2014-06-27 21:18:44

ネオ所得倍増計画

テーマ:ブログ
408万円が何の数字か分かりますか?

408万円が何の数字か分かりますか?これは日本人の平均所得です。ここから税金を支払い、健康保険を支払い、家賃を支払い、光熱費を支払い、携帯電話等の通信費を支払い、食費を支払い、医療費を支払い・・・。憲法に定められた1946年当時の「健康で文化的な最低限度の生活」を営むには十分な金額かもしれませんが、2014年時点で国民が望む「健康で文化的な最低限度の生活」を営むにはまったく足りないのではないでしょうか。

一説によると、現代の人が望む生活には1000万円必要とさえ言われています。しかし、日本で年収1000万円を越える人は3.8%。70歳や75歳になってもらえる数万円の年金で老後を過ごせると思っている方はまさかいませんよね。そういう意味では、日本はすでに経済的に破綻していると言っても過言ではありません。

でも、僕は毎週のように日本全国を講演会・セミナーでまわっていて、日本人の所得はまだまだ劇的に上がるし、日本のGDPももっともっと上がると確信しています。なぜなら、単純に「お金の作り方・増やし方」を知っている人が、数値が示しているとおり4%もいないのです。逆に言うと、「お金の作り方・増やし方」を知ることで、所得を上げられる人が96%以上もいるということです。

ただ知っているか、知らないか。

この差はあまりにも大きいですよね。そこで、僕は「ネオ所得倍増計画」というコンセプトを今年の春から打ち出しています。1960年当時の池田勇人首相が「所得倍増計画」をうたい、高度経済成長に乗ってそれは実現されました。現在の日本はインフラなどは整っているので、当時と同じ方法での「所得倍増計画」というわけにはいきませんが、個人や法人の「お金」に対するインフラはまったく整っていないだけに、「ネオ所得倍増計画」は十分に可能なのです。

この「ネオ所得倍増計画」推進の第一弾として7月19日に大きなイベントを行います。「えっ、この人と泉が組むの?」と思われるような方とタッグを組みました。小山竜央さんです。言うまでもなく、セミナー業界の第一人者。東京ビッグサイトでの七星明さんの東京ビッグサイトでの6000人セミナーをプロデュースなさったことは記憶に新しいですよね。リアルドラゴン桜と呼ばれる僕自身も「教育」の第一人者の自負があります。「教育」のナンバー1同士による最強タッグで教えていきますので、朝から晩まで1日かけて、みっちりと「お金」に対するインフラを作り上げましょう。

料金は3万円です。泉忠司と小山竜央さんが2人で朝から夜まで教える訳ですから、この金額でも安すぎるくらいです。でも、『即決力』の著者である僕は「即決・即断・即行動する人」こそが大きな利益を得られるべきだと常々主張しています。そこで、6月末日までにお申し込みくださった方は参加費【3,000円】にします。

http://www.izumi-tadashi.net/neo2014/

今すぐお申し込みを。
いいね!した人  |  リブログ(0)

泉忠司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります