいね!した人  |  リブログ(0)

泉忠司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります